koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

かわいい子には旅させよ

f:id:koushuya:20170729053939j:plain

   ことわりのごとく、最近事件になったハトへのエサやりにはじまり、野良猫、水鳥や猿にまでエサやりが横行している。その結果、何が起きたかというと渡り鳥が「渡り」をしなくなった。人間の世界では「渡って」は、そこら会社から退職金や慰労金を頂戴する「渡り/取り」もいるというのに。

 

 このエサやり、動物本来が持っている捕食本能を奪うことになっている。人間でさえ、ホームレスの方々は、朝な夕なに残飯を漁って命をつないでいる。

 ただ、最近は、ほとんど手付かずのお弁当や食べ残しもあって、巷間、こうした方々にも糖尿病や高血圧症などの成人病が増加しているといった皮肉な結果を招いている。

 

 エサやりの結果、日光では、観光客や土産店を狙って猿が菓子や土産品を強奪するケースに至っている。北海道では、キタキツネが観光キツネとなってドライバーに餌をねだったり、クマがキャンプ場を襲う事故が相次いでいる。

 

 野生動物が移動しながらエサを探す行動が減ることから、その場に定住してしまう。当然にして生態系は乱れ、渡り鳥のフンなどによって増殖していたプランクトンや藻が減少し魚の数も種類も少なくなってきている。

 

 ご本人の癒しのためのエサやりも結構なのだが、野生の猿然り、エサやりを止めた途端に狂暴化し時に人間をも襲う。引きこもりの高齢化が進み40歳代や50歳代の引きこもりも珍しくなくなった。引きこもりの原因は様々だが、親の年金をあてにして、いつまでも子供にエサをやり続けていると、エサやりが止まった途端に狂暴化するのは人間も同じだ。早めに、自ら捕食することを覚えさせることが、自立への一歩となろう。

 

(今日のおまけ)

 小学校のころ物置の屋根に鳩舎を作って、伝書鳩を何十羽も飼っていた。血統書付の競争用鳩ともなると、子供の小遣いを何年貯めても手は届かなかった。こうしたハトは土鳩と違い朝夕にエサをやった後、訓練に出す。

 

 この競争用鳩が、一度たりとも地面に降りてエサを噤むことを覚えると競争能力が格段に落ちてしまう。そのうえ、鳩舎近くの電柱で羽根を休めることを覚えてしまえば、何百キロにも及ぶ飛翔は困難になる。だから、ハトが電柱に止まらぬよう、バットを持ちながらそこらあたりの電柱を叩きまわった。

 

 そして、ハトは繁殖能力が高いため、むやみに産卵させない。もし、産卵しようものなら間引きして、1、2個残し偽卵を抱かせる。

 

 間引きされなかった徳兵衛ハトはどうにか、こうにか今日も生き延びている。