Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

佐野太の性根の悪さ

f:id:koushuya:20200714233559j:plain

私大支援事業で便宜を図る見返りに、息子を東京医科大に合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた元文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太被告(60歳)は7月6日、東京地裁(西野吾一裁判長)の初公判で「私は無実です。私の知らないところで息子の入試の加点がなされていた。不正の請託も受けていない」と述べて、起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張した。

     以上は、(同日付の「毎日新聞」からの報道内容を引用)。

 

    往生際の悪さといい、文科省前局長:佐野太の息子「貴徳」。同医大への裏口入学は地元山梨にとっても恥だが、ヤルことがチイせい!ちいせい。所詮、コイツまじの小悪党だな。

 

   甲州の面汚し、地元の恥!潔ぎ良さもなければ、武士道や男子の本懐の極めもない、情けなしの逃げまくりとウソが多すぎる。説明責任を果たすと云いながら、なんの説明も果たさず起訴された可愛いイ安里夫妻と同類。両者に共通するのは往生際の悪さで何を守ろうとしたいのか(経歴、地位、金目、名誉に家族・親族?)、さっぱり分からんチン哲郎。

 

   息子も息子だ。判決が出ていないため、未だに同大に普通に通学しているらしい。この親にしてこの子ありだ。まあ元々この大学の医学生はほとんどが裏口か訳あり入学なのだ。 

 

     だから大学としても彼だけを退学させられないのだろう。いずれこんな医者に診て貰うと思うと背筋がゾットする。それに、この親が国立山梨大学の副学長だったとは県民でも知る者は少ない。名誉職なんぞ、所詮、カネ、肩書と経歴とコネクションだけで就ける。

 

 さて、ざっと被告の経歴をご紹介して、本日はこれにてオ・ス・マ・ン・ト・ル・コ。

f:id:koushuya:20200714233726j:plain

 1959年 山梨県甲州市(旧塩山市)生まれ、質実剛健」が校訓の名門県立日川高出身

1983年 早稲田大学理工学部 卒業、同大学院理工学研究科 修了

1985年 科学技術庁 入庁

1991年 科学技術庁 原子力局政策課長補佐

1993年 米国スタンフォード大学 留学(経済政策研究センター)

1996年 外務省 在連合王国(英国)日本大使館一等書記官

2000年 科学技術庁 科学技術政策局企画室長、内閣府 科学技術政策担当大臣(笹川堯、

尾身幸次)秘書官、分科会々長の尾身チンではないのでお間違いないように。

2002年 文部科学省 大臣官房評価室長

2004年 早稲田大学 客員教授文部科学省 高等教育局主任大学改革官(教員養成担当)

2005年 文部科学省 高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)

2006年 文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課長

2007年 山梨大学 学長特別補佐・教授、その後同大の副学長に就任

 

    被告は逮捕され起訴されても、確定判決がまだ出ていないので、身分上は未だに国家公務員のままのようだ。みなさあ~ん、甲州人がみんなこんな奴ばかりだとは思わないでね。

 

 佐野チン、おまんは全く情けねえ奴ズラ、山梨のアカっ恥だ!!二度と郷土の土は踏ませねえから、ぜっていけーてっ来るんじゃねえ~ぞ。てめえの帰えれる場所は「豚箱だ!」何年でもクサイ飯を喰ってろ!東郡(ヒガシゴオリ)の親戚連中が泣いてるじゃんけーっ!

ここでしか咲けない花もある。

 f:id:koushuya:20200714000033j:plain

  なあ、そこの兄~弟でよ!アっちゃん(遠隔転移で入院;2週後の病因判明の時にはトキすでにオソシ。享年38歳)のこと、しっかりと覚えているだろうに?会いたくても、逢いたくても、今となってはそれも叶わず。時折、当時一緒に仕事をしていたことをふと思い出す。込み上げる懐かしさと哀しみに、じっと堪えるしかあるまい。人のご寿命とは一体何なのか?

