Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

粛々と空中分解

f:id:koushuya:20210614225920j:plain

 焦点ずれまくり、ピンぼけやピント外れともいう。英国開催G7に出席したガスー首相。共同宣言の最後の一行に各国の首相が東京五輪開催を支援してくれたと手前味噌発言。だれもそんなことは言っていないし、このコロナ禍の折「こんなパンデミックの折に、オリンピック開催なんぞは狂気の沙汰だ!」と冷笑。今や五輪どころかワクチン、ワクチンのオンパレード。でも若い人の接種率が一向に上がってこないのが気にかかる。

 

 ドイツのメルケル首相は、全くのスル―・・ガン無視状態。あたかも手柄話にしたかったのだろうけど・・。まあ、唯一次回パリ開催国のマックのロンちゃんだけが東京五輪に出席させて戴きますとだ豊登り。そんな折、どさくさに紛れて次々回の開催がオーストラリアのブリスベンに決まった。

 

 まあ、売電米国大統領が選手団を引き連れてリスクを冒してまでも来日するかが問題だ。この先、まだまだ一波乱、二波乱もありそうだ。リツミン内閣不信任案の提出ともなれば。解散総選挙に雪崩を打って、政局は一挙に不安となる。

 

 そうして、五輪中止ともなれば首相辞任、引退と名義は立つ。これって空中分解じゃん!そんななかG8とばかりにブンチャンがチャッカシ顔出してじゃん。でもどなたの国もお相手にせず・・

 

 それより大島康徳元監督の体調の方がやけに心配だ。激やせに腹水の貯留と考えたくもないが。斯くいう当方の手首、足首も随分と痩せ細った。じっと掌を見つめる。今夜も長そうだ・・。

世には順なるものがあって・・

f:id:koushuya:20210614091526p:plain

 手順、順序や順番は大切なことだ。小学校の校庭で体育の時間、「回れ右!!」とか「前へ倣え!」とか、砂埃が舞う校庭で一挙手一投足までもが厳しく先生から指導されたものだ。今、思えばそれって、戦時下の学童教育訓練みたいなものでB―29爆撃機を気合と統制力で撃ち落とすようなものだ。

 

 その歴史、精神構造は今の日本と言えどもほとんど変わっていない。順番、手順や段取りが全く違うノダ。下処理、下準備に下ごしらえにせよ、これほど大事で大切なものはない。料理もそうだが、仕上げや先や結果を焦るとつまらない結果に終わる。

 

 物には手順や順番があって、これをすっぽかすと飛んだ誤った結果でる。それは予期せぬことであったり、とんでもない不幸を招いたりもする。子供が親より先に逝くのはその典型だ。

 

 さて、現実に話を戻そう。あんなに熱かった世論の東京オリパラ中止、延期がいつの間にか冷めやり、いまや、ワクチン、ワクチン、ファイザーファイザーで話題沸騰。ここにきてこのセンセーショナルな政治ショーはやっと、下火になってきた。

 

    ワクチンは予防薬であっても治療薬ではない。アビガンなぞの治療薬は一時のブームのようだった。

 

 そして、医療体制の崩壊や破綻などの言葉も、殆ど死語に近くなってなっている。順番を逆手にとって、結論ありきでものを進めるとろくなことにはならない。どうも、政治も世のなかも最近皆さんやっていることが真逆(逆方向に進んでは)ないか?やることなすこと全て裏目裏目、祟り目のキンメダイ!

 やり急ぐ、生き急ぐ、死に急ぐ、物事には手順や段取りがあってこれを無視して先を急ぐとろくなことは起きない。

リモート(作業)確認

f:id:koushuya:20210613072835j:plain

  今流行のお仕事の在り方!こんなに遠くにいても電話一本でことが片付くとは、さすがに職人芸だね。入梅前に一つ仕事を片つけてもらった。代金と手間賃は即日銀行振り込み。邪魔な軽四輪自動車も車のキーのありかを教えて、駐車場の隅に片づけてもらった。こんことご近所には到底頼めない。

 

 小中学時代の同級生、塗装業のヨシオちゃんありがとうごんした。晴れのカンカン照りの方がペンキが延びて仕事がはかどるかと、思いきや。これが素人の考え。

 

 それは大きな間違いだとか・・。炎天下だとペンキは伸びるが、職人がノビルという。つまりこうした梅雨の合間の晴れの日を狙って作業をするのが効率的だという。なるほどね。

 

 だいたい、大卒や仕事仲間で卒業後や退職後にこうしたお役立ち職人は、肩書きばかりで殆ど後世になっても役に立たない。 f:id:koushuya:20210613072904j:plain

 母屋は屋根瓦で雨漏りは心配ないが、離れはトタン葺き。何年も前に弟がDY何とかで自力で手当てをしてもらったが、兄弟といえどもいつまでも懇請する訳には行かない。

 

 金で片付く、知り合いだけであと腐れはないのだ。結構、そういう繋がりに拘泥する人間はサイゴンまで、そうしたことに拘る。

 

 作業代も含めて、「おまんのことだから、〇万円、ぽっきりでいいわ!」といわれらたが、そこはそれ」、孫のへのおもちゃ代でもと余計に振り込んだ。あれからもう両親が存命したころかか〇〇年近く。

 

 人が棲まない家屋敷は風通しがないがままにやがて朽ちり、屋根瓦は傷み、雨漏り土台は腐る。雨漏り一つで畳は腐り、家中の壁がカビだらけになる。とても人が棲める状況にはならない。

 

 以前、両親が存命のころ、通夜や葬式で「敷居や土台が抜けたら洒落にもならんぜよ

!」とい云ったことがある。それを請けてか、一戸建ての普請がするくらい金を賭けて

普請をしてくれた。 

f:id:koushuya:20210613073132j:plain

 ただ、人が棲まない家の傷みは早い。身体や頭を使ってこそのご寿命。のんびりダらりんと生きているだけでは、長生きできませんなあ~!!

