読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

GPS

f:id:koushuya:20170319011552j:plain

 子供や認知症患者の見守りに、浮気追跡に、そして車泥や薬物の裏取引の証拠押えに使われて全地球測位システム(GPS)の犯罪捜査利用は、プライバシーや人権を犯す虞があるとの理由から、裁判所の令状なしにこれを使った捜査ができないと最高裁の判決が下った。

 

 ところで、恋人にスマホを見られて浮気がバレた、といった話はよく聞く。以前、「カレログ」というアプリが話題を集め、販売中止になり、挙句の果てにウイルス認定された。このアプリをインストールしたAndroid端末の(居)場所を遠隔地から確認できるのが特徴。また、端末のバッテリー残量も表示されるので、電池が切れていたとの言い訳もできない。そのうえ通話記録やインストールした他のアプリまでわかる恐怖のアプリだった。現在、このアプリは姿を消しほっとした方々も多いだろう。

 

 ところが、さらに凶悪なアプリが登場。「mSPY」(http://www.mspy.jp/)は、広範囲にわたって遠隔地の端末を監視するアプリだ。スマホ版もあり、AndroidiPhoneに対応している。アプリをインストールされた端末を使うと、遠隔地のPCで何もかもが確認できる。通話した場所や時間、通話時間、相手の名前と通話回数は勿論のこと、浮気相手からの着信を拒否させることだって可能だ。SMS・メールの履歴も確認できるし、GPS機能で現在の居場所を特定するのも簡単だ。エリアを指定して、そこに立ち入ったらメールでアラートをもらうこともできるらしい。世紀の鬼畜のアプリだ。

 

 最近ではLINEもサポートし、メッセージのやりとりだけでなく、相手の名前や電話番号までわかる。もし、このmSPYアプリが入った端末を持たされてしまったら、プライバシーは丸裸になること間違いない。恋人の家にスマホを1日忘れ置いてしまった場合などに、そっとこのアプリが仕込まれる可能性も否定できない。もっと恐ろしいのは、「mSPY」をプリインストールしたスマホが発売されたことだ。あ〜恐ろしや、恐ろしや!!

 

(今日のおまけ)

 こうした判決や記事をを見るにつけ、この徳兵衛、やましい点などさらさらないが、こんなアプリを入れ込まれたり、プリインストールしたスマホでも持たされた日には、何処で呑んでいる、誰と逢つて酔っているなどと監視されることになる。「知らぬが仏」というように、知らない方が円満に日常を送ることができる。「後ろ指、指され組」の徳兵衛、後ろめたい気持ちはコレぽっちもないが、急にソワソワして周囲やカバンの中が心配になってきた。 

 ほかにもGPSロガー「i-gotU」も、なかなかの曲者。皆さん身の回りにご注意あそばされ!