Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

お恥ずかしきかな

敵機、襲来ゅっ~う!

こりゃ辛いわ、今年の花粉は半端ない。この徳兵衛もご多聞に漏れず「花粉症(化糞尿)」の市民権を持っている。それが不思議なことに「杉(だ)サン」には反応するが「檜(き)クン」には全く反応しない。 とりわけ、雨上がりの翌日の晴天日はつらい。これに…

流石に驚いたワ!

昔から、驚き、桃ノ木、山椒の木と言うがさすがにこの徳兵衛も驚いた。身近に迫った終活の一環として「生前にやっておくべきこと」的な書籍を近隣の本屋に求めた。 だがそれに合致する本がなく店員に言うと「では、お取り置き置きしますので来週お越しくださ…

何処も同じか?

作詞:吉幾三 作曲:吉幾三 「(^^♪テレビも無ェ ラジオも無ェ 自動車(くるま)もそれほど走って無ェ ピアノも無ェ バーも無ェ 巡査(おまわり)毎日ぐーるぐる 朝起ぎで 牛連れで 二時間ちょっとの散歩道 電話も無ェ 瓦斯(ガス)も無ェ バスは一日一度来る 俺ら…

自分でも不思議だ!

昨年年末(「お別れホスピタル」最終話の予告篇に観る下咽頭癌のキャステイング)と同じく、今年に入っても入退院と手術を繰り返した。 すっかり顔なじみになった大学病院事前の入院オリエンテーリングもパス。もう、勘所はすべてわかっている。時に入院中は…

いつもの口癖

認知症になりやすい人の口癖を気づかないうちに皆さんいっていませんか?これ一つでもハマれば人生後退期。オラもついつい口に出しそうなフレーズばかりだ。しかもそれに全く気づいていないから重症、と言えば重症だ。そうしてボケが知らぬ間に進行していく…

毎年(毎度)のことですが(2-2)

今日の話題は「けんこうしんだん」。毎年忘れることなく行政から「特定健康診断」と「がん検診」の案内が届く。古希を過ぎたたらやたらとこうした通知が手元に届く。一見まるで高齢者を気遣ってのようにも見えるがところがさにあらず。 中高年齢者のの医療費…

毎年(毎度)のことですがあ・・(2-1)

一昨日、税還付を受けるために期日前前に所轄の税務署に確定申告書を郵送しました。毎年、毎年ルールが変わり申告書作成のめんどいこと、メンドイこと。とりわけ拙者は医療受診や入院・手術が多いものだから「医療費控除」の明細書仕上げるまでにおおよそ1…

こう見えても・・

告白、当方、面(ツラ)はいいが正直なところ人付き合いがあまり得意な方ではない。要は偏屈な人間である。それは自分がここまで歩んだ道のりを振り返れば良く分かる。グルーピング、やされくれ仲間に、同級生とのイザコザ、他校生との喧嘩、そんなことした…

阿保に間抜けに猿芝居!

TV離れ、といって久しい。年末年始の番組などは愚の骨頂。反吐が出るほど辟易する。 タレント、お笑い芸人、お抱え専門家などを除けば見るTV番組は殆どない。質の低落というか、劣化というか。あの犬HKも鶴兵衛やツモリを多用、少しも面白くない紅白歌…

夢見が悪い

夕べ蛇に残虐の悪夢を見た。狭い林道を歩く、後には兄弟家族や内までもが数珠つなぎで当方の後を追いかけてくる。ゆっくりとした面持ちで歩く矢先、道の両サイドからコブラが鎌首を上げて襲ってくる。 しかも歩いも歩いても、次から次へと蛇が強襲し右手首を…

こんなオイラでもさっ!

ここまでカラ元気で周囲に対して気丈に振舞ってきた。でも、いよいよ一週間後に迫った入院・手術のことを考えると不安、焦り、動揺は隠せない。それが性懲りもなく不眠となり良からぬことを考えてしまう。 前期高齢者となった65歳過ぎた辺りから人生下り坂…

毎年、この時期になると

なるほど、鳴門は渦潮で有名な徳島鳴門海峡。大阪にも、神戸にも連れていってあげたい。これから先、そんな望みが叶うのか? さてもさて、この時期にお決まりは厄介な大掃除に「有名人の薬物逮捕」や「歌合戦のメンバー」、それに「箱根駅伝」に「ゆく年、く…

この時期(季節)になるとね

いろいろなモノが家に届く。歳暮の品ならともかく、まるでお見舞い品のようだ。こんなな方から贈答やら中にには花束が届くことだってある。 贈ることも忘れ、贈ったことも忘れ「あれ!コレなんだっけ」というのもしばしば!何かのご縁で繋がっているのにそれ…

80-50と80―22

事件、事故、離婚、病死、怪我に家出、別離、行方不明など得てして不幸なことは予期せぬところで突然向こうからやってくる。 そのうちの80-50とは(はちまる・ごうまる)問題とは、80代の親が50代の子どもの生活を支えるために経済的にも精神的にも…

仏の顔も三度

身に染みてこの背景については後日、お伝えします。 以下、コトバンクからの引用 (「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略) どんなに温和な人であっても、無法なことをたびたびされればしまいには怒る。 ※浮世草子・傾城禁短気(1711)五「仏(ホトケ)の顔も三度…

