Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

この時期になるとネ!

やけに心と気持ちが騒いでくる、相当なお年寄りでも先進的に電子機器やデジタルをデータを使ってパソコン、タブレットやスマホを利活用してする方もいる。 これによって生活の多様化やデータの一元管理など生活幅は格段に広がる。時代の流れにのりツールやア…

なんか変だな!

隔週木曜日の朝一番に、帯状疱疹治療のため近くの大学病院の皮膚科に内に付き添う。不思議だと思うのは出勤時間にも拘わらずランニングに勤しんでいる中年男性がいる。 ウィークデイだというのに、勝手に在宅勤務だと決めつけたいが雰囲気からしてどうもそう…

いつもながら・・

店頭で気を失い頭を打って救急搬送されたいつものスーパー。その店で気が付いた点がいくつかある。 コロナ禍で家籠り、巣ごもりが全盛、外出低調な折、マイナ保険証の切り替えやGO TOほにゃららで国や自治体が力めば力むほど笛吹けど国民は踊らず。制度…

老人の習性(老人と子供のポルカ)

同じことを何度も繰り返す、しかもそれを手柄話のように云う。昔の話はよく云うが昨夜戴いたおかずのメニューが思い出せない。顔は浮かぶが名前が出てこない、切れ易く突然意味も分からず怒り出す。常にご意見の内容は批難と中傷ばかり。 それでも最近思うこ…

一階が貸店舗のマンション

駅近・駅前であってもどんなに便利であっても、資産価値は上がらない。むしろ全戸を賃貸物件にしてテナント収入を考慮すればその方が儲かる。そう考えて動くのが家主や地主だろう。 ただ、一階が飲食店だと住み心地が格段に落ちる。とりわけ、焼き鳥屋や焼き…

いつもの光景だが・・

早朝四時前、散歩コースの始めにコンビニの前を通る。ここがたまり場!土日の早朝はともかく、夏休み、冬休みはヒドイ状態だ。いつもの○○座りでたむろしている。不思議なののが車が難題も止まっている。 缶ビール片手にダベッテいるのを見て「酒酔い運転」じ…

老人型(肩)

五十だからと思っていた五十肩。六十肩、七十肩と加齢を重ねるごとに肩が痛む。整形外科に往ってブロック注射をして貰ったところで所詮対症療法。一時はいいがすぐ薬効がキレて再びの痛みの連続。相変わらず腕は上がらず、首も回らず普段の生活に難儀してい…

ダメずら!じゃんけっえ!

今日は昨日話題にした続きから冒頭から「お口汚し」。日本百名山の著者、深田久弥終焉の地「茅ケ岳(山容からニセ八(ヶ岳)」とも呼ばれている)が、ここは当時当方のホームグラウンドで数えきれないほど登ったわ。ご興味のある方は是非に一度JR韮崎駅前…

五丈岩にハーケンと落書き

金峰山の頂上に聳える岩峰、これに悪戯をするとは何事か?山を愛する人にとってこれはこれは如何なものか?甲府の金桜神社の奥宮にあたる五丈岩は御神体だぞ!! ここにハーケンや落書きをするのは人知にあらず。いずれ罰があることを切に願う。山神様や本尊…

生ものか?焼きものか?

生食の危険性が際立っている。レバ刺し、鶏のささ身に魚の刺身。いまや大腸菌からアニサキスまで、満場最近だらけだ。昔はこんなことはなかったが流石にアジ、サンマや鰯の上に何十匹もいる秋刀魚の上のアニサキスを見たら言葉もデナイ、 生食は日本人の固有…

ご縁玉

朝の散歩途中に、五円(ご縁)玉を拾った。昭和32年製のものだ。散歩に限らず結構街中でも落し物が多い。キーホルダー、ハンカチ、タオルにと。流石に財布は中々見つからないが意外な処では扇子、要らないビニール傘などはコンビの傘立てに山ほど積んであ…

フード・ドライブ

これって、最近知ったことば。つまらぬTV番組を観るよりは、節電の方がまだましだとタレント万出のテレビほどくだらないものはない。「茶の間の娯楽」と称し楽しんだあの頃が懐かしい。 さもあらぬ、こうして老夫婦二人きりになると、あまり買い置きはしな…

まかさあ?

あの地元熱も殆どわかなかった「バンフォーレ甲府」が、鹿島に続き、サンフレ広島を負かしてとうとう天皇杯を手中に納めた。 ほんまかいな?にわかに信じられへん!番狂わせどころか奇跡に近い。毎年、三流、地元も応援しない、赤字続きのチームを救い続けた…

終活の断捨離かよ!

