Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

国難・武漢ウイルス

地元山梨はクソスギ、良太郎

公約、校則、会則に社則等の規制、マニュアル、基準値による宣言も(解除)もガイドラインも都合よく、かつ、わざと難しく解りづらくして、設定者や作成側が使うツールにされる。そもそも目標も方針とやらも、達成できない事柄でその多くが構成されている。 …

今年の新流行語大賞

言葉がこれほどまでに軽ろんじられたことがあっただろうか。政治屋はもとより、ガキまでもがそれを弄んでいるような風潮は実によろしくない。「専門家会議の内容はしっかりと記録を残したいと思う。(西村担当大臣)」、「思うのであって、記録を残すとは言…

イップス(ためおき3番の2号)

「イッップス」ともいうらしい。これは精神疾患の一つ、精神面や心理的原因で運動能力が低下する病気なのだそうだ。かのイチローも愛工大名電高時代にこの病気に悩まされたという。にわかに信じがたいが本当のことらしい。この病、野球選手に多く別名を「甲…

まがい物(ためおき3番の1号)

「新型コロナへの有効性は確認されず・・」と、衝撃的なタイトルで新聞やマスゴミが購読者や視聴率上げねらいを図る。アルコール消毒液といえば通常エタノールを思い浮かべるが、中には発酵アルコールやアルコール濃度が30%未満(医療・手術用は最低濃度…

化けの皮一枚のゲリゾーくんの明日(3-1)

毎日新聞と社会調査研究センターは23日、全国世論調査を実施した。 安倍内閣の支持率は27%で、今月6日に行った前回調査の40%から急落した。 不支持率は64%(前回45%)に跳ね上がった。社会調査研究センターとの共同調査は3回目で、最初の4月8日に44%あ…

決断、調整に批判型タイプ

全国水準で一気に緊急事態宣言が解除された。でも、治療薬やワクチンが開発された訳でもなく感染拡大期と何一つ変わってはいない。それなのにあたかもチャンコロが終息したかのように前のめりでニッポン全国浮かれポンチのコンコンチキ! 現実を見て観れば、…

体調不良につき

5年生存率70%の1年半が経過。がん患者は、その発生によって治療や延命方法が異なる。積極的、標準治療もあれば、ペインクリニックやホスピス、民間療法なども様々な治療が考慮されている。ここで医療機関と患者の争点(目安)となるのは、がん患者の5…

習慣(週刊)TVじょん!

リバイバルあり、見逃し番組ありで、自粛ムードの折TVばかりを観るようになった。最近では、曽野綾子原作の「白い巨塔」。財前五郎役は唐沢寿明ではなく、その昔はライフル自殺した田宮二郎だったものだが、原作とはチト違うが今回の長編再放送にも十分に…

この世は「初っ切り」状態

「ダッチロール」に「逆噴射」、日航機の片桐機長が羽田沖に墜落した際に一斉に報道されたキーワードだ。今日もそんなこんなで取り留めもないお話に・・。 また、地元甲府市出身の三段目力士「勝武士幹士(本名:末武清孝)」がチャンコロウイルス感染(肥満…

アビガンにアマビエにアベがガン

疫病が流行ったら、「アマビエ(妖怪)」を写して、これを人に見せなさい、との言い伝えが江戸次代からある。今、チャンコロ・ウイルスが感染拡大するなか、これがインターネット上で話題になっている。 この言い伝えどおりに、実際に絵を描いたり、アマビエ…

国乱れて惨があり

今年の流行語大賞候補か「自粛警察」。「太陽にほえろ!」や「西部警察」も石原軍団総出演で随分と楽しませてもらった。だが、今日では「自粛警察」なる自警団が出没、跋扈している。休業していない店舗やシャッターを閉めていない店に、ご近所か同業者が貼…

打つ手なし

総理発言と云えば、官邸や役人の作文をプロンプターに映しそれを丸読み棒読み。記者会見で記者から突っ込まれると早々に退散。それに官邸の囲み取材でコメントを求められ答えの一言ひと言が質の悪いのが国民に対する「おちょくり」に「言い訳」の連続。さら…

だっちもねぇじゃんけ!郡内(山梨)の恥晒しズラ

冒頭「アホの極悪女(M)」を指弾し、全国の皆さんにお詫び申しあげる。総理大臣も「概ね一か月程度を延長することを軸に・・」と非常事態宣言の解除はいつものとおりでハッキリしない、曖昧な表現は何処も同じ。だが、今日ご報告の件は、誰に聞いても明らか…

笑うに笑えない笑い話

「寄り添う」とか「こころを一つに」とか響きのいいフレーズがよく言われる。だが、その一方で感染者数や死亡者数をことさら採り上げる報道機関の姿勢には大いに「危うさ」を感じる。医療も教育も現場は塗炭の苦しみを今も味わっている。 「グアンバッテ」な…

東北は7県

みんなが皆、銀行に預金の払い戻しや記念硬貨の換金が殺到し始めたゼよ!!政府の小手先だけでの小細工のやりぁ方では、逆に不安を煽るだけわなだ。近頃は生活防衛のため記念切手や宝石類の処分も進んでいるらしい。そりゃそうだわな「カネで命は買えないも…

コリャあ、あまりにヒドイ(酷い)わ!

