Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

国難・武漢ウイルス

情報操作

スポンサーがいるからテレビ番組は視聴率を稼がなければいけない。でも視聴者(層)が誰かによってもそのTV番組の裏側が見えてくる。 タレントMCに似非コメンテーターや専門家。スポットスポンサーだけでは番組は長続きしない。 緊急、逼迫、宣言、崩壊…

めちゃくやないけぇ

時は新茶の季節。静岡のお茶や狭山のお茶は美味しいが、永田町や霞が関界隈で採れる「無茶苦茶」や「滅茶苦茶」は不味くていただけたモノ(茶)ではない。 緊急事態宣言(略称:金銭、こんなに乱発されては緊急ではなくマンネリ事態宣言)と南海にぷかぷか泳…

ムード歌謡(かよ)!

「フランク永井は、低音の魅力~♪」とは、その昔の人のみぞ知る。死んだ親父は分厚い唄本を持っては唄いまくっていた。 ところで、さる3月21日(日)の緊急事態宣言が解除された途端に、議論百出。途端に東京五輪の開催可否がここにきて突然議論され始め…

もう、打つ手はないのかヨ!

巣ごもりしてすることは「TV視聴」ばかりだ。経費節減、圧縮のため生放送は減り、ロケも敢行できないので、番組編成は再放送やドラマもリバイバルばかり。 そこらじゅうの番組の出演者やキャストは三流お笑いタレントやピン芸人ばかりで番組自体に奥行きが…

なんか変だぞ(3-3)

コロナ禍の中、緊急事態宣言が解除された東海や西日本地区、時短要請。三月七日を前に一週間前倒しで解除となった。 そこへ行って一週間で何が変わるのか分からないが、時短営業は終業が8時から9時まで延長となった。ところが協力支援金は6万4万円、一時…

淘汰を問うてみた

コロナ禍の折、飲食業界を始め、旅行、運輸、宿泊業や土産物屋や卸売り業までもが煽りを受けて廃業や倒産の危機にある..。 そこで、これまでのミュージック業界とスポーツ界について考えてみた。戦後、情操教育だのたいいく(体育)といって国民国家も諸手を…

「本末転倒」に笑っちゃいます。

実態無視で体制や準備を用意周到に進めているようだが、G7の中で唯一新型コロナ対応ワクチン接種が始まっていない。言葉に群れて現場が全く機能していない。そのうえ、使えぬワクチン接種用注射器を2億本も発注してお粗末もいい加減にして欲しい。 つまら…

前門の虎、後門の狼

一向にワクチン接種が話ばかりで現実化や先が見えない。根本的な対策は何一つ進んでいないのに、新規感染者数だけが作られ盛られている。先を急ぐように緊急事態宣言解除の一週間前から急に感染者が減少し始めた。重症化もの数は高止まり・・。完全に数字が…

救急搬送困難事案

ズレまくり、首相は緊急事態宣言の対象を福岡県というべきところを静岡県と云ってみたり、来月を明日と読み違えたりと、台本棒読みにしてはあまりにいい違いが多く、これでは心もとなく不安心理が倍加してしまう。 それに訳の分からぬ、お笑い芸人の「ハチミ…

De・鱈め!

外での飯は黙って喰え「黙食」、会話をするときにはマスク着用。人とは会うな、外出自粛、家庭内でもソーシアルですタンス。そして、不織布マウスク着用以外は感染防止のため入店禁止措置。なんか問題の焦点がズレまくり・・・!はなだしマスクもアウトだと…

乱れ

統治、統制、ガバナンス、規律など一時期もてはやされたのは、今は昔。乱れに乱れ一心不乱などの真剣さや緊張感が相変わらず伝わってこない。自宅療養者は既に三万人を超えて、PCR検査の結果も翌日から4~5日もかかるようになった。 この間、自宅療養中…

おとつあん、大丈夫かよ!

昔、TV「シャボン玉ホリデー」の劇中、床に伏したままのハナ肇演じるオヤジさんに対して、娘役のザ/ピーナッツの二人が「おとつあん、御粥ができましたよ!」と声を掛ける。するとハナが「何時もすまないね~え」と合の手を入れる。お決まりのコントだが、…

お宅のボスはだれ?

ボスとは票を制御し任命を操る政党のリーダーを元締、親分や大将と呼ぶこともある。その一方で労働者の管理をする人を頭領主任、リーダ、親方、上役、場長、上司、職長、チーフ、主任、所長、棟梁、リーダー、頭首、フォアマン呼びかたを区別す方も多い。 組…

院内クラスター

病院 介護・養護施設、学校、会食に限らず病院内のクラスター「集団感染」も結構感染率が高い。当地はともかく隣県の長野県を除いて観れば、相澤病院に始まり、浅間総合病院、軽井沢病院、長野赤十字病院、などなど多くの職員と入院患者が院内感染しクラスタ…

地元は大変な騒ぎだろうナ!