 

    ただでさえ、そうは思ってみても、お相手に恵まれず、触れることもせず、云いもせず!「ここにしか咲かない花」のように、その短い人生を閉じた。さて、この曲「蕾」や「さくら」などがヒットしたコブクロの名曲だ。

 

時に今回の九州、岐阜の上呂中呂下呂の水害に信濃の国の災害。ところがバーチーの上総一宮は大雨になると電車がすぐに不通になるのが日常茶飲みごと。鉄路が冠水したあとの光景がニュースで流れると、なぜかいつもサザンの「希望の轍」が頭に浮かぶ。

 

   そして今日はついでに歌謡ネタをもう幾つか・・。印象に残る名曲といえば、中島みゆきの「糸」や「地上の星」もいいナ。それにこの間、犬HKの「SONG・ソング」という番組を視ていたら、「何度でも・・納戸でも?♪」のドリカムが登場。大泉洋のインタビューのお相手にダチョウ倶楽部のリーダー似の中村君、意外とお喋りと説得力あるお話できるじゃないかと感心した次第。

 

   彼等、作詞は専ら吉田美和で、作曲が中村正人だそうで、吉田の詞の展開は意外性があって心に残る。その後に曲をつけるそうだ。B面曲の「ラブ・ラブ・ラブ」が大ブレークした年の「紅白歌合戦」出場衣装がなくて慌てて原宿へ既製品を買いに行き、「大物歌手に普段着みたいだ!」といったエピソードも楽しく聴かせてもらった。

 

    最近発売の、明治グミのCMが面白かった、石原ひとみ主演の「アンサング・シンデレラ」主題歌、「YES  AND  NO」のサビの詞には

みんな許さないの?

そして

わたしは許せるの?

YES AND NO

単純に勝ち負けじゃない

この世界で何ができるの?

    とある。なるほど、一節目と三節目が妙に女性心理を突いた言い回し方がある。

 

    番組の最後に、ドリカムに対して「売れたから、もういいや!」と云う捨てた気持ちになったらダメになる。有頂天になったら足元をすくわれる、と意見したのは、かの「かぐや姫」の南こうせつ氏。実体験からのアドバイスだったのだろう?

 

    彼らの「神田川」や「赤ちょうちん」のメロディーラインや歌詞にしても、この曲もこの徳兵衛にとっては、青春の懐かしき想い出がぎっしり詰まっている。心に残る楽曲や人との思い出は、いつまで経っても色あせない。

備えあれば憂いなし

f:id:koushuya:20200712231847j:plain

    工具や登山用品も、アイテム、スパナ、ジャッキ、長靴からガスボンベまで、我が家にはほとんどのモノが揃っている。非常事態に備えての日頃からのこのご準備。

    2011年3月11日の東日本大震災を例に採り上げるまでもない。折しもその時には、テント、ストーブ、寝袋、非常食に防寒具などによって、異常事態にも拘わらず日常が維持できたことが思い出される。

 

   ティッシュにトイレットぺーパー、生ゴム手袋に、アルコール消毒液にマスクや雨カッパにフェイスガード、それにヘアキャップまで。ウィンダーゼリーにカップラーメン

   これって、いきなり揃えたモノでもなく、日ごろから集めた装備品。とくに好きだか ら、コメとモチはご一緒にして、この時期でもかなり余裕がある。持久戦、巣ごもりや非常事態に陥った我が家の平素からの備えだ。

 

   当方、リスク、危機管理は臆病な人間ほど徹底できると信じている。ノー天気で事態を甘く見る人間ほど、咄嗟の時にバタバタし動揺する。臆病な方や慎重なお方は、常に最悪事態を想定し怯えているからだ。飲料水がない、薬がない、喰いモノがないことや電気が来ない、トイレが流れないといったあらゆることを考慮しているからこそ、準品は想定以上に多くなる。

 

   山登りには、天気が良くても「雨具」をもち、「非常食」や十分な「飲料水」を持ち歩くのと同じことだ。ゆえに自然とザックは膨れ、重くなる。ナップサック姿の遠足気分で山登りなぞ、危険が危なすぎて、山をやる者としては到底考えられない。

 

