koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

ながら族

f:id:koushuya:20170519012154j:plain

    夕暮れ族、たそがれ族、ホタル族に暴走族。なんと「族」がつく言葉が多いこと。列車の乗客を見ていると隔世の感がある。その昔は日経新聞を細長くたたんでそれをさらにたたんで、隣の乗客に邪魔にならないように、職人技ともいえるテクニックで出社までには一通り新聞を読み切って情報を頭の中に入れ仕事に活かした。肘をたたんで文庫本を読む人、ソニーの携帯ラジオにイヤホンをさしてニュースに聞き入るサラリーマン。

 いまや、乗客の多くは、スマホや携帯に首をうなだれる姿勢で、ゲームやラインに明け暮れている。そのうえヘッドホンからは「シャカシャカ・・・」と音楽が漏れる。足を組んで座る乗客、リュック背負ったまま乗降する者。カラスの勝手でしょと言われればそれまでだが、マナーやルールを無視する人間が多くなった。そんな人間ほど「自己責任」、「説明責任」や「保護者責任」等々を口にする。

 先ほども族に話を戻すが、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞きながら本や新聞を熱心に読んでいる人を良く見かけるが、耳に音楽、目に読書で本当にその内容が読み取れているのだろうか。字面を目で流してるようにしか見えないのだが、もしそれができているのなら器用な「あっぱれ!!な方」だと思う。

 テレビを見ながら・・する。こちらと付き合いながら・・・そちらでも・・・する。
そんな器用な「ながら族」にはなれない。「一点集中」しかできない不器用な徳兵衛だとじっと掌をみるも、加齢とともに集中力はよく途切れるようになった。

(今日のおまけ)
 中学生の頃、母親から「授業中はせっせと、ノートを取りなさい」とよく言われたものだが年を取ったら「メモを取るな!」と真逆のことを言われた。なぜかと尋ねたことがある。その答えは「メモを取り出したらメモに依存して記憶脳が劣化して、頭で覚えようとしなくなる」とのことだった。確かに一理あるが、今や徳兵衛、メモらなければ明日はもとより今日の予定さえ分からなくなる。完全なるメモ魔と化した。「メモがなければ後々モメる。」