koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

気質(その2)

f:id:koushuya:20170614053859j:plain

   携帯の普及で腕時計をする人も少なくなったが、仕事中は時計を外す人や腕時計でも腕にはしないでバッグの取っ手に括りつけている人もいる。 いずれにしても、腕時計に限らず靴やハンカチなどにこだわる人は、細かいところにも気が配れる人のようだ。

 

  「3秒で相手の性格を見抜く法」と題した興味深い本が中央アート出版社から出版されている。これは、持っている腕時計や愛用している腕時計の種類でその人の性格が判るという。さて、「あなたはどのタイプの腕時計を持っていますか?」この本によると.....

 

 1、液晶表示型腕時計

  液晶表示型のデジタル腕時計が好きな人は、暮らしが質素で計画性に優れています。思考はシンプルですが、生活に便利な物に強く興味を引かれる傾向があります。このタイプの人は、あまりに抽象的な概念は苦手です。人柄も世渡りも真面目で、軽率な部分は見られません。

 

 2、アラーム時計

  アラーム付きの腕時計が好きな人の多くは、自分に対して厳しく、いつも神経を張りつめ、一刻もおろそかにしません。このタイプの人は保守的とまではいえませんが、規則正しく仕事をする習慣があります。何事も直接的で、しかも計画的です。責任感がって、リーダーとしての才覚があります。

 

 3、クラシック時計

  古典的な金時計を好む人の多くは将来を見る目があり、長期的な目標を持っています。目前の利益のために、将来発展性がある事業を放棄することはありません。考えが綿密で頭の回転が速く、すばらしい予見力があります。思考レベルが成熟していて高く、すべてを明確に見通しています。

  寛容で忍耐力があり、義理堅く、身内や友人と苦楽を共にすることを厭いません。強靭な意志力で、困難や圧力に対し簡単に屈服しません。

 

 4、懐中時計

  懐中時計を愛用する人の多くは、時間を上手にコントロールする能力があります。毎日忙しくしていますが、時間の奴隷ではなく、限りある時間の中で自分をリラックスさせ楽しむためにはどのようにすればよいかがわかっています。

 適応能力が高く、自分の心理状態を上手に調整出来る人です。古い時代に興味があり、骨董品を収集するのが好きな人が多いようです。

  会話や振るまいが上品で、教養が現れています。ロマンチストで、思いもよらない表現で人を喜ばせたりもします。人柄がよく、友情を重んじるタイプです。

 

 5、アナログ時計

  ゼンマイ式のアナログ時計が好きな人は、独立意識が強い人です。

  他人任せにせず、ほとんどのことは自分で行います。

  すぐに成果を得られる仕事を好み、特に体力が必要な仕事が好きです。

  しかし、楽に成果が得られる仕事は、意義や価値が薄いので好みません。

  また他人から過度に関心を持たれることも望みません。

 

最後に、腕時計をつけない人

  腕時計をしない人もいます。

  そんな人の多くは、比較的独立した自主的な個性を持ち、他人に支配されることを好みません。

  自分がしたいと思うことだけをするように心掛けています。

  臨機応変能力で、すぐに対応策を思い付きます。

  人と出会うこと、付き合うことがとても好きなタイプです。

 ご覧いただいた方々、さてあなたはどのタイプ?

 

※ 紙幅に限りがありますので、本日の「今日のおまけ」は、お休みさせていただきま

        す。