Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

もう、打つ手はないのかヨ!

巣ごもりしてすることは「TV視聴」ばかりだ。経費節減、圧縮のため生放送は減り、ロケも敢行できないので、番組編成は再放送やドラマもリバイバルばかり。 そこらじゅうの番組の出演者やキャストは三流お笑いタレントやピン芸人ばかりで番組自体に奥行きが…

喰えん、マズイ、いらねぇわっ!

使えぬもののことを無用の長物という。骨の折れたビニール傘、勝手に捨てられた片方の手袋。人が使った度数の合わない眼鏡にサイズが合わない靴。これほどの無用な長物はあるまい。拾ったところで交番に届けでる気さえもしない。 こうしたモノもそうだが、最…

終わったな!(末世)

緊急事態宣言が解除される今月21日には、いまコロナ禍で何かと話題の関東一都、三県の知事の対応の裏事情が暴露され、政治スキャンダルや政局を見るには面白い。そんな中その一角を占める「千葉(ばーちい)知事選」が行われる。 ところがこの候補者の中に…

のびたの鼻の下

今日はドラえもんの「のび太君」のお~お話ではナイ!!維新も都民ファーストもあったモノではない。裏取引に騙し討ち、駆け引きばかりで事が一向に進展しない。これは大阪府を中心とした関西圏。一都三県の関東でも同じだ。 決められない自治体がそうだから…

錯綜

毎晩のように夢をみるが、懐かしい人の顔が次々と登場する夢を見ることが多い。時には白日夢のようなことさえある。でも、多いのが現役時代の仕事や思い出の夢が多い。時にはあたかも現在進行形の仮想現実のように錯覚することさえある。これってせん妄なの…

すかし、ごまかし、やかましい!

今やワクチンと五輪が話題に的だが、どちらもアウト!例えば、優越性(的)疫学調査といって、濃厚接触者や感染者の追跡調査を大幅に緩和し、各地の保健所の業務負担が大幅に減った。 これに合わせて、CPR検査も大幅に減り陽性者数は大幅に減ったようにも…

うっせい、うっせいよ!

未だかつてこの有様。明治の官僚組織が脈々と続いている。コネクションにもたれあいに裏道。国のトップや高級官僚までもが堂々と「お誘いはお断りしない」と平素から豪語。殿の寵愛を受けて、彼女の人生は本当に幸せだったのだろうか? 改めて、己の掌をじっ…

七光り

この親にしてこの子あり。ザケンなよ!続きは後程。本日ちゅには何とか・ 親ばか、ちゃん林。スガソウリ(シュショウ)ノチョウナン・マサタケノカオガゾウ!菅正剛さんの顔画像は週刊文春にて搭載され、その姿はロン毛の今風男子であることが発覚しました。…

ズレ民党の明日

こんな失策や失態続きのズレ民党政府を誰もが信じなんくなった。この徳兵衛でさえ、コロナ関連で知る限りを列挙してみよう。 ハッシー聖子より酷い 丸タマ代は男女共同・五輪担当相に不適格だ! 男社会を内面化した「娘として」発言もあり、夫婦別姓反対、ヘ…

「ここあ」何処の国。

別人格と云っては言い逃れ、贋作横行に、違法コピー、不正に不良品。年寄りの万引きが横行、窃盗のやり方も昔では考えられないくらい最近の犯罪は乱暴で、不正も極めて荒っぽい。 政府やお国、ご当局のアウトソーシング(外部委託)は、その会社が下請け、孫…

カマセ(ス)に不正

カマスは魚、あまり旨くない魚だ。咬ませ犬は、無理やり相手に噛みつかせて自信を持たせるやり方。いずれにしてもいいい意味では使われない。 「かます」とは、「噛む」に由来した言葉。相手に何かをし掛けたり、相手に向かって強い衝撃を与える時に使う。 …

「ぬけがけ」と「やらせ」

どちらもいい響きの言葉ではない。でも日常茶飯事こんなことは平気でどこにでも起きている。組織と名つくところにはどこにでもある。組織に限らず、学校やご近所にもこの抜け駆けは存在する、 さて、抜け駆けとはどういういみかというと、戦場で、ひそかに陣…

光と影

「悪夢再来」か。緊急事態延長“後”に迫る「自粛疲れモード」の影、どうも本当のことが分からない。世の中は嘘であふれている。 何が本当で何がウソなのか!隠蔽、虚偽、噂、虚言こんな事ばかり続けているとこの世は当方の余命よりはやく終わりになるな。GDP速報…

えー、あのー、その~う!

