Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

大丈夫?

ダッチロール

今から数十年前、日本航空の旅客機が羽田沖で墜落した。当時のキャプテンは片桐機長。何と離陸直後エンジンを逆噴射させ、見事に失速多くの死者が出たのは鮮明に記憶に残っている。 逆噴射とは着陸直後にランデングを短くし機体を制御しやすくするために使わ…

エッセンシャルワーカー

チンコロウィルス感染者に対する濃厚接触と認定された者の待機日数が14から10日に短縮となった。しかも陰性、陽性に拘わらず待機や隔離を強いられる。これも変な話だが、どうやら社会インフラが廻らないので日数を短縮したらしい。この調子でいくと10…

朝令朝改

ブースター接種の間隔が2回目のワクチン接種以降8か月以上から7か月以上と一か月前倒しとなった。でも、接種開始は本年3月以降とか。また12歳以下の子供にもワクチンを打ちまくるという。 そんななか都内の江戸川区では2月から三回目の接種が始まる。…

タチが悪い

休業補償金、失職、時短協力助成金などなど、政治家や末端の店までもがこぞって詐取、タカリにねこばばのようにまるでこれでは、腐った食い物にたかる蠅のようだ。かっぱらい、盗難といい犯罪も昭和の時代と違い狡いというか質が悪い事案が多くなってきた。…

ケガと病の連鎖

先日庭木の剪定で脚立から落下して骨折した同級生のお話をしたが、その話には続きがあって北海道の同級生Aは、風呂場で転倒し骨折。栃木の同級生Bは突然にして血尿が出現、慌てて大学病院に飛び込んだが事なきを得たようだが 安心は禁物だ。それは激しいス…

類は友を呼ぶ

愚妻のケガが一向に快復の兆しが見えない中、役所に相談して車いすを借り入れることができた。これで移動が遥かに楽になった。日柄日柄とよく言われるが、お年寄りはとてつも長い。 折しも、同級生が脚立を使って庭の植木をチェンソーを使って剪定中、切った…

病々介護の明日

老々介護とはよく聞くが、わが家の場合は正にタイトルどおり。しかも慢性的な病で床に伏した場合は介護の準備や諸手当や対応・対策にも時間的余裕があるからまだましだ。だが、今回のように一方が突然の事故やケガとなると要領が掴めないまま右往左往するば…

エライことが起きましてな!

1/6東京都心でも10cmの大雪があったとのマウントが立って、雪国の皆様方はこれを冷ややかに嘲笑していた。そんなこともあってか、家内の週三回目の1/7の血液人工透析には車も出せず徒歩で施設に向かってもらった。午前9時前出かける前から口を酸っ…

ズクがなくなった。

今朝は朝夢で、実家を大きな家に建て替える夢をみた。家を新築する夢は占いではどうかと明け方の寒さにも耐えて、早速ネットで調べてみると「大吉で吉報」とあった。私生活も仕事も充実した上げ潮の時期を暗示しているという。 ただ、夢の中で工事責任者から…

今年も暮れていく

夢見の悪さに思わず飛び起きたのが、本日午前二時。それでパソコンに向かってブログを書き出した。その夢とは、とっくのとんま天狗にリタイアしているのに職場から「いつまで仕事を続けられると思っているんだ!続けるには上司の指示のもとに、何歳になった…

ノビテル!ニッポン。

石原のびてるが生活保護に対する侮蔑的俗語を口にして、さも受給が容易であるかのように言ってのけた様子が再び取り上げられているが、ここに来て内閣官房参与に登用だと・・・はつ!石原一族万々歳!!。小選挙区で落選した議員の比例復活もいかかがなモノ…

ふらつき

現役時代は仕事を終えると夜の街を良くふらついて(徘徊して)いた。今回はその意味とは全く違う。過去のそれが祟ったのかこの歳になってめまいにも似たふらつきに襲われている。転倒や骨折にも繋がるから要注意だ。 一説には耳の三半器官から起きるともゆわ…

揺れる想い

歯の治療の際、行きつけの仲の良い歯医者から警察から呼び出しがあって、孤独死に立ち会う機会が多くなったという。当然不審死だから検死も必要となる。鑑識立会いの下、歯型、抜歯や治療痕から当人を特定するそうだ。そうしたデータは都内や近隣市町村の歯…

キターッ!

おいおい、また地震かよ、これで何度も目を覚まされた。ここ一週間で数回、深夜、早朝を違わず揺れて起きた。鈍感の筈が妙に地震だけには体が反応する。おかしいモンだミン。 とりわけ、茨城県南部、房総沖、小笠原に今回の山梨県富士河口湖の結構大き目な群…

あっイタイ夢

早いもので今年もとうとう一か月を切ってしまった。色々とあった一年だったが、まあここまで何とかやってこれたのは幸いだ。でも、一年中寝たきりの生活が多かったので睡眠時間は変則となりダラダラ、うとうとする時間も長かった。 当然読書をしたり体を動か…

山支度

これを全部パッキングして来週山に挑む。何年か振りの登山となる。ザックは大きいものから小さいものまで8種類を持っているが、大きいザックなら悠に60リットルを超える。何故一回にこれほどの荷物になるかというと、最悪の事態を想定して出かけるものだ…

タレント。

また、また平日だというのに独り「ぼっち」かよ!朝起きて目を覚ますと嫁はいない。昼過ぎま寝て待っても家人は帰ってはこない。どうやら近くに住む娘とご一緒にお出掛けしたらしい。これって、いつもの生活の始まりだ。 さて、「タレント」とは才能、訓練、…

音々ちゃん助けて!

