Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

来年も桜は咲くか?「残る桜も散る桜」

f:id:koushuya:20200409001107j:plain

 東京都、埼玉、神奈川、千葉県に大阪府に兵庫に福岡県。おやおや「京都」もなければ、予想した「北海道」も対象から外れた・・。

 

   あのねえ!ダサイ埼玉に抜かれた「エビふりゃー」の愛知県。名古屋がはいってにゃあぞ!これって名古屋飛ばし尾張じゃん。」まあ、「あいち、いい加減にシなハーレ文化展」で売国ミソをつ着けたのが始まり。以前から首相官邸からも、官僚からも、中央官庁や河村市長からも睨まれていた在日の大村知事だからが故に、身から出たサビ。

 

 でも、「川崎」はまだしも感染者の半数以上は在日外国人だというのに、在日が多い地域が外れたのが解せない。これもマスク増産に始まり、CPR検査の拡大、病床数の増大やアビガン備蓄宣言等も情報・心理操作の一つかもナ。

 

 今回のチャンコロ感染。昨日まで何のエビデンスもなく基礎疾患を持っている中高年が「危険が危ない」とかいっていたものが、現在の罹患者数は、20代、30代の若者が圧倒的に多くなった皮肉な現実。まあ、個人・利己主義を増長させた戦後教育や日教組の失策だな・・。

 

 そのうえ、高血圧や糖尿病などの持病がある人より、喫煙者、喫煙歴が長い人ほど重篤に陥る患者が多いらしい。イタリア、スペインにNYのダウンタウンは男女に限らず圧倒的にタバコを吸う人間が多い。こうした裏情報は中々表に出てこない。

 

 それにしてもオリンピックはともかく、治安、警察、消防署に裁判所に自衛隊等に感染拡大しては社会秩序は保てず国がもたない。外出自粛を要請する宣言の一方で公共交通機関を動かしオフィイス出勤を続けている現実。緊迫感や緊張感を煽るだけでは、さらに気は緩み「アブハチトラズ」な中途半端となるばかりで社会は混乱するだけだ。だからこそ「戒厳令」を発令してでもいい事態に陥っているのだ。

 

 

f:id:koushuya:20200409001148j:plain

 さて、ここで衝撃的な写真をご覧いただきたい。中南米エクアドルでは、市中の街路に数日も一週間以上もほったらかした屍が悪臭を放った汚染が拡散している。世界の裏側には、こうした現実がある。この首都、東京にもその恐怖が今ソコマデ来ている。

 

 泥船からネズミが逃げ出すように、甲信越、軽井沢や東北などの過疎地域に都民が逃げ出(脱出)し始めた。七都府県に発出された「緊急事態宣言」とは裏腹に医療体制の手薄な地方への民族移動が始まったまさに目先、場当たり的、今日的な対応ばかりではこの難局は乗り切れない。

 

 余りに皮肉な現実、明日、当方は糖尿病治療とガンの再発・転移検査のために一日がかりで大学附属病院を感染覚悟で受診する。通院電車に人混み、検査室、採血、CT造影、待合室、主治医との会話に受診後の窓口での精算手続。

 

 サクラ舞い散る季節の春爛漫、敢えてリスクを冒して渦中に飛び込む如がくの「飛んで火にいる春の虫」(啓蟄)。とはオラのこった。

何を今さら・・?

f:id:koushuya:20200408002637j:plain

    昨日の話題の続きダス。おバカな連中が一極集中、集約を後悔し反省し始めマスた。感染下、8割のリーマンやOLがいまだに会社に通い続けている。何の防御もしないままに満員電車に揺られて、毎日通勤しているのだ。この儚い空しい姿こそが日本の現実。

 

    集約、集中化が合理的で、効率的と宣わって、タワービルを建設し賑々しく、著名人をご招待して盛大な披露パーテイも催したのは、いつのお話なのか。

   新本部ビルにスタッフや社員集中を謀った経営トップや幹部が、ここにきていきなり掌返しと相成った。「まとめること」、「集局化」に強烈な危機感を感じていた当方。リスクは分散するものだと、現役時代に執行部に反旗を翻した。

 

    だが、誰も聞く耳を持たなかった。重ねて申すが究極の危機管理とは、最悪の事態やシナリオを想定し、平時からリスクを分散し、事あらば素早く迅速に対応し、危険・反動分子・造反者は脇やトップの膝元に置かないことが肝要だ。リスクを散逸させることで延命、政権や経営の維持存続ができるのだ。

 

f:id:koushuya:20200408002728j:plain
    つまらぬマニュアルや手引書の作成で、現場や未来は救えない。ユニクロの店頭前の道路子供が大けがをして「救急車を呼んでください!!お願いだから電話を貸して・・・」と母親が担当者に懇願した。でも、この店員は「マニュアル上、残念ながら、お客さまにはお電話をお貸しできないとの社内の決まりがございまして・・」と、阿保な店員対応で一人の子の命が奪われてしまった。

