Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

アメとムチの「自滅の刃」

f:id:koushuya:20210125001142j:plain

    先週末に、新型コロナ特措法や感染症法の改正案が閣議決定された。これはヒドイ。入院拒否や調査拒否をすると、当該人に懲役一年。、罰金百万円以下若しくはその併科が課せられる見込みだ。

 

    その一方で、入院も出来ない、PCR検査もしてもらえない現実。罰則の是非や内容だけが取りざたされている。ヤルこととしては順番が逆だ。

 

    国会は立法府だから、与野党ともに議員先生方は法案さえ通せば仕事は終わったとでも思っているのだろうか?さらに、緊急事態宣言の前段階としての「予防的措置」についても、どうもおかしい!

 

 この予防的措置は、緊急事態宣言を出さなくても都道府県知事が事業者に対して営業時間の短縮要請ができるようにするもので、応じない場合は首長が命令ができる。それでも応じない場合は過料を科したり、公表できるようになったりする行政罰が課せられる。

 

    当該「予防的措置」は国会や政府の関与(責任)がなくても私権の制限ができるようになる。実質、地方への責任転嫁と丸投げとういことだ。平たく言えば医療機関対応も飲食業対応も保健所も「自分たちで対応してね!」ということだ。

 

 そうでなくても役所や関係先は多忙を極め、時短や休業要請業種の倒産・廃業数は凄まじい増加で、どこも「青息吐息」だ。これにさらに仕事を増やせ、首つりをしようとしている人間の足を引っ張るというのか?

 

    そして最終的には要請に応じない飲食業、サービス業や入院を拒否した医療機関の名前を公表するといった実効性が担保されない愚策が次々と打たれる。まあ、「当局お云うことを訊かないならばさらし者扱いにして、世間からの批判を受けますよ」と半ば、脅し、脅迫に近いものがある。

 

     反対に休業や時短補償金の支払いは緊急事態宣言が解除された翌月末までに、しかも中小企業に限らず大手企業もその対象になるらしい。夫婦二人の小料理店でも一店舗で何十人もの従業員を雇用している大企業でも補償(ギャラ)は同じ。と、アメも忘れていない。

 

    こんなチンケな「アメ」と理にかなわぬ「ムチ」だけでは国民は到底納得して、だれもお上のことは聞かず、勝手な行動をこれからも続けるだろうな!このままでは狡猾な国も政府も自滅するしかない。最終的にその煽りを受けるのは国民だ。

フード・ロス

 

f:id:koushuya:20210124001935j:plain

    日本の食品ロスは莫大で、全国消費量の倍以上が毎日廃棄されている。この水準は先進国にあってもトップだ。

 

    そうした中で、アフリカなど後進国も含め、世界人口44億人のうち紛争や飢餓で8億人もの人々が飢えに苦しんでいる。

 

    一説には、一分間で17人もの人間が亡くなっていると云われている。驚くべき数字だ。飽食の時代とかグルメ党とか言われて久しいが、これほど食い散らかす民族は支那とわが国ぐらいだろう。

 

   兎に角、食べ方が汚くて、平気で料理は残すは包み紙はポイ捨てするはでマナーもエケチットもあったモノではない。それに賞味期限や消費期限にこれほど過敏な民族は世界広しと言えども見当たらない。さらに、ノロウィルス感染症などの食中毒には極めて神経質だ

 

   昔から、お米はお百姓さんが八十八の手間暇をかけて丹念に作ったものだから、ご飯粒は一つだに食べ残してはいけない。それに、料理人や調理が作ったモノに途中で箸を休めるのは作った人に失礼だ。早食いはするな、完食が礼儀だと教えられた。

 

    大量(過剰)生産に大量消費、ロスが出れば、今やそれは豚の餌にもならず全ては廃棄処分となる。やれ、祭りだ、フェスだ、イベントだと言っては食い散らかしを煽る主催者。

 

    また、そのお先棒をコンビニやスーパーが担いでいる。

 

   食べ物を口にしながら、「旨い」、「美味しい」、「絶品」、「コクがある」、「まいう~」、「早い」や「見栄えが良い」に「味が深い」や「お上手」などの連発ばかりだ。時に泥水を呑んで必死に命を繋いでいるアフリカや紛争地帯や難民の子どたちを横眼にそんなことは到底言えまい。

 

 さて、もうすぐ節分、「豆まき」程度は許せるにしても、かの「恵方巻」なる風習は全く理解できない。クリスマスケーキと同じで、当日深夜から翌日には大量の恵方巻がコンビニやバックヤードのゴミ捨て場に山のように詰まれるに違いない。

 

 これが世の中、世界の皮肉な現実なのだ!

