koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

耳障り

f:id:koushuya:20170324013715j:plain

    旧聞に属するが、あんな立派な元知事が、職業は「小説家」だといい放ち。いまは脳梗塞を患って、漢字も書けないしひらがなも読めないと、記憶のあいまいさを強調していた。饒舌で弁舌爽かだっだ氏がそれほどまでに守りたいものは何か。肝心な箇所にかかると「記憶にないものはないと」言い放つ。あのシーンをみて、むなしくも老いの最後をみた気がした。

 

 うるさいと言えば、山登りで小屋泊りを経験した方々にはわかるだろうが、深夜1時ごろから起床し、レジ袋をガサガサする登山者がいる。みな就寝中で静かにしているものだから余計に耳障りだ。計測すると80デジベルもあるという。国道沿いの民家で聞く車の騒音に近い。

 

 さらに、登山中に麓から山頂までしゃべり続けるオバさまたち。どうしてそんなに元気なのか耳を疑ってしまう。こちらは、あごが上がってるというのに、さすがに母は強いのか?

 

 そんなおしゃべりおばさん連に限って隊列が長く、「お花摘み」(用足し)の時間も長い。クマに遭遇する以上に、小鳥のさえずりや風音を消してしまうこの隊列に合わぬようコースや出発時間をづらして登ることにしている。その山も今は遠い。

 

(今日のおまけ)

    今日、駅の構内で不思議なことに出くわした。この世には瓜二つの人間が三人いるという。そんなことがあるのかと目を疑った。親父に会ったのだ。背丈、しぐさ、顔つき、歩き方といい。生前の親父にそっくりだった、あった瞬間、「おやじ!!ここで何してる?」と見知らぬその人に声を掛けてしまった。そのひとは怪訝な顔一つせず「何か、御用で?」。瞬間、徳兵衛,我に返った。

 過去と現実が混在した短い時間だったが、懐かしいオヤジに久しぶりに会えた。

 

 ブログ発信用のタブレット端末の作動が怪しくなってきた。容量やメモリが少ないだけに女性と同じに繊細に扱わないとすぐにダメになってしまう。メーカーに問い合わせて処、初期化かリフレッシュしないと復元しないという。さて困った。追加アプリのIDとパスが判らない。さてどうする?その前に自分がリフレッシュしないとこのままでは再起は困難かもしれない。