Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

老い

ケガと病の連鎖

先日庭木の剪定で脚立から落下して骨折した同級生のお話をしたが、その話には続きがあって北海道の同級生Aは、風呂場で転倒し骨折。栃木の同級生Bは突然にして血尿が出現、慌てて大学病院に飛び込んだが事なきを得たようだが 安心は禁物だ。それは激しいス…

類は友を呼ぶ

愚妻のケガが一向に快復の兆しが見えない中、役所に相談して車いすを借り入れることができた。これで移動が遥かに楽になった。日柄日柄とよく言われるが、お年寄りはとてつも長い。 折しも、同級生が脚立を使って庭の植木をチェンソーを使って剪定中、切った…

助かったわ

一昨日の当ブログで、この世知辛い世の中で、自己責任、自己責任と強弁するが見知らぬ方々に2度も助けられたことを御紹介した。数は判らないが少なからずこうした人がいる事だけは事実だ。滅多にないだけにそんな優しさに触れると何かしら胸が熱くなる。 た…

病々介護の明日

老々介護とはよく聞くが、わが家の場合は正にタイトルどおり。しかも慢性的な病で床に伏した場合は介護の準備や諸手当や対応・対策にも時間的余裕があるからまだましだ。だが、今回のように一方が突然の事故やケガとなると要領が掴めないまま右往左往するば…

エライことが起きましてな!

1/6東京都心でも10cmの大雪があったとのマウントが立って、雪国の皆様方はこれを冷ややかに嘲笑していた。そんなこともあってか、家内の週三回目の1/7の血液人工透析には車も出せず徒歩で施設に向かってもらった。午前9時前出かける前から口を酸っ…

ズクがなくなった。

今朝は朝夢で、実家を大きな家に建て替える夢をみた。家を新築する夢は占いではどうかと明け方の寒さにも耐えて、早速ネットで調べてみると「大吉で吉報」とあった。私生活も仕事も充実した上げ潮の時期を暗示しているという。 ただ、夢の中で工事責任者から…

今年も暮れていく

夢見の悪さに思わず飛び起きたのが、本日午前二時。それでパソコンに向かってブログを書き出した。その夢とは、とっくのとんま天狗にリタイアしているのに職場から「いつまで仕事を続けられると思っているんだ!続けるには上司の指示のもとに、何歳になった…

見事におおスベリ!

この冬一番の大寒波襲来で全国各地で大雪。西日本や東日本、山間部や都市部に関係なく雪・ユキ・ゆきの大スベリの日本列島。 昨日も予想どおりにに見事に外れましたはワ!有馬記念の勝馬投票馬券。妙に高額馬券でも当たると人生が狂いかねます。ここまで「呑…

クリぼっち

とうとうクリスマス当日を迎え、街中の洋菓子店や精肉店の前には長蛇の列が並び、ケーキやチキンを買い求める。牛乳やミルクが余りに余っているというのに、なぜかくもケーキや輸入チキンが売れるのか全く判らない。その一方でファミマは早々にクリスマスケ…

ふらつき

現役時代は仕事を終えると夜の街を良くふらついて(徘徊して)いた。今回はその意味とは全く違う。過去のそれが祟ったのかこの歳になってめまいにも似たふらつきに襲われている。転倒や骨折にも繋がるから要注意だ。 一説には耳の三半器官から起きるともゆわ…

揺れる想い

歯の治療の際、行きつけの仲の良い歯医者から警察から呼び出しがあって、孤独死に立ち会う機会が多くなったという。当然不審死だから検死も必要となる。鑑識立会いの下、歯型、抜歯や治療痕から当人を特定するそうだ。そうしたデータは都内や近隣市町村の歯…

最近、やたらに多くねえんかあ!

その葉書の差出人の名前には「富士子」と記されている。どこの「ふじこ」なのか一向に検討・見当もつかず、身に覚えもなければ、お付き合いしたこともないお名前だ。これって、こい~つ一体だーれ>なん~んだ。もしかして峰不二子かよ! この手のお知らせや…

利活用不明

緊急事態宣言や解除の基準も曖昧のまま、いつの間にか世の中はお祭り気分。まっ情報操作というか印象操作によってこれほどまでに世論が形成されることにはある意味恐ろしさを感じる。規制解除後、ロシア、シンガポールや英国ではリバウンドで爆発的に感染者…

記憶(メモリー)

追憶ともいう。映画も良かったが得てして「記憶」というものは、苦かった経験、辛かったことしか脳裏に浮かばない。昨日の献立メニューや愉しかった「思い出」はさほどではなくあっさりと忘れ去られている。辛く来るしか経験ほど忘れることができない。ただ…

ガチャガチャ!

