Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

熱射地獄

 昨日は全国各地で猛暑日を記録。とりわけ新潟、石川、富山にそれに新潟県の飛び地とも言われている長野の飯山でも全国七位の猛暑を記録した。これは百葉箱の気温計や湿度計で記録されている気温等だ。

 

 だから、路面の地表温度は悠に50℃から60℃にまで上がる。車のボンネット上では目玉焼きができるような、熱したフライパン並みの温度にも跳ね上がる。

 

 今週末から来週にかけて梅雨明けと同時に猛暑が再来する。甲府に至っては来週初めから週末にかけて最高気温は最低でも37℃以上になることが予想されている。そんな熱射地獄のようななか帰甲・長逗留するとはまさに自殺行為だ。これは気温との戦いだ。

 

 以前、亡くなったオヤジが猛暑でも極寒でも一切エアコンをつけなかったことを話題に「年寄りの熱中・低体温症(当方の造語)」をご披露した。

 

 ところがこの季節、高齢者の熱中症に限らず児童、生徒、学生の熱中症の発症も問題視されている。ここに来て熱中症予防のために「マスク」を外しても良いとの判断が先生方の指導に委ねられている。

 

 体育授業に限らず、屋外事業、夏休み中の登校日など、など、マスクの着用、取り外しの基準が示されないまま、全て教育現場の判断に任されている。コロナ禍の折、件の事案については文科省も一切の指導やガイドラインを示していない。この構図はコロナ対策の厚労省対応と同じ手口だ。

 

 教育的、科学的、医学的根拠も示さず感染者数や児童にスポーツドリンクを飲用させないゴマカス政策に医療現場や教育現場が振り回されている。

 

 こうした中、マスクをしなかった児童が発熱して倒れた場合にこれをコロナ感染若しくは熱中症とどう判断するのだろうか?

 

 コロナ感染の場合、保護者から「マスクをさせなかったのが原因だ」と教師が突き上げられる。熱中症の場合、これまた「なぜ、マスクを外させなかったのか」とどちらにしても現場が突き上げられる。ご当局は因果関係なしと「知らぬ存ぜぬ」の姿勢を貫徹。

 

 だから、だれもが国が信じられないと感じているはずだ。アレ!もうこんな時間だ!さあさあ!急いでお出かけNIGHT・・道中長いからのう?。

手口(やり口)

 女性同士が会話をする声がかすかに窓の外から漏れてくる。以前は男性同士のやり取りだったが昨夜は明らかに中年女性の声だった。しかも時間は深夜1時ごろから2時半ごろまで延々と続いた。

 

 これはまた寝汗に幻聴が始まっかと耳を疑った。でも、それは違っていたらしい。というのもそれが聞こえたのは隣家の旦那さんも同じだったらしい。業を煮やしてか隣家の玄関の開く音が聞こえた。サンダル履きで「タッタっ!」との音、明らかに男性の足音だ。

 

 しばらく様子を伺っていると、午前3時過ぎになってようやくその会話が途切れた。そ こからようやく深い眠りにつけた。こうも常識が通じないとなると自分自身の方が世間ズレしているのではないかとの錯覚に陥る。

 

 午前0時過ぎの帰宅音や足音に寝付けない夜が続く、マナーや迷惑行為はエチケット以前の問題だ。その人の人格さえ疑いたくなる。

 

 その一方で、複数の区内自治体(役所や教育委員会)にSSNを小学生女子児童334名を誘拐するとの予告が相次いでいる。これも匿名性を帯びた陰湿な犯罪だ。山梨の14000個余の桃(日川系白鳳)が既に都内錦糸町駅前や他の駅前でもカタコトの人間が無許可販売されている。

 

 中央道に面したスマートIC近くや主要幹線道路沿いの笛吹市や山梨市の果樹農家が軒並み被害に遭った。大型トラックを利用するなど、ここまで来ると汚い手口の犯罪とは見えない。これ純日本人の手口とは思えない。外国人を使った大口窃盗団が裏に存在すると三田佳子

 

 そんな地元山梨に法事を兼ねて明日から当分の間、帰省することになる。しばらく

の間、ブログも休載となるかもしれないことを悪しからずご容赦願いたい。

暗剣殺

 最近、猟奇的な殺人事件が多いような気がする。とりわけここまでの処、今年は上半期だけでも刑事事件が多いような気がするが気のせいか?大体、殺人事件は「物盗りで家人に面が割れた」に始まり、証拠隠滅、痴情、怨恨、裏事情や別れ話のもつれなどさまざまな動機が見え隠れする。

 

 そんな中で一番手を焼くのは、明確な動機もなく、計画性もなく咄嗟に相手の首を絞めたとか、刺してしまったなどがその例だ。人間という生き物は相手にとって優位性を保っていれば穏やかなものだが、一度、相手から見下され、卑下されようなものなら一気に感情が爆発して逆上する。当方もそんな例を何度も見てきた。

