Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

病状

立春だというのに

今日は節分、豆まきだ「鬼は外、福は内」。今日の節分が過ぎると明日は暦の上では立春。恵方巻でも食べて春を迎えたいところだがそうも言ってられない。 先日、幼き頃から一番近しい従妹の突然の訃報をお届けしたが。以来、頭から離れず未だに信じられないと…

大腸ポリープ切除第二期工事

昨日、15:00を廻って看護師が処置室まで来るようにと病室まで呼びに来た。どうして午後一ではないかって?腸管洗浄剤を朝から呑んでもデルは出るのだが、一向に透明のスイヨウ(水溶)ベン(便)ケーシーになってくれない。 少しでも固形物が残っている…

昨日の出来事

その昔、「今日の出来事」なる日テレ系のニュース番組があった。これをもじって今日のタイトルとした。 何はことあろう、昨年末に切除後、緊急入院した大腸ポリープの病理組織診断結果が出た。食道がんに、その上大腸がんでは洒落にもならない。ハラハラの一…

う~ん何とも言えませんわっ!

本日昼過ぎに退院して間もなく拙宅に着くところです。おおよそ昨日からの大腸検査とポリープ切除術の流れはこんな感じでしたわ・・・!昨日バージョンでお届けいたします。 朝から天気が悪く、占いも良くなかった。今日(昨日のこと)は朝から大腸内視鏡検査…

老い、オイ、おーいっ!

古希を過ぎるといろんな意味で、体にガタが来る。屋根瓦が剥がれるとは、髪の毛が薄くなり禿げることをいう。目は霞ケ浦、生活苦で首は廻らず、そこに行って肝心要の屋台骨である足腰が立たなくなるようになった。 そのうえ、膝が上がらず、躓きやすく転倒、…

プライオリテイ(最初の一歩)

文字通り「優先度」のことである。頭出しに何を出してくるかでその全体像や中身が分かる。例えばニュース番組やワイドショー、トップに何を持ってくるかで編成が判る。 相変わらずW杯の敗戦を挽きづって、ジャパンメンバーの帰国後の総理官邸への帰朝報告。…

病(愛)の不時着

2020年に公開された韓国ドラマ「愛の不時着」は、公開当初こそ6%ソコソコの視聴率であったが、回を重ねるごとに上昇。世界中の眼がこのドラマに向けられた。 この話のストリーは南鮮の富豪の娘がパラセールを愉しみながらも北緯38度線を声て北鮮国内…

蓄らぬ電気に溜まるストレス

新コロナ感染者が全国で一日だけで13万人強と、ここにきてにわかに増えだしたが、一向に国も自治体も静観の姿勢でダンマリを決め込んでいる。 なぜか長野県だけが病床使用率が60%強と異常に高い。県内では満床どころか手術、外来受診を中止している医療…

今度はまたオレかいっ!

お食事中やその前後に御愛読いただいている方や病類相哀れむ方々には失礼つかまりせる。 今週の金曜日午前、都内のとあるクリニックに出向き、前立腺がんと大腸がんのオプション付きの当局主導の特定健診診断結果を検診時の担当医から聞いた。結果は血圧は高…

複雑な心境

大学病院の患者、受診者はお年寄りばかり、どうしてこんなに多いのかと不思議がる。それに連れ合いが一緒に付いてくるものだから待合室は高齢者ばかりでごった返す。杖を突く老人や車いすで来院する方も多い。 車いすで来院した患者に足を轢かれた患者同士の…

とりわけ

生活苦のため首は廻らないが、やたらと目まいが酷い。これが何によってそうなるのか一向に判らない。とりわけ、前からの主訴どおり駅の階段の昇降とエスカレーターの昇降車が上手くいかない。 なかでも、乗る時にどのタイミングで足を出してよいのかが判らな…

心のざわつき

サッカーW杯のカタール大会、一昨日のドイツ戦に対する逆転勝利これに日本中至る所で歓喜の渦が巻いている。それはそれで結構なことだが後半戦、森保一(愛称:ポイチ)監督は、メンバー入替と戦術を大きく変えた。結果的にこれが奏功したのだがこのチェイ…

なんでこの娘ばかりを苦しめる?

娘が突然顔を出してくれた。というのも他ならない。内の定期健康診断のエコー検査で膵臓にしこりが見つかった。詳しくは来週大学病院で精密検査を受ける予定なのだ。仮にすい臓がんとしたら余命はない。そんなことを思ってか娘が孫を連れて励ましにわが家に…

特定医療健診票

毎年お役所から標記の健診案内が到着する。いままで目もくれなかったのだが最近の体調不良もあって今回初めて受けることにした。 オプションでがん検査もあったので、最近頻尿が多発することもあって、ついでに前立腺がんに関連したPSA検査と大腸がん検査…

1111

つい数分前の昨日は11日。この日は「グリコ・ポッキーの日」でもあるが、ワンワンワンから「犬の日」という方もいる。そのうえまっすぐ伸びてのいで立ちから、この日を「もやしの日」と命名するとか、しないとか??? また、反面「一(イチさま)様の記念…

