Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

大丈夫?

この方々のお仕事は?

ずっと前から気になっていたのだが、コロナ禍以前からニュース番組、ワイドショーの出演者の中に医者、○○大学(客員)教授、学者など、現場を預かっている、あるはその肩書を生業としている人々とがゴロゴロ生出演している。 リハや打ち合わせもあるのに、そ…

建前と本音と心弱さと

建前とは原理・原則。本音とは真実、心情、本当のことである。これをどんどん掘り下げていくと、建前は表向きの抗弁、外面、言い訳、体裁、外構、欺瞞。本音とは外からでは見えない現実の裏側、秘匿事項、実情、裏話、現実ということになる。 最終的には建前…

昆虫摂食

昆虫採集ならぬ昆虫摂食。その昔はザザムシやイナゴが好物でとりわけイナゴの佃煮まんまの姿でも堪らい程美味かった。それが食糧危機なのかいよいよ「コオロギ」に手を出し始めた。 この話、先日の「ラジオ深夜便」で徳島大学のお偉い先生がおしゃっておりま…

何でだろう?

やけに亡くなった人に会いたくなった。心の落ち込みなのか、哀愁なのか?それとも阪神・淡路大震災の報道のせいなのか、親族に限らずここまで何人も人とお別れをしてきた。 皆それぞれに忘れがたき思い出がある方ばかりだ。故人を偲ぶどころか「そちらに伺い…

一億総乞食

インバウンドやら、何やらで国民総出で「世界の、全国のお金持ちのみなさあーん、おカネくださあ~い!」ここには生産もなければ工夫もない。 ただ、ただ、これでは人の懐(施し)をあてにする橋の下の河原乞食(幼少の頃よく見かけたオコンジキさん)と同じ…

昨日の出来事

その昔、「今日の出来事」なる日テレ系のニュース番組があった。これをもじって今日のタイトルとした。 何はことあろう、昨年末に切除後、緊急入院した大腸ポリープの病理組織診断結果が出た。食道がんに、その上大腸がんでは洒落にもならない。ハラハラの一…

変わりタネの年賀状を機に

御年80歳にもならんとしているある故ある御仁から賀状が届いた。ご挨拶かと思いきや中身は「昨年末、急いで新型コロナワクチンの5回目を接種してきましたあ~!」との便、行間からも自身の得意満面の姿が浮かぶようなお知らせだった。 フーン?このお方一…

Fラン

その昔、日東駒専とかいって、有名大学には相手にもされなかった大ガキチームがいま、箱根路を先頭出で走っている。 頭のない奴は、体力で結果をだせという。大方は能力がないか、体力があるかできまる。それに、やってレTVが感動物語に視聴率稼ぎに。それ…

嘘は最後までつき続けること

百回も嘘をついていると、聴いている方はあたかもそれが真実のように聞こえてしまう。だから、お互いのために嘘はうそで認めない方がいい。 でも逆に嘘をつき続けられてそれを信じ切っている方が幸せかもしれない。ただ、ここに目を付けた犯罪がいま流行りの…

やっぱっな!

物価が高い。ひしひしと生活と人生と日常を苦しめていく、電気料金やガス代に加えて食料品の値段などは高くなる一方だ。金の切れ目が縁の切れ目なのだ。 これでは流石の徳兵衛も参った、参ったチャン!子を持つ家庭もそうだが多聞に洩れず日常のやりくりが大…

老い、オイ、おーいっ!

古希を過ぎるといろんな意味で、体にガタが来る。屋根瓦が剥がれるとは、髪の毛が薄くなり禿げることをいう。目は霞ケ浦、生活苦で首は廻らず、そこに行って肝心要の屋台骨である足腰が立たなくなるようになった。 そのうえ、膝が上がらず、躓きやすく転倒、…

病(愛)の不時着

2020年に公開された韓国ドラマ「愛の不時着」は、公開当初こそ6%ソコソコの視聴率であったが、回を重ねるごとに上昇。世界中の眼がこのドラマに向けられた。 この話のストリーは南鮮の富豪の娘がパラセールを愉しみながらも北緯38度線を声て北鮮国内…

心のざわつき

サッカーW杯のカタール大会、一昨日のドイツ戦に対する逆転勝利これに日本中至る所で歓喜の渦が巻いている。それはそれで結構なことだが後半戦、森保一(愛称:ポイチ)監督は、メンバー入替と戦術を大きく変えた。結果的にこれが奏功したのだがこのチェイ…

特定医療健診票

毎年お役所から標記の健診案内が到着する。いままで目もくれなかったのだが最近の体調不良もあって今回初めて受けることにした。 オプションでがん検査もあったので、最近頻尿が多発することもあって、ついでに前立腺がんに関連したPSA検査と大腸がん検査…

バカチン2-2

大阪医薬大法医学教室の解剖…ワクチン2回目接種後に異変、60代男性は肺動脈の断面に血栓びっしり(山岡淳一郎)11/8(火) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL 毎朝ウオーキングをしていた人が・・・ 【コロナワクチン接種後死亡を追う】 大阪府高槻市、大阪医科薬…

握力低下が衰弱の予兆

「がんばらない」の作家でもある鎌田實医師(諏訪中央病院名誉医院長)が先日TV出演していて、握力低下は認知症、心臓病や脊椎症などさまざまな病気因子から惹き起こされるという。虚弱、衰弱、体力低下でも起きるという。 その目安は、瓶の蓋が明けられな…

盗み見(盗撮)、盗聴、データ、機器拝借!

