Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

次は誰の番だ!!

!

 昨日の三遊亭円楽(享年72歳::通称、三遊亭おい楽))の訃報に続いて、今朝はどうでも良いアントニオ猪木(79歳:通称、気のいいアントニオ)の悲報が入電した。どちらの方も存じ上げなく、当方の人生にとって殆どというよりは全く影響(関係)がなかった。

 

 円楽の不倫を錦糸町のラブホの前で見かけた知人もいたし、猪木に気合い入れのパンチを喰らった友人もいた。

 

  でもマスゴミはこの逝去を、惜しみ、永遠と哀しみを伝えている。得てして故人は仏に帰依するから亡くなった人のことは悪くは云わない。

 

   ひたすら嘆き、悲しみ、涙する。どんな悪人や罪人でも一度三途の川を渡ればホトケさまになる、葬儀がこうした雰囲気に包まれるのは、親しき人や親戚縁者が手を合わせるからこそこういったことになる。

 

 だからこそ、今度の安部川元首相のコクソウに芝居がかった演出に違和感を覚えたのは我が方だけでもアルマーニ

 

 その昔、義母の弟(元長野県庁幹部)が、義父(元東電幹部)が急逝した折、当時一番の若輩であった当方がお二方の通夜式の後、線香を絶やさぬよう一晩中亡骸に向かって涙ながらに語ったことを思い出す。「お別れというものはそういうものだ!」。

 

 円楽は2018年に肺炎、脳梗塞などを発症・発病し昨日亡くなったのは周知のとおり。

 

 この年は我が方もがんが見つかり手術した年でもある、あれから4年片や亡くなり片やはこのとおり存命だ。人生の隘路と皮肉、無情さを感じる。余計な話だがアントニオの前妻・倍賞美津子の今の御心境は如何に・・・。

 

 「善人・善行を重ねた人ほど逝くのが早い」とか「美人履くメイ」とかいわれるが、さて次の番はだれだ!オラの番だけはご勘弁願いたい。

逆風の秋・贅沢は敵だ。

 早いもので今日で9月も終わりだ。夏が終わったと思ったらここにきて急に秋めいて来た。指折り数えて残すよころ今年もあと三か月。お仕事の皆さん上半期決算日につき随分遅くまでの労働ご苦労様です。

 

 さあ、明日からいろいろなものが変更となる。鉄道料金の一部値上げや年金や育休制度の見直しなど一気に世の中が変わりそうだ。

 

 中でも物価の値上げは痛い。明日から6500品目とこれまで最大の上げ幅だ。なんと平均で15%の値上げだからモノによっては1.5倍から2倍近くに跳ね上がる。

 

 一方、株価は下がりっぱなし、円為替も円安が加速。上がってはいけないモノが上がり、上がって欲しいものが下がって安くなる、皮肉な結果だ。

 

 こうなると手前のような年金生活者はつましく食べもを切り詰め、ギリギリの生活を強いられる。こんな時に限って病気事故での入院、通院、家電や自家用車の故障など突然に出費が嵩むケースもよくあることだ。

 

 物価の値上げでとりわけ痛いのが電気(過去五年で最高の値上げ)、ガスにガソリン、小麦粉製品にチーズ。バターなどの乳製品、マヨネーズや調味料にハム・ソーセージや肉類等々だ。それに酒、マックにファミレス、牛丼チェーンにはなまるうどんに回転すし、それにトイレットペーパーにテッシュまでもが・・。原因は原材料や輸送コストの高騰に円安が重なってこうした事態となった。

 

 こうなると生活防衛どころか、もこれはクライシスだ。冒頭、労働諸氏の今夜のお仕事をねぎらったが、スーパーやコンビニに始まりデパ地下の食品売り場、小売店の店員。パート、オバチャンや店長・従業員も含め今夜は総出で値札の貼り替えや内容量の減量に大忙しだろう。

 

 今日は富士山に初冠雪(甲府気象台が観測)があったとのこと。労働者諸君にとっては、そんなノンビリした話はどうでもいいだろうな!

過ぎ去りし・・

 その昔を懐かしんだところで、あの頃は帰ってこない。ただ、ここ東京でも随分と街並みや風景が変わった。学校前にあった文房具店、街中にあった書店、帽子屋、下駄屋に呉服店が次々と消えていった。

 

 それに川で泳いだことも、川魚を獲って食べたことを今の時代の人に話したところで噛み合わないのは当然だ!

 

 ネット通販がこれだけ発展すると居ながらにしながら欲しいものは検索さえすれば何でも手に入る時代だ。店を構えることも店頭でのベンチャラも笑いもお客とのやり取りも必要なくなった。

 

 時代は有機質の時代から心や感情を伴わない無機質な時代へと突入している。昔あったレコードショップも最近のCD・ビデオレンタルショップも絶え間なく消えていく。アナログ文化が染みついている我らの時代・世代に、早々とデジタル脳への切り替えは無理だ。

 

 効率化、合理化の名のもとに30年続いた東京駅の新幹線ホームの立ち食いそば屋が来月閉店するという。そしてJR東はこれから先、年末までに4000人の社員を整理し非鉄道分野への人員シフトを強化するという。

 

 その反面、正規社員が5割、非正規社員の3割が人員不足しているという皮肉な結果が産まれている。また、長野の八十二銀行長野銀行(旧長野相互銀行)の統合のように殿様商売で経営が成り立ってきた地域金融機関も安閑としては居られない。権堂町の賑わいと夜は帰ってこない。

 

 近代化、現代化という名の下にいくつかの価値観が失われ、いつの間にか情に厚いなどいう言葉も廃れた。懐古趣味ではないものの確実に時代は大きな節を迎えるに至った、

 

 この先、日本は何処へ向かうのか。あれほど協会関係議員を罵倒したツジモト国会議員の旧統一教会問題が国葬儀当日に露見した。かのようなオカダの振舞。これとて在りし日のことをとうに忘れた巨大ブーメランではないのかな?今の日本を代表(現)する象徴だ!

深まり行く。。。

 いつのまにかセミの鳴き声は聞こえなくなり、ベランダでは空蝉とカナブンの亡骸が横たわっている。どうやら今年の夏も終わったらしい。そう思って耳をすませば秋の虫の音色が庭先から聞こえて来るようになった。

 

 山梨と長野県の境に「黒森」という場所がある。ここから先は内緒話だ。ここにはこの季節になると「松茸」が群生しているところがある。その在りかは親が死んでもいうなというくらい希少な場所なのだ。

 

 その松茸、今年の丹波篠山初セリでのお値段は何んと120gで95万円だトヨノボリ。勘定すれば1.2gで大凡1万円となる。やはりこうなると庶民感覚からすれば「匂いマツタケ、味シメジ」の方がピンとくる。これまで人生で松茸ご飯が旨いと感じたことがないのは貧乏人のせいか・???

 

 昨日のコクィソウギで目先の懸案の事態は一過したようにも見えるが、あれは官邸主導によるコテコテ演出の国立演劇場。

 

 外国要人も参列者も全員が白マスク。それに友人代表が弔辞を読み上げると会場内から一斉の割れんばかりの拍手。葬儀の場で拍手が起きるなど考えられないこと。外国要人もそれを見て「きょとん」としていたのが異様だった。

 

 国儀に駆り出されたご皇族の皆さまに儀仗隊の皆々様、それに警備警護に全国各地から招集された警察官やセキュリテイ会社社員の方々おつかれさまでした。

 

 こうして何事もなかったように、暑かった夏が過ぎ、この秋も深まってゆく・・・