久しぶりのトレッキング

今日の身体はバッキバキの筋肉痛、昨日は秋のひだまりの中、知人と一緒に紅葉狩りと洒落こんで高尾山に久方ぶりのトレッキング。それにしても平日だというのに、この人混みはなんだ?しかも学生風の方から中年、お年寄りまで女性が圧倒的に多い。 稲荷山コー…

道迷いの夢

ルーテインで大凡一回の睡眠は3時間単位。目まいが酷くなってから良く夢を見るようになった昨夜は午前3時半に目が覚め、再び2度寝したところ案の定夢を見た。その夢、以下のとおり鮮明に覚えている 毎週の走友会定例練習、先行グルプの全員の到着を待って…

寝落(堕)ち

という言葉はよく訊く。いつの間にか眠りに入り込んでしまい寝ている寝たことさえ忘れてしまう。今日はそんな話と多少関係があるかもしれないが昨日早朝にベットから落ち(堕ち)た。したたかにまた頭を強打してしまった。 これで意識を失って三回目の頭部打…

病々介護・介助の明日(2-2)

昨日の話題の続きです。 知り合いの奥方様も昨年1月に帯状疱疹に罹患。1年半以上も経つというのに病院はともかく、ペインクリニック、針灸やマッサージなどにも未だなお通っているが快報には向いていないという。 加齢に伴う自己免疫低下による水疱瘡菌の…

病々介護・介助の毎日(2-1)

1か月の御無沙汰です。知り合いの中には当方が入院した、あるいは亡くなったのではとのうわさも流れ、自宅に何度も電話がかかって来た。ご心配をお掛けして誠に申し訳ございません。それほどこのブログが注目されているとは驚きだ。 さて、ここからは言訳・…

穴だらけ

このところ術後のスパゲッテー症候群の跡がやけにイタイ。そりゃそうだわな、IC U・MCUから病室まで10本以上もの管が体に刺さっていたのだから無理もない。 それにかまけている訳ではないが、自らを病気をもってして、逃げまくりの様相だ。 人や社会…

何か妙だ

時々あることだが、夜中にどうも窓の外で男性(大人)同志が小声で誰かとが話をしている、毎日ではないにしても確実に誰かが会話をしている。最初は窓から外気が入ってくる隙間風が音鳴りしているのかと思ていたがどうもそれも違う。 照明をつけて確認すると…

暑さと寒さが判らにゃあ~い!

昔から「暑さ寒さも(秋・春)彼岸まで」といわれてきたが、最近これが全く分からず湿度のみならず、気温の高低(寒暖差)を肌で感じなくなった。これって、加齢に伴う「不感症」なのか? 一昨日の話の続きのようで恐縮だが、先日も昼過ぎ外出する用事があっ…

これって「共感疲労」なのかあ?

最近気分が塞ぎこみ、鬱屈した状態が多くなってきた。和菓子の紀伊国屋の廃業に続いて横浜中華街の老舗「聘珍楼」も運営会社が破産に、ロシアのウクライナへの侵攻といい相変わらずあまりハッピーなニュースは流れてこない。 また、自身のプライベートでも意…

砂糖に群がるアリたち

新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金繰りに苦しむ中小企業や個人事業主を救済するため政府の財政支援「持続化給付金」をだまし取る詐欺事件の摘発が昨年末から相次いでいる。 ここに来てなんだか急に逮捕者が加速しているのは何故か。それが何を意味して…

こころの病

この病気は外科などと違って厄介だ。兎に角。心療内科医、精神科医、カウンセラー、心理学者なる人間自体が実にオカシイ 妙な処に拘ったり、変な趣味や趣向(性向)を持ている人が多い。診察室にプリキュアや人形を飾り並べ立て、アニメ好きも多いのが何とも…

三つの点が顔に見える?

「シュツ・・?」ってなに?コンセントの差込口を見ても、床板や天井板を見ても、人間には点が3つ集まった図形があると人の顔に見えてしまうような脳の働きがあるらしい。 どうやらこれを「シミュラクラ現象」というらしく、まともな人間でも起こり得るので…

なんか変だ!!

こんな真夜中に眠れず、パソコンを立ち上げ急に思い立ったようにブログをアップし始めた。早朝散歩に出かけるには流石に早く、一眠りしようとしてもでも眠れない。 不眠症ではない。一日細切れにしながらも12時間以上寝ているのだから睡眠不足ということも…

これこそ怖いわ!

フェイクニュース、がせ情報やうわさ、風評までこの世は至る所で真贋の見極めが難しくなってきた。病気、健康の世界も同じで片方では健康不安を煽り治療や手術を勧めたがる医者や病院もあれば、中高年向けに健康食品で商売をする似非業者も多い。 幸い術後の…

お久しぶり~ネ

昨日都心のチャミズの大学病院に行った来ました。発車駅では通勤・通学定期購入のために異常なほどの長蛇の列。これも季節の風景と云えば桜の開花宣言と同じだ。 列車内は入学式帰りの親娘連れ(不思議と男児はいない)やリクルートスーツの若い男女で溢れ、…