koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

「文武両道・質実剛健などあり得ない」

f:id:koushuya:20170819000725j:plain

 新宿歌舞伎町や新小岩界隈のオねーが後ろも前でもオッケイヨというのとはわけが違う。

 

   13日に登場した下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。 高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。 就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。

 

  ■荒れ放題だった野球部を甲子園に ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。 「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。その後、3人戻ってきて4人になった。 グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」

 

    ――今年は主将の子が逃げたとか。 「そうです。今年に限らず、毎年います。イベントみたいな感じ(笑い)。一昨年も(県大会で)準優勝したんですが、 キャプテンで4番でエースの子に責任を持たせるためにあえてそういうポジションにしたんですが、途中で逃げ出しました」

 

   ――どうやって立て直し、選手に自信をもたせたのですか? 「春先に県外のチームと試合をして、競ったり勝ったりして自信をつけてきました。広島、東京、大阪にも行きます。 遠征費は、毎月3000円の部費を生徒から徴収してますので、それでまかなう。僕がマイクロバスを運転して広島まで往復すると、ガソリン代と高速代で2万円くらいかかる。 泊まりの場合はご家庭で(宿泊費を)負担してもらいます。東京には北九州空港から行きます。 年末に近くのマルハニチロさんの漁港で冷凍した魚を冷凍車から降ろすアルバイトをさせてもらって、そのお金で飛行機に乗るんです」

 

   ■携帯電話は入部時に解約 ――朝5時から練習するそうですが、選手が自主的に? 「半強制です。自主的にやるまで待っていたら3年間終わっちゃう。練習が終わって学校を出るのは21時くらい。本当に遅いときは23時くらいまでやることもあります。

(今日のおまけ)

 いまから30年前、都立国立高校が甲子園に出場したことがある。この学校は進学校で名門である。当時、市川武史:愛称「いちかわ君」と呼ばれた男がマウンドに立った。サイドからスリーコーターの得意の投球フォーム。彼は、プロ野球に行くかと思いきや、あっさり進学の道を歩んだ。卒業のセリフがいい「十分高校で野球を楽しませてもらいました」。その後は知らないが、運動能力に長けているものが優秀でもない。学力優秀だから人間的に長けているとも限らない。

 

    清原に例を取るまでもなく、元甲子園出場高校野球児の犯罪。元柔道家の強姦致傷や元エリート女性ランナーの万引き。どうやら、天は二物を与えず。評価や指導力にある監督や指導者、実績・成績を誇った選手ほど、本当の意味で人間力があるか疑問だ。

 

 それが証拠に高級警察官僚の子息の不祥事、名門高校の監督の暴力事件、一流政治家の息子の暴行事件、蛇の道は蛇。頭の悪い奴ほど表沙汰になる。元衆議院議員の宮崎謙介が9月に京都で政治家の倫理について講演するそうだ。こいつ本当にバカだ。上西、豊田と揃いにそろって。