年寄りの冷や水

f:id:koushuya:20210612011204j:plain

 操作性からしても、こりゃあっ、電話も役所や役場の窓口が込むわけだ。年寄りは何かと耳が遠く、理解や人の言っていることが、瞬時に理解できない。それに自己主張や言い訳がましいことだけは達者だ。

 

 やっと、届いたワクチン予約接種券というよりは、簡単なご案内文書。これを見ながら申し込めというのだから無理からぬ話。わざわざ大手町の合同庁舎にまで近隣県から列車を乗り継いで接種に向かうのは年寄りにとっては、死っ!!とも言ってるような命を懸けた峠越えの関所と同じだ。

 

 さて、ネットの申込なら24時間受付オッケイ!申し込んだら、すぐさま自動配信で受付しましたとのメッセージ。申込とメルアドが登録されているから簡単に着信する。でも、接種会場は限られ、接種日も二回目は三週間以上の間隔があいてしまう。

 

 この申込システムのリンケージは今一つで操作性も褒められたものではない。あいまい検索や漫画にでもしないとPCや携帯電話に向かっての操作は、お年寄りには難しいというか無理だ。

 

 ネットなら24時間受付可能、予約表なる予約券は待っても来ず、ただ、受付によって年齢制限が加えられている。原則3週間後に二回目をと案内にはある。でも、二回目接種に同じ施設名はない。

 

 大規模、集団接種会場は人混みで気が引けるが、ネット案内では作業の接種場は違ってもいいとは書いてはないが簡単に近隣のクリニックで予約ができた。表向きは予約時間などどうでも融通が利く。いわゆる、旧仕上げのザル!!

 

 深夜、届いた接種案内に目を通し、よく見ると第一回目でも予約は7月、二回目ともなると旧盆明けだ。これでは命は繋がらない。

くそっ!と思いつつ、奮闘。

 

 死んでも子供にはネット申し込みのヘルプを依頼しない。この徳兵衛のコケンに関わるからだ。そんななか、わが家の若(元)女将は、当に子供にネット申請をしてもらい早くに接種日が決まっている。何たるこの差別感。

 

 生きているうちに頭を使わなければ、脳みそも体もどんどん使わないと退化、老化していく。「うちの柿の木は桃の木かい?」、「はあっ!」

弱者のリスクテイク

f:id:koushuya:20210610235329j:plain

    わく、ちンチンまだ来んズラ!一回目も打てんずらけぇ!!どういうこんでえ?どうやら高齢化が深刻化している市区町村からわくチンが配られている実態が明らかになった。この村の平均年齢は74歳、人口8千人。一旦選挙ともなるといつも投票率は80%を超えるという。

 

 つまり、65歳以上の在住が多い高齢者から始まるのは政府与党にとっても、票田だから都市部より山間部、都市部より農村の方が好都合なのだ。だから、プライオリテイーとすれば、農村、田舎、高齢者、大企業職域などと、優先度が決まる。

 

 中には、人口8千人足らずの山村では二回目のワクチン接種が終わり、余った薬剤を役場の職員に対して打ち始めているようだ。知名度の高い政治家、役人ならまだしも、役場の窓口担当者まで打てるとは・・・

 

 こうなると、選挙の得票に繋がらない、若者とりわけ学生やバイト、小中学生は後回しになるのだがそこを知ってか人気取りに接種の若年年齢化を進めたり、交通の便が悪い大規模接種会場の設営をしたりもする。も、接種と副反応との因果関係がハッキリしていないため結構児童の保護者からの反発も多い。

 

 一時、三種混合、日本脳炎、大腿種痘筋短縮症、BCG等とこれまで予防接種に対して、わが国は何度となく健康被害、損害賠償金を払わされてきて、その分国も個人もワクチン接種にアレルギーが強い。

 

 やっとここに来て、医療従事者ワクチン接種が7割近くとなったが、65歳以上の全国平均の高齢者の第一回接種率25.5%に対して二回目は3.3%と全く進んでいない。都市部の高齢者、寝たきり、介護老人は票にはならないので、お国から完全に見放されている。

 

 折しも、年下の愚妻には来週接種の案内がきた。病弱が故に子供たちが一斉に心配し始めた。何度も電話が架かってきている。同じ病弱な当方には広報案内ではとうに到着している筈なのに一向に接種予約券が到着していない。とうとうすべてに見放されたかあ??

 

 「国民の健康と命を守る」、「安心で、安全な」」健全なるわが国の国民なぞ標榜しているようだが、これを見ても然り、夢の亦夢物語なのだ!

 

 まあ、尤もワクチン接種開始からこれまでに公表ベースで195名以上の方が接種後の副反応で亡くなっている訳だから、そんなに打ち急ぐこともあるまい。ワクチンで亡くなるかコロナで亡くなるか水面下では老若男女を問わず相当の方が亡くなっているはずだ。