  でも、こんなに医学や科学が、秒針分歩・日進月歩で進んでいると云うのに。でも、今回のチャンコロ・ウィルス感染、蔓延に当っても百年前に流行したスペイン風邪と同じように「うがい」、「手洗い」、「マスク」に「消毒」が基本とか。

 

    こうした古典的な手法や技法でしかヤルことはない。今から百年前と現在ではやっていることはなんら変わらない。それに、これだけIT化が進運だというのに、お国や役所のDB(データ・ベース)は、手書き同然でダウンロードはもとよりテキストにも落とせないお粗末な仕掛けしか使われていない。つまり、どの分野も張子の虎、ハリボテの箱モノのみで、有事には全く機能しない。

 

    だから、厚労省ご推奨の「COCOA」の登録率、普及は一向に伸びず、国民全体の3%にも満たない登録者数にとどまり、感染者登録はたったの3名だ。マイナンバー然り、特別定額金の給付然り、お国は、国民、市民に対してはIT、モバイルや電子マネーの利活用を薦める、結局は国や地方自治体とも「備え」はなく「憂い」だけが残るばかりだ。

お天気(「お」尻ーズ:4-4最終回)

f:id:koushuya:20200712030746j:plain

 気象庁のオ天気予報もそうだが、ウソばっかしだ!本格的な気象予報や災害警告、警報が始まって30年にしか経過していないのに、50年や100年に一度だとコメントするのは笑止千万。危機感だけを無闇に煽って、地域住民には、妙な不安と焦燥しか残らない。

 

    防災無線は聞こえないは、大雨の最中では隣人も町内会も誰も助けに来ない、だったら予め具体的な非難方法とか場所を誘導する方がよほど効果的だ。予報士や専門家などコイツラの言っていることは、推論・邪推にしかすぎない。だから、結果的に大惨事になると容易く全言を翻す。

 

    気象予報も報道番組も、対処方法や経過は伝えず、浸水の高さだの、結果だけを振り返りばかりの結果だけを案内をしているに過ぎない。気象庁の中本能久:気象予報課長はズブなド素人。TV会見中継の間、額から汗をタラタラ、むさくるしくて暑苦しく、却ってこの「絵」は視聴者の不安を増長させたY。しかも、熊本では「小代酒店」の軽が流れる様子を映して、店主がこの様子をことさら詳しく生中継。こうした映像やコメントにどれほどのドキュメンタリー性と意味があるのかなあ~?これでは何回報道しても減災しない。

 

    気象予報士の資格を頑張って取得し、とか何とか言っちゃって、女子アナになりたい!お天気姉さんになりたい!TVに出たい!気象予報会社(ウエザーニュース)に就職したい!タイタイ族ばかりがヤケに目立つ。毎朝見せられる「お天気予報」は彼らのルーティーンのお仕事。だから想定外の豪雨や天変による被災は彼らにとっては、専らの稼ぎ時。

 

   彼等はシカトしたもんで、「緊急地震速報」の際には、地震気象庁所管と云うのに、とんと顔をださない。みなさん世の中、資格が活かせる仕事に就職や転職ができるとは大甘の発想だヨ。しかも仕事を辞めて勉強に打ち込むほど、予報士資格取得の意味はなあ~い。あのイチハラ(石原)用済(良純)でさえ、予報士の肩書でメシを喰っているのだからな。何をかいわんやだ!あるお方がずっと言い続けた言葉がある「自分の命は親も子もなければ、自分で守れ!」と。

 

   予報、予想と勝手なことばかりを並べ立てて、予想が外れると「想定外」と「歴史的にみても・・」と「過去に例を見ない」の言い訳三昧、夕焼け小焼けの「すしざんまい」。」繰り返すがニュースや報道番組も同様だが、事故、事や災害が発生すると、途端に温暖化、ダム、メカニズム、背景を尤もらしく釈明解説する。おマイラ、本当の専門家かよ!加代は伊豆熱川温泉「山水館」の若女将。

 

   そういえば、「加代よ!どえりゃ~!山水館は、おまんのもんじゃねえズラ・・」セリフの「富士真奈美」がいい芝居していたのう?おまけだが、伊豆熱川の方言は甲州弁に通じている。戦国時代の今川一族支配のせいか、甲州弁の「ズラ」が、駿府に入ると途端に「ダら!」に代わるのがその証左だ。

 

オひさしぶりの(「お」尻ーズ:おまけ)

 お・玉、お・たまじゃくしにてこれにて「終・わり」。尾・張、名古屋は城で持つ、えびふゃーだがや。「尾・高」は住吉駅前の居酒屋。「お」尻ーズだけでこれだけ引っ張れる。

 

    今度、話題に困ったら、「ア・イ・ウ・エ・オ」か「イ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ・ト」で何回でも繋げられるな!いいネタみっけ~!

