koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

アレ、ソレ、ココッ!

f:id:koushuya:20180223084403j:plain

   ヒラマサ五輪の開会式ではキム・ヨナがシークレットの聖火最終ランナーとして登場して大盛り上がりした。荒川静香織田信成もテレビ局のキャスターとして引っ張りだこのフィギュア界。でも、あれ?こんな一大イベントなのに浅田真央はどこにも表れてこない。何故かそれが不思議でならない。

 

    女子フィギュアの解説にサプライズ登場するのではと思いつつ、どのTV局をみても登場して来ない。これだけ出演しないとなると、よもや重病か、それとも妊娠でもしているのかと勘繰りたくなる。もう1人、男子フィギュア銅メダリストのフェルナンデスとの関係でスキャンダラスな元フィギュア選手の安藤美姫も見かけない。

 

   どうやら、所属会社の思惑もあるようだが、もともとこの二人は、ボキャ(ブラリィ)が少なく、「アレ、ソレ、ココーッ!」というような感嘆詞だけで解説するものだから、解説者には向いていないのが、どうやらアタリのようだ。

 

    元名選手であっても、似たような解説下手も多い。マラソン界でいえば宮原美佐子有森裕子瀬古利彦の類。それでも一流選手にはなれなかったが、増田明美は豊富な取材で解説も的確で視聴者としても納得、安心してレース解説が聞ける。

 

 野球の野村、長嶋、星野、王などは名プレイヤーで名監督でもあって、チームを優勝に導いているが、やはり、「名プレイヤーは名マネージャー・監督・解説者に非ず」というのが、世間の大方の見方のようだ。

 

(今日のおまけ)

   もう二方、最近見かけない人がいる。市川海老蔵の長女・麗禾ちゃんと長男・勸玄くんだ。「かぐや姫」や「宙乗り」を見たのを最後に表舞台に現れてこない。もしかして今流行のインフルエンザにでも罹ったのかもしれない。

 

   歌舞伎界は、天皇一家や皇族のように古いしきたり、男尊女卑の規範や文化があって、厳しい躾も身に付けなくてはならない。とくに継承は深刻な問題であって、今後の「成田屋」の行く末も案じられる。

 

    ところで「梨園の女」となって昨年亡くなった母、小林麻央の後妻に姉の小林麻耶が取沙汰されている。「よさほい節」の歌詞のように「ふたつ・・・二人娘と・・・姉の方からせにゃならぬ」に倣うように麻耶が先妻なら事はスムーズに進んだのかもしれないが、そうそう事は簡単には行きそうもない。

事件は会議室ではなく現場で起きている。

f:id:koushuya:20180222062027j:plain

  このタイトル「踊る大捜査線」での織田裕二が演じる「青島デカ」の決め台詞。   さて、ヒラマサ五輪のスピードスケート500mの小平奈緒の金メダルや藤澤五月がスキップを担当する女子カーリングの快進撃には感動させていただいたが、先日の「とりモツご縁」を当ブログに掲載して以来、何かと長野県の出来事が気になって仕方がない。

 

  何れも新聞報道だが、高森町上市田の墓地で、町立みつば保育園の男児が倒れた墓石の下敷きになって、その男児は病院に搬送されたが、意識不明の重体だそうだ。警察の発表によれば、園児46人は、当時、保育士4人に引率され墓地に隣接する広場で遊んでいたらしい。   この保育士らは、墓石は固定されていないのが常であることや昔から言い伝えのある「お墓では、走たり遊んではいけない」ことを両親や祖父母から聞いていなかったのだろうか。

 

    また一方の報道によれば、「長野県監査委員が、大北森林組合大町市)の補助金不正受給事件で不正な事務処理の制裁として県が国から課された加算金を巡って、知事が請求していた北安曇地方事務所職員人の責任の有無や賠償額に関する監査結果を発表した」そうだ。 その遠因は、「担当職員が少ない中で県の間伐目標が過重だったことが架空申請を招く原因となったとも考えられる」とし、最後は決め台詞のように知事から「改めて全庁を挙げ、税金の奉仕者として公務員たるものが何かという観点で仕事をしてほしい」と記事は伝えている。

 

    発表までに時間がかかっていることに対して、県民の一部に監査が機能していたのかといった意見も寄せられたようだが、西宮市長や神戸市議会議員の辞任(なぜか兵庫県暴力団の抗争はもとより新手の事件や事故が多いのが不思議だ)を引き合いに出すまでもなく、現場にいる人間がその気になれば如何様にでも犯罪や不正は起きうる。性悪説に立てば誰もが犯罪者になり得るということだ。