その昔、本体の命により子会社への出向へと相成った。子会社は中央システムセンタとういうべき固い、デカイ代物(城物)であった。 よくよく、現場と話を重ねるとその裏(事情)が良く分るものだ。「徳さん!無線ルーターなんぞマヤカシで、私なんぞは隣の家…

道迷いの夢

ルーテインで大凡一回の睡眠は3時間単位。目まいが酷くなってから良く夢を見るようになった昨夜は午前3時半に目が覚め、再び2度寝したところ案の定夢を見た。その夢、以下のとおり鮮明に覚えている 毎週の走友会定例練習、先行グルプの全員の到着を待って…

幼き頃の悪夢から

障らぬ神に祟りなし。ではないが・・・。 辛かった幼少期は内風呂がなかった故、夏はヘチマ棚の下での行水。でも寒い時もあるのでそんな時は家族総出で近場の銭湯通い。 湯上りのフルーツ牛乳がお目当てで喜んで行った幼きころ。当時の銭湯は雑多な人が入浴…

なんか変だな!

隔週木曜日の朝一番に、帯状疱疹治療のため近くの大学病院の皮膚科に内に付き添う。不思議だと思うのは出勤時間にも拘わらずランニングに勤しんでいる中年男性がいる。 ウィークデイだというのに、勝手に在宅勤務だと決めつけたいが雰囲気からしてどうもそう…

ダメずら!じゃんけっえ!

今日は昨日話題にした続きから冒頭から「お口汚し」。日本百名山の著者、深田久弥終焉の地「茅ケ岳(山容からニセ八(ヶ岳)」とも呼ばれている)が、ここは当時当方のホームグラウンドで数えきれないほど登ったわ。ご興味のある方は是非に一度JR韮崎駅前…

生ものか?焼きものか?

生食の危険性が際立っている。レバ刺し、鶏のささ身に魚の刺身。いまや大腸菌からアニサキスまで、満場最近だらけだ。昔はこんなことはなかったが流石にアジ、サンマや鰯の上に何十匹もいる秋刀魚の上のアニサキスを見たら言葉もデナイ、 生食は日本人の固有…

フード・ドライブ

これって、最近知ったことば。つまらぬTV番組を観るよりは、節電の方がまだましだとタレント万出のテレビほどくだらないものはない。「茶の間の娯楽」と称し楽しんだあの頃が懐かしい。 さもあらぬ、こうして老夫婦二人きりになると、あまり買い置きはしな…

不易流行

今日は氷雨が降り、気温も12月上旬並みまで下がり始めた。そのせいか原因は分からないがやけに目が廻ってしかたない。これ忙しいということではなく本当に眩暈が酷くまた倒れるのではないかと不安がよぎる。 相変わらず生活は苦しく、目は廻っても首は廻ら…

どないなってんのや?

瀬戸際大臣は、「記録には残っているが、記憶にはない」!こんな申し開きが通用するのかとおもいきや、その昔は「記憶にゴザイマセン、ございません」で国会審議を言い逃れた議員も数多くいた。 いまや官僚までももが、「記録は廃棄した、現存できる書類で確…

逆風の秋・贅沢は敵だ。

早いもので今日で9月も終わりだ。夏が終わったと思ったらここにきて急に秋めいて来た。指折り数えて残すよころ今年もあと三か月。お仕事の皆さん上半期決算日につき随分遅くまでの労働ご苦労様です。 さあ、明日からいろいろなものが変更となる。鉄道料金の…

口調だけはやさしいが・・

口調だけはやさしいが・・「あらゆる選択肢を排除せず事態を注視しながら慎重に検討して参ります」(遣唐氏)中身のない物言いで決断力のなさがバレバレ。これでは背後から身内に討たれるわ。 らしさのない野党の敵失から何とか政権を維持しているが、早晩、…

性根(ショウネ)が悪い

最近の事故、事件や犯罪は昔に比べてこっすからしというか、大胆さがなくて陰湿世思うのは当方だけなのか? 詰まるところ質(タチ)の悪い事件が多すぎる。かすめ取り、欺き、それに裏金に増収賄、性的スキャンダルに動機なしの事件。 誰でもいいから。。。…

集団特性(極性化)

リスキーシフトなどといった言葉も使われる。つまり一人でどんなに冷静に客観的に判断、決断できたとしても、これが集団となると集団の決定に引きづられてしまう。 赤信号みんなで渡れば怖くないとおなじだ。悪いと理化していても個々の判断が鈍り、まともな…

病々介護・介助の明日(2-2)

昨日の話題の続きです。 知り合いの奥方様も昨年1月に帯状疱疹に罹患。1年半以上も経つというのに病院はともかく、ペインクリニック、針灸やマッサージなどにも未だなお通っているが快報には向いていないという。 加齢に伴う自己免疫低下による水疱瘡菌の…