お雪(「お」尻ーズ:4-3)

f:id:koushuya:20200711002122j:plain

 増位山大五郎の持ち歌。「もうって産まれた、あ~の時が、さ~あダ~メなら♪」が、「もって、うまれたっ~あ♪」て、ナントくどくて、オブラートで包んで風呂敷に巻いて、煙に巻くようなこの表現。演歌の歌詞なら通ずるが、現実に聴くと歯がゆいばっかりだい。   

 

 最近こんな言い回しがまかり通り、誰にしても歯切れが全く良くない。何に配慮して、慮っているのか、滑稽・茶番に見えてショウガなあ~イい。下世話だが、元ヤンの木下優樹菜が芸能界引退と事務所発表のコメントも「信頼関係を継続することが著しく困難」とかと表現している。簡単に「ウソ、ばっかりなので、信用ならんから本人との契約を打ち切りました。」といえば、よほどスッキリするのになあ~。

 

   それどころか、政府筋や諮問会議のオエライちんの「全くの可能性を否定するものではありません」とかいった、ご答弁や話術、わかりますうぃ~!!このカラクリの虚言癖。まあ、確信犯の佐川元理財局長と云い、モリトモ問題で財務省の事務方トップの財務次官に、ロンパ目の太田主計局長が内定したのだからな。これをウソが上手につけた高級官僚に対する論功人事と云わずして、何という!早見、優!!

 f:id:koushuya:20200711002237j:plain

 こんな云い方ばかりを聞いている、今頃の子供たちが大人になれば、さらに輪を掛け重畳的に表現するだろう。例えば、「紅は赤いほど、赤くはないが、紅色に近いほど赤い口紅のような夕焼け、朝焼け」と、もって廻した作文を書くのだろうな。これでは力はおろか口先だけの詭弁ばかりがやたらと上手になるだろうな・・。

 

 とりわけよく使われるのが、危険性や可能性などの「〇○性」。それに誤魔化しが殆どの「等」や「等々}、「一部」、「~の方向で」、「総合的に判断して」とか、さらに「部分的にはそれは当たるかも知れない」や「全てを否定するものではない」とか、核心や確言を横に置いたままの装飾語や脚色の多いこと多いこと。これが今のご時世、最終的に言葉に窮すると、誰もかれもが「いいじゃあナイのう!」との結び言葉。

 

 代表的なのが、最近のチャンコロ・ウィルス問題に対する専門家のコメント。「リスクが高まっている」といいつつ、その後が戴けない。「感染はしているが、無症状でもリスクが高い人とリスクが低い人がいる」、加えて首長の都道府県知事も「自粛を要請できるのではなくて、『自粛の協力ができる』」と、平気で弁明するお粗末君。防疫より国内経済とハッキリ言えば、云いの良いのになあ。

 

 これって、普通の人が普通にこれを聞いて何を言っているのか、わかりますう~?

わざと分かりにくくさせているじゃあ~ねえ~の?これも外向けの話術か、魔術か?

 

 これらを、普通は「詭弁」という。こうした言葉を使う人に対しては信用も信頼の欠片なぞ微塵もない。お近くでこんな人を見かけましたら、どんな地位の人であれ、絶対にその人を信じてはいけま仙蔵!これを若者文化とは異常、上海から徳兵衛からの報道は以上です!

 

 PS:すっかり「お雪」は増位山の唄だと思い込んでいましたが、これって内藤国男九段棋士の十八番ですた。ボケが始まったようで「お詫びして、訂正いたします」