 

(今日のおまけ)

    二番目の記事に関連するが、銀行員が、お客から預かったお金と銀行のお金が区別できずに横領してしまうのと同じことで、これは監査員や監査手法の問題ではない。

 

  だって、自分のお金と勘定上の在庫商品と手許資産の現預金もまな同じ「お金」だから、区別がつかないままに、ついついツマミ食いをしも後々に補てんしておけば、誰にも判らないと、普通に思うわナ・・・・

御用会議

f:id:koushuya:20180221060317j:plain

   集団行動でも、会議でも、打合せでも、人とのお付き合いでも何でもそうだが、それを実のある物にするには、まずもって「目的」を明確にすることが大切だ。

 

「なぜこれをやるのか?」といった目的意識、動機付けや判断基準が曖昧になったままだと、何をどう動けばよいのか、何を協議するのかがハッキリしないため、だらだらと活動や会議を続けてしまうのもそうだし、過去に囚われながら惰性でお付き合いをする羽目にもなる。

 

  つまり、目的達成のための「どうやって?」が決まってこないため、練習方法や着地点に向かうための方法や手段が見えてこないからである。単に報告や伝達だけなら書面でメンバーに回覧すれば良いし、仲間同士や恋人同士ならメールやラインだけで十分に事足りる。

 

  メンバーの合意形成やイベントの企画もそうだが、この手順がハッキリしていないと、参加者全員が何となく分ったような気分でことを終える。

 

 アイデアを出して欲しいのか。それとも御用会議のように「結論ありき」で其処へ誘導しながら、もっともらしい結論を出したいのかを、お互いが明確に理解していなければならない。

 

  なんでもそうだが、議長やリード・マンの軸がブレて、あっちにフラフラ、こっちにフラフラでは参加者も困惑するだけだ。議論を盛り上げたいのなら、最初からリード・マンがしゃしゃり出ず、全員からアイデアを喋らした方がいい。

 

  そして、開始時間と終了時間を決めておく。メンバー全員揃わなくても始める。そして終了時間は「遅くとも○時まで」と決めておく。「肝」はこの「遅くても・・・」のフレーズが重要だ。議論を長引かせても、そうそういいアイデアは出てこないうえ、結果もそうは違わない。   

 

   また、メンバーにあまり多くの情報を与えてもメンバーは混乱するばかりだ。   むしろ、結果やアイデアが出そろったら検証や反省、不味かった点や良かった点に対する「振り返り」が重要で、これが次に繋がるヒントにもなる。今日の当方、少々評論家チックになったが、このルールを日常生活、夫婦間や友達同士で試してみるのも面白いかと・・。

 

(今日のおまけ)

 フジTVで日曜日の早朝に「テレビ寺子屋」が毎週放映されている。先週の講師の名前は覚えていないが、面白いフレーズがあった。「子供はでんでん虫と同じで、放っておくと角をだす。これが興味や好奇心」だそうで「この角を毎回々、大人や周囲が触りだすと、そのうちでんでん虫は、何もしなくても角を出さなくなってしまう」のだそうだ。これこそ教育やしつけの基本かもしれない。「角を出さなくなった子は、自分を殺し何事にも怯えて興味を示さなくなる」

 

 そして大人の付き合いでも、クドイ話を延々と繰返されて、同じ仕打ちを何回もされると、相手との距離は自然と開き、知らぬ間にお付き合いもしなくなる。

「逃げた女房にゃ 未練はないが・・♪♪」

f:id:koushuya:20180220022922j:plain

「お乳欲しがるこの子が可愛い・・♪」この曲、一節太郎の「浪曲子守唄」である。今日はこんなお話から・・。

 

    一度きりの人生。自分が自分らしく生きていくために、敢えて籍は抜かずに夫婦が距離を置いて別々に生活するスタイル。これ即ち「卒婚」。この処この「卒婚」がちょっとしたブームになっている。

 

    夫が退職した後、家でゴロゴロされる夫の拘束や束縛で、奥さま方は、買い物、ランチや夜のお出かけもままならない。こんな日が続くと、ある日「卒婚」が成立して、奥さま方は現実から解放され、外泊も自由になる。中でも圧倒的に多い年代がアラフォーの奥さま方だそうだ。また「卒婚」まで行かず、我が家と同様に「家庭内別居」といったライフスタイルもあって、極力、互いが干渉しない夫婦生活もある。

