koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

ゴミ屋敷

f:id:koushuya:20171017030515j:plain

   過去に、割れ窓の理論について掲載(2017年5月27日アップ)した覚えがあるが今日は似たお話で「ゴミ屋敷」問題。

 

 TVなどで戸建てのゴミ屋敷が放映され、必ずと言っていいほど敷地外や道路まで山積みとなった映像が流される。その後は中年男性の家主へのインタビュー、しばらくして市役所の行政代執行のオチ!めでたし、めでたし!!

 

 ところが、そういかないのが現実。最近は孤独死もさることながらマンションやアパートなど集合住宅などででもゴミ屋敷が蔓延している。一説には世帯の1~2割が該当するという。週末の休みに掃除や片付けを予定していても、一週間を過ぎると最初1、2個のゴミがゴミ出しの手間を惜しんで部屋中にゴミ袋が1つ、2つと増えていく。  こうした人は単身で勤め人が多いと聞くが、家族が居てもうず高く積まれたゴミの山で産まれた子供もいるという。子供の成育環境がそうだとその子が大人になってもそれが当たり前になるという。何たる不憫!

 

  実は困ったことに、戸建ては外観でゴミの山が分るが、集合住宅の場合は密室の為、「隣は何をする人ぞ!」の感覚で、一向に隣室で起きているゴミ屋敷を意識しないという。発覚するのは、ゴキブリやコバエが増えたなと思ったらすでに手遅れ。その後、強烈な腐臭が漂って来るそうだ。映画「おくり人」でもそんなシーンがあった。

 

 もっと驚いたのは、性別では男性より圧倒的に女性が多いという。職業はOLかと思いきや女性看護師が多くを占めるという。病院という生死と隣り合わせの臨場にいる仕事柄、眼前のゴミなどがあっても気にしないという。やがてトイレは詰まり、風呂桶には生理用品がうず高くつまれているらしい。そのうえ、完食が習慣化している男性と違って、コンビニ弁当や飲料を食べ残したり飲み残したりするものだから、片付けをする専門業者も手を焼くそうだ。

 

  整理、整頓、掃除にゴミ出しは毎日の「お勤め」としてやらなければいつかお宅もゴミ屋敷になるかも知れない。結びに一言、連れ合いに先立たれた旦那様、調理、料理もせず毎食コンビニ弁当を前に『生きるために喰っているのか?喰うために生きているか?』と呟き始めたら、これゴミ屋敷化する前兆ですぞ。

 

(今日のおまけ)

 ゴミ屋敷もさることながら、自殺、病死、殺人、心中や放火などがあったいわくつきの不動産物件(事故物件)は、転売されてしまうと追跡できなくなる。好立地にも拘わらず賃貸料や売買価格が安い物件は要注意だ。今から転居をお考えの方々、是非一度「大島てる」の事故物件公示サイトをご覧あれ。

 

   ヤモリ(家守)や敷地内に祠や鳥居(屋敷守)があるお宅は、それらが家族を守ってくれています。くれぐれも家守を殺したり、車庫入れで屋敷守を壊さぬように。