現職の国会議員の羽田雄一郎が53歳の若さで、新型コロナに感染して亡くなった。すでに病医院に運ばれた時は命尽きたとの由。 突然の訃報に周囲、関係者、親族は驚きを隠せないだろう。 地元上田市の後援会組織「千曲会」は、爾後の対応に追われ、随分と現…

のちのち

「追っかけ」とは、乳幼児が母の背中を追いかけまわして歩く姿に由来している。まあ、タレントや歌手の追っかけもそうだがこれは幼少の心理が潜在的に働いているとみていい。 そのほかに追っかけとは、「人の行為や作品などをまねること」ともある。つまり、…

豆腐とパン

豆腐屋とパン屋はなぜ斯くも朝が早いのか?それに、麹とニガリの由来が分からない。 「豆腐屋とパン屋が朝早くから仕事を始めるのはなぜかな?」と、日頃から疑問に感じていた。 とりわけ、スーパーではなく、商店街にある個人で営業している昔ながらの豆腐…

夢見(ゆめみ野)の吉凶

夢の亦夢、最近妙な夢ばかりを見る。先日は有名な競輪選手が、自転車を必死漕いでバンクを疾走している。でも、どうも様子がオカシイ!健常な選手がなんとママちゃりを操っている。そしてレースをしている。 それに、亡くなった父母の遺体を前に葬儀を行って…

「小さな森の家」

気管挿入、人工呼吸器の装着には、余程の覚悟と決心がいる。なぜなら、一度装着したら死ぬまで外せずそのうえ、自発呼吸が困難な状況だから、栄養補給ができない為に胃ろうや経腸管によってしか栄養が摂れない。 厄介なのは、排せつ、清拭など、これに関わる…

流石にここ迄くると開いた口が塞がらない

いっそ標語は「バ~カ・らシイ!」ほどの「ことば遊び」。おいけ都知事が新スローガン「ひ・き・し・め・よ・う」と、いつもながらの演出で唐突に言い出した。当事者能力のない首長らの言葉遊びに付き合わされるのも、もう、ウンザリだ!ゲンナリダ! 東京コ…

今にして思えば・・

当然といえば当然なのだが、ここにきて、新型コロナでお亡くなりになったご遺体とのご面談(亡くなっているから面談はねえべえ)は、厚労省ガイドラインの変更によって、お会いできることとなった。 約一年ぶりのガイドライン改正によって、ようやくご遺体に…

パフ、パフっ!

本日は12月8日は「トラ!トラ!トラ!」と「新高山登れ」の暗号で、真珠湾攻撃に至った開戦記念日。 それはさておき、二年前は術後の経過観察のため、当方、大学病院のICUからMCUに移ったばかりだった。いまやMCUエリアは新型コロナの重篤・重症患者…

巣ごもり、寝こもり、悲喜(引き)こもり。

まあ、世の中どうしちゃったんだろうね。ゴーツー、GOTOと念仏のように唱えてる政府筋。観光、宿泊、飲食業は政治家にとっては谷町で、ヤクザと高級官僚がののミカジメ料を頂戴する。 そういった点では他の業種は旨味がないらしい。東京を発着とする65歳以…

「気を付けてね!」の危うさ

突然に見舞われた事故にしろ、事件にしろ、この手の言葉は危うい。 つまり、いくら努力しても、注意しても避けられないことがある。だからいくら自助努力をしても襲われる時は襲われる。 例えば、キャンプ場やキノコ狩りで山中に入りって、クマにでも襲われ…

自然淘汰か人工淘汰か。

淘汰される事業がこの処多い(大井)夫人。コロナで住宅ローンが払えず、失業・失職に自宅やマンションんを手放す人も多いと聞く。住宅ローン返済補償会社もいまや盛況の様だ。ネオンサインや看板取り付け業者もそうだが、不要不急業者を中心に危機が迫って…

ジーザス・クライスト・スーパースター

この言葉の響きにに憶えのある方は、結構オトシの人。この音、「レッツ・ザ・サンシャイン」や「アクエリアス(みずがめ座)」もこれに近いカテゴリーに入る。 なぜ、今日はこんなお話をしたかというと、「クライシス」と「クラスター」の響きが似て非なるも…

インフォデミック(2-2)

長編となったため、本日は二編に分けて昨日の続きをと恐縮する次第。まずは、そのことをお断りの上、お許し下いされやあ!!! (昨日のつづき) さらに情報の出元を、政府高官とか関係筋とか情報の出元を確定させないものだから、「だれが、いつ、どこで・…

インフォデミック(2-1)

本当に大丈夫かいのウ!世論誘導に情報操作?、でもネ、今更ながらも、現実の世の中、国内GDPが過去最高の年換算にして27.8%もの大幅下落。失業、失職は余りに余って、戦々恐々の現役世代。新卒者の内定取り消しが相次ぎ、在学や(内定)就職も儘なら…

「知事の通信簿」とやらの、レーテイング(5-3)

お断り:この記事も含め以下は文春オンライン引用記事(御厨貴:著)ですので、ご留意ください。 なぜ安倍首相のリーダーシップが見えないのか? これほどの“国難”を前にして、なぜこんな「何も決まらない」混乱が起こったかといえば、安倍首相のリーダーシッ…

「知事の通信簿」とやらの、レーテイング(5-2)

昨日の続きだが、その前にひとこと。ミドリのオバサンが、さんざん「夜の街」関連と徹底的に風俗業を排斥してきたが、ここにきて様相が変化。今度は「家庭内感染」が危ないだといいだしたよ!外で働いている「夫」が家庭内に持込み、「妻」や「子供」が感染…