Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

いまさらジロー

f:id:koushuya:20190419003517j:plain

 朝のテレビは連続ドラマ小説(なぜ、テレビドラマなのに小説というか不思議だ)くらいしか視ないが、それでも決まった他局の番組の天気予報と占いだけはしっかりと見ている。目的の一つはお天気だが、その日の運勢も気になる処だ。その一方で番組の音声だけで朝の気忙しいなか時間が判るのは有難い。因みにその日の占いが悪いと、チャンネルを回してしまう(←これ昭和20年代生まれの時代臭)。

 

 そのチャンネルを回していたら、池上彰が「なるほど」と思えることを解説していた。

 

 日本の少子高齢化は、いまに始まったことではなく、GHQが戦後の「産めよ、殖やせよ」の時代から膨張した人口増加(当時の出生率4.32)に懸念をいだき、日本に少子化への道を歩ませたそうだ。つまり、当時ソビエトと冷戦状態にあった米国が、人口が増えすぎると食料問題や失業問題が深刻化し、日本が共産化に向かうことを恐れこの政策を主導したのだという。

 

 昭和25~27年頃の日本のベビー・ブームを見て、いの一番に米国が慌てたらしい。市街地のみならず農村部で当時の人口急増は驚くべきもので、学校や病院などの公共施設の建設や整備が間に合わず、いずれ国の財政も苦しくなることが分かっていたらしい。 

 

    そういえば、当方の小中学校時代は校庭も今では考えられないほど広かった。その一方で1学年はどの学年も10クラス以上で一学級は50人にも及んだ。その話を聞いて、そんなことが時代の背景にあったのだと思い知った。

 

 そして究極の少子化政策が「優生保護法」の成立。これを多産による母胎保護を立法根拠としたところが凄い。以降、保健婦なる医療関係者が農村や山間地を巡回し医学的見地から多産や劣勢遺伝の弊害を説く。しかも「子供ができること、産むこと、つくるのは害悪」とばかりに、先の中国の一人っ子政策を彷彿とさせるような思想統一も図っていった。

 

 その後、学歴社会、ゆとり教育に、男女雇用機会均や国保の3号被保険者の優遇廃止等へと時代は変遷していく。昨日のブログの話題を持ち出すまでもなく、この国はこの国であってこの国にあらず。「責任者出てこい!」と声を荒げたところで、「見えざる手」がこの国を支配している。時すでにおそし、少子化ですらこのざまだから、今更、何を悔やんでも、全てを甘受するしかあるまい「ごっめんね、ジロー♪」。

 

 余談だが、わが家は、貧乏人の子沢山(現出生率の倍以上)で、そのうえ女房も若い時から今でも体調を崩しながら、ここまで育てるのも容易ではなかった。でも、それぞれが嫁ぎ、嫁を貰い、家庭を築き、その子らも再び子(孫)を授かった。今振り返ると子沢山も、そんなに悪いことばかりではなかったような気もするのだが・・。

そんな簡単に・・

f:id:koushuya:20190418000908j:plain

 片づけてしまっていいのだろうか?ところで「播種(はしゅ)」とは何か?ミレーの「種をまく人」を思い浮かべて欲しい。問題を起こす人、その存在自体が問題であること、こうした人や原因が身の回りに存在すると、それを処理するために膨大な時間と労力とコストが費やされる。これらが表面に現れた以上に、その問題の根深さを誰もが知らない。というか、賢者はそのことを知るが故に、敢えてそこに触れないようにしているのかもしれない。

 

    播種とは、植物の種子を播く(蒔く、撒く、まく)こと、つまり種まきのこと。転じて、種をばらまいたように、細かい点(細胞)が無造作に無秩序に散ることを指す。ここまでみなさん、よろしいですかな?

 

    さて、ここからが今日の本題。「重複がん」とはそれぞれに違った原発性ガンがあちらこちらへの臓器に発症することをいう。発症のメカニズムについては、一応相互のガンの発症に因果関係(転移で)はないとされている。

 

   でもね、コトはそんなには簡単に片付かないのだよ!扁平上皮がんの場合、口腔内(頭頸部)から胃の入り口(肛門)まで上皮は繋がっているのだから、病巣がどこにあっても相互に作用(転移)しないなんてことはないのだ。しかも食道の径が4センチ以上もあるというのに、食道壁はたった4ミリしかなく胃壁の1/3の厚さしかない薄っぺらで繊細な器官なのだ。

 

    つまり、ステージⅠ(ステージ分類は0~Ⅳの5分類だからお間違いなきように)の診断結果であっても、これまでの症例から診ればその3割にリンパ節転移が認められるなど食道は感受性の高い上部消化器官なのだ。現実に当方もステージⅠと診断されたが術後の病理検査でありがたくも頸部、腹部はセーフだったが胸部リンパ節に転移が認められて、ステージⅠが1ランクアップして中央値のステージⅡとなってしまった。

