koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

百足と馬陸

f:id:koushuya:20170820053902j:plain

 最近、ヘビのヤマカガシが子供を噛んで騒ぎとなった。いわゆるうねうね系の動物は気味悪いが、子供は逆にそうした、態様の変化や色の違いに興味があるらしい。ヤスデ(馬陸)は茶系、ムカデ(百足)は実に綺麗に7色に変色することもある。そんな大騒ぎをしなくてもヤスデ、ムカデ、ヤモリ、ヘビのジモグリなんざは屋敷の守り神さんとして昔から崇められていた。

 

 基本的にヤスデは噛まれても毒がないのでご安心を。ただ、防御毒を体から出すので触らぬ方がいい。山梨の小海線では、時にこのヤスデが大量発生して、レールの上から線路際まで大量に移動するものだから、それを踏んだ列車の車輪が滑って、ダイヤが乱れたり運休となったことも、しょっちゅうあった。

 

 ただ、ムカデは攻撃性はないものの、刺激をすると噛んでくる。これに噛まれると毒があるので注意が必要だ。一度、噛まれると皮膚が赤くはれ、痒みから痛みへと変わり時には発熱もする。さては、この徳兵衛、左足ふくらはぎに噛まれた痕跡がある。こやつに噛まれて調子が悪いのか?それとも人に喰われて体調が日光の手前(今市)なのか。それにしても左腰がこれほど、急に痛くなり起き上がることも難儀するのは不思議だ。これはこれでギクッリ、クリクリ腰か?

 

(今日のおまけ)

 アルコールとニコチンは神経に障ることで有名だ。まあ、病気になってもならなくても医者は喫煙と飲酒を止めるようにと指導する。いろいろ調べてみると、不思議なことに脳からの伝達神経は、体の右と左では全く走行経路が違っている。そりゃ、そうだな。左に心臓が右に肝臓があるから経路は全く異なる。

 

 よって、神経の障り方や障害によっては、痛み、麻痺や運動障害の発症内容が変わって来る。余談だが、徳兵衛はただいま闘病中だが、もともと人間の体は左に重心があって左傾すると楽に走れる。だから陸上のトラック競技も左回りというわけだ。

 

 でも、人によっては、左利きも右利きもある。どういう神経構造をしているのか不思議だが、夕方、陽が傾くと左利きとなる徳兵衛。これも一種の神経障害か?

 

 今朝もまた雨模様。もううんざりだ。そんなこともあってか体調は依然として優れず、不眠症(不眠10日目)の解消には未だ至っていない、