愛用の長椅子も何もかも・・・。術後の退院当初、自宅療養を機に内と娘が相談して購入してくれた座椅子。背もたれを倒すとベットにもなる優れものだ。当方の療後に長年寄り添ってきてくれた愛用のアイテムだけに愛着も格段にある。 ここに来て、内と娘の動き…

「強行遠足」

山梨県立甲府第一高等学校(一高)の生徒が、四年振りに伝統の長野県を目指して今月初めの土日曜日に1日近く歩く、伝統の「強行遠足」が再開され、2日、ゴールの小諸市に到着した。 以下は犬エッチ系ウェッブニュウースからの引用。 長距離を歩き抜くこと…

御免くださあ~い

どうやらこれを「ゴメンナサイ!」という若者が増殖しているという。「お邪魔します」(お邪魔でクサイ!)も「恐れ入ります」(オイそれも!)も「失礼。失敬」(失神、失禁)などのフレーズは、現代用語に至ってはほぼ死語に近い。 近所付き合いや人付き合…

寝落(堕)ち

という言葉はよく訊く。いつの間にか眠りに入り込んでしまい寝ている寝たことさえ忘れてしまう。今日はそんな話と多少関係があるかもしれないが昨日早朝にベットから落ち(堕ち)た。したたかにまた頭を強打してしまった。 これで意識を失って三回目の頭部打…

ええから加減やわな!!

水際対策や検疫態勢の緩和も全国旅行ナンチャラも全くの愚策(予算・・。カネナバラキだけの政策破綻)。そもそも新型コロナが全く収束していないなかで、インバン狙いでやたらと基準やルールを緩める。国内旅行を促進しようとお国は全部地方自治体に丸投げ…

秋だ!

今日も飽きた、秋田に厭きた。早朝散歩の秋色の景色を撮ったが、どうもスマホからパソコンに転送できないので、まずは字ずらだけででご披露する・・。ことにしたい。 アナログ人間、マニュアル人間がいきなり「デジタル」と言われてもそれには即応できない。…

番狂わせ

えっ!マカサ!!なんで鹿島に!!はくばく米の麦飯でしかいただけなかった幼少時。白米など口にしたことは一度もなかった。 それが今やユニホームスポンサーとして、ダサイ「はくばく」を胸にしている地元バンフォーレ甲府、それもJ2のかの弱小チームだ!…

男尊女卑男尊女卑!!

この言葉をお分かりの方は相当旧来のお方だ。性的マイノリテイと、性差別などとここにきて勢いぢゅいてる、これら政策集団、グループや市民団体も多いのだが今市西高校!時流に乗っているのか、性差別を声高に言い始めた。 炭鉱夫、猟師や漁師もそうだが男と…

やりガイ、生きガイ、働きガ~イ

この三つ決して「害」にはならない。今日は親ばかちゃんリンコなお話し。何があったが急に嫁いだ娘の動きが活発になった。 二児の母親になるまではこんなに活発的で動ける子ではなかった。それがどうだろう?大型廃棄物の指定清掃場への持ち込みと廃棄。我が…

不易流行

今日は氷雨が降り、気温も12月上旬並みまで下がり始めた。そのせいか原因は分からないがやけに目が廻ってしかたない。これ忙しいということではなく本当に眩暈が酷くまた倒れるのではないかと不安がよぎる。 相変わらず生活は苦しく、目は廻っても首は廻ら…

どないなってんのや?

瀬戸際大臣は、「記録には残っているが、記憶にはない」!こんな申し開きが通用するのかとおもいきや、その昔は「記憶にゴザイマセン、ございません」で国会審議を言い逃れた議員も数多くいた。 いまや官僚までももが、「記録は廃棄した、現存できる書類で確…

功罪逆転

どうでもいい話だが、その昔は上司から「死ぬ気で働け!」とガツンと言われたものだ。でも最近はこの手の上司は部下や若者から敬遠されるという。優しく丁寧に仕事を教えてくれる上司が憧れだそうだ。 何を甘いことを云ってんだ!とも言いたくなる。時代がそ…

おいおい老い~い!

なんでだろう。最近やけに生保と並んでリクルートのTVCMがやけに目立って気になって仕方がない。 昔は公務員、警察官や役場、病院勤務が花盛りだった。地方に行けばザイの名家や名の通った馬鹿者が、出来の悪い息子が幅を利かせていた。 親の七光り、親…

どうしても

認めたがらない。なんと言えば事件となると捜査本部を立ち上げ犯人を特定し追わなければならない。だから事件事故の両面で警察は懸命に捜査しているとの無難なコメントを出す。 事故ならばそうした手間はかからない。そして総動員体制を引いたとの印象を世間…

旅立てば立ったりで

仏さんになると、故人を悪く言う人はおらずいつの間にか、優しく親切な善人のように取り扱われる。まるであたかも禍根一つも残さずあの世に旅立ったかのように言われる。 ただ、そうはた易くいかず現実はそうでもないのが、殆ど。遺品分けから始まり、遺産相…

秋だ!

飽きた。アキタに深まりゆく秋。妙に金木犀の香りが気になる。知らぬ間に、気づかぬままに季節はもう秋。田圃の案山子は笑い。こちらですよとご案内してくれる。晩秋、晩節とはそんなものかもしれない。

次は誰の番だ!!

! 昨日の三遊亭円楽(享年72歳::通称、三遊亭おい楽))の訃報に続いて、今朝はどうでも良いアントニオ猪木(79歳:通称、気のいいアントニオ)の悲報が入電した。どちらの方も存じ上げなく、当方の人生にとって殆どというよりは全く影響(関係)がなか…