koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

おイチに、おイチに。

f:id:koushuya:20161212000152j:plain

 10日から11日に日付が変わるころから、娘がお腹が痛いと言い出した、おそらく微弱陣痛が始まったのだろう。早朝に娘が徳兵衛の部屋に来て、「今までとは違う痛みで明け方にかけて段々と痛みが増してきたので、今日は出掛けないで欲しい」という。病院は、自宅から目と鼻の先で歩いても5分もかからないが、病院の指示で車での来院が指示されている。昨日は一日運転手として控えた。

 

 娘の結婚入籍記念日が10月10日、第一子の誕生記念日が、今日12月12日となれば、何という奇遇、何という因果。語呂も良いし夫婦親子とも、この先きっと忘れないだろう。「トウ、トウご結婚ね」と周囲から祝福されて夫婦となり、その子供が「おイチニ、おイチニ」と歩き出すのも近い。

 

 まだ産まれては来ないが、一昨年亡くなった故郷のじいちゃんのも、今年亡くなったばあちゃんも、13年前娘の結婚を楽しみにしながら亡くなった母方のばあちゃんも、徳兵衛の弟さえもがなぜか娘の結婚や出産を気にかけていた。できれば、子供たち全員の結婚式も生で見せてあげたかったし、娘の子供や息子たちの子供(孫)たちも、その手に抱かせてやりたかった。今年は自他ともに色々あった徳兵衛だが、年の瀬にご褒美をもらった気分だ。

 

 無事に産まれれば、徳兵衛夫婦これで娘の子加えて4人の孫に囲まれることになる。何処の子もそうだが様々な星の下にこの世に産まれて来て、そして死ぬるまで生かされる。これから先、苦労も多く辛いことにも遭遇するだろうが、生きてこそ、生きていればこそ、こうした幸せにも恵まれる。

 神妙な心持ながら、あとは孫が無事に産まれて来ること祈るばかりだ。早速、仏壇と神棚に掌を合わせた。

 

(今日のおまけ)

 昨日のうちに病院には連絡済。さらに痛みが1回ごとに激しくなり、陣痛の間隔が次第に短くなりつつある。時代は進み、娘はスマホの「陣痛/出産アプリ」を見ながら痛みに喘いでいる。アプリの予測では一両日中に入院すると出た。産まれるのは、今日の夜明け前か、昼か、夜なのか?それとも明日か?14日となれば、赤穂浪士の討ち入りと重なってしまう。

 読者にとっては、世間の当たり前の出来事でつまらないかもしれないが、我が家にとっては一大イベントだ。詳細報は後刻・・・・・。

 

 案の定、先ほど、11日22時前に車で送って入院と相成った。ひふーひふーとこれから産みの苦しみが始まる、頑張れ!!KOUREI初産。

 

(号外)

f:id:koushuya:20161212125640j:plain

 

    先ほど、午前9時前に病院待機の娘の旦那から連絡ありました。本日8:18分に女児3120グラムが無事に生まれたとの由。いまから、早速、お顔を拝見しに。皆様からの多くの祝賀ありがとうございます。母子ともに安定するまでしばらく様子をみたうえで、改めてご報告させていただきます。

                                                    諏訪守  甲州屋佐江門之助  徳兵衛 (^◇^)    拝