Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

老い

病々介護・介助の明日(2-2)

昨日の話題の続きです。 知り合いの奥方様も昨年1月に帯状疱疹に罹患。1年半以上も経つというのに病院はともかく、ペインクリニック、針灸やマッサージなどにも未だなお通っているが快報には向いていないという。 加齢に伴う自己免疫低下による水疱瘡菌の…

病々介護・介助の毎日(2-1)

1か月の御無沙汰です。知り合いの中には当方が入院した、あるいは亡くなったのではとのうわさも流れ、自宅に何度も電話がかかって来た。ご心配をお掛けして誠に申し訳ございません。それほどこのブログが注目されているとは驚きだ。 さて、ここからは言訳・…

ローリング・ストーンズ

立秋:風立ちぬ秋、八月七日は立秋。暦の上ではもう秋だ。そう云えば、早朝散歩の降りに秋の虫が心細く鳴いていた。季節は人の心のように確実に移ろいやすい、再び「秋冷」を迎える。 響きは良くないがこの歳になると、確実に下り坂を下っているかのようにも…

休み明け

失礼ながら一か月以上も申し訳なく御無沙汰しておりました。まだ、存命ですご心配なく!香典・供物は生前中に。この間、当方、自家用車で帰省。山梨の実家に長逗留しておりまして、この間亡き父母の法事(年後の七回忌法要)や空き家の掃除・洗濯に庭の草取…

熱射地獄

昨日は全国各地で猛暑日を記録。とりわけ新潟、石川、富山にそれに新潟県の飛び地とも言われている長野の飯山でも全国七位の猛暑を記録した。これは百葉箱の気温計や湿度計で記録されている気温等だ。 だから、路面の地表温度は悠に50℃から60℃にまで上が…

進躍派に遅行派

世の中には急進派と呼ばれる連中がいる。ここには左派もいれば極右勢力もいる。どちらが正義で、どちらが大義は全く分からない。ただ、その一方で魚屋、八百屋や乾物屋、下駄屋などといった、旧態の商売を続けている店もある。 ここでよく考えてみよう!昔を…

揺れる想い

最近、地震多くねえかあ・・・! 昨日は能登で大きな地震があった。七尾出身のM氏の元に北は北海道から全国各地から安否の確認がいったようだ。そんななか拙者が亡くなっているのではないかとの声も聞かれたかという。 そんなことでもないと、互いに連絡は…

穴だらけ

このところ術後のスパゲッテー症候群の跡がやけにイタイ。そりゃそうだわな、IC U・MCUから病室まで10本以上もの管が体に刺さっていたのだから無理もない。 それにかまけている訳ではないが、自らを病気をもってして、逃げまくりの様相だ。 人や社会…

さっぱり分からん

ドコモのらくらくホン改め、格安SIM入りの携帯から携帯電話に替えたのは先日の お話し。脱入会手続き、端末機のセットアップは息子がオンラインで一切合切面倒を見 てくれた。 昔であれば取扱説明書(取説)が同梱されていT、それを片手にあーでもないこ…

暑さと寒さが判らにゃあ~い!

昔から「暑さ寒さも(秋・春)彼岸まで」といわれてきたが、最近これが全く分からず湿度のみならず、気温の高低(寒暖差)を肌で感じなくなった。これって、加齢に伴う「不感症」なのか? 一昨日の話の続きのようで恐縮だが、先日も昼過ぎ外出する用事があっ…

これって「共感疲労」なのかあ?

最近気分が塞ぎこみ、鬱屈した状態が多くなってきた。和菓子の紀伊国屋の廃業に続いて横浜中華街の老舗「聘珍楼」も運営会社が破産に、ロシアのウクライナへの侵攻といい相変わらずあまりハッピーなニュースは流れてこない。 また、自身のプライベートでも意…

砂糖に群がるアリたち

新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金繰りに苦しむ中小企業や個人事業主を救済するため政府の財政支援「持続化給付金」をだまし取る詐欺事件の摘発が昨年末から相次いでいる。 ここに来てなんだか急に逮捕者が加速しているのは何故か。それが何を意味して…

キワどい!お話

今日は六月のオツイタチ、あと半年もすれば今年も暮れる。とにかく時間が経つのが 早い。まるではよせい、早うせいと終わりをせっつかれているようだ。 昔、そのムカーシ、ムカーシのお話し。タブーとされてきたこれまでを今夜はそれを差し上げましょう。 あ…

「平々凡々」

この平平凡凡(平々凡々)とは、すぐれた特徴もなく普通であるという意味の「平凡」をさらに強めた言い方だ。それ以上に平凡をもっと平凡にした言い方で、「フツーすぎておもしろみがない」といったニュアンスで用いられる。 でもよくよく考えてみれば、この…

拡張記事

墓石ごろごろと読経の声に目を醒ましたのがこの時間。 人流回避、マスク着用といい、ワクチン接種といい、お国が云うことは絶対でそれにさえ従っていれば、お国が万民を助けてくれる。と思ってきたがここにきてどうやらお国の方針も転換したようだ。 そんな…

こころの病

この病気は外科などと違って厄介だ。兎に角。心療内科医、精神科医、カウンセラー、心理学者なる人間自体が実にオカシイ 妙な処に拘ったり、変な趣味や趣向(性向)を持ている人が多い。診察室にプリキュアや人形を飾り並べ立て、アニメ好きも多いのが何とも…

シルバーマーケット(老人市場)

この世代は年金受給をしながら、住宅ローも完済それに大小はともかく蓄財もある。つまり悠々自適な生活が送れる人々だ。もっとも病気やけががないのが前提だ。そのうえボケもせずに頭がしっかりしていることも必要だ。 老人の特徴として、同じ事を何度も言う…

三つの点が顔に見える?

