koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

老いの証

f:id:koushuya:20170912031246j:plain

 よく記者会見やインタビュー等で、ご当人にこんな質問が良くされる。「○○さん、この件は事実なんですか?」「本当はどうなんですか?」てなことが投げかけられる。するとご当人は、決まり文句のように「記憶にございません」とか「忘れました」と逃げ口上を打つ。ここまでだと、まだ老いの症状は出ていない。極めて健常で正常な受け答えである。

 

 ところが、老いが進んでくると、応え方が違ってくる。「判らないです」「~かもしれない」と自意識がない発言が多くなる。この間も、ちょっと深酒をして家に帰ったら、玄関に血が垂れている。女房に「どうしたの?血だらけよ!」と言われても痛くもないし、どこでどうしてそうなったのか全く分からないのである。見てみりゃ右手の小指がざっくり抉れていた。

 

 手当はしてもらったものの、翌日になってやっと痛みが出てきた。お酒を飲まなくてもこうした肉体的な痛みや、出血に気が付かないようになったら、もう相当に神経がやられてるかも知れない。

 もう9月と言っても、暑さはまだ厳しい。先日我が家に来訪した娘は、額から玉のような汗が流れてるというのに、爺と婆は一向に汗をかかない。皮膚感覚がマヒしているのである。汗もかかないうえにズクもなくなったら、いよいよ老いの弊害も深刻だ。それに昔のことは鮮明に憶えてえているのに昨日のことが良く思い出せない。みなさん、そんなことありませんか?

 

(今日のおまけ)

 巨人の沢村投手。1日に1軍登録復帰したと思いきや4日には登録抹消。一時は精神的な要因(イップス)かと騒がれたが、良く調べたらトレーナーの針治療が原因だった。針治療によって、利き腕の肩に神経麻痺が後遺症として残ってしまった。球団は全面的に沢村投手の面倒をみると宣言した。

 

 当方の主治医は、手術した際に顔面麻痺は残ると説明した。そりゃ、針治療でもそうなるのだから、メスをいれりゃ当然そうなるわな。別の神経内科のドクターはこう説明してくれた。「メスで、仮に1ミリ神経を切ってしまったら、毎年神経は0.1ミリしか伸びないので、1ミリの神経が快復するには10年かかる」という。「えっ!!」最後に「つまり、若い人なら兎も角、徳兵衛さん、生きているうちに神経はつながらず一生麻痺は残りますよ」だって。

 

 さて、どうしたもんじゃのう?