Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

昼夜逆転から男女差別各論へ

f:id:koushuya:20181015035231j:plain

 日の出が遅くなったせいか、まだ、夜が明けませぬ。長い夜だ・・。つい、この間までは、午前三時を過ぎると次第に東の空が白み始め、四時前には東雲が色鮮やかに浮かんだもんだ。それを合図に1時間半余り早朝散歩に出かけたもんだ。いまは布団を被ってノートパソコンに向かってこんなことをしている。これじゃ昼夜逆転、体に障る。

 でも、寝ようとするから寝れないわけで、そのうち睡魔が襲ってくれるのを期待して・・この続きは「遅く起きた朝」にでも・・。zzzzzz!

 

 やっと、起きましたので早朝からの続き・・です。

 

    電車の中でイチャツクカップル、若いのならまだしも50、60歳代の男女が接吻寸前で髪を掻き揚げている姿など、とても見られたものではない。それに街中でも裸寸前のファッションで男性を挑発する女性の姿も戴けない。

 

 鳥などの動物もそうだが、たいてい挑発行為はオスがきらびやかな羽根をつけ、オスらしく生殖能力があることを誇張し求愛行為に及ぶ。が、人間社会はこれとは真逆で、勘違いしたオスが軽々にメスに手を出せば、やれ痴漢だの変態だのと指弾されてオスは追いまくられる。こうしたことを是認するつもりはないがどこを見ていいのか分らないような女性の容姿、あるいは長い間直視することが出来ない女性の醜態。つまりこうなるとメスは淫乱でだらしなくみっともないということにもなりかねない。

 

    そうしたことを自覚している女性も多いが、世のすべてが女性すべてでそうではない。これは、女性差別ではなく彼女らの自覚の問題でもあって、普通の美的感覚や常識を超越するような容姿、酷い恰好や醜態は時代が許容できていないことを十分にご認識していただきたい。

 

    話は女性ばかりに偏ったが、実はオス、男性とくに中年オヤジの扱いには困ったものだ。女性に対して「ウケ狙い」で、ダジャレの連発、酔ってのネクタイ鉢巻に懐メロばかりのカラオケ。これは前述の話と同様で、時代や周囲が許容できたことは過ぎ去ったことをオヤジ自身が自覚できていない。この点では、今の時代、男女ともに時代錯誤が甚だしい。

 

   その昔は、だれでもが料亭を借り切り三味の音を聞きながら芸妓遊びをし、そのことは料亭の女将も仲居も承知の上だった。政治家も官僚も公務員も教員も銀行員も警察官も、男の甲斐性だとか言い放って夜を徹して呑んで遊んだものだった。いまや、そうしたニッチ(間隙)やハンドル操作の「遊び」のような時空も無くなった。こうしたお堅い方々が昔取った杵柄で、一旦羽目を外すとすぐに写真誌や週刊誌ネタとなって御用!一生を棒に振ることにもなる。お気をつけください、ねぇ、そこの御同輩!

 

(今日のおまけ)
 子供と一緒に居たいとの願望や子が不憫だからと云って黄泉の国から子を迎えに来るのは、これは子を持つ親の本当の親心ではない。いかに子が親不孝だったとしても子の行く末を末永くずっと天国から見守っているのが真の親心だろう。

 

 自分の寿命は自分自身では決められない。長生きしたとしても寝たきりで意思表示もできないようでは生きている意味も価値もない。子供が親孝行だったのか親不孝だったのか、本当に親に愛された子だったのか?
 そして、やがて、誰にでも、そのことが分る時が必ずやって来る。「天に召されることはあっても病では召されることはない。」とは、とある方のお言葉。

I will be back!

f:id:koushuya:20181014082339j:plain

   こういった状況になって初めて分かる。当方のような箸にも棒にもかからなく他人のために尽くしてきたこともない中途半端な男でも、ここにきて、人からの温情や勇気に支えられていることを痛感している。皆さんへは感謝、感謝以外の何ものでもない。

 

