koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

お恥ずかしきかな故郷山梨

 

f:id:koushuya:20170828033337j:plain

  山梨市長の元妻(今年2月に借金の保証人から外すために離婚、離婚後住所:東京都豊島区南池袋)を警視庁捜査2課が逮捕をキッカケに、出るわ、出るわ。現職市長望月清賢の逮捕、元収入役滝澤博道(住職)や大和中学校校長萩原英男の逮捕。まだ、まだ続きがありそうだ。

 

   そっとしときゃ山梨県警ならここまで突っ込めなかったろうに。これ、もともと詐欺事件として片付ける予定だった。ガザ入れの過程で警視庁の捜査二課が動きだした。政治家の汚職や贈収賄事件は、通常隠語で「サンズイ」と称される事案で、警察の権威に係る重大事案。自然と捜査にも熱が入る。

 

    どこの市町村でもありそうな、口利き採用。いわゆる縁故、コネ採用。時には議員や地元有力者を介するケースも多い。今回は、現役市長の望月がポンポンに80万円、滝澤が仲介料で20万円。滝澤と望月は名門県立〇〇高校の先輩と後輩の間柄。贈賄側は、甲州市立大和中学校長の萩原。現役市長と現役校長が逮捕とは前代未聞だ。

 

   手口が荒い。面接試験ならまだしも筆記試験での成績かさ上げの指示を市長自らが行った。でもこれは氷山の一角。芋づるに逮捕者が出てくるだろうし、隣の市町村の職員の中にも戦々恐々としている者も多いに違いない。

 

   皮肉なことに大和中学校の指導方針は、「生きる力の育成、聞くこと、話すことの指導から、伝えあう力の育成」を掲げている。それにしても小さな町で起きた大事件だ。校長の息子はまだ当庁してないというが、親、親戚、縁者、同級生やご近所。もうこの町どころか県内にも住めまい。それにしても望月市長、山梨県議や県の監査委員まで歴任したというのにナ。不正採用手間賃としてワンショット100万円。これってハイ&ロー?こんなところが相場か。もし露見しなければ、市職員として生涯ン億円の給料貰えるんだから安いもんだよナ。

f:id:koushuya:20170828033418j:plain

(今日のおまけ)

 地元のお叱りの数々。①煽りを喰って落ちた人は訴訟を起こせ、②怒りの超えて唖然、③住職だけに南無阿弥陀仏、④市長も自民党収賄忖度隠ぺい嘘つき暴行暴言失言暴走不祥事不倫とよくもまあ市町村レベルまで腐っているわ、⑤過去を含めて県内全域の学校長や教職員の子息の就職先を洗え、⑥真面目に就職活動や受験を目指している子供に説明がつかない等々、お叱り、ご批判はごもっともでございます。山梨県民を代表してこの徳兵衛、伏してお詫び申し上げます。

 

   ただし、山梨県人の皆がみなそんな人たちばかりではありません。「金丸信」を筆頭に。