読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

産めよ増やせよ

f:id:koushuya:20170407093430j:plain

    おら、毎日、地元紙記事(山梨日日新聞社)のデータベース(DB)を有料で利用しているずら。地元の衆に不義理をしちゃあいかんと「おくやみ」を見てるじゃんね。いろんな年の男女が亡くなっていて少ない時でも20名くれえ載ってるだよ。てえ!!すごいじゃんけ。ほうだよ、すげえずら!!ほうけえ〜い。

 若くは2歳、3歳のボコもいれば、100歳以上の長生きして死んじもう年よりもいるだよ。定年55歳(徳兵衛の試算では、今や年金受給開始が65歳だから73歳まで年給を頂かないと掛け金の払い損が生じることとなる)の頃は、年金を受給しながら病になっちもう人がほとんどだったが、今や爺さんであっても会社勤めをしながら病気になる人もいるずら。甲州訛りはここまで。標準モードに切り替えよう。

 高齢化に伴い、心も体も自己免疫力が低下し、そのリスクは増大する一方だ。男性の3人に2人、女性でも2人に1人は「がん」を発病する。細胞の変異は細胞分裂するたびに発生し20年、30年かけて、がん細胞となる。細胞分裂をしない心筋細胞や神経細胞にはがんは発生しないが、多くの人はがんで命を落とす。当たり前といえばあたりまえ。

 珍しいことに、両親の死因は、父は誤嚥性肺炎で命を落とし、母は腹部大動脈剥離で亡くなった。喜んでいいのかは判らないが、少なくともがんではなかった。そんな意味では共に幸せだったのかもしれない。亡くなってこそ、今は親のありがたさを痛感している。

 晩婚での出産の子供は言動に社会性を伴い許(受)容力も高いという。母親の社会経験、経済性や夫婦の相互理解が好基盤となっているようだ。博多、広島、横浜に浦和で子どもたち夫婦が子(孫)を産んだ。時に、嫁や娘が急病に陥り、時に、孫が怪我や事故に合うこともしばしば。その都度、徳兵衛夫婦然り、何処の親たちも車で、列車で、そして航空機で、あらゆる手段を使って手を差し伸べにいく。親という動物は生まれながらにして、そんな本能を持っていて自然と体が動いてしまうものなのかもしれない。今や未婚率は男性で3割近く、女性で2割近くに昇っている。子の親を経験しな現代、それぞれに事情はあるだろうが、夫婦ともども看取る子もなくこの世を去ってしまうのは余りに惜しくも淋しい限りだ。

  

  (今日のおまけ)

      刑務所のなかにこそ「勧善懲悪」が徹底して存在している。Ǹエッチ系の弦本元放送記者のような輩、少女暴行、婦女暴行やいたずら目的の犯罪により、ひとたび 収監された受刑者は、刑務所の中ではボコボコにされ、犯罪を犯した以上の私刑を受ける。それを刑務官は見て見ぬふり。

 

   殺しや巨悪犯罪を犯した者ほど、一目おかれる。ただ、暴力団同士の互いの組長などの主要幹部は別棟に収監され、絶対に顔を合わせない仕組みが取られている。風呂も食事の場所も時間もずらしてある。ム所内で抗争が起きたら大変なことだ。どこかのご夫妻も食事もお風呂も、そして抗争事件が起きないように寝室別々になっている。