Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

事件

かまってちゃん

今月31日の衆議院選挙を前に、眞子さま親王の嫁入りを前に、何やら周辺国の挑発が相次いでいる。北はSLBMとやらの潜水艦発射型の攻撃型ミサイルを相次いでぶっぱなし、津軽海峡を中露の軍艦が平然と横行する。 これも選挙対応か皇室転覆を狙ってのこと…

高尾

吉原一の花魁の源氏名である。出身は栃木県の貧しい家に産まれ(実名は「由香?」)、若くして、奉公(見受け)に出され最後にはその道の頂点にまで登りつめた。当時の花魁道中は華々しく家紋を持たなかった高尾は着物に真っ赤な紅葉をあしらった召し物を好…

反ワクチン派の言い分(№2)

反ワク派の論拠には「なるほどと思うこと」も沢山ある。昨日ご紹介した報道機関の体たらくは、民間ばかりではなく天下の犬HKでも凡ミスが繰返されている。また、不祥事に対するコメントが篩っていた。こんな子供騙しのような理由が、世間に通じると思って…

仮想現実

誰がどう見たってもおかしい。都心の病院帰りの電車の中、乗車するとあまり座らない当方。車窓から外をぼんやりと眺めるていると、背後から小学生の女の子の「きゃつきゃつ!」と、勘高く愉しそうな声が聴こえてきた。 そういえば、コロナ禍の折、二学期の始…

魚は尻尾からも腐る

数日前、このブログで「魚は頭から腐る」ことを指摘したが、それに関し日刊ゲンダイから後追い記事がでた(これについては後段)。こういった不祥事、不始末にトップは異常なまでもの嫌悪感と拒否感を示す。特権階級たる上級国民はマイナス評価を強く嫌う。…

「魚は頭から腐る」

市井のニュースに以下の報道があった。何をやってるだかねえ・・ダメじゃんけえ。そのほか東京の18歳のJKはゆるキャンに登場した早川町の聖地新倉の物置に死体遺棄されるとは・・で生ごみの廃棄物処分場でもあるまいし・・それも東の歌舞伎町と云われる…

また、やらかしたな!

みずほが、またもシステムダウン。仏の顔は三度までというが、今年で、今年だけでだよ五回目だ。これには流石に監督する金融庁も真っ青、お手あげ状態。そもそも、勧銀、富士、興銀が御身大切にシステム基盤を譲らず日本IBM、日立に富士通。これをNTTダータ…

「主人は泡をふいて搬送先で息絶えた」

《ワクチン接種翌日に急死》遺族が訴える厚労省“副反応調査”の問題点7/10度 10:12配信2523個の記事についてツイートこの記事についてシェア文春オンライン新型コロナウイルスのワクチン接種の翌日に亡くなった岡部哲郎さん(仮名・71)の妻と…

国破れて山河あり

公僕どもも始末に悪い、ハングレどころかワル中のワル。質が悪い経産省キャリア官僚の新井と桜井の計画的犯罪。余罪を徹底的に追及せよ!だ。タワマンに高級外車、キャリア官僚の「裏」の顔が見えて、挙句には給付金詐欺、それも当局捜査ではなく通報からの…

これが天下の法務大臣があ~っ!

幼い頃、末は博士か大臣かとよく言って聞かされたものだ。それが、今や大学教授であろうと、大臣であろうと教え子の女学生に対して、セクハラや暴行、それに殺人まで犯すご時世となった。 医師、政治家、弁護士、辞め検、学校の先生や警察官までもが平気で日…

爛れた現実(昨日の続き)

退職したのは、南アルプス署に勤務していた30代前半で既婚者のA子巡査長。 「2018年春から同僚の男性巡査部長と不倫関係になり、その後も別の巡査部長や20代の巡査とも関係を持っていた。署は不倫関係を把握していたが、2019年4月、外部からの通…

爛れた現実

あんたも好きねえ・・!病弱の当方にとっては羨ましい限りだ。とでも・・お恥ずかしきながら、また、地元山梨で不祥事。勤務精励なのか、チンム精励なのか良く解らん。こうなると地元の恥さらしどころか呆れてモノも言えない。 県条例で厳しい制約があるお隣…

喰えね~のはお前えらだっ!

冗長になってしまったので、申し訳けないが、昨日の話題の続きを本日に分けてお届けすることにしたい。。 一般的に使われている「させていただきます。」というこの表現って、何か奇妙に感じませんかのう?一見、謙った謙譲語のように聞こえるのだが、これこ…

罰当たりな泥棒

最近は、子豚や子牛、メロンやイチゴなどの農産物、それにお賽銭、真鍮製の給水バルブや排水溝の蓋までと千差万別だ。神社仏閣の賽銭などは、なんとなくタブーに触れるため、気が引けるて忌避される。つまり、願いを込めて神仏に供えられたものを盗むことな…

オイオイ(色)基地外だらけかい?

