Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

永遠へMORE

f:id:koushuya:20210413083331j:plain

    今日もネガテイブなお話で恐縮します。いまから十数年前、よく存じ上げている横浜在住のご夫婦が旦那様の定年を機に、ご近所のご立派な新築マンションに転居してきた。

 

    この旦那様の頭文字はUさん。この方現役時代は大手信託銀行のエグゼテイブで、随分と名のあるお方だ。引っ越してきた理由は二つあって、一つには横浜の居宅は戸建てで高齢とともに手入れやメンテナンスが煩わしくなったこと。二つ目は、どうやらご近所に息子さん夫婦も住んでいらしゃって、Uさんご夫婦の老後を息子さんらが気遣い呼び寄せた。

 

    当然にして旦那さんは役員をしていたので、金目のことは心配せず、キャッシュでポンと買い求めた。それにお住まいのマンションは高層マンションにも拘わらず、低層階に住み、エレベーターホールや非常階段も近い。そのうえマンションの駐車場位置は出入り口に近く乗降の際の「車寄せ」にも近い。特段の配慮やお世話があったと聞く。勿論、売買関係はご存知の「スミフ」に。

 

    ところが、転居してほどなく奥方様が癌闘病で「国立がんセンター」にご入院。一月もしないうちにお亡くなりになられた。この間、奥方様は一度も新居に棲んでいない。これは転居先の方位(暗剣殺)が悪かったのか、それとも運命の悪戯なのか今となっては誰も分らない。

 

 Uさんは、独りで食事や掃除洗濯をするわけ(できるわけ)でもなく、連れ合いに先立たれてからは、いつも「なあ、徳さん、人は喰うために生きているのか?それとも生きるために喰っているのか分からない」とコンビニ弁当を前にいつもこぼしていた。

 

 そうした様子を見かねた息子さん夫婦が、Uさんを引き取り同居を開始した。その後、十年近く賀状のやり取りをしていたが、ある年からパタリと年賀状が届かなくなり、転居先不明で郵便も戻て来てしまう。

 

 そのUさん高齢者施設にでも入居したのか、それとも黄泉の国へ旅立たれたのか?そうしたことはある日突然やってくる。

殿、お覚悟を・・

f:id:koushuya:20210412000444g:plain

 これまでに多くの方々を葬送してきた。中には当方よりはるかに若い親戚も逝った。この歳になると慶事より訃報やおくやみなどがやたらに多い。結婚式も誕生日も七五三などのお祝い事は、前もってご案内やお知らせ、それに誕生日などは毎年のことだから知らせが来なくても、手帳に記載しているのでそれを覗けばすぐわかり予定が立つ。

 

 ところが、ご不幸は意図もせずに突然訪れる。まして闘病生活などは人に開陳するもでもなく、お見舞いをお断りする方も多い。また、身内や子供を事故で亡くす場合は、非日常的なできごとで周囲や残された者に覚悟できていないから、そのショックは想像を絶する。

 

 つい、先ごろも肺癌、膵臓癌や脊柱管狭窄症の手術失敗で命を落とされた方々のお悔やみの知らせが届いた。彼らとは何度も酒を酌み交わし、昔話や思い出話に花を咲かせ、国家・天下や世間話を放談し、冗談を言っては笑い転げたこともつい昨日のようだ。

 

 いまだかつて、亡くなられたことが信じられない。お宅に行けばひょいと出てきそうな錯覚にも陥る。「大切な人」とはそんな人のことをいう。世間に薄く、狭く、特段懇意にした訳でもない方の訃報には気を止めることもなく「あっ!そう、御気の毒に」と一言で流して済ませる。

 

 後継の子供たちのために家系図を作ってみた。母方、父方の祖父母から始まり、亡くなった方は黄色でそのお名前を塗りつぶす。すると、どうだろうそのマスキングは亡父母はもとより当方の従弟や従妹までが塗りつぶされているではないか。

 

 じっとそれを見ていると次は自分なのか家内かそれとも兄弟かと、不安と恐怖が頭を過る。小心者ほどなかなか死に対する覚悟が出来ないものだ。「覚悟」とは心の中で意志や心構えをしっかりと持つこと。危険や不幸などに相対する心の準備をすることだ。