LGBT(えるじぇーびーてぃー)

我が国の差別問題は平安朝時代の古来から今も根深い問題として今も残存している。 さて、標記の(えるじぇーびーてぃー)は[lesbian, gay, bisexual, transgender]の略。 つまるところ、レズ、ゲイ、バイセクシュアルにトランジェスター向け、もっと砕けば…

携帯(電話)の意味なすところ

携帯ラジオ、無線機、携帯トイレ、携帯扇風機、懐中電灯、ホッカイロ、カットバン、携帯ナイフ、それに携帯電話。この携帯や簡易という意味は、身に着けることが基本で、このほかに身近にあった方が便利だという商品をいう。災害・停電時の携帯ラジオや車の…

物価にみる庶民経済学

「物価高に挑戦」として、こぞって割引、タイムセールやワゴンセール、シニアデーにランチサースビス、そのうえ毎日5時からの「夕暮れ市」に「本日特売日」のチラシ。 買い手は1円でも安いものを買い求めるべく店を巡るにめぐって、買う方も我慢に根性を貫…

2世、3世代の堕落

帰化した者も含め在日外国人2、3世についてはこの場では口にしないことにする。 さて、技術の伝承を生業とする職人ならともかく、今に限ったことではないが議員、タレントや医者までもが世襲を踏襲している。どうしてこうなるのか、そこには親子ともに共通…

安かろう悪かろう

まず、標記掲載写真は、下記の購入商品とは無関係ですのでお断りしておきます。 昨日11月11日はポッキーの日、C国では独身の日。それに次男の結婚記念日でもある。ほかの長女の孫の誕生日も12月12日。まあ、その前にイイ夫婦の日(11月22日)が…

「僕は泣ちっち♪」。

お気遣い賜り誠にありがとうございます。心より厚くお礼申し上げます。さて、先の造影CTによる身体検査では右腎臓下に径17mmのシコリも見つかった。 そこで大学病院のご紹介で本日、(輪島の)朝市(一番)で都心の〇〇〇クリニックでMRI検査と腎生…

お久しぶ~りネ

良き知り合いから、長らくブログを更新していなかったが故、さすがに心配の連絡が入った。それまで気持ちが前向きにならなかったりしていた。同情をを買うような局面ではどうも苦手で、それを理由に掲載を続行するような気分にはなれなかった。そんなこんな…

氏より育ち

所作に出る。久しぶりに誰もいない実家に帰った。地元で足用に使っている車の車検と、風呂ボイラーの交換立ち合いのためだ。手入れのしない庭木、人が棲んでいない家は朽ちるのが早い。これって、違う光景でも人の人生や寿命と同じかもしれなあ!帰京すると…

俺って、多動性機能障害?

ADHD(注意欠如・多動症)、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)、学習障害について。ADHD(注意欠如・多動症)とは、 過眠、長時間寝ても、寝た気がしない 朝起きれない 日中の眠気が強い いつも疲れた感じがする 不注意 集中して話が聞けない 部屋の…

バカバカしい

こりゃどう見ても無理だあわ!!人事は他人事というが、これはどう見ても、外から見てもおかしい!!異常だ!天下りのポジションづくりであったり、外部の人間を招聘して首を挿げ替えるのはもってのほかだ。 まあ、こういう連中は叙勲や勲章目当てであったり…

綾香

彼女の「にじいろ」という歌は、「花子とアン」は「赤毛のアン」の翻訳者である山梨縣出身の村岡花子の波瀾万丈な半生を描いた作品。実はこの物語、ドロドロした略奪愛の現実を脚色している。オソる恐ろしい男女の愛憎物語だ。 いずれ、その後彼女は山梨英和…

寝苦しい、息苦しい、生活が苦しい

おおよそ今から一年前の出来事。内は帯状疱疹で右眼球から右顔面がケロイド状態にになり、失明の可能性もあったことから大学病院の眼科や皮膚科、内科を渡り歩いた。 ご存じのように、この発症は免疫力低下、栄養、体力不足に起因する。まあ、年も歳だからと…

痛い目に遭いました

かねてからN氏とのお約束。つゆの晴れ間突いて高尾山へ。今日は日曜日だということもあって、ヒト人の大賑わい。若者、お年寄り、乳幼児や小学生にアベックまで大挙この山に押し寄せてくる。 勿論、登山コースは稲荷山コース、どうも出だしから体調がすぐれ…

力み

緊張しすぎて力が萎える。ウケ狙いのお笑いも、噺家もそうだが提供側がやけに緊張して固くなると観客や観衆の笑いや感動は呼べない。本当に笑える芸人は皆無となった。 つまり、本当の意味での芸人は肩の力が抜けて人心に近づいてくると納得がいく。提供する…

ボケ(認知症)の前兆

・同じことを何度も聞いたり話したりする ・置き忘れや片付けたことを忘れ、常に探し物をしている ・ついさっき電話で話した相手の名前がわからない ・「財布を盗まれた」など、人を疑うことがある ・料理、計算、運転などのミスが目立つ ・テレビを見ても内…