 

     さて、再発はともかく、先ほどの播種について、特によく言われているところの「腹膜播種」を例に若干これに触れておこう。この病気は腹膜内を覆う腹膜の表面に腫瘍細胞が散布され生着した状態を指す。こうした腫瘍の生着は扁平上皮がんにも同じように起きる。

 

    この腫瘍は原発がんの延長線上にあって、元々の病変を姑息な手術をしただけではその原因は除けず、これに伴って術後の5年生存率も一気に下がる。まあ、温熱化学療法をやっても、薄皮一枚を剥がしたところで、何をやっても成功率は不芳のようだ。

 

   というのも、当方より遥かに若くして亡くなった従弟もすい臓がんを患い、その後「腹膜播種」を併発した。それまで幾つも治療を試し、最終的に「腹水濾過濃縮再静注入」までやって汚れた腹水を何度も抜いた。でも、正直に云ってここまで来るとこれはもう時間の問題。したがって、最初の処置や治療をしっかりしないと、その後に対症療法をいくらやっても効果は上がらないのだ。

 

    播種のなかでも恐ろしい「腹膜(偽)粘液腫」の特徴は、最初は肺、脳、肝臓やリンパ節への転移はほとんどみられない「ブリッコ顔」をしているが、時間が経つにつれて胃、大腸や他臓器への転移が始まって手遅れとなるケースが多い。殊の外、この病気は厄介で不治の病ともいわれている。こうなってくると抗がん剤治療や集学治療をいくら施しても治らない(医者は前にも述べた通り、これを「難しい≒不治」と表現する)。

 

   長くなった今日の耳学問の最後に一言。食道がんは、女性に比べて男性は5倍もの発症率で男性の死亡原因全体の第6位を占める病気なのだ。発症原因は、我が身を以って検証できたが、酒好き>愛煙家であることはもとより、熱く(情熱的?感情的で)て、辛い食べ物(苦労人?辛酸を舐めさせられること)が好きで、好物も性格的にも刺激物を求めたがる粘着気質の中高年の殿方に多い特長ある癌なのだ。もっと言えば、それ(自分の性格や好物)に気づいた時、つまり自覚症状が出たときはすでに手遅れとなるケースが多い。

 

    簡単に、「今度は『食道がん』が見つかりました、舌癌の転移でも進行性の癌でもないようです・・( ^)o(^ )」など、寝ぼけたことを宣う女性タレントもいるようだが、種がまかれた以上、そこに芽が出てやがて花や実が成るなることは十分に考えられる。

 

    酷いことを敢えて申しあげるが、そのことだけはココロしておいた方がいい。病気を克服するには、余程の覚悟と精神力が必要となる。何事もそんなに甘いものではないことだけはお伝えしておきたい。

犬吠崎灯台

f:id:koushuya:20190416235543j:plain

    平成31年4月12日、平成最後の東京大学学部入学式に上野千鶴子東大名誉教授のご祝辞がございました。翌日以降マスコミが、このご挨拶を一斉に報道いたしました。このご挨拶のなかで、当方がチョット気になった個所がありマスタ。

 

    あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で(東京医科大学の不正入試のことを指して)触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

 

    そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

 

   あなたたちが今日『がんばったら報われる』と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

 

    世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひとたちがいます。がんばる前から、『しょせんおまえなんか』『どうせわたしなんて』とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます・・・。

 

    まあ、仰せ通り、世に起きていること全てのことはご指摘のとおりでございます。学習環境や教育環境があって、学問や仕事に没頭できる環境が整い、極貧でもなくキッカケとチャンスと運にさえ恵まれれば、なるほどソコソコの人間をつくることができますな。

 

    男女平等を謳うなら、男女の偏差値格差を指摘するなら、外科医のほとんどが男性医であることや、専業主婦がなぜこれほど多く、女性の荷役夫や土方が少なく、女子大や短大運営が教育事業としてこれまでやって来られたのかを、もう一度検証する必要があるのではありませんか。

 

    ここに及んで男尊女卑思想を持ち出すつもりはないが、全部が全部とはいかないまでも日本社会がこれまで頭が良い女性より、家庭を守り、子供をしっかり育てるような『働き者』を重宝してきたのは事実です。このように、女性の役割を認め、婦女子を大切にしてきた社会的側面を少しでも認めるべきでしょう。

 