 

 それに対して「不覚」とは『広辞苑』には、「油断や不注意で、思わぬ恥をかいたり失敗したりする」ことだと記されている。

 ①精神がまともでないこと。正体もないこと。

 ②思慮・分別のしっかりしていないこと。

 ③思わず知らずすること。

 ④不注意や油断によって失敗すること。

 ⑤覚悟のできていないこと、臆病なこと。といった意味が載っている。

 

 大乗仏教の大切な教えに「本覚」という考え方がある。平たく言うと、仏の心が具わっていることをいい、それを「覚性(かくしょう)」とも言うらしい。当方今の今は、不覚にも煩悩に覆われ、妄念に囚われている状態が繰返されている。仏心に目覚めていない状態がずーとズーと続いている。ワクチン接種券も未だに届かない。

マスターズを見ながら

 f:id:koushuya:20210411032057j:plain

   最近は、米オーガスタで開催されているマスターズゴルフのテレビ観戦続きで深夜からの寝不足気味だ。それにしてもプロゴルファーと名の付く選手はつくづく凄いと思ふ。そんななか期待どおりに日本の松山英樹が決勝ラウンドに駒を進めた。

 

    毎日違うカップを切られ、そこにきっちりとボールを沈める。当方、一時練習場へは通ったがどうにもゴルフは性に合わない。それどころか精神的忍耐と運動量の少なさに閉口してしまうようだ。

 

    それにしても、ドライバー、アプローチショットにパッテイング。ドライバーで下手にキックを喰らえばグリーンに乗っても滑り落ちるように池ポチャ!そうした中でも何といっても醍醐味はパッテイングだ。飛ばし屋だけでは勝負に勝てない。

 

    グリーンエッジから直角にスライスするラインやフックラインと芝目を読み、吸い込まれるようにカップインさせてしまう。グリーンの登りや下り、それにアンジュレーションを読み切る。この力の差は何処から来るのか?

 

    イーグルパットは流石と思うのだが、場合によってはカップ寸前でボールが止まってボギッテしまうことやあらぬ方向にボールが転がることだってある。これこそ人生そのものだ。病気、事故、別れなどグリーンの上ではその人の生きざまが凝縮されているように見える。

 

    神経戦というよりは、読み切る力、判断力、決断力、葛藤に先見性それが全て複合してグリーの上での戦いが繰り広げられれる。そして最も大切なのはなぜ、今の自分がここにあるのかを感じられる謙虚さ、素直さと純粋さだ。そこに大きな差が出る。

 

    どこにもどの分野でもプロと名の付く選手はつくづく凄いと思う。場合によって、プラス3打でも足きりに遭い決勝ラウンドに進めない。そこに進めるのは高々50名の選手だけだ。それに前年優勝した選手が敢え無く予選落ちしてしまうことだってある。そこにこそ予見できない怖さがある。

 このマスターズを終えると、今度は全米オープン全英オープンとビッグタイトルが目白押だ。当面、テレビ観戦を楽しませてもらうが、残念ながら日本国内をあまた見回しても政治のプロは見当たらない。

「ちゃかぽん」ポン!

f:id:koushuya:20210410034736j:plain

   天才バカボンのことをご存知でしょうか。いま流行のCM。愛之助のクドイくらいの嫌味の「しぇー!」に出川のバカボンのパパはいつ見ても鼻に憑く。でもこれって、赤塚不二夫大先生の立派な漫画作品。そこには主張と思想があって「それでいいのだlっ~!」となんでもかんでも、浮世離れして現実や今の人のあり方を肯定してくれている。

 

    そんな腹巻きのバカボンのパパも大人気だった。確かバカボンの弟の名前は「ハジメちゃん」だったことを昨日のことのように憶えている。竹ぼうきをもった掃除好きの「れれっ」のおじさん、すぐに短銃を発砲する警察官、何かそこに「ちゃかぽん」の原点があるようだ。

 

    さて、この「チャカポン」というあだ名は、これまで大河ドラマでおなじみの井伊直弼のことを指す。一介の地主から地大名に上り詰め、幕府に登用されるも1860年3月24日に桜田門外の変で命を落とした。

 

