読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

確定申告はお早めに。

f:id:koushuya:20170105053827j:plain

 昨日1月4日から28年度分の確定申告用紙交付が各地の税務署で始まった。昔のように手書きのもあるが、今やパソコンでの作成でも、e-Taxでもオッケイだ。随分と便利になったが、一つでも入力間違いをすると先に進めない。機械だけに融通は利かない。

 

 医療費控除の還付請求は、1月15日から受付が開始。早ければ2月末までには納め過ぎた税金が戻って来る。今年7月以降は、マイナンバーによる処理が始まるため、来年からは医療機関や薬局の領収書の管理が不要となる。

 

 納税は国民の義務だが、巧妙な税金逃れも散見される。徳兵衛の知人は、e-Taxを使って申告したところ、一時所得から雑所得や利子・配当所得まで入力した結果、戻って来るはずの税金が追徴となり、財産が丸裸にされ奥さんに内緒にしていた株式保有がバレバレになってしまった。

 

 去年は、数多い検査をし受診もした。投薬もお腹一杯もらった。大した税金は戻ってこないが、市町村民税が後々に軽くなる。会社勤めの頃は年末調整から納税までを人事部が面倒を看てくれた。いまは自分のことは自分でやらなければ、そしてそのうえ仕組みを知らなければ損をするのは自分自身だ。権利の上に眠るものは権利を放棄または留保しているものと看過す。ただ、役所は書面申請主義だ。法律を知らないといってもきちっと要件が具備されていれば申請は受理される。

 

(今日のおまけ)

 酒、たばこ、消費税、所得税に利子税。そのうえ介護保険料は一生払い続けないといけない。いよいよ年金生活がボデイ―ブローのように効いてくる。早いも遅いも良くないが、このままでは大病も患えず「ほどほどの年金生活像」が中々見えて来ない。

 

 和服の小奇麗なママが女の子の手を引いて駅前を歩いている。ただ、和服にヴィトンのバックは全くのミスマッチ。何かやらかすなと思った瞬間、女の子が「お正月のお参りも、お寿司美味しかったね」と語りかっける。ママ曰く「そうだよ、ハツモウデは「初」に「魚」へんに「旨」と書くのよ」だと。わざとか本気か分らないが、それ「初鮨(ハツスシ)」じゃん。本気だったら世も末だ。