人の心は、傲慢で邪だ。それを端的にあらわしているのが「ガチャつ!」だ。時として運命は帰らずもないのに、この言葉を使って逃げまくる。いつの間にかこんな風潮が世に拡がり始めいている。 「親ガチャ」、「子ガチャ」、それにしても最近は「上司ガチャ」…

味覚障害

新型コロナに感染すると、発熱、倦怠感、味覚障害や嗅覚障害など様々な症状が発症する。甘み、酸味、塩味を全く感じないどころか香り、風味も分からず、何を召し上がっても、何を嗅いでも水のようにしか感じないという。 これが発熱のせいかというとそうでも…

お別れ波止場

家内が突然口にした「私が亡くなったら、遺骨の一部を信州松本のカアチャンとトウチャンのいる墓地に分骨して頂戴」と。どうやらそのことは、すでに子供たちには以前から告げてあったようだ。 死んだ後のこととはいえ、覚悟をもって当家に嫁いできたのに、そ…

凄いものはスゴイと素直に

人間の五感ほど当てにならないものはない。目の錯覚、スギヨのカニ脚など、本物のカニと区別がつかない。それほど味覚もいい加減だ。一流のグルメ気取りの人も合成酒や本物のワインや日本酒さえ分らない。 耳も、舌感覚も、肌感覚も、全てがすり替えられても…

悪循環

ここだけの話だが、予断を許さないコロナ禍の中で、子どもたちからも「年寄りは外出を控えて、なるべく人と会わないように・・」とクギを刺されている。まあ、治療のための病院通いやチョットした買い出し程度や短い時間での早朝散歩に出かけることはあるが…

生き急ぐ

3月期決算の組織や会社にとっては、今日が上半期の決算期日。スリーコーター、第三四半期で、第四四半期を過ぎて総決算を迎える。この病弱徳兵衛も本日夕刻大学病院で受診する。 今日で緊急事態宣言やマンボウが解除されると云え、何の環境変化も手立てがな…

ヤケクソ

親しい仲間と山歩きやランニングやバイクを心行くまで愉しみたいと思うのだが、それもままならず。外に出かけるのは、簡単な買い出しや病院に行くくらいのもの。早朝散歩で暗いうちからマスクもしないで走っているランナーを目にすると、「コイツラは本当に…

ひねくれオヤジの宗教のお時間②「浄土真宗」

コロナ禍で若者の重症化や在宅死が多い中、いよいよ自身の終末や葬儀のことも考えざるを得なくなった。時に、浄土真宗の御本尊は「阿弥陀如来」、「阿弥陀仏」を祀るもので、それ以外の仏さまは安置しない。「お位牌に魂が宿り、それを供養していく」という…

ブッタ(打った)の心

歳を取ると、頭、腰、足が弱ってくる。それに弱くなるのが歯だ。案の定、奥歯が欠けた。夢見では歯が抜けたりする夢は縁起がよくない。ただ、ここの歯医者さんは数十年来の付き合いだから、予約なしでも一言いえば診察時間を取ってくれる。 「先生!今日から…

独り都会の片隅で・・。

昨日採り上げた中日・木下雄介投手は、幼子を抱ながら若き奥方様もいらっしゃったのに。ご遺族のその悲痛な思いは計り知れない。 どうもこの処、オバカな河村名古屋市長はどうでも良いが、大島康徳といい木下雄介と言い名古屋からの訃報が相次ぐ。ご両人の素…

上京

先月末に帰省したかと思いきやあっという間に月替わり。7月も5日だが梅雨空は晴れない。静岡の熱海の土石流被害の最中、当方、中央高速道路を飛ばしていた。この高速でもいつノリ面が崩れて土砂に巻き込まれてもおかしくない。 7/3(土曜日)金曜日に弟…

「ひまわり訪問診療」の「人は一度は死ぬ!!」(2-1)

昨日オオシマ監督のオフイシャルブログ・タイトル「告白(肺転移)」のなか、不謹慎ながら。当方自身(我が身)に置き換え本日ワクチン一発目を受けながら二節に分けてお届けしたい。 看取りの「最期」はどこがいいですか? 在宅医療専門医が伝えたい「在宅医…

周りは「シオ」対応バッカシじゃんけっ。

「天気痛」、この時期気圧の変化が大きく、めまいや体調不良が相次ぐ。多聞に洩れずわが方も調子が悪い。この気圧の変化、どうやら自律神経に影響しているようだ。そうでなくても老化で体力も落ちているというのに踏んだり蹴ったりだ! コロナ感染の公表もそ…

リモート(作業)確認

今流行のお仕事の在り方!こんなに遠くにいても電話一本でことが片付くとは、さすがに職人芸だね。入梅前に一つ仕事を片つけてもらった。代金と手間賃は即日銀行振り込み。邪魔な軽四輪自動車も車のキーのありかを教えて、駐車場の隅に片づけてもらった。こ…

「ズバリ!大島くん」

これ昔の元日ハム監督の「大島康徳」氏の公式ブログ名だった。でも、その後ブログタイトル名を「この道」に変えている。どうした心境の変化があったのやら、どういったトラブルに見舞われたのかは定かではない。時にTVでも話題となった手抜き工事で止む無…

心の病と体の病

さて、どちらかというと、実に悩ましい。切った、貼ったの外科的処置であれば播種でもない限り、いいとこ5年生存率が目安になる。ただ、心の病とは精神の病気でじゃなく、脳の疾患だからいつ完治するかもわからない。それだけに厄介な病気なのだ。 だから、…