Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

教訓

「柔わらか頭」してますか?

その昔は駅前と言えば英会話教室や学習塾が多かった。今やその駅前はコンビニ、歯医者などが軒を連ねる。しかも歯医者などは夜の8時、9時まで診察してくれる。時代は随分と変わったようだ。 必要とされるもは残り時代の変化に柔軟に対応出来ない者は退場を…

「お別れホスピタル」に観る現実

何故か日本だというのに韓国ドラマや中国紀行番組が多いなか、つい1~2週間前、何気にラジオ版を開いて目に留まったのがN(犬)HKの土曜ドラマ。「お別れホスピタル」。これが「しんどいとういか辛い」内容だわ! ここには妙なリアリテイがあってドラマ…

病室にて

「城崎にて」ならぬ今回の入院にあたっての病室の一コマをお届けしよう。このフロアは腎臓内科と呼吸器内科のメインフロア。したがって、人工透析患者や肺疾患患者が多い。 お約束どおり、面会はごく限られた人と、時間が制約されている。以前からお見舞いの…

れば、タレ(2-2)

これは、前提の仮定条件を持ち出して説得、説明してるように傍からは見えるが、コレ大間違い。こういう話し方をする輩に説得力もないしロクな者はいない。のがこれまでの当方の経験則。「折れた煙草の吸殻で♬♬、あなたのウソがバレるのよ♪」 政治屋、組織ト…

やらせ、企て、ワル企み。

今日は節分。それはさておき。 この世はみんなウソだらけ。誰もが本当のこと、リアルな真実を語ろうとしない。だからそれに嚇されている我等は、容易く心と感情をコントロールされてしまう。そうだ、そうだと思うのは愚民しかいない。大本営発表が重宝がられ…

紙1枚で

どうにでもなる。その内容は綿密に練られたシナリオの下に必要最低限のことしか書かれていない。 だから、失言、余計な発言や邪推を招かないように(共同)記者会見は開かない。最近芸能人やタレントが良く使っている。この手法は専ら霞が関のお役人たちが古…

サスナビリテイって?ナニそれ!

持続可能性を追求した、社会の有り様、仕事、システム、スポーツ、文化に教育。お役人が世間ウケねらいや時代にマッチングしようと作った言葉だ。これをこれ見よがしに使うもんだから相当鼻につく。 そんなの夢のまた夢、その昔は役人が好んで使っていたのが…

毎年(毎度)のことですがあ・・(2-1)

一昨日、税還付を受けるために期日前前に所轄の税務署に確定申告書を郵送しました。毎年、毎年ルールが変わり申告書作成のめんどいこと、メンドイこと。とりわけ拙者は医療受診や入院・手術が多いものだから「医療費控除」の明細書仕上げるまでにおおよそ1…

昭和天皇・ご進講

表題なるTV番組を夜中に視た。それも喉が苦しく目を覚ました次第。当時はかくも終戦に向けての国体を揺るがすだけの戦勝国との駆け引きが当時にあったことを知ると、今、ここの世に及んで信なるキングメーカーは存在するのかと疑問に思う。 専門家、学者や…

80-50と80―22

事件、事故、離婚、病死、怪我に家出、別離、行方不明など得てして不幸なことは予期せぬところで突然向こうからやってくる。 そのうちの80-50とは(はちまる・ごうまる)問題とは、80代の親が50代の子どもの生活を支えるために経済的にも精神的にも…

あの日も

そんなに寒い日ではなかった。5年前の今日某大学病院に入院したことを今でもはっきり覚えている。9月14日に食道がんが判明し、じらすにじらされての年末入院となり翌5日朝8時からの10時間以上にも及ぶ手術に備えた。中庭のクリスマスツリーのイルミ…

なんでも食(口に)するな!

副題:口にするモノ、その食べ物を作ったその手はどなたの手?彼女は出来合いのモノは食さない。これを一風変わりものというかは閲覧者の判断に委ねることとする。 拙者が付き合い始めの頃からだった今の「内(彼女)」は、出来合いのモノは一切口にしなかっ…

肩書のヒビキ

初対面時はおろか、商談の時など、自分の地位、権威、権限や役割を示すのに「名刺」が良く使われる。これほど汎用性があって便利な道具はない。ともかく、名刺一つで相手を騙せる。この名刺本当に大丈夫か?困ったときはその場で名刺に記載されている電話番…

安かろう悪かろう

まず、標記掲載写真は、下記の購入商品とは無関係ですのでお断りしておきます。 昨日11月11日はポッキーの日、C国では独身の日。それに次男の結婚記念日でもある。ほかの長女の孫の誕生日も12月12日。まあ、その前にイイ夫婦の日(11月22日)が…

腐りは頭から

近畿日本ツーリストの雇用助成金の不正受給にビックモーターの保険金損保会社への不正請求。大東建託にレオパレスといいズブズブの世界、知っていても見ていても知らんぷり。ガバナンスの効かないこんな日常がありきたりのように横行している。表に露見でき…

