koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

宝くじ(年末シリーズ3)

f:id:koushuya:20171214023029j:plain


  競輪・競馬・競艇に宝くじ、みんな合法のギャンブル。でも宝くじはギャンブルには当たらない。なぜなら投資金額の10分の1だが元手が返ってくる。他のギャンブルは当るか当らないかのどちらかだ。でも胴元は絶対に損をしないような仕組みとなっている。もっと言えば、寺銭を合法的に庶民から吸い上げている。そんな仕組みを知ってか、お金持ちが宝くじを買っているところも見たことがない。

 

 まあ、宝くじなんて言うものは、ほとんど当らないと思っていた方が良い。 

 では、なぜ宝くじを買うのか?それは簡単、当選した後を想像して高級車を買って、家を建てて、海外旅行に行ってくらいが庶民の夢としては妥当なのかも知れない。だって、富裕層はそんなん、みんな手に入れているぐらいだから当選金が1億、10億円と言っても驚かないだろう。

 

   で、この徳兵衛は、毎年一度だけ年末ジャンボを買う。そりゃそうだ年末と冠のついた宝くじは年に一度しか販売しないもんな?面白い言葉のいいましでしょう。しかも今年買ったジャンボはプチ(一等7百万円、二等10万円、前後賞なし)。プレーンなジャンボ(一等7億円、前後賞有で合わせて10億円)もジャンボミニ(同7千万円、前後賞合わせて1億円)。

 

 さて、当方はというとプチを三十枚(9千円)にナンバーズ4の5回継続(千円)合わせて1万円で年越しの夢を買った。さて、買い方だが、プチは前後賞が無いので当然バラ買い。ナンバーズ4は、ストレート買いではなくボックス買い。で、その4つナンバーはというと売り場前に駐車している車のナンバープレートの番号。

 

 この手法で買ったこれまでの戦績は、宝くじバラ買いで1,100円、ナンバーズ4で56,400円しかも高額当選(3万円以上で)みずほ銀行の別室で本人確認をされて上で現金を受け取った。何と気持ちの良かったこと、好かったこと。

 

 その年は、ヤケに運が向いていたらしく年末に一回だけしない電話投票(一年利用しないとこの制度は使えなくなる)による競馬の祭典「有馬記念」で特券10枚(1万円)で、見事に枠連番で10万円近くをゲットし、女房にもお年玉と称して5万円を渡した記憶がある。勿論、買ったのはその年に当ったナンバーズ4で当った番号の枠連のボックス買い、本命穴馬関係なし。6回目のリャンウッパーの筋で今年もその番号を買い続けるつもりだ。さて、その番号はこのブログのどこかにヒントが隠されていますよ。

 

(今日のおまけ)

 みなさん「投機(博打)」と「投資」の違いわかります?投資は資本にお金を投じることつまり資本の増加によって商品や会社の価値が上がるが、「投機」は博打とおんなじで機会(チャンス)に資金を投じること。したがってイチかバチかの勝負になる。

 

 株式(証券)投資とはいうが株式(証券)投機とは言わない。まあ、これも株屋の営業用語だが・・・。ではFX取引はというと、これは完全な投機、バ・ク・チ!少し儲かったくらいで有頂天になっていると、足元すくわれますぞ!