 ご心配ただいて、願掛けに断酒に及んだ旧友、好物の中田屋の「きんつば」を贈ってくれた元同僚、気遣って地方からわざわざ上京して烏森神社や都内の神社を巡ってお札やお守りを届けてくれた走友、知らせを聞いて驚きのあまり電話口の向こうで泣き出してしまった故郷の知人、それに知らせを聞いて、一言「わかりました」とショートメッセージだけを送ってくれ、その後一緒に山歩きをした北アルプスの憧憬を胸の詰まる思いで綴ってくれた山仲間の先輩、なんとも反応のしようがなく口を噤んだままの旧知の方、怖くて電話ができないとメールをしてきた元カノ、常に心配をしながら時宜に当方の様子を気にかけてメールを頂いているザキ友や行きつけの歯医者や床屋さん等々。こんなにも当方の健康を気遣ってくれる人が多いのかと自分自身でも驚いてしまう。

 

 すでにリタイアしているので敢えて元勤務先には連絡はしない。お涙頂戴の悲劇の主人公に安っぽい形ばかりの同情や励ましは却って、当方にとっては負担で、腹立たしさをも憶えるからだ。まして「あの人」、「あいつ」だけには連絡しようと思う人もいない。それほどこれまで会社つながりは希薄だったのかもしれない。多くは、打算抜きで、外でお付き合いさせていただいた方々ばかりだ。

 

 どのかたも、このかたも、その心は手にとるように分かる。だからこそその励ましやご心配に応えていかなければならないと思っている。応え方は簡単だ、元気になって、その姿をお世話になった方々に見て頂ければいいだけだ。勿論、感謝とお礼の気持ちは忘れない。

 

  たとえ、それに一年を費やそうが、二年を費やそうが、声を失おうが構わないが必ずや I will be back !!だ。兄弟、家族はもとより当方を取り巻く、取り巻いたすべての方々に感謝しながら前を向いて歩くしかあるまい。

 

   このところ、発熱や腹痛などで体調がすぐれず朝起きるのがやっとだ。さて、明日の天気(体調)は晴れるのか?またまた崩れるのか果たしてどうなるのか。自分の体に聞いても解らない。

 

(今日のおまけ)

 ランニング・クラブや自治会の役員辞任の申し出、保険金請求書の取り寄せ、未払い金の精算等々、こんなことになって、結構、身辺を見渡せば整理しておくものが意外と多い。なお、精算はすべき愛はないので、くれぐれも誤解なきよう。

是が非でもヤル!に何でも反対!!

f:id:koushuya:20181012091551j:plain

    さて、今日はというと「何でも反対」の野党、暴走気味の与党の話題を・・・

 先日も小泉元首相が安倍政権の前改正のめりになっている憲法改正に異を唱えた。野党が協力、合意しなければ「来年、憲法改正なんて無理だ」と断言し、それほど国家、国民を揺るがす事案であることを強調した。

 

 また、その一方でとある大臣が、「教育勅語の一部には道徳観念として受け入れられる箇所がある。」としたら、ハチの巣をつついたように野党は大騒ぎ、やれ、道徳観念の押しつけだ、やれ、思想・価値観の統制だ、やれ、戦前教育、軍国主義の復活などと批判、批判のまくり技。こんな状況をみていると、野党はこの国をどうしよと、いかへんに国体のありようを考えているのか。さっぱりわからん!これでは野合と称されても致し方あるまい。

 

 それでは、問題提起として話題に採り上げた《教育勅語十二の徳目》をここにご紹介いたしませう。


孝行   親に孝養をつくしましょう
友愛   兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜   自分の言動をつつしみましょう
博愛   広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業 勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就 人格の向上につとめましょう
公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法   法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇   正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

 

 以上でございまする。敢えて問題となるとすれば「義勇」だ。そんなことは健全な国民ならだれでもわかる。

 

(今日のおまけ)