「専門家(御用学者)の意見を聞いて・・」、「躊躇なく、やります、します・・」、「やるべきことは速やかに・・」、「・・についての責任はすべて私にある」、「・・方針で臨む」など聞こえのいい虚言、妄言、放言に言葉遊びに根拠のない数字だけが一人歩…

「騙し討ち」が「返り討ち」

現実を客観的に直視すれば、GW明けの6日に緊急事態宣言が解除される見込みはほとんどない。逆に数か月、半年や一年も二年以上先まで解除は見送られることになるだろう。 最近のお国の悪行を見ても、実質90.9億円の予算規模で不衛生なマスクが全国民に…

逆張り

株式投資用語に「買うはまだなり、売りはもうなり」という戒めがある。つまり、株を買う時は、慌てて買い急ぐ必要はなく、売り時は、欲をかかず速やかには売り抜けることを指す。ことを起こすときは十分熟慮し周りをよく見て、売る時は、強欲にならず周囲が…

過去世、現世、来世

渡辺真知子の「現在、過去、未来」も、「素敵なタイミング」や「運の良さ」とは一体何のか。生れながらにして、悲運や幸運に一喜一憂している人の世だが、全ては「宿命」や「お仕組み」で、仏さまの掌のうえで喜び、悲しみ、慈しみ、嘆き、苦しみ、憐み、そ…

薄弱な言霊(コトダマ)。

若い時は「例えば・・」、「さまざまな・・」、「諸般の事情を勘案して・・」や「総合的に判断して・・」などの上滑りの語句を多用し重宝したものだ。つい昨日の反省も然り。分かったような言葉を繰り返すだけで、かくも通りやすい言葉を連打しディベしなが…

「口減らし」が始まった。

貧乏人の子沢山。喰えなくなると養子か、養女に出して食い扶ちを確保する。それでも男と女の営みは際限がないので、次から次へと赤子が産まれる。となると、家を支えるのには、お年寄りから順にお役目を終えて頂くことになる。 それでも追いつかなくなると、…

「延期」という選択肢はないだろう

件から目は口ほどにものいう。とは、どんなにつくり笑顔をしたところで、眼が全く笑っていないことをいう。つまり心底から笑っていないのだ。「笑福亭鶴瓶」なる咄家がいる。典型的なウケ狙いでコヤツが出てくると、厭なので素早くチャンネルを変える。 眼が…

国家総動員法を施行せよ!

全然説得力ないよな!一国のカビのマスク首相が「たとえ、家族であってもGWは旅行にいかないように・・」だと、おっかちゃんは勝手に大分の宇佐神社に参拝ツアーしたのに、よく云うよな~あ。 それにしても地元山梨といい、江ノ島、群馬、茨城や湘南といい…

不要に不急

どこの銀行や金融機関でも融資審査の際に、貸出基準で融資不適格対象(不要不急)業種なる規定があるらしい。その一例を挙げれば、「個室浴場業」、「バー・スナック」、「キャバレー・風俗店」、「ラブホ」、「ダンスホールなどの遊興施設」、「パチンコな…

化けの皮を剥ぐ

汚職に、裏工作に、もみ消しに、虚言、妄言と、極悪非道な連中の「悪アガキ」には枚挙の暇もないのは何処も同じだ。前川喜平、太田充に、最近では高井たかし。カルロス・ゴーンに始まり官民問わず腹黒い連中が多いこと多いこと。これではマジで誠実にやって…

いきなり「緊急人気復活事態宣言」

支持率低下が著しい安倍川内閣。これほど黒蜜が少なく黄な粉だけを沢山まぶした後手、後手の後付けの猿芝居にも程がある。これなら山梨の「桔梗屋・信玄餅」がまだ旨い。さて、今回の補正予算の組み替え、評判の悪い小学生向け給食用マスク2枚を466億円…

春季大会

結局、優勝したのは、花巻東や大船渡高校から多くの名野球選手を輩出した「岩手県」。最後の最後まで粘ってベストスリーまで勝ち残った「島根県」、「鳥取県」も、奮闘したが優勝旗は地元に持ち帰ることは叶わなかった。 これが本来の実力なのか、医者、病院…

タチの悪い骨抜き軟体生物

株屋、肉屋、魚屋に八百屋、パチンコ屋に風呂屋、それに風上にもおけないのがノーテンキな阿保でもできる「政治屋」だ。職業に貴賤はないというが、こうして商売を並べてみると、どうも上から目線というか蔑んだ云い方だ。それに比べると博士、武士、弁護士…

一回死んでコイや!

腹を掻っ捌き、命のやり取りができる覚悟があるか。 ぼやけた顔で自宅でくつろぐアベーガー首相。世界に配信。何の言葉もなく、発信やメッセージもない。これではいかん、イカン、行かんのだ。 この国を憂い、国体を堅持しようとする志士たちは居るのか。い…

感染多発

診察結果がまずまずだったから云うのも何だが、決死の覚悟での受検、受診はもとより、お隣のJ大学病院も、この「TMⅮU」でも北大、独協病院でも感染が多発・・ ノックアウト(KO)の慶應大学病院はレイプ事件に三田会は言語道断、京産大は騒がれるが、…