    問題は、なぜ東大の、しかも女性学第一権威の上野女史が、しかも入学式の祝辞で、かのようなご挨拶をしたのかが分からない。東大をはじめとする旧帝大組織の改革の魁としたのか、それとも社会への警鐘なのか、はたまた官邸の意向を受けて「働き方改革」の一環として女性の社会進出を企図した政治的なプロパガンダだったのか。

 

    英国のEU離脱に困惑、奔走しているメイ首相の狼狽や慌てぶりを見るにつけても、いきなり女性が政経社界の中心で実権を握れるとは思わない。もしかして、このニュースの採り上げも、ネットのお騒がせも、ジェンダー問題、世情や世論を考慮して東大出身の高級官僚やOBが描いたシナリオどおりの展開だったすれば、それはそれで話としては面白い。

 

    当方、犬吠崎の灯台(東大)卒!何か銚子(調子)パっずれなこと、云ってますっうかのう?

そのココロを読み解く(その4)

f:id:koushuya:20190415235754j:plain

 ご心配いただきまして、昨日の中部(チューブ)痴呆の一件については、純烈でも断裂でもなく完全にカテーテルが抜け落ちたことが受診と検査結果で判明。腹腔に開けた孔穴は管が抜け落ちると自己防衛のため高々30分程度で、肉が乗り閉塞してしまう。こうなると、話は一刻を争うお話で、即時入院で再建手術ともなる・・・・・・。あさイチの飛び入りにも拘わらず、幸い執刀医に診てもらい、午後の検査で穴が残っているとのお見立て。数名の研修医を従えて、透視室で麻酔ナシのままチョキチョキ縫い縫い。夕刻には事なきを得て北区王子と相成り候。

 

   それにしても、一歩間違えれば再度のご入院。退院してもこれだから入院中や退院直後からベラベラと喋り過ぎの「ちえみ」ちゃんには、感心しないどころか、阿〇の極みを一気痛感。当方とのお仲間になるのだとか、ここまで来ると家族はおろか本人の真意を諮りかねる。

     

   さて、今日はこのシリーズもおなごり惜しくも最終甲斐よしひろ

 

f:id:koushuya:20190415235834j:plain

   わかった!わかった!おやっさんもうこのシリーズだけで4日目でっせ。よう引っ張りますな、クドクて、しつこくてチートもオもろないわ!どないやんなの、この芸風と作風?「お客はんもドン引きしてまっせ!」、「そやな、だったら、最後に一言!云わせてくれヤス」、「その京言葉の後に、まだ、あるんかい!!」

 

 「おやっさん、ほんま最近、本物のココロの病気と違うん?」、「よう、ついといけんわ!」。そもそも論理的に喋れないおっさんは、論理的な思考がアカへんから、出たとこ勝負だと思うてへん。

 

    つまり、おやっさんは「ワテや!」「ワテ」が!前面に出な・・という意識強すぎでしゃっろう。冷静に聡明に考えることがでけはることを「クリティカル・シンキング」とか「ロジカル・シンキング」というらしいですねん?

 

    ネガ恥部信金愚(ネガテイブ・シンキング)に、ポジ恥部信金GOO(ポジテイブ・シンキング)というのと同じやねん。つまらん、洒落云わんといて早よ話を進めてや!

 

   そういえば何でんかんでん「非」をつけると反対語や反義語になりますかいのう?ほな、「論理的思考ができはる人」の反対にいるおっさんのよう人は「非論理的な思考しかでけへん人」になるちゃうの?

 

   「ちゃう、ちゃう!論理的の反意語。正解は「『感情的』といいますのんや?」つまり、非論理的な人というより「感情的」な人というん方が馴染みますやろ、「これって、アタリまえだのクラッカーでっしゃろう!!」

 

 

f:id:koushuya:20190416000552j:plain

  「うーん、おやっさん、これがチトちがいますヤン、ヨーステン」。「理性的」の反対語は「感情的」と違いますノンか?。「それがまた違いますねん」、「だったら、ソレってなんやねん!!はよ千回、二千回!」

 

    それは、いまおやっさんが陥った世界や。直情的になって理性を失った人ほど罠にかかるのやねん。でもな「ひらめき」というんは、「理性」というより「直感」や「直情」から生まれるもんなんやで・・。 

 

    へてから兄さん結局、今日はワレに何が云いたいんじゃないケンのう?「直感」や「直情的」になればなるほどそこに落とし穴が待ってるてかっ?。

 

    いやいやどっちもどっちでんがな、理性的な考えも、直感的な考えも一歩間違えると、大きな落とし穴が待っているんということやんか。振り子が片方に大きく振れると戻った時の振幅も大きいということやねん。よう聴いてもさっぱり分からへん!

