Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

お恥ずかしきかな

抜け出せず

とにかく朝は寒いので、早朝散歩はご遠慮させて頂いております。布団の中からは抜け出せず惰眠を貪っております。 したがいまして、睡眠時間はヤケに長く一日一日、12時間以上は寝ているのではないでしょうか❓・ゆえに当方には睡眠障害、不眠症などの言葉…

ダンカン

阪神の熱狂的なファンでも良いのだが、息子の名前に「甲子園」と命名するのは如何なものか。 各地で冬の嵐が吹き荒れ、東北自動車道の宮城古川界隈では、140台以上もの車がホワイト・アウトで多重事故が発生した。その一方で国会はやっと開会したが首相の…

アホの極みちゃん

所詮、こんなモンだぜ!政治家とは一体何なのか?どうやら、馬鹿な国民がバカな政治家を選挙し、くだらぬ政党を担ぎ、挙句にその後の愚策に嘆く、そしてやがて首長や総理大臣を非難する。 だから、もういい加減にしないと・・・。最近各地で現職落選が相次ぐ…

仕事キッチリ!

引っ越しのサカイは、「勉強しまっせ引越のサカイ」や「サカイ、安い、仕事キッチリ」、行政処分を受けた際にはそれを逆手に取った「いちから勉強やり直し」などのキャッチコピー一世を風靡した。 時にお国はというと、時短営業や休業補償のバラマキと影響を…

オイオイおやっさん大丈夫かよ(続編)!

菅義偉首相が8日、テレビ朝日「報道ステーション」に出演した。生放送前にスタジオでインタビューに応じた内容が放送された。 富川悠太アナウンサーが、東京の新規感染者が2日連続で2000人を超えたことの感想を求めると「去年の暮れに1300人になり…

おとつあん、大丈夫かよ!

昔、TV「シャボン玉ホリデー」の劇中、床に伏したままのハナ肇演じるオヤジさんに対して、娘役のザ/ピーナッツの二人が「おとつあん、御粥ができましたよ!」と声を掛ける。するとハナが「何時もすまないね~え」と合の手を入れる。お決まりのコントだが、…

吊るし上げ

なんか絞首刑のようで、響きとしてはあまり良くない。でも、集団や群れが生きていくためには悪役、邪魔者、厄介者を作るのは動物心理学では当たり前のことだ。生贄、神仏に生き血や生身の人間やを首を捧げるのもジャーマニズムの古来から息づいている。 イジ…

お宅のボスはだれ?

ボスとは票を制御し任命を操る政党のリーダーを元締、親分や大将と呼ぶこともある。その一方で労働者の管理をする人を頭領主任、リーダ、親方、上役、場長、上司、職長、チーフ、主任、所長、棟梁、リーダー、頭首、フォアマン呼びかたを区別す方も多い。 組…

正月飾り

もう何年になるだろう。年の瀬を迎えると、大掃除に神棚や仏壇の清掃。窓ふきに洗車に、テラスのデッキブラシかけ、そして鏡餅を飾り、玄関にもしめ縄を飾る。 恒例行事と云えば恒例だが、この時ばかりは夫婦が協力し合わないと、少しも仕事がはかどらない。…

ご愛敬と相性

惹きこもりでは、電話も、ファックスも、つながらならない。繋がらない!相変わらず・・!一向に「凝りも「懲り」もなくならない。 そうした困った連中が世に右往左往しながら喘いでいる。まるで金魚橋に泳ぐ金魚のように水面下で口をパクパクしている。 ど…

「たすけあい」

歳末になると、必ずと言っていいほど「助け合い」の言葉を耳にする。今から40年以上も前、戦後30年も経ったというのに傷痍軍人が足に包帯を巻きながら街行く人に施しを受けていたことを思い出す。 それを見て、亡きお袋が云った「戦争が終わって、何年た…

「言葉遊び」の続き・・。

昨日のおいけ都知事に、 当方も負けじと「言葉あそび」。「病葉(わくらば)」や「わくらば」という言葉がある。この言葉を知ったのは、その昔に中曽根美樹という歌手が「川は流れる」という歌を歌った時だったらしい。たった今ググってみたら、昭和36年の…

流石にここ迄くると開いた口が塞がらない

いっそ標語は「バ~カ・らシイ!」ほどの「ことば遊び」。おいけ都知事が新スローガン「ひ・き・し・め・よ・う」と、いつもながらの演出で唐突に言い出した。当事者能力のない首長らの言葉遊びに付き合わされるのも、もう、ウンザリだ!ゲンナリダ! 東京コ…

てんこ、盛りだわ!!

類義語辞典によると「支離滅裂」とは、そもそもどういった意味や事象を指す言葉なのか?調べてみると、諸説いろいろあるが、どれも、これもに現実に当てはまる。「勝負、勝負の三週間や自粛、病床満杯、時短など自己抑制も限界だ!」 さて、本日は「支離滅裂…

懐古(ノスタルジア)

夏のことは遊びだったのか?今宵は、呑んだ暮れて、この曲で陽水の「夏の終わりに」と「少年時代」に屯うでいこう。 廃車バスカラオケには、何度も通ったが、娘は「少年時代」をよく唄った。コロナで帰省出来なかったので今にて再観賞! 富山県の山なみ、海…

心逆手に商か?

