Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

大丈夫?

備えあれば憂いなし

工具や登山用品も、アイテム、スパナ、ジャッキ、長靴からガスボンベまで、我が家にはほとんどのモノが揃っている。非常事態に備えての日頃からのこのご準備。 2011年3月11日の東日本大震災を例に採り上げるまでもない。折しもその時には、テント、ス…

お天気(「お」尻ーズ:4-4最終回)

気象庁のオ天気予報もそうだが、ウソばっかしだ!本格的な気象予報や災害警告、警報が始まって30年にしか経過していないのに、50年や100年に一度だとコメントするのは笑止千万。危機感だけを無闇に煽って、地域住民には、妙な不安と焦燥しか残らない…

お雪(「お」尻ーズ:4-3)

増位山大五郎の持ち歌。「もうって産まれた、あ~の時が、さ~あダ~メなら♪」が、「もって、うまれたっ~あ♪」て、ナントくどくて、オブラートで包んで風呂敷に巻いて、煙に巻くようなこの表現。演歌の歌詞なら通ずるが、現実に聴くと歯がゆいばっかりだい。…

一都民のお小言(「お」尻ーズ:4-1)

「グレーター東京(大東京圏)構想」、「ワイズ・スペンディング(賢い支出)」に「フレイル(健康な状態と要介護状態の中間段階)政策」、「ステイホーむ」と云ってみた途端屋根。いきなり「ステーキ」ならぬ「ウイズコロナ」など、などなど、難解な横文字…

ピアノ売って、チョウーダイ!

ついこの間まで、もつ煮の「こてっちゃん♪」CMをしていた財津一郎の「タケモト・ピアノ」のキャッチコピーだ。彼は今でも元気にしているのだろうか?だって、今日はもう七月の三日のアップルパイ。 さて、今日は標題の「頂戴」について考えることにした。…

アホ!甲斐な?

突然飛び込んだ山梨県内ニュース。容疑者が甲府警察署からの逃走したとのこと。これを聞いて、その昔、山梨市の日下部(くさかべ)署から逃亡劇を思い出す、じゃん~ね。 時は、今月20日(土曜日)午後1時。甲府市中央1丁目所在の甲府警察署内。料金2万…

まわし(マワシ)

隠語やスラングで使えばいろいろな意味がある。「ジャンケンポンで勝ったお前から・・」も「回し」という言葉を使う。でも力士のマワシ、真いわし、猿回し、見廻しに「言い回し」と、この言葉の使い方が次から次へと頭に浮かんで来る。 以前にも当ブログでも…

出自

「でじ」とは読みません「しゅつじ」と読みます。「出汁」は「でじる」ではなく「だし」と読みます。出自とは人の出身や人となり、血統や物事の出処を意味する。これを英語でいえば、DESCENTE。そうですあのスポーツメーカーブランド「デサント」な…

踊るチャンコロ・ニセ大操作戦

今日は年金受給日、毎度3万円以上もの介護保険料が受給額から天引きされ、そのうえ今月は莫大な住民税の徴収通知が参りやんした。そんなボヤキも空しく・・・。 だから云わんこっちゃあナイ!やっぱり来たぜ第二波。かねてから、なんだ、このお祭り騒ぎは、…

地元山梨はクソスギ、良太郎

公約、校則、会則に社則等の規制、マニュアル、基準値による宣言も(解除)もガイドラインも都合よく、かつ、わざと難しく解りづらくして、設定者や作成側が使うツールにされる。そもそも目標も方針とやらも、達成できない事柄でその多くが構成されている。 …

なんとおバカな(閑話三題)

第一話:罵詈雑言 これなんて読みますか?「ばりぞう・げん」それとも「ばりぞう・ごん」最近ニュース番組のキャスターも誤読する方が大奥いる。それが気になって仕方がない。この熟語の意味は、汚い言葉や悪口を並べ立てて相手を罵ること。この言葉、「罵詈…

イップス(ためおき3番の2号)

「イッップス」ともいうらしい。これは精神疾患の一つ、精神面や心理的原因で運動能力が低下する病気なのだそうだ。かのイチローも愛工大名電高時代にこの病気に悩まされたという。にわかに信じがたいが本当のことらしい。この病、野球選手に多く別名を「甲…

激おこプンプン丸

早くも今日から6月。昨日からトキタカとトヨエツのTVドラマ「愛しているとは言わないで」にハマっている。今月の教訓は「他人(ひと)の振り見て我がフリ直せ」だ。さて、何かとお騒がせの「安倍があ~首相」は先月25日夕方の記者会見でチャンコロウイ…

化けの皮一枚のゲリゾーくんの明日(3-1)

毎日新聞と社会調査研究センターは23日、全国世論調査を実施した。 安倍内閣の支持率は27%で、今月6日に行った前回調査の40%から急落した。 不支持率は64%(前回45%)に跳ね上がった。社会調査研究センターとの共同調査は3回目で、最初の4月8日に44%あ…

決断、調整に批判型タイプ

全国水準で一気に緊急事態宣言が解除された。でも、治療薬やワクチンが開発された訳でもなく感染拡大期と何一つ変わってはいない。それなのにあたかもチャンコロが終息したかのように前のめりでニッポン全国浮かれポンチのコンコンチキ! 現実を見て観れば、…

与(太郎)党に野党(夜盗)

与党ばかりを批判していれば良いと申しあげてはいない。足元を見る限り野党もたいしたものではない。与党への批判ばかりで具体的な対案が出てこない。のらりくらりの与党に「何でも反対」のチンケな野党。この間まで「モリカケ蕎麦と花見」で延々と国会審議…

薬は越中富山のアンポンタン?