救急搬送困難事案

f:id:koushuya:20210123010943j:plain

    ズレまくり、首相は緊急事態宣言の対象を福岡県というべきところを静岡県と云ってみたり、来月を明日と読み違えたりと、台本棒読みにしてはあまりにいい違いが多く、これでは心もとなく不安心理が倍加してしまう。

 

それに訳の分からぬ、お笑い芸人の「ハチミツ二郎」とやらがチャンコロに感染したとかメデイアも話題やネタ探しに躍起だ。売名のためにわざと感染したのかと疑いたくもなる。

 

 そのうえオイケ都知事までもが、横文字転換でこの期に及んで、「葛飾ない」(勝つしかない)などと、しょうもないダジャレを口にする始末。これには流石に、お粗末、トドマツ、ジュウシマツ!だ。

 

 入院調整者や自宅療養患者が大勢いるというのに、それに自宅で孤独死する人もいるというのに爆笑問題の田中や石原伸びてるなどの名が通るタレントや著名人はいともたやすく特患となって入院・治療が受けられる。こんな不平等や差別が罷り通る世間だ。

 

 しかも伸びてるが入院したのは、チャミズの大学病院だ。既往症があるとはいえ前日には仲間内と会食していた事実も判明。

 

 我が方も同大学病院で手術をしたが、がんが見つかって入院手術となったのは、はやくて3ヶ月後だった。人の命の重みは等しいというがこりゃあ余りにヒドイが、一般庶民はこうした現実を甘受するしかない。

 

 この寒さの折、足の踵はササクレ、全身に粉が噴出した。こんな程度では入院も出来ないだろうが、最近、救急車のサイレンをとんと聞かなくなった。救急医や医療機関に搬送できず30分以上救急車が待機させられ、三ヶ所以上に受診や応急措置を断られる事例を「救急搬送困難事例(案)」という。

抜け出せず

f:id:koushuya:20210122093252j:plain

 とにかく朝は寒いので、早朝散歩はご遠慮させて頂いております。布団の中からは抜け出せず惰眠を貪っております。

 

 したがいまして、睡眠時間はヤケに長く一日一日、12時間以上は寝ているのではないでしょうか❓・ゆえに当方には睡眠障害不眠症などの言葉は当たりません。

 

 ブログの冗長なセンテンスも短くなり、アップの時間も遅れに遅れて、何もかも億劫な日々が続いております。

 

 しかしながら、この時期は「確定申告」の時期。そう云えばとおもいつつ、早速、家内の車の運転で隣町の税務署まで申告用紙を御用達。

 

 納税は国民の義務だと思いつつも今のばら撒き政策は如何なものか?これから、手書きで申告書を作る。この世は、申告主義と書面主義だから「いってこない者は、権利放棄」と看做される。

 

 とうとう、今年も忙しい季節がやって来た!どうやら乗り越えられるのか?なー7!!この週末は忙しくなりそうだ、さみいー、淋しい!命からがら・・・!

ダンカン

f:id:koushuya:20210121065741j:plain

 阪神の熱狂的なファンでも良いのだが、息子の名前に「甲子園」と命名するのは如何なものか。

 

 各地で冬の嵐が吹き荒れ、東北自動車道の宮城古川界隈では、140台以上もの車がホワイト・アウトで多重事故が発生した。その一方で国会はやっと開会したが首相の施政方針演説にいねむりするばかりの議員等!

 

 まあ、総理のお話の口癖が「思います」、「思っています」だらけでは、決心も覚悟もも読み取れぬのは無理からぬ話。

 

 それにしても、一昨日「大寒」をむかえ、当地でも朝の気温が氷点下になった。くらぶれば地元甲府は氷点下6℃といい、山中湖ではマイナス11℃を記録したとという。

 

 ザケンじゃあねえよ!信州松本では浸みて、しみて!電熱線を巻いても水道管は氷り、昼過ぎにやっと水が出る始末。まいなす20度は日常茶飲み事!まあ、お年寄りはこんな所でも生きていられるのだと、とにかく寒い!

 

 最近にはない尋常ではない寒さだ。踵は嵩張り、いたるところに粉が吹く老練じじい!も体が冷えて来た!!

 

 大寒ならぬダンカンならぬ、とにかく「淋しーの?」、オマエハ「代官か?」