 

    先の話に戻る。案の定、「泥縄になって・・」、遅ればせながらの「緊急事態宣言」に応じて、テレワーク、席替えなどやシフト制を慌てて敷き、有給取得や時差出勤を勧奨し始めた。天下りの世間知らずのお役人上りや元官僚が考えそうなことだ・・。コヤツらの身内や家族が、もしチャンコロに感染したら、「それこそザマア・・見ろ!!」と云いたくもなる。

 

 お国も、会社も、組織も、コミュニテイも、組、町会も自治会もトップに上げ諂い、これを周りが持ち上げるのは以っての外だ。給料アップや厚遇、経済対策や補償等の見栄見えの演出だけでは、この難局や感染拡大を乗り切れる筈もないのは明白だ。

 

    お国を預かる政治家屋や組織のトップが、このチンコロに感染してみ~い!泣くのは、下僕や弱者だけではない。「御前らこそ『死』の局面に瀕すればいい。」目を瞑って神仏に祈りを捧げれば、大禍は過ぎると信じている愚民の姿は、あまりに哀れで情けない。

ローリング・ストーンズ

f:id:koushuya:20200407042131j:plain

   「賜わった『このいのち』を生きる」とは、一体何なのか?。「人」として「個」として今生に産まれ、こうして生きていることは計りし得えず、言葉ではいい尽くせない。ここに生きていることこそが驚きであることを、イマサラ乍ら思い知らされた。

 

    人は願ったり、叶ったりとなれば大喜びして、気力も充実してやる気満々にもなる。でも一度、思いどうにもならないことに出遇うと、その原因を時代や他人や置かれた環境に求め、挙句に無気力となって爆走・暴走する。そして、やがて己に不満や恨みを抱いて、空しい日々を送るようになる。

 

 「負けっぱなしの人生、勝ち組の奴等にこの心情は分かるまい」。そいつらは自己中心的で身勝手だ。殺人にせよ、事故にせよ、疫病にせよ、重篤な病にせよ、何の因果もなく突然命を奪われることもよくあることだ。善人にも悪人にも等しくその先の人生がある。現実は多くの人々を深く悲しませ、不幸のどん底にも突き落される。イマサラながら世の不条理と無情を感じる。

 

 「負けっぱなしの人生」とか、「孤独、孤立だ」と嘆いてばかりでもいられまい。勝組、負組の視点でしか、モノを見ることができなくなっている輩にこそ仕置きが必要だ。

 

 今回に限らず疫病や厄病は無慈悲にこの世を襲う。誰、彼となく選ばれた者だけが死神に見つけられて「死」に向う。いままで、自分の都合のいい物差しだけで人を選び、付き合いをしてきた。人間の値打や価値を比べたがってきた己の醜さに反省しきりなのだ。

 

 ようやく、政府は重い腰を挙げようとしている。時すでに遅し。時宜(機)にあってこそ、 「緊急事態宣言」 も素敵なタイミングになる筈なのだが・・。

 

 これを逸失してしまえば、国民、市民は奈落への坂道を転げ落ちるしかない。これほど人の命と努力はお国から軽視、侮蔑され、個の力はなんと無力で空しいことであるかを改めて痛感させられる。

麺は面でも・・どのツラか?

f:id:koushuya:20200406001354j:plain

    宿命、これを「定め」(ともいう・・イタズラに引き裂かれそうなこの愛~♪)とは大橋純子の歌)」のほかに、この言葉「宿運」や「お仕組み」ともいう。善人が善行を重ねたからと云ったところで、長生きをする訳でもなければ、幸せで、楽しい人生を送れる担保も保証も何一つない。「故志村けん」を採り上げるまでもなく、この世はロシアンルーレットの中を生きているのかも知れない。 

 

 例えば、みなさん東池袋の交差点で昨年4月に赤信号を無視した乗用車が交差点に突っ込み、母子2人が死亡し9名もの死傷者を出す大事故が発生したことを憶えているだろうか。あれから一年が経つが、あの惨劇に続き、今年はなんと惨劇的な「チンコロ禍」にこの世は見舞われた。

 

 当時、ブクロ(袋)で車を運転していた蛮族「飯塚幸三」は、高級官僚OBで上級市民と揶揄された。マスコミ各社もコイツのことを「飯塚さん」や「飯塚元院長」と諂って呼んでいた。

 これこそ一体何なのか。この母子に何の罪があって、天に召されてしまったのか?世の不条理、無節操、無感動に無情に涙も枯れてしまふ。極悪人ほど長生きするコイツらに「極刑」と「無慈悲」を与え錫うと願うばかりだ。今次の「チンコロ禍」、弱者こそにシワがよる。これでは今の中小零細企業、生活弱者や店屋は救えないどころか浮かぶ瀬もない。

 