 

    こうなると一段と分の悪いのが、世の男性諸氏。よしゃあいいものを「生活費、教育費の全ては俺が出す。それに俺の面倒は見なくていいから俺の傍にいてほしい」と急に下手にでてしまう。こうなると、以降の交渉は終始奥さま方のペースとなる。

 

    モノマネタレントの清水アキラは「卒婚生活」で一躍有名となったが、でも、この「卒婚」は子供にとっては良し悪しで、結局、いい大人の息子(次男)が覚せい剤取締法違反で逮捕されてしまって、[卒婚生活]以上に有名になってしまったのは記憶に新しい。

 

    倹約し過ぎる夫、夫との価値観、性格の違いから「卒婚」を選択する奥さま方も多いと聞く。奥さまは食事の支度だけをしてご自分の家に戻るといったパターンもあるらしい。その背景には夫に対する愛情喪失があって、やがて夫の顔さえ見るのもイヤになると聞く。やがて、奥さま方は、素敵なお友達(?)とお食事をしたりお話をしたり、外泊したりと充実した日々や時間が過ごせる自由を手に入れる。

 

    女性が、一旦腹を決めると、絶体に後戻りはしない。オーコワ!アーおっかねえィ!!おかあちゃんタチ・・・。

 

(今日のおまけ)

 亡くなったお袋がよく口にしていた言葉「結婚は束縛と我慢」「お相手は自由にさせてくれる人じゃなきゃダメだよ」そうは言っても、一緒になった以上、今さら、別れる訳にもいかず・・・・・(― ―〆)

 

 日頃から「自分が変わらなければ、相手は変わらない・・」といっているのは、この徳兵衛の女房でゴザイマ~ス。嫁姑、言ってることが真逆ナンスけど・・・・。

お山の大将

f:id:koushuya:20180219093202j:plain

   今から、十数年前に2泊3日で、猿倉~白馬山荘~白馬岳~白馬大池乗鞍岳栂池高原に至る山行をしたことがあった。なぜ、今更こんな話を採りあげたかという理由は後述することにする。

 

   2泊のうち、一泊は当時の夜行特急「ムーライト信州」での車中泊。良くしたもので新宿駅を午前零時前に出発、大糸線白馬駅に午前4時前後に到着するようダイヤが組んである。それより以前は登山者によく利用された急行「アルプス号」。

 

   どちらの列車も甲府駅で、かなりの時間調整をする。南アルプスを目指す登山者はどっと当駅でおりホームで夜明け前までのステーションビバーク。残りの乗客は北アルプスを目指す。一旦入山すれば、下山まで一杯の酒も戴かない。

 

    山頂で一杯だけビールを楽しむ登山者もいるが、気圧が低くイヤナ酔い方をする上、事故や怪我の原因にもなる。尤も、真言密教でもわかるように修験者が修行をするお山は神聖な場所だから、酒などは持ち込まない。ただ、ひとたび下山したら立ち寄り湯で汗を流し、山仲間らと反省会と称した大宴会を催すのが恒例だ。場合によっては一泊余計になることもある。

 

   ただ、山に酒は持ち込まないとは云うもののスケジュールやコースアウトしたときにやむを得ず、山中でビバークをするときに体が冷えないようにとスコッチをいれたスキットルだけは携帯している。

 

    どの山も登山はいつも危険と隣り合わせだ。特に白馬岳の大雪渓は夏と言え、根雪が深くそれに落石が多い。頂上部の杓子岳の岩盤が脆く、ドラム缶並みの落石が、雪渓がゆえに音もなく登山者を直撃するため、毎年死亡事故やけが人が続出している。

 

 これは、山行の一つの思い出だ。表銀座裏銀座、後立山関東甲信越の山々は夏冬に拘わらず、その殆どを踏破した。

 

(今日のおまけ)

 御大は、いま病と必死に闘っている。感染症から高熱を出し、痛みに耐えかねて夜も眠れないという。そんな折、気を紛らわすため、昔ご一緒したスナップ写真をスマホに送ってくれないかと懇願された。

 

 「義を見てせざるは、勇無きなり」おやすい御用だ。でも、ご注文があって、あの山のこのスナップ、こちらの山のこのスナップ・・・と。慌てて探すも中々御大の意に沿ったショットが見つからない。

 

 苦戦の挙句にやっと見つけたツーショット。このスナップは御大と当方の大事な想い出の一枚だ(白馬大池をバックに、スマイルショット)。