koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

何かおかしい?

f:id:koushuya:20170831045144j:plain

 8月末、恒例の「富士綜合火力演習(自衛隊)」が、東富士演習場で行われた。これは我が国の国防力をアピールするものだ。演習見学には毎年何千人もの応募があるが、見学できるのは、たった数百人足らず。でも人気の一大イベントだ。

 

 今回は、尖閣諸島(離島)を外国勢力に占領され、それを奪還する想定。富士山の麓を島に見立ての作戦訓練だ。でも何かおかしい?水陸両用の装甲車や上陸用艦艇の登場は判るが、戦車やオスプレイまでもが演習に参加。孤島(離島)を占領されたのだから空爆機の登場が最優先のはずだ。オスプレイは輸送用の大型ヘリで攻撃用の武器はほとんど搭載していない。何かおかしい?

 

 対空砲で一発でやられてしまうのになぜだ。よく考えてみると高い兵器や軍機を米国から買わされてるイメージを払拭しようとしているのではないか。先の米国との2+2(外務・国防首脳会談)でも、米国に対して「イージス・アショア」二基の購入を表明した。これって、やはり米国への手土産かもしれない。米国の兵器産業にとっては日本はいいお客さんだ。

 

 「たけし」も云ってたが、今回の北朝鮮のミサイル問題は、米朝が手を組んで日本に米国からの武器を購入させんがためのシナリオか。迎撃もできず役に立たないPAC-3。四国に移送した途端、今度は北の火星12号が北海道上空を通過。Jアラートも機能するどころか着弾してから警報するような間の抜けた仕掛け。なんか、これで大丈夫なのか日本の国防力は?中、米、露のなかで日本だけがいい餌になっているようで仕方がない。何かおかしい?

 

 そういえば、知人も前出の火力演習に見学にいったことを想い出した。御一方はえらく自衛隊の底力に感服していたが、もう御一方は、戦車砲の射撃訓練で係官から耳栓をするようにと事前に注意をされたにも拘わらず、写真を撮るに夢中で栓をするのを忘れ轟音に左耳が極度の難聴となってしまった。誰にも知られなかった大事なかつらもその時、一瞬に吹き飛んだそうだ。以降、補聴器なしでは過ごせなくなった。いつも割を喰うのはズブな素人の国民なのか。

 

(今日のおまけ)

 8月27日午後、ツイッターに暴走行為を働く男たちの動画がアップされた。動画では男を車体の上に乗せたまま、交差点内をスピン。背後の車両から撮影されたものだが「こいつら、頭おかしいだろう?」と笑いながら撮影し投稿。

 

 画像内には山梨県甲府市の上阿原交差点の文字が信号機の下にしっかり映っていた。全国で似たような事件が起きたり、コンビニの冷凍ケースに寝そべったりと顰蹙ものの画像がながれたりと、世の中にはバカな奴がいるなと他人事だった。わが故郷にもバカがいた。お恥ずかしい限り・・・・・。