似て非なるもの

これは非ではないが、延長線上すなわちその分野と類似しているが本質とは違えていないことを指す。 そこで、非日常、非科学的、非条理(道)、非現実的や非常識など非を接頭語とした語類の多さに驚かされる。 つまり、物事の本質やルールからかけ離れている…

体調不良

医者に厳しく言われた。日常的な飲酒は辞めるようにと・・・。 かねてから、体調不良は毎度のことであるが内泌系に異常があるとガンが発症しやすいとの指摘。当方の場合は糖尿病の持病があるため、食道がんに直腸がんにも罹患した。 二人に一人はがんに罹る…

小さな親切大きなお世話

真心、寄り添う、丁寧、優しく、心配りなど、どの言葉をとっても響きが良く決して耳障りでない語群だ。ただ、これが行き過ぎると余計なお世話とか、偽善、博愛が迫害にもなりかねない。 こちら側がそう思って、配慮したつもりでも相手にとってはお節介や押し…

犯罪・事件は世相を映す鏡だ!

強盗、殺人事件など、世相を反映してか一段と凶悪性、残忍性、残虐性、隠匿性、巧妙な手口が増すように感じているのは当方だけなのか。 裏切り、背任、背信、陰湿性などの事件をとっても頂けない。話題性やウケ狙いの犯罪行為。犯罪の境界線が薄く曖昧となり…

やっちまったかな?

以前から、古いパソコンの扱いに困っていた。とりわけ、昨年まで動いていたビスタ 稼働に搭載の年賀状ソフトには、多くの住所録や写真が掲載されていたが、兎に角、こ のノートパソコン(東芝製ダイナブック)、去年までは動いていたが今年はドライブは動か…

学習効果

響きはいいが、これは学習できない人、学習しても意味がない人、学習しようとしない人、学習してもすぐに忘れてしまう人や経験が生かせない人、応用力、判断力や想像力が働かない人、同じ失敗を繰り返す人などを揶揄して使われる「学習効果」。 例えば今回の…

見栄と意地

この違い分かります?見栄は人をダメにして意地は人を成長させる。という。 失敗はここから始まる。見栄には自分自身がないつまり常に他人の目を意識して虚栄や虚勢を張り裏切るのである。地位、ポジション、人格、信用を取り繕って周りを観ながらもう一人の…

ああ!無情

今から28年前の午前5時46分、阪神淡路大震災が起き64百余名の命が奪われた。哀しみ、悲劇、惨事というのは突然にして予期しない時にやってくる。何人もの若い命が奪われ、伴に職場で働いた同僚や上司も命を落とした。 フェードアウトとは聞こえがいい…

軽薄短小

髪の毛は加齢とともに薄くなるのは仕方がない。でも、最近の世間の様子は余りに薄っぺらくて奥行きがない。思慮がないのか考えが浅くてその場しのぎをしているようにしか映らない。やることなすことが全て場当たりで人の情けも微塵もない。 それに短絡的で、…

見当はずれもいい加減にセイ!

少子化対策と云えば18歳まで毎月5千円を給付するというお池都知事。策がないものだから、お国も地方自治体もバラマキにばら撒きだらけだ。お池さんだったら今からでも遅くないから結婚をして子供の一人、二人産んだらどうか、どうも都政もお国も策になっ…

Fラン

その昔、日東駒専とかいって、有名大学には相手にもされなかった大ガキチームがいま、箱根路を先頭出で走っている。 頭のない奴は、体力で結果をだせという。大方は能力がないか、体力があるかできまる。それに、やってレTVが感動物語に視聴率稼ぎに。それ…

大御所気取り

大御所とは、ある分野で第一人者として権威をもっている人のことをいう。 語源・由来に関しては、御所は天皇・上皇・三后・皇子などの住まいを意味し、大御所は親王の隠居所を意味していたと聞く。 のちに、隠居した将軍や将軍の隠居所も「大御所」と言うよ…

いろいろあった一年だった

わざわざ年の瀬に及んで久しぶりのお泊り保育(入院)で思ったことがいくつかあった。 病院食にもいろいろあって、今回退院後の食事については服薬(止血剤等)と併せて事細かい指導があった。掲載写真は摂食単位で食べるものが決められている。提供元はかの…

頭に汗をかいて知恵を出せ

プリンターのピンチローラーに慌ててアマゾンからクリーニングペパーを取り寄せ、なんとか動き、印刷が叶った。最初はエクセルマクロとワードの年賀状印刷の相性と連携がうまくいかないのか、それともワードの差込印刷のやり方が違うのかとしきりに手を変え…

何をどこに・・?

何をどうしようとしたいのかがさっぱり分からんチン珍?筋書きのないドラマは面白いかもしれないが、観ている方はそれでいい。でも、作り手、仕掛け人、制作側にしてみれば緻密な計算やシナリオ、それに台本と「オチ」をどこにするかで作品の良し悪しが決ま…