Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

大丈夫?

何か妙だ

時々あることだが、夜中にどうも窓の外で男性(大人)同志が小声で誰かとが話をしている、毎日ではないにしても確実に誰かが会話をしている。最初は窓から外気が入ってくる隙間風が音鳴りしているのかと思ていたがどうもそれも違う。 照明をつけて確認すると…

さっぱり分からん

ドコモのらくらくホン改め、格安SIM入りの携帯から携帯電話に替えたのは先日の お話し。脱入会手続き、端末機のセットアップは息子がオンラインで一切合切面倒を見 てくれた。 昔であれば取扱説明書(取説)が同梱されていT、それを片手にあーでもないこ…

審美眼

その昔は、お国やお役所、上司、役員の言っていることは間違なく、それにさえ従っていればさえ幸せは訪れる。少なくとも無難だと確信していたものだ。 幼き頃より(校長)先生や町内会の会長っさんの言葉は親にも益して絶対だった。 ところで、翻って現実を…

フレ過ぎ、ズレすぎ、やり過ぎ

こんばんは、「ハンドルネーム:見過ぎた」こと、にわか評論家の拙者「三杉たのやりたん」です。これって、相手の妥協や弱みを探りながら実行を支配していくという戦略というより戦術。 これに傑か、勝てるかどうかはお相手の出方や自分自身次第。これに勝つ…

これって「共感疲労」なのかあ?

最近気分が塞ぎこみ、鬱屈した状態が多くなってきた。和菓子の紀伊国屋の廃業に続いて横浜中華街の老舗「聘珍楼」も運営会社が破産に、ロシアのウクライナへの侵攻といい相変わらずあまりハッピーなニュースは流れてこない。 また、自身のプライベートでも意…

「モノづくりニッポン」の行く末は何処に・・?

夜中のあの激しい雷雨には全く気が付かなかった。出先の店の若手の女性社員から「あの音や雨音に気づかなかったとは大したもんだ!」と、妙な処で感心してもらった。 兎に角、今年は春先から天候が不順で、葉物野菜や玉ねぎなど、とりわけ北海道産のアスパラ…

拡張記事

墓石ごろごろと読経の声に目を醒ましたのがこの時間。 人流回避、マスク着用といい、ワクチン接種といい、お国が云うことは絶対でそれにさえ従っていれば、お国が万民を助けてくれる。と思ってきたがここにきてどうやらお国の方針も転換したようだ。 そんな…

こころの病

この病気は外科などと違って厄介だ。兎に角。心療内科医、精神科医、カウンセラー、心理学者なる人間自体が実にオカシイ 妙な処に拘ったり、変な趣味や趣向(性向)を持ている人が多い。診察室にプリキュアや人形を飾り並べ立て、アニメ好きも多いのが何とも…

三つの点が顔に見える?

「シュツ・・?」ってなに?コンセントの差込口を見ても、床板や天井板を見ても、人間には点が3つ集まった図形があると人の顔に見えてしまうような脳の働きがあるらしい。 どうやらこれを「シミュラクラ現象」というらしく、まともな人間でも起こり得るので…

顔は浮かぶが名前が出ない

みなさんもそんな事ゴザイマセンか??ただ、その逆はない。名前がでてきて顔が浮かばないということ。家人と目を見合わせては「何だっけ、誰だっけ、青のドラマやCMに出て来たあの人・・ああそれそれ」とゆうのだが2人とも名前が出てこない。 こうなると…

単調ツル

コスト高、多様化やバリエーションを多く持つとコスト高になる。コロナ禍以来単品、メニュー削減をする店も多い。典型は「鶏唐揚げ」の店舗が街中に溢れている。あの和民でさえ戦略を変え、居酒屋から焼き肉屋に転向したのだから・・。 芸能界もそうだがガキ…

ずれまくり・・!

あの凄惨で残忍な無差別な侵略現場を目の当たりにすれば、普通の感情の持ち主であれば言葉を亡くすのは当然だろう。何ができるか、何をして上げればいいのか困惑してしまう。流通、物流は止まり、砲撃とミサイルの嵐。こんな事態に故郷を追われる宇国民。 あ…

なんか変だ!!

こんな真夜中に眠れず、パソコンを立ち上げ急に思い立ったようにブログをアップし始めた。早朝散歩に出かけるには流石に早く、一眠りしようとしてもでも眠れない。 不眠症ではない。一日細切れにしながらも12時間以上寝ているのだから睡眠不足ということも…

箸休め(休題)

まずは、富士急行(堀内家の嫁・詔子ワクチン前担当大臣)と因縁にあった長﨑山梨県知事(元財務相OBでよそ者)が三回のワクチン接種をしたにも拘わらず珍コロナに感染。おひざ元の県立中央病院に入院加療かと思いきや都内病院に入院。こやつ本当に地元愛があ…

夢で逢えたら~(^^♪

一日のうちに何回も寝ながら夢を数多く見る。時々、現実と錯覚してしまうことがあって、「ああ、夢で良かった」と思うこともある。 昔、親父が使っていた紳士用の通勤自転車もこの間出て来た。それに小さな食卓を囲んで家族全員が食事を摂っている光景もあっ…