偏見、差別用語にあたるのだから、敢えてこうした表現とした。はめられたかい?今年の正月駒大箱根アンカー、石川拓真(今年の「箱根駅伝」で総合優勝した駒澤大学のアンカーを務めた男。17歳の少女にわいせつな行為をした疑いで逮捕された、中学時代まで…

わが国のペット事情

サル、シカ、イノシシやクマなど在来種の害鳥獣ならともかく、最近は噛みつき亀、イグアナ、オオトカゲや熱帯魚などそこかしこに見かける。ひと時の思いで外来種までをペットして飼育する方が多い。 さらにそれを(輸入)ビジネスにする新手のペットショップ…

出戻り組(隊)

MLB(レイズ)の元横浜の筒香選手(今期打席26打席、打率1.67、本塁打0本、契約金2年・13.2億円)が球団から戦力外通告を受け、マイナー降格か日本復帰もありうることとなった。 まあ、打率1割台、ホームランゼロでは致し方ない、球団は性能の…

喰えん、マズイ、いらねぇわっ!

使えぬもののことを無用の長物という。骨の折れたビニール傘、勝手に捨てられた片方の手袋。人が使った度数の合わない眼鏡にサイズが合わない靴。これほどの無用な長物はあるまい。拾ったところで交番に届けでる気さえもしない。 こうしたモノもそうだが、最…

終わったな!(末世)

緊急事態宣言が解除される今月21日には、いまコロナ禍で何かと話題の関東一都、三県の知事の対応の裏事情が暴露され、政治スキャンダルや政局を見るには面白い。そんな中その一角を占める「千葉(ばーちい)知事選」が行われる。 ところがこの候補者の中に…

帰りたいけど帰れない♪♪

昼夜にまたぞろ、昼時のコンビニは、地下足袋、ヘルメット姿のガテン系の兄さんらが群れして弁当やコロッケやチキンを買いに来る。男女雇用機会均等法が施行されてもオスが圧倒的に多い。ジェンダーと言えども理想と現実は大きくズレまくりだ。 昼少し前には…

動かぬ証拠

10年前の今日14時46分、東日本大震災が発生した。多くの命と生活が奪われたことに悲しみが堪えない。黙祷。今日という日はいろいろな意味で重なり合っている。災害対策本部の設置、○○記念日、誕生日、出会いの日それに結婚式前夜だったのだ。 まあ、思…

アベンド

システム運用中に突然理由もなく運行が停止してしまうことをアベンドという。先にみずほ銀行のシステムが最近二回に亘って運行を停止したのは記憶に新しい。一回目は3千台以上のATMの休止。数日後に発生した二回目も同じく拠点拠点28か所、29台のATM…

うっせい、うっせいよ!

未だかつてこの有様。明治の官僚組織が脈々と続いている。コネクションにもたれあいに裏道。国のトップや高級官僚までもが堂々と「お誘いはお断りしない」と平素から豪語。殿の寵愛を受けて、彼女の人生は本当に幸せだったのだろうか? 改めて、己の掌をじっ…

「ここあ」何処の国。

別人格と云っては言い逃れ、贋作横行に、違法コピー、不正に不良品。年寄りの万引きが横行、窃盗のやり方も昔では考えられないくらい最近の犯罪は乱暴で、不正も極めて荒っぽい。 政府やお国、ご当局のアウトソーシング(外部委託)は、その会社が下請け、孫…

「ぬけがけ」と「やらせ」

どちらもいい響きの言葉ではない。でも日常茶飯事こんなことは平気でどこにでも起きている。組織と名つくところにはどこにでもある。組織に限らず、学校やご近所にもこの抜け駆けは存在する、 さて、抜け駆けとはどういういみかというと、戦場で、ひそかに陣…

虚言、妄言に戯れ言

「医者の不養生」というのは、ひとには養生をすすめる医者も、自分は案外いい加減なことをしていることのたとえだ。理屈のよく分かっている立場の人が、自分では実行をしないことのたとえでもある。 似た様な格言に、「儒者の不身持、坊主の不信心、紺屋の白…

まくひき

初動、初期対応を誤ると、その先の捜査やシナリオが狂い、解決や終息に向かわないのは世の常だ。この処の世間や世情を見回してもそのことが如実に表れている。一度、歯車が狂いだすと、どうにもこうにも修正や転換が効かず、益々、窮地に追い込まれてしまう…

夜回り先生

緊急事態宣言下、要職にある自民の松本議員と公明の遠山の金さんが、銀座で夜遅くまで豪遊。世間には夜八時までと時短要求をして置きながら、自らは、秘密クラブでホステス相手に夜11時過ぎに陳情をきいていただとよ。 遠山議員に至ってはクラブの飲食代を…

アホの極みちゃん

所詮、こんなモンだぜ!政治家とは一体何なのか?どうやら、馬鹿な国民がバカな政治家を選挙し、くだらぬ政党を担ぎ、挙句にその後の愚策に嘆く、そしてやがて首長や総理大臣を非難する。 だから、もういい加減にしないと・・・。最近各地で現職落選が相次ぐ…

加減で弄ぶ!

ざけっんなよ!,, ひとを動かす動かして、今度はこれかよ!!以前に指摘したとおり。案の定、お国は「ごつうキャンペ」のみなおしにでた~!移動を増やせば、感染が拡大するのは自明の理。慌て、打ち消し。カネの無、無駄遣い。 恰好の良い、ひびきがいい、…