Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

立ち日

f:id:koushuya:20210131112544j:plain

     寝苦しく夜中の午前零時過ぎに、下着からパジャマまでびっしょりと寝汗をかいて汗冷えに二度目の着がえをした。

 

 それ以来、眠れず思い切って着替えをして夜な夜な、作業途中だった確定申告書の続きを書き始めた。毎年のことなので手慣れてはいるが、毎年制度やルールが変わって手引書をよく読まないと理解できない。

 

 三時間近くかけて、手書きで仕上げた。世も白々しく明けて久しぶりに早朝散歩に出かけた。西空に浮かぶでっかい月。見事だとしか云いようがない。風物詩とはいえこの時期はヤケに忙しい。

 

 毎年、近所の寺社に初詣に出かけ、昨年の破魔矢をオタギ上げに。新たな今年の干支の丑の破魔矢を買い求め、おみくじを夫婦で引く。良いのか悪いのか今年は共々「吉」だった。何を暗示しているのだろうか。

 

 そして、税務署に出向き申告用紙を用立て、書き込むが面倒なので中々作業が遅々として進まない。

 

 今日で、年明けの一月も終わってしまった。明日からは如月。124年ぶりに今年は節分が二月三日から二日となるとのこと。どうやら地球の自転と軌道に関係しているらしい。

 いつもの年のように、玄関先に魔除け、厄除けのための「ヒイラギと焼きイワシの頭を飾る」

 

 すると、どこともなく野良猫がイワシの臭いを求めて、喰いつきにやって来る。こうした事にも季節を感じる。

 

 さて、明日からは銀行廻りや郵便局にと結構忙しい。2月の第一週だけでも特に忙しくして1、4、7日(イスチー)と身内の誕生日続く。めでたいような厄介のような・・。

 

 そうう言えば、夕べのあの時刻の異常なまでもの寝汗は一体何だったのだろうか?よくよく想い出せば、今日は亡き母の立ち日。あの時刻に誰にも看取られることなくひっそりと施設で亡くなった。

 

 申し訳なく、そっと仏壇に線香をあげて掌を合せる。         合掌