この処いやなんとなく慌ただしい。突然の電話に、来年の年賀状に来年のカレンダー、手帳にお歳暮の手配と、この処やけにあわただしい、折しもこんな時期に限って2年ぶりの山友からの山登りのお誘い。すっかりなまった体をどうしろというんだ!全く登れる自…

エビのシッポ

「天ぷらには天つゆか塩か」、「鳥の唐揚げにはレモンか」、「アジフライにはソースかしょう油か」などの論争は多いが、これを解消するには、先日述べたように何でもかんでもにマヨネーズをかけて食するのが、この論争に歯止がかかる。 ここにきて、もう一つ…

同類を憐れみる

徘徊と散歩と題して、今日は深夜徘徊、早朝散歩に酩酊(泥酔・単なる酔っ払い)の違いについて考察する。当方は健康上の理由から日とんど運動はしない。でも、医者からの薦めもあって唯一外で動くのは日課の早朝散歩だ。 まず、早朝散歩と深夜徘徊の違いは何…

かまってちゃん

今月31日の衆議院選挙を前に、眞子さま親王の嫁入りを前に、何やら周辺国の挑発が相次いでいる。北はSLBMとやらの潜水艦発射型の攻撃型ミサイルを相次いでぶっぱなし、津軽海峡を中露の軍艦が平然と横行する。 これも選挙対応か皇室転覆を狙ってのこと…

味覚障害

新型コロナに感染すると、発熱、倦怠感、味覚障害や嗅覚障害など様々な症状が発症する。甘み、酸味、塩味を全く感じないどころか香り、風味も分からず、何を召し上がっても、何を嗅いでも水のようにしか感じないという。 これが発熱のせいかというとそうでも…

知らぬは馬鹿者ばかりナリ!

両論を併記(報道)をしないまま、片方だけの一方通行の情報だけを垂れ流し、安心感と楽観を民衆に醸成する。これにより、あたかも今の取り組みや政策が正当化される。理由や理屈は後からいくらでもついてくるのでどうにでもなる。 ましてマスゴミはことさら…

悪循環

ここだけの話だが、予断を許さないコロナ禍の中で、子どもたちからも「年寄りは外出を控えて、なるべく人と会わないように・・」とクギを刺されている。まあ、治療のための病院通いやチョットした買い出し程度や短い時間での早朝散歩に出かけることはあるが…

どこも、ええから加減だわ!

自分で登山をしなくなってからどのくらい経つだろうか?その分グレートトラバースや日本の美し山、日本百名山などトレッキングの番組を観るようになった。 でも、番組作り、進行や構成が実に荒く、粗い。手抜きとまでは云わないが経験者であればすぐわかるよ…

反ワクチン派の言い分(№4・最終回)

ワクチンパスポートならぬ「人権差別商法」や偏見、マイノリテイー排除が本格的に始まりましたな・・・、いよいよ打った人には優遇、移動の自由を与え、検査証明や未接種の方は行動どころか入店拒否する店も少なくない。 えつ!このわて?「アンさんはどない…

反ワクチン派の言い分(№3)

とかく、人は自身に合った考え方や思いに心を寄せる。自身を応援してくれるエールや応援歌には耳を傾けるが、耳障りなマイナス情報には少しも耳を傾けない。 それはそれで仕方がないことだが、ジャッジ、決断すべき時こそ反対意見や行動に背を向けてはならな…

またゾロぞろ目

「光が見えてきた」とは、どうみてもおかしい。ガスの辞任、自民党総裁選モードときて新型コロナの出口戦略。それに蔓延最中だというのにワクチンパスポートの話題が沸騰。作られた検査数、年代別の被験者数も公表しないで感染者数が減った、減ったと大騒ぎ…

えっ地震?揺れ過ぎタ!

海の向こうのメキシコではでっかい地震があったそうだが、夜中に突然、地震で目を醒ました。そんなに揺れてもいないのに。なんかおかしいぜよ・・揺れ過ぎた。揺れてる揺れてる!三半規管がいかれたか? 時に、目を醒ましたついでに、随分と気分が滅入るので…

終わらない(政)祭りごと

感動と感激、安全で安心の押し付けのお祭り騒ぎ、メダル獲得数に大騒ぎをした東京オリンピックに続きパラ五輪がやっと終わった。ホットできるかと思えば、今度はガス総理のズレ民党の総裁選不出馬宣言、これに政局に絡んだ10月の総選挙と、これからも話題…