「シュツ・・?」ってなに?コンセントの差込口を見ても、床板や天井板を見ても、人間には点が3つ集まった図形があると人の顔に見えてしまうような脳の働きがあるらしい。 どうやらこれを「シミュラクラ現象」というらしく、まともな人間でも起こり得るので…

顔は浮かぶが名前が出ない

みなさんもそんな事ゴザイマセンか??ただ、その逆はない。名前がでてきて顔が浮かばないということ。家人と目を見合わせては「何だっけ、誰だっけ、青のドラマやCMに出て来たあの人・・ああそれそれ」とゆうのだが2人とも名前が出てこない。 こうなると…

乗り換え

電車の乗り換えのお話ではなく、中廃止を指す。終活の一環としてなるべく生活費を削減することに。機械ものに強い次男家族が昨日来宅したので、20年以上も利用したドコモからいっそのこと携帯電話を替えてもらった。 あっという間の作業、もう二、三日もす…

ハっセコーっ!(^^♪)

昨日、あんな話題をブログに採り上げたものだから、頭の中に「マンションのことなら長谷工~(^^♪~^^♪)タララッタラっ・・」のメロデイー・ラインがグルグルと廻っていては止まらない。 どうも最近刷り込みが酷く、夢や印象深いことに関連したメロデーが寝て…

備えあれば憂いナシ!

昨日は「子供の日」で菖蒲湯につかった。「ゆず湯」といい季節感を感じる。それにしても「こども」、「敬老」、「成人」に(祝)日があって、働き盛りの大人に対しての「オトナの日」が、なぜないのか解せない。なんだか11月22日、4月22日とかのいい…

3×2+6=12+2=14

当方には三人(男2・女1)の子供がいる。それぞれが独立し所帯をもって多額の住宅ローンを抱えながらも何とか自活している。それぞれの所帯には子供がいる。つまりジジババにとっての孫だ。それぞれに示し合わせたわけでもないが二人ずつの子ども(男2・…

寝ぐせ、うわ言、フリスク

前にもお話ししたが、とにかく術後はしばらく良かったが、それ以降、食後に逆流はするは、摂食時には冷たいモノを食べても汗だくでタオル一本がびしょぬれになる。主治医に相談したところ「甲状腺ホルモン亢進症」の疑いとか、いわれて検査したところセーフ…

なんか変だ!!

こんな真夜中に眠れず、パソコンを立ち上げ急に思い立ったようにブログをアップし始めた。早朝散歩に出かけるには流石に早く、一眠りしようとしてもでも眠れない。 不眠症ではない。一日細切れにしながらも12時間以上寝ているのだから睡眠不足ということも…

箸休め(休題)

まずは、富士急行(堀内家の嫁・詔子ワクチン前担当大臣)と因縁にあった長﨑山梨県知事(元財務相OBでよそ者)が三回のワクチン接種をしたにも拘わらず珍コロナに感染。おひざ元の県立中央病院に入院加療かと思いきや都内病院に入院。こやつ本当に地元愛があ…

開運堂

これは仏壇、仏具の類ではない。長野県松本市大手にあるれっきとした和菓子の老舗である。ここの老松、どら焼きには散々お世話になった。というのも松本から輿入れした我が家内。ずーとこの店でバイトをしていた。大学時代も夏休み冬休みとななれば、帰省し…

季節は巡る(オレ病んでる?)

季節は移ろいやすいが確実に変わる。とうとう汗ばみ防寒具を脱ぎ春めいた格好となる。髭を剃り床屋にも行った。帰り道に卒業式の帰りかと談笑する母(男)子連れを目にした。胸には赤い紋章に紅白の帯が風に吹かれていた。これも季の香りが漂う。 季節は確実…

何か奇妙だぜ?

今日のバレンタインデーやフラワーデイは、遠の昔に御卒業あそばされたのでさほどの思い入れもない。何こそ今や、確定申告により国税の還付金がいつ戻ってくるかの方がとても気にかかる。 さて、それはさておき最近気になることが多くある。その一つは、お年…

ケガと病の連鎖

先日庭木の剪定で脚立から落下して骨折した同級生のお話をしたが、その話には続きがあって北海道の同級生Aは、風呂場で転倒し骨折。栃木の同級生Bは突然にして血尿が出現、慌てて大学病院に飛び込んだが事なきを得たようだが 安心は禁物だ。それは激しいス…