 さて、お話は弾むが、「般若心経」は、この徳兵衛ソラでも唱えることができるが真言密教のご当妙には流石に哩る野田のキッコーマン醤油。又二手の金剛奉を結び「おん・ばさら・きりら・うん・じやく・うん・ばん・こく」真言を三遍唱えるバサラン・バサラン。「お印」に、地、曼荼羅、上方、額、喉をつき、続いて「たたきやた、びろきてい、さんまんた、はらさら 、うん」というらしい。さてこの宝珠は一体何なのか?凡人ではさっぱりワカラ~ン野田聖子

 

 さらに現実に目を向けると、布製マスクから不織布製に変えた首相の「アベノ・マスク」。今度は懲りもせず、緊急コロナ対策として7千万円の調査費をかけて「病院船」を再来年の就航を目指して建造するという。なんたるこのパロッタ愚策の連続。呆れてモノが言えない。これこそ世界中の笑いモノだ。

 

 こんな事態でもノーテンキに極楽浄土を唱える当方。何か宗教観がやたらに周りを襲う。「魔訶般若ハラミったら、カンジ大菩薩・・・・!!」こんな時にこそ、邪教や宗教、それにアミニズムに偶像崇拝に縋るものだ。もう一度、我が身を振り返って、自身の人生が何んであったのか再考する機会を天は与えてくれたのかも知れな!!アーメン、そうめん、冷そうめん!!来年もパフパフとサクラや君子蘭は咲いてくれる「のだ」ろうか?

アオリ運転の「習近平」

f:id:koushuya:20200405000952j:plain
 昨日のさっきまで「瀬戸際が継続している」と詭弁だらけの首相、こんな国語は教わったこはない。へて言葉遊びをしていたかと思いきや、このところの連日の大本営発表の三桁感染者の数字遊びもかなり酷い。これに国民やオバカちゃん達が踊らされ、右往に左往する姿は茶番そのもの滑稽にしか映らない。

 

    それでも、「武漢ウイルス」は「伝染るん」ですわ(>_<)。この数字,何の照査やエビデンスもないので容易に情報操作ができるノダ佳彦。WP(ワシントンポスト)によれば、中国国内で死者数は骨壺の数を勘定したところ、悠に4万人以上にも昇るという。感染者数がどうであれ、致死率がどうであれ、作られた数字やグラフを見たところで、治癒には全く役立たず、これって一体なんなのさ。しかも先を争うように毎日、都道府県別に感染者数や死亡者数をメデイアと番組が当局を追っかけるのは、「バカとアホの極み」でしかない。

 

 我が都県は全国のベストテンに入って喜んで見たりと思う反面、感染者数がいまだに発生していない鳥取島根県岩手県への移住希望者が殺到しタリ、沖縄の石垣島にまで観光客が出掛けるコノお粗末。先月まで都道府県や市町村の首長が人気取りが如く、記者会見を通じて露出度が多かった。でも、それに飽きたのか顔が売れたのか、最近は保険担当責任者が首長に代わってのご会見。民間ホテルの「アパ」チェーンも隔離施設に手を挙げ、批判の多いパチ屋の「マルハン」も、ようやく週末休業するなど、早速どの業種も商売モードに突入。ホテル三日月のように柳の下の「どぜう」が果たして二度も釣れるのかな・・・?

 

 さてお国も、いまや注目度を挙げるために、過激発言や恐怖感を煽る言葉を並べて、タイミングを計りながら、焦らして、ジラしてじらして・・、在日外国人向けにも一世帯あたり30万円のバラマキ、さらに上乗せ給付など人気取りの「サプライズ」を連発。こうした劇場型の展開は流石に「お笑い番組」よりは面白い。でもね、医療体制が逼迫との誹り、これを受けた在日の大村愛知県知事も今度はお国や専門者会議に噛みつき衆目を浴びた。こんな手もあったか?とは感心、肝心、訝しい。

 

    有名人や著名人の罹患や死亡でも番組視聴率が取れないとなると、今度は米国ニューヨーク州内の病院での無数の遺体の山を過激報道するようになった。それに慢性化した呆れたマスク不足が話題にならないとなると、今度は人工呼吸器や病床ベットのランキング争いが一挙に激化。ハードの話題ばかりで医療従事者等のソフトの対応の方が問題なのになかなか番組でもこうした面は採り上げない。

 

と。思いきや、福島県では客寄せのために聖火のカンテラ(種火)を公開。お国もどこその都道府県や市町村もも懸命に外出自粛要請をしているのに、客寄せに何故か真逆のご対応。何処もかしこも何を考えているのか、こりゃもうメチャクチャでんがな・・・。

 

      それを追う愚民ら。つまり、チャンコロウイルスから自分の身を守るには「大勢で(集)まらないこと」、「感染者が居そうな場所には(近)づかないこと」、そして「換気の悪い(閉)鎖された空間にはいらないこと」。これを「集」、「近」、「閉」の「恐怖」という徳兵衛ですた。