   これは、一種の見せしめ、逆賊と称され開国派の一派として斉昭率いる水戸藩士らに企てられたものだ。

 

    彼(井伊)はもともと、武家の出に非ず百姓だ。繰り返しになるが井伊家の長男としての嫡男として、そして武士として特別扱いされてきたらしい。将来的には、政治力も突破力も何も期待できない器、資質だったらしい。いうまでもなく木偶の棒!!それでも家老は家老。

 

    ご当人もそのことを十分に覚悟していたようで、今でいうコモリ、自身でも表舞台に立つことはないと思っていたらしく、専ら学問や趣味に走っていた。茶道、和歌や鼓にも打ち込む。そんな姿を見て、周囲の人々は、それを「茶・歌・鼓」と呼んだそうで、鼓は「ポン」という音を立てますから、「チャカポン」といった仇名をつけられていた。

 

    まあ、前述のとおり、最終的には押し出されるかたちで形で、幕府で大老にまでのぼりつめ、見せしめに水戸藩の浪士に襲われて一命を落とした。

 

    それまで「尊王攘夷」を旨とする水戸浪士の襲撃計画の背景はさまざあったようだが直弼は、いつも通り平然と供揃えで然として行列を整えて屋敷を出た。ところが江戸城を前にして、まるで謀ったかのように「暗殺(惨殺)」された。

 

   この、「チャカポン」はご当人は何を意にして、何を企図として、何を生きざまとしていたのか今となっては分からい。どこでもこうした生贄は必要だ。

 

   器にはみ出ると、達観してこうした趣に酔い。時として人の道を窮めてような「世捨て人」にもなっていたようだ。先週の大河ドラマをみてそんなことを思った。

 

 深谷下仁田から佐久、上田に藍染めを仕入れたいったグンマーの渋沢栄一の県境峠越えの軌跡が気にかかる。  どのルートを歩んだかは分からないが民権運動で有名な秩父にも得意先があったと聞く。先週の一場面の画像は当方が独りJR横川駅から登った「裏妙義山」の山頂だと思ったのだが・・・。気のせいか?

油断大敵

f:id:koushuya:20210409082639j:plain

   「サル(申)モキカラオチル、ナラヌ、サクラノエダカラポロントオチルメジロかな?池袋の先の駅、学習院大学のキャンパスがあるのは目白(メジロ)。その先は新宿駅手前のおっかねぇ「コリアタウン新大久保駅)」そのメジロヲトラエタ、コノイチマイニ、ビックリクリクリ!」この珍しい写真がネットで流れたので、季節感を味わっていただくべく、ここにご紹介させていただきます。

 

    猿にも鳥にもそして人間にも予断、油断、気のゆるみは何処にもあるようだ。これが原因で、失敗、取り返しのつかないことにもなる。

 

    ツイッター投稿者の「アイララさん」。写真に写っているのは、うすピンク色に色づく河津桜の花。そして、ちいさな目白。花鳥風月のうちの2つがおさまっている、なんとも春らしい、素敵な写真だ。3月1日、鳥を撮影するために代々木公園を訪れ撮影したらしい。

 

    ただ、写真のメジロをよく見てみると、なんだか両足が右半身側に寄っている気もする。まるで木の枝からスッテーンと滑り落ちてしまったような体勢に見えなくもない。猿ではなく鳥も木から落ちることがあるようだ。

 

     この写真に対し、ツイッター上では、「スゴイ一瞬を捉えましたね! 和やかな春の一幕を有り難う」などの声が寄せられた。撮影枚数約700枚のうちの1枚だそうだ。

話題になっているのは、ツイッターユーザーのアイララさんが2021年3月15日に投稿した写真。

 

    この時期、メジロヒヨドリ、スズメなどが花の蜜を吸いにやってきていました。なぜ蜜を吸うのかは分からないが鳥にも「甘党」がいるようだ。

 

    よく調べてみると、メジロをはじめとする小型の鳥は、よくこのような落下しながらの移動するらしい。

 

コロナ禍の中、変異株の蔓延や新規感染者数や重症化患者数の爆発的な急増、何事もそうだがコツコツと積み上げた努力一瞬で水泡に帰す。おっかねえ!おっかねえ、油断大敵、徳さんも脇が甘いと足元をすくわれるゾ!!