物事の核心を付けないと、冷静でいられない。そこで誤魔化すのがえー、あのーそのう!だ。こんな大きな地震がおきても、「えー、あのー、そのう!まあ!!」というコメンテんたーや専門家もゆっゆしき人々。耳障りでショウガナイ。 ことが起きて思うこそ、懐…

「本末転倒」に笑っちゃいます。

実態無視で体制や準備を用意周到に進めているようだが、G7の中で唯一新型コロナ対応ワクチン接種が始まっていない。言葉に群れて現場が全く機能していない。そのうえ、使えぬワクチン接種用注射器を2億本も発注してお粗末もいい加減にして欲しい。 つまら…

伝統美(美徳のよろめき)

折しも今週末はJOCの理事会と評議会が開催される。どうも、現場と現実が乖離しているようだ。ドント・モーリー(森んぴっく)会長のごあいさつは「昭和のレトロな雰囲気があって、近所のオヤジさんの物言いとそっくりだ。まあ、お裁きがどうなるのやら。 …

前門の虎、後門の狼

一向にワクチン接種が話ばかりで現実化や先が見えない。根本的な対策は何一つ進んでいないのに、新規感染者数だけが作られ盛られている。先を急ぐように緊急事態宣言解除の一週間前から急に感染者が減少し始めた。重症化もの数は高止まり・・。完全に数字が…

最近のTV番組事情

お笑い芸人、タレントや笑えない漫才師に落語も聞いたことないようなことのないような咄家。テレビ番組の中からこうした連中をカットすれば番組のクオリテ―が上がると思うのだが・・・。 相変わらずCMは、ボートレースに中央競馬会に宝くじと生産性のない…

ごまかし

現実はウソと虚偽だらけに誤魔化しだらけだ。長男は別人格だと言ってみたり、ご自身のステーキ会食は棚に上げて、同僚議員の不始末には「誠に遺憾!」と云ってみたりする。 そのお先棒をテレビや報道機関などのマスゴミが担いでいる。世論誘導というか心象操…

虚言、妄言に戯れ言

「医者の不養生」というのは、ひとには養生をすすめる医者も、自分は案外いい加減なことをしていることのたとえだ。理屈のよく分かっている立場の人が、自分では実行をしないことのたとえでもある。 似た様な格言に、「儒者の不身持、坊主の不信心、紺屋の白…

まくひき

初動、初期対応を誤ると、その先の捜査やシナリオが狂い、解決や終息に向かわないのは世の常だ。この処の世間や世情を見回してもそのことが如実に表れている。一度、歯車が狂いだすと、どうにもこうにも修正や転換が効かず、益々、窮地に追い込まれてしまう…

夜回り先生

緊急事態宣言下、要職にある自民の松本議員と公明の遠山の金さんが、銀座で夜遅くまで豪遊。世間には夜八時までと時短要求をして置きながら、自らは、秘密クラブでホステス相手に夜11時過ぎに陳情をきいていただとよ。 遠山議員に至ってはクラブの飲食代を…

そらおそろしい

出来レースとは「出来合いのレース(出来あがっているレース)」ということで、事前に勝敗は決まっているがあえてする勝負を意味する。 談合により落札者を決めたうえで行う入札などが出来レースにあたる。 出来レ-スの多くは第三者からそう見える勝負を嘲…

アメとムチの「自滅の刃」

先週末に、新型コロナ特措法や感染症法の改正案が閣議決定された。これはヒドイ。入院拒否や調査拒否をすると、当該人に懲役一年。、罰金百万円以下若しくはその併科が課せられる見込みだ。 その一方で、入院も出来ない、PCR検査もしてもらえない現実。罰…

救急搬送困難事案

ズレまくり、首相は緊急事態宣言の対象を福岡県というべきところを静岡県と云ってみたり、来月を明日と読み違えたりと、台本棒読みにしてはあまりにいい違いが多く、これでは心もとなく不安心理が倍加してしまう。 それに訳の分からぬ、お笑い芸人の「ハチミ…

ダンカン

阪神の熱狂的なファンでも良いのだが、息子の名前に「甲子園」と命名するのは如何なものか。 各地で冬の嵐が吹き荒れ、東北自動車道の宮城古川界隈では、140台以上もの車がホワイト・アウトで多重事故が発生した。その一方で国会はやっと開会したが首相の…

De・鱈め!

外での飯は黙って喰え「黙食」、会話をするときにはマスク着用。人とは会うな、外出自粛、家庭内でもソーシアルですタンス。そして、不織布マウスク着用以外は感染防止のため入店禁止措置。なんか問題の焦点がズレまくり・・・!はなだしマスクもアウトだと…

アホの極みちゃん

所詮、こんなモンだぜ!政治家とは一体何なのか?どうやら、馬鹿な国民がバカな政治家を選挙し、くだらぬ政党を担ぎ、挙句にその後の愚策に嘆く、そしてやがて首長や総理大臣を非難する。 だから、もういい加減にしないと・・・。最近各地で現職落選が相次ぐ…

仕事キッチリ!

引っ越しのサカイは、「勉強しまっせ引越のサカイ」や「サカイ、安い、仕事キッチリ」、行政処分を受けた際にはそれを逆手に取った「いちから勉強やり直し」などのキャッチコピー一世を風靡した。 時にお国はというと、時短営業や休業補償のバラマキと影響を…

素直に喜べぬ学院高優勝

またぞろ、緊急事態宣言をおらの件にも指定してくれと言い始めた。時短だとはいっても飲食業だけ、夜の八時までと自粛要請したら、昼呑み、昼会食が増えたとか。休業補償はボーリング場や遊戯店やカラオケ、ゲームセンターには適用されない。それに2/7と解…