 

 茨城・常陸太田の別荘で手錠を掛けられ殺されたSNSモデル事件、北海道・帯広の男性教員が元同僚でお付き合いのあった女性教員をシートベルトで絞殺した殺人事件。それに埼玉・川越のインターネットカフェで起きた人質立てこもり事件。

 

 この事件で逮捕監禁容疑で逮捕された長久保浩二容疑者(42)は山梨県北杜市出身で、どうやら長坂農業高校を卒業したらしい。こんな地元の面汚しはさっさと起訴されて収監してもらいたい。10年前にも豊川市内の信金(かの有名な豊川信金か?)でも同様の事件を起こし9年間服役、今年の4月に出所したばかりだ!

 

 どうも北東(暗剣殺方角)方向に事件が頻発しているように思えて仕方がない。同じ豊でも先ほどのニュースでは大阪・豊中市で60代の女性が70代の男性に刃物で刺され重体、男性は所持していた拳銃で頭部を撃ち抜き死亡。

 

 犯罪の質や手口が過激・巧妙になって、昔の常識では考えられない事件が多い。命あっての物種だが、西に(ニセ)裁判官や子供を語るものいれば、東に(ニセ)警察官や公務員、監督官庁を名乗る者によって相変わらず高齢者を相手に「特殊詐欺」が横行。

 

 命あってこそだが、これではコツコツ溜めて来た虎の子を身ぐるみごと剥されれてしまい。老後の生活が立ち行かなくなることも十分に想定される。それにしても「ある処にはあるうもんだ」。

進躍派に遅行派

 世の中には急進派と呼ばれる連中がいる。ここには左派もいれば極右勢力もいる。どちらが正義で、どちらが大義は全く分からない。ただ、その一方で魚屋、八百屋や乾物屋、下駄屋などといった、旧態の商売を続けている店もある。

 

 ここでよく考えてみよう!昔を懐かしむレトロもいいが、確実に時代は変わっている。「一人が万民のために、万人は一人のために・・・」といった、宗教思想のもとで相変わらず念仏を唱えている業界もある。

 

 ここのマーケットは、小金持ちの爺と婆だ。したがって、若い連中には全く相手にされない。これ、先日も云ったが、ドコモショップに並ぶお年寄りと、病院の待合に並ぶ診待ちの高齢者と同類だ!

 

 年寄りの価値観はそう簡単には変わらない。それは生れながらの躾や教育にあったからだ。質素倹約などはその美徳の象徴だ。貯蓄から投資へなどとお国が号令を掛けても一向に国民は動かない。ここにアングロサクソン系国民との違いが生じる。

 

 典型的なのはプロ野球だ。球場まで観客を運ぶためにわが社の私鉄のご利用をと目論んだが、もはやこのビジネスモデルは成り立っていない。いつまで後楽園球場や西武球場に家族摺れが足を運ぶというのか・・?

 

 とっくに、時代の先を読んで若者らは急進しているというのに、相変わらず年寄りは昔ながらの固定概念や価値観に囚われ弛緩している。

 

 話題は健康問題と年金のお話しばかり・・・そういう拙者もイカレアタマのポンポンチキから脱しきれなくまた今日を迎えた。

揺れる想い

 最近、地震多くねえかあ・・・!

 

 昨日は能登で大きな地震があった。七尾出身のM氏の元に北は北海道から全国各地から安否の確認がいったようだ。そんななか拙者が亡くなっているのではないかとの声も聞かれたかという。

 

 そんなことでもないと、互いに連絡は取り会わない。っまあ!この歳になるとみなガタが来ているようで、脳幹動脈の閉塞、奥方様のヘルペスによる輸液治療と何かしら何処の家庭も、不安と心配を抱えている。

 

 幸い、なんとか当方夫婦も生きながらえてはいるが、この先、どうなるかは分からない。当方のブログも閲覧頂いているようだ。だが、誤字、脱字や表記誤りがおおく読みにくいとのご指摘もあった。クドイ、ヤバイ、どうしようもない!のはこれも歳のせいかと反省しきり。今度からは文脈は短絡で明快な構成にしようかと・・・思う次第。

 

 生きているうちに「お伊勢さん詣」をしたいという者もいれば、全国から集まって名古屋で味噌カツを食べたいという者もいる。

 

 なんで、こんな時間にアップしたかというと、どうも枕元で「コバエ」五月蝿く気になり目を醒ました次第。叩き落として事なきを得たが今度は眠れない。

 

どうも最近熟睡が出来ていないようだ。できるのなら、ゆっくりと眠りたいものだが、「永眠」だけはご勘弁いただきたい。