 

    言葉の遣い方も同じやで、使い方によっては相手に納得させることもできはるが人を殺める凶器にもなるんや。だったら喋らへんほうがええな!「キジも鳴かずば撃たれまい」で、「沈黙は金(玉)なり!!」やんか。

 

  「この数日、自分でもさっぱり何を云っているのか分からへんので、今日はもうこれ以上ボヤかず、これでワテも寝ますわ!!」、「オヤチュミなチャイニーズ」

 

f:id:koushuya:20190415235918j:plain

 桜(田)が散り、間もなく皐月の季節。その(片山)さつきもやがて散る運命。折しも出ました自民党元党副幹事長の“ダブル不倫”疑惑。国場(幸之助)なんとかせにゃあかんぜよ

 

「そのココロを読み解く篇」(ぉれで、終わりやんけ)

そのココロを読み解く(その3)

f:id:koushuya:20190414235956j:plain

    旅行も、山登りも、ツールドも、そして小学校時代の遠足もそうだったが、どれを取ってみても行くまでが楽しい。準備に余念がなく、行程や日程を確認し、天気や時間を気にしながら、その前夜のワクワクがたまらないのは誰も皆同じだ。

 

    こうしたイベントもマラソン大会やレース(掲載写真は「西湖ロードレース」)もナニもそうだが、スタートラインに立つまでの緊張感がたまらないのだ。だが、ひとたびスタートの号砲がなると、その緊張感や充実感はピークアウトしてしまう。出発し事が始まってしまえば、あとはゴールに戻る、帰路に着くまでは長いと感じるが、人生の長さからすればその過程はほんの一瞬の出来事だ。

 

   スポーツ、登山、旅行のどれもがそうだが、その内容が充実して、楽しければ楽しいほど、その余韻、余波やキック・バックは大きくなる。「祭りのあとの寂しさに(^^♪」と吉田拓郎が唄ったような、あの寂寥感とロス(喪失感)に、何度も寝返りを打ちながら過去を振り返るのもそのせいだ。

 

f:id:koushuya:20190415000043j:plain

    だから、辛かった山登り(掲載写真は王岳山頂から西湖を遠望)をして下山してしばらくすると「再び山に登りたい!」と思うのも、そうした寂寥感と喪失感を軽減するために、いつの間にか、また次の登山を考えている。そうしたことによって気持ちが救われているのかもしれない(体調を崩してからというものの、ここしばらく「大人の遠足」を標榜した山仲間との登山からも遠ざかっている)。

 

    そしてその予定や計画は、明日でも、来月や、来年でなくてもいい(過去には掲載写真のようにレース前日にフラッと山登りをしたこともあった)。もしかしたら「病気が治ったら、動けるようになったら・・」でもいい。それによって未来に希望や夢が生まれる、だからそう考えて決心することが大切なのだ。予定や計画は遠く離れていてもいい、だからこそ、そこまでのカウントダウンが楽しめるのだ。

 

   それに、この予定や計画が狂うことも考えようによっては一興なのだ。冒頭の遠足の眠れぬ前夜のそんなドキドキ感や雨が降ったらどうしようといった不安感にもそういった要素があるのかも知れない。叶えたい夢、大きな希望、達成したい目標、至福の時間と現実を見比べたときとのギャップこそが生きる力になっているのかもしれない。それは人生そのものを投影していると云っても過言ではない。

 

    もし、この肉体とお別れする先が「果てしなき遠足」だとしたら、それはそれで楽しい人生を歩んだことになるかもしれない。残念だが「右の声帯」、「食道」と「左半分の胃」は失ったが、「右の性感帯」と「右半分の胃臓」とそれに左副咽頭深葉部には余計な稲荷寿司大の「間隙腫瘍」も我が肉体のなかで同居していている。

 

 これらが、まだ静かにしていてくれてはいるが、突然、悪さをしなければと不安に怯えながら当方の遠足はまだ終わらない!

 

    アレ、あっ!突然ですが・・・(米マスターズゴルフでのタイガー・ウッズの猛追に14年ぶりの優勝も目前だ。あと、7、8時間もすれば吉報が舞い込むかもしれないが、逆転優勝する予感が妙に強い。

 

 今日の東海大病院の受診日スライドの突然の連絡といい、何かがせわしく動き始めている感じがする。吉兆ばかりなら良いが、それとは反対に当方ならずとも周囲で不吉なことが起きる、起きていることの予兆や暗示なのかもしれない)

  

  高カロ輸液点滴用の経腸チューブが腹部挿入口の根元が断裂したようだ。術後4か月も経過しているから、いつか抜けるか切れるかとは思っていたが、今日は朝イチで病院に連絡せねば。オイオイ、また再建手術になるのかよ!これって当方にとっては生命線だから、またまた厄介なことになりそうだ明日のココロに続く