よく考えてみて、例えば、この違いはイニシャルコストとランニングコストの違いだ。要は先に払うか後で払うか、どっちがお得かを天秤にかけているのだ? 商売も、営業もそうだが売り切りで行くか、実は、白アリ駆除と同じ商売の方が儲かる。知り合いに聞いた…

同調圧力

コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、世の多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じている。 みんなや周囲と同じ行動を取っていると、助かるような錯覚にも陥る。学校、会社や地域もそうだが、なんとなくみんなに合せていれば、リ…

本来、足るに知恵とは

ある方のブログや生きざまをみて、改めて思う。 分ったことが一つだけある。この歳になってはすでに手遅れかもしれないが・・・。 ひとつ経験がなければ、なにごとも始まらないということだ。座学でいくら勉強したところで、汗を流し、身を切るような経験を…

望郷

懐かしき想い出、夢のあとさき、今思えば、幼少の砌、ヘチマの棚の下の真夏の夕方の行水を楽しんだ。 夏ともなれば河原で泳ぎ、「ししぎ」をしながら、川魚(赤ハヤ)を捕えては、石焼にしてよく食ったモンだ。ション弁プールと皮肉られた市民プールで泳ぎ、…

ご無礼千万にて失敬

弟を始め、故郷の関係者各位にあらためて、このブログを通じてご無礼の段ここにお詫び申しあげます。ほれ、ほれとあまった新米皆にくれてやる・・! 時に、あれから、とうとう一年も経ってしまった。残った家屋敷は不用心だ。秋の虫の音がか細くなり、朝の散…

八甲田山死の雪中行軍

糖尿病外来、頭頸部外科、食道(消化器管)外科に神経内科の二つの総合(大学)病院で受診していたが、どうやら、医療現場は患者が考える程、余裕はないようだ。 先日、内分泌専門外来の女医から「このところ数値が落ち着いているので、ボツボツ地元の開業医…

活字離れ

草食系男子、肉食系女子、ヤンママ、ママタレにおバカキャラなぞはその時代を反映した流行語だ。でも、ばっちぐーなどは化石に近い死語となった。 最近耳にする言葉に「エモい」がある。 このエモいは、”英語の「emotional」を由来としているようだ…

天高く

「豚」肥ゆる秋。早朝散歩に気づくのが、あきらかに季節の変化を感じる。空は高く、異彩を放つ、早朝にも拘らず夜空の星たちがハッキリと目に焼き付く。 こんなすきとーた景色はめったありえない。こんなに星がきらめいて見えるのは生まれて初めてだ。 道端…

「言葉」あそび

いよいよ、北海道がヤバイ!ちゃんころウイルス新規感染者数23⒍人超え(都内は二九六人)だとよ!重症感染者や入院者、死亡者数はひた隠し、 政経済、米大統領選挙も、フェイク。北朝鮮との交渉も、トランプが「気が狂った!」との演出しかりだ。景気をアオ…

お嫁産婆!!

今日ご紹介する夢は、三夜め。枕元の預金通帳、キャッシュ(クレジット)カードや財布、免許証、保険証類が盗まれてしまう夢だ。大事にすればこそ寝るときにも身近なところの方が安全と思い枕元に置いていたのだが、いとも容易く盗人に持ち去られた。 しかも…

嗚呼、夢情(弐)

円満退職となった当日、世話になった会社に一泡吹かしてやろうと、有らぬ企みを企てた当方。金目のものを探るべくエレベーターに乗っては上階、下階へと事務所内を激しく動きながら部屋中を物色している。でも、一向にそんなものは見つからない。 諦めかけた…

嗚呼、夢情(壱・弐・お嫁参番)

今日は山登りの夢を見た。登山口に行きつくまで延々と道を歩くのだが、小さな食事処の店の中で親しげに仲居さんと話し、腹ごしらえをしてから海辺に立つ。ここからが長丁場だ。干潮だから波が防波堤を越えることもない。そのうえをしばし歩き、登山口に近い…

幻覚に幻聴

睡眠時間が足りないということは、当方にとっては全く当たらない。暇さえあればベッドに横になっているから、一日、うとうと状態が続いている。むしろ、完全なる終活習慣病だ。 夢もよく見るが、不思議なことに 一回寝るごとに全く違う夢を見る。ストーリー…

ざけんなよっ!

以下は、報道機関(毎日・反日新聞)による一部を引用してお届けしたい。 捜査関係者によると、警視は10月、通勤途中の電車内で女性のスカート内をカメラで盗撮した疑いが持たれている。県警の事情聴取に対し、警視は容疑を認めているという。生活安全部は…

なんで高尾山なのか!

ミシュランガイドブックの三ツ星指定。何ゆえこれほど郊外の山に人気があるかは分からない。 どちらか、ひねくれものの当方、裏高尾やJR五日市駅から裏道を通るのが冥利だと思うノダが、どうやらこのコースは人気薄だ。ただ、裸でトレイルランやマウンテイ…