最近のニュースから

どうやらK小室のNY州司法試験、二度目も失敗したようだ。これで、就業ビザが摂れないので、この夫婦、日本に帰国するか第三国に出国するしか手はなくなった。 しかも年間8億円もの警備費を掛けてセキュリテイやボデイーガードをつけているのだから、そん…

切る、焼く、呑む

癌の処置としては、悪性リンパ腫などの血液ガンを除いて固体がんについては手術が優先される。ただ、他にも治療法があって放射線治療(焼く)や呑む(抗がん剤)治療ももある。 いずれにしても、ベンチマークは五年生存率が(治癒)一応の目安になる。どんな…

オール電化

困るのコトヨ!スーパーの商品棚は照明が消されている。流石に冷凍食品やアイスクリームなどのコーナーでは照明も電気も通っている様だが、飲料水コーナーは普段冷温陳列されているものが常温陳列となっている。 どれほどの効果があるかは疑問だが、広告塔、…

カオス(混沌とした世界)の到来

ルーシアンとウキライナのドンパチは、これまでにない歴史的大惨事だ。ある日、突然にして隣国からの侵攻(侵略)を受け、平穏な日常が奪われ着の身着のままで避難民となる。家族は離散し、夫を戦火で亡くし住民の一部は隣国に連れ去られる異状事態だ。 次に…

零点が満点

今日は都内でも雪が降るほど寒いらしい。防寒に温かい格好でお出かけください。その上、先日の地震で火力発電所が稼働していない東電の供給電力が不足。なのでエアコン、炬燵や照明器具は消して暗がりでじっとしているか仕事もソコソコに早めに帰宅しましょ…

なんてこったい!歳には勝てん。

つい二週間前に歯の治療をしたというのに、今度は小腹が空いたと真夜中にコッソリ起きてお手製のポテトサラダを口にした。夜が明けて、「おい!卵の殻が入っていたぞ!!」のクレームに家人は動じもせず「そんなことはアリマセン!!」強気万遍! 口からホキ…

9101

これ何と読むか分かります?「クドイ」と読みます。今日は朝7時に家を出て街はずれの総合病院の脳神経内科の受診日だ。きっちりと8時半には受付が開始され、9時前から診察が始まる。 この病院もそうだが割とお年寄りの患者が目立つ。兎に角落ちつかないで…

木っ端役人

やたらと、難解の言葉や横文字を使いたがるのが、役人。昔でいえば学校の校長先生か郵便局の局長さん。だいたい、田舎と云えば、旧家か医者や政治家と決まっていた。いまでこそ統治(バカナンス)と云っている。が、こうした言葉をやたらと使いたがるのが上…

ネガテイブ・シンキング

一旦、将来に不安を覚え出すと前向きなポジテイブな考えが出来なくなる。そうなると塞ぎこむようになり、現状を冷静に判断できず負のスパイラルが始まる。 例えば、今年に入っただけでも海部俊樹、水島新司、石原慎太郎や最近では前立腺がんで亡くなった西郷…

体調不良

このところ思う様に食事が摂れなくなった。その結果、みるみるうちに体重が減り始め57㎏以上あった体重が、この一週間で54.7㎏にまで減少した。お腹の調子が今一つで鼻水も止まらない。 がん疾患と糖尿病の基礎疾患を持ち合わせているオラ方、とうとう感染…

これじゃあ本末転倒だ

「1日100万回接種の検討に入る」との由、この言い方も持ってい廻った言い回しで何が言いたいのかさっぱり分からない。 申し上げたいのは結果がすべてであって、そこまでのアプローチや手段を目的化してしまうと実効ある結果にはならず期待どおりの目的が…

悩ましい季節だ

病気、けがにそれから確定申告の時期。三回目の接種券も役所から届いたが、当面打つ気はない。なにせ、医療従事者の接種率が圧倒的に低い。メリットとデメリットを天秤にかければ圧倒的に「デメリット」の方が大きい。 しかもモデルナ製や副反応の脅威を考え…

見た目で判る

外見から厚手の上下スウェットにパーカーを着てフードを目深にかぶる。メジャーリーガーのキャップを斜にかぶる。それに顔を隠すようなマスクを着け足元はサンダル履きだ。これが、素行不良な人間の一般的な特徴だ。 その昔は、緩めの衣装に、ダボシャツ、リ…

よう分からへんぜよ!

花粉症のこの季節、毎度のことではあるが鼻水が垂れて目がかゆい。毎年のことではあるが昨年、今年は事情は一変。チンコロの尾身クローンなるウィルスが蔓延しているという。もしや、もしや、インフルエンザでもなく風邪でもなく、とうとう当方も罹患したの…

ダッチロール

今から数十年前、日本航空の旅客機が羽田沖で墜落した。当時のキャプテンは片桐機長。何と離陸直後エンジンを逆噴射させ、見事に失速多くの死者が出たのは鮮明に記憶に残っている。 逆噴射とは着陸直後にランデングを短くし機体を制御しやすくするために使わ…