 では、この教育勅語逆張りにするとどうなるか?以下にご紹介したい。


一、親に孝養をつくしてはいけません。家庭内暴力をどんどんしましょう。
二、兄弟・姉妹は仲良くしてはいけません。兄弟姉妹は他人の始まりです。
三、夫婦は仲良くしてはいけません。じゃんじゃん浮気しましょう。
四、友だちを信じて付き合ってはいけません。人を見たら泥棒と思いましょう。
五、自分の言動を慎しんではいけません。嘘でも何でも言った者勝ちです。
六、広く全ての人に愛の手をさしのべてはいけません。わが身が第一です。
七、職業を身につけてはいけません。いざとなれば生活保護があります。
八、知識を養い才能を伸ばしてはいけません。大事なのはゆとりです。
九、人格の向上につとめてはいけません。何をしても「個性」と言えば許されます。
十、社会のためになる仕事に励んではいけません。自分さえ良ければ良いのです。
十一、法律や規則を守り社会の秩序に従ってはいけません。自由気ままが一番です。
十二、勇気をもって国のため真心を尽くしてはいけません。国家は打倒するものです。

語るに落ちる

f:id:koushuya:20181010205240j:plain

 10時半の予約に1時間前に到着。検査室から呼ばれたのは11時過ぎ。看護師数名に、Drが三人ほど。それにインターンが数名。立ち会わせて貰っていいですか?に二つ返事で「ハイ!腹黒い処をどうぞご覧あれ!」といい出だした。その時こそ良かったのだが・・・・・

 

 セデーションのはずが、麻酔なしでいきなり経鼻内視鏡咽頭、口腔内に咽喉とご丁重なるお検査!これから延々1時間以上の悶絶が始まる。セデーション効いとんのか?怪しい、ぐいぐいと食い込む内視鏡に、生検、試薬の着色までつけて連続写真撮影。その間、いつもの、おえ、オエ、お声(オコエ)が始まった。内臓の奥深くまで突き刺さる黒蛇。これまでに経験したことない検査の苦しみだ。検査が終わって家路に着いたのは、もう随分と陽が傾いた頃だった。これほど長い一日もなかった。検査でさえこれだからと思うと先が思いやられる。

 

 今だ、涙、涎に喉も胃も痛い。十二腸の先まで進駐され。もうアカン、もう少しもう少しと励まされるも、一向に苦しみと痛みは消えず。ふと、現れた主治医「そんなところでいいだろう!」だって。「オラは、イジラレきゃらか?」ここは大腸全摘、結腸全摘、胃全摘など当たり前の世界。有象無象の酒池肉林の世界。朝から大腸検査をするために4リットルもの下剤を黙々と飲み続ける患者らの姿は異様だ。

 

 これから当方はサイボーグとなって蘇る。術時間は12時間以上、覚醒したころにブラック・ジャックがにやりと嗤うだろう。

 

   人体の臓物はどのくらい摘出までしも生きていけるのだろうか。6か所以上にも及ぶリンパ球廓清術に消化器内臓の再建手術。今から考えるだけでもぞっとする。医療現場の医療技術は日進月歩どころか秒針分歩(病身墳墓)の時代。

 

  あらゆる分野で(医療)技術は進んでいる。電気も化学もITも金融も、安閑としている子羊ばかりの群れでは、今の時代に取り残さられる。そんなことを強烈に思い知らされた一日だった。

 

(今日のおまけ)

   いっそのこと、背伸びをしながら無理難題を押し付けて先行のメリットを追い求めるよりは、ここは逆転の発想で後発のメリットを最大限享受すべきだはないだろうか。「下手な考え、空想、空論、理想論は休むに似たり!」、そのうえ「能弁、多弁、詭弁は自らの存在を危うくする」つまり「語るに落ちる」のだ。

金沢日和

f:id:koushuya:20181009114216j:plain

   今朝ほど「かがやき」に乗って、金沢から帰ってまいりました。太郎に高橋屋、「加納ガニ」の蟹尽くしに、鍋、津幡に行って五箇山に登って、主計町の茶屋街と夕暮れの浅野川・・片山津温泉で温泉に浸かりました。近江町市場は期待を裏切らず、尾山神社の境内で元カノとい再会し、そして、二人で歩いた金沢市内が一望できる卯辰山公園の散歩道。

 

   そしてこの上のない「金沢日和」生きているっていいもんだな・・!みなさんお世話になりました、そうして極上のありがとうを・・・。

 

   万智口、新ちゃん、黒部のウラベ、太田にオーツタイヤ、俊ちゃんに加賀美人の奥方様本当に良くしていただきました。

 

(今日のおまけ)

  おやすみさせていただきます。ね!