時に女房は、とぼけた、ぴーちくぱーちくの松本スズメでしてのウ~。「ウチの女房ニャ髭(ヒゲ)がある(^^♪。)」皆さん、その昔こんな歌が流行ったことをご記憶されているだろうか?これをご存知の方は結構なご年配の方だとダステイン・ホフマン。 なつかし…

酒呑みの言い訳

冷(ヒヤ)より燗(カン)だな!冷酒、常温、ぬる燗、燗や熱燗。それに酎ハイやコークハイと水割にお湯割にロック。中にはカルピス割りやトマト割りといった多種多様な酒の呑み方がある。主治医に言わせれば当方の食道がんも酒の呑みすぎだと指摘され、飲酒…

国乱れて惨があり

今年の流行語大賞候補か「自粛警察」。「太陽にほえろ!」や「西部警察」も石原軍団総出演で随分と楽しませてもらった。だが、今日では「自粛警察」なる自警団が出没、跋扈している。休業していない店舗やシャッターを閉めていない店に、ご近所か同業者が貼…

「田作り」は「おせち」だけでいいワ

紛争、戦争、疫病、難民、治安悪化に戦(イクサ)など、厄災が飯のタネになって時に莫大な富や利益の偏重に繋がる。これが一握りの富裕層、資本家、投資家や政権に集中する。例えば、国家安全保障の名の下に戦闘機、イージス艦船など国防予算の増大は、欧米…

笑うに笑えない笑い話

「寄り添う」とか「こころを一つに」とか響きのいいフレーズがよく言われる。だが、その一方で感染者数や死亡者数をことさら採り上げる報道機関の姿勢には大いに「危うさ」を感じる。医療も教育も現場は塗炭の苦しみを今も味わっている。 「グアンバッテ」な…

子守り、巣籠り、引き籠り

「桂川」も「タイムカプセル」も時代のお想い出としては、よろしゅうございマッスル。でも、現実はというと、「おかしいくねえ~の」ばかり!寝ても醒めても、チャンコロ・ウィルスが蔓延。その一方で先週末午前中の大きな地震には驚かされましたワ。今、人…

逆張り

株式投資用語に「買うはまだなり、売りはもうなり」という戒めがある。つまり、株を買う時は、慌てて買い急ぐ必要はなく、売り時は、欲をかかず速やかには売り抜けることを指す。ことを起こすときは十分熟慮し周りをよく見て、売る時は、強欲にならず周囲が…

主役は屋上に?

「二階から目薬」ならぬ「そんなのできるわきゃねえ~!」と「ⅡFからガソリンを蒔く」とは、現政権への批判なのか。リーダー不在のなのか、サークル活動なのか、さすがに閉口。感染者数や病床数だけを採り上げ、アオるメデイア。与党・自民党内でもこの有様…

命の選別

ある日、平々凡々にに暮らしていた、老夫婦のうち爺さんが突然、家の中で屍になった。以下の引用は、イタリアで発生した事態をCNNが報道しているので事態の深刻さを冒頭でご紹介しておきたい。 夫が感染で死亡の妻、隔離で遺体と自宅にこもる 夫が新型コ…

アオリ運転の「習近平」

昨日のさっきまで「瀬戸際が継続している」と詭弁だらけの首相、こんな国語は教わったこはない。へて言葉遊びをしていたかと思いきや、このところの連日の大本営発表の三桁感染者の数字遊びもかなり酷い。これに国民やオバカちゃん達が踊らされ、右往に左往…

何故、なぜシリーズ(6-3)

新型肺炎の感染者数を隠匿すのか。お国柄の中国に限らずどの国も政府、政権や当局に国民からの批判が向かないよう。事件や四川大地震や中国新幹線の高架脱線落下事故ような大規模な厄災を小さく見せようとするか、秘密裡に処理して隠蔽したりもする。今回も…

シニアターゲット

設備投資、生産に消費が循環しなけば、何としても景気は良くならない。つまり消費が伸びなければ好景気は訪れない。もっと言えば、今や消費税が10%、仮の話だが消費を10%伸ばすには、消費税を完全廃止にすれば景気は必ずや上向く。 社会福祉や教育に子…

調子こけずに1,2,3!

どうやらこのリズム、拍子と云い子どものころから馴染んでいる。例えば、甲乙丙、松竹梅、運動会でもラジオ体操でも「一、二、三!」と続く。それに水前寺清子もこんな歌(365歩のマーチ?)を唄っていた。そのうえ、プロレスでも、わん、つう、すりでー…

そんならオラが出バルか!

信仰とか宗教、政教の自由を否定するつもりはさらさらないが、どうも狭隘な部落、ムラ、下町や里山には、公明党や共産党の看板や選挙候補者のポスターがヤケに目立つ。小さなコミュニテイほどそうした組織や信仰に依存したがるようだ。まあ、同根のリツミン…