koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

悪循環

f:id:koushuya:20170623000618j:plain

 昔、勤め先の同僚に「阿倍淳 君」という名のオトコがいた。今、思っても当時の彼の印象が忘れられず。彼の名前を思い出すたびに「アクジュン・カン」の響きを想い出す。

 

 先週の日曜は、母の日に霞んで埋没した「父の日」だった。前日の昼過ぎ福岡在住の息子の嫁さんから、体調を壊し日曜日に父の日のプレゼントが届けられないと、お詫びの電話があった。医者に早めにかかるようにと勧めたが、土曜日の午前中に受診する予定だったという。嫁は子供の面倒を息子に看て貰おうとしていたが当の息子は前日の深酒が祟って、起きれず。結局、受診を断念したという。周りに知り合いがいないこともあって、旦那を頼るしかない。夫婦のどちらかの歯車狂えば、家庭全体の歯車が狂ってしまう。これも些細なことだが悪循環である。そうした小さなすれ違いがやがて重大な危機となって表面化する。思いもよらぬ、突然にして・・・・・。

 

 父の日当日、女房と久々に食事に出掛けた。誰からも何も来ない夫の姿を見かねての女房からのささやかな「父の日」のプレゼントだったことを後で知った。人の気配りが分らない人は人相にも「業(ゴウ)」や「剣」が出るらしい。

 

 道すがら助手席の女房と久方ぶりに繁々と会話をした。運転席の目の前には大手デベロッパーが手掛けた戸建ての大規模な豪華分譲住宅の屋根がが連なっている。なかなか、成約に至らない物件が多い。家も庭も広いが、駅まで路線バスで30分前後かかるのが最大の難点だ。

 

 ここに女房の知り合いが棲んでいる。子供は娘一人で、既に地方に嫁いでいると聞く。戸建での老夫婦二人の生活だ。車がなければ買い物難民、医療難民だ。運転出来るうちは良いが、動けなくなったら所詮在宅介護は困難となる。近くに身寄りが居なければ、最終的には居宅を手放し、娘の住んでいる近くの介護施設にでも入るしかあるまい。

 

 この街には、さまざま事情があって、契約が成立する都度、新たな住民が入居するも、そこそこのお年寄りが住み慣れたこの街を去って行く。子供の苦労は大変だろうが一人でも子供がいるのならまだましだ。子供のいない夫婦はこの先どうするのだろう。悪循環は何処まで行っても「アクジュンカンだ」どこかで断ち切らなくてはいけない。

 

(今日のおまけ)

酒と女は二合(号)まで。とはよく言われる。先ごろ仲間由紀恵の夫の田中哲司の浮気(「不倫」という響きは、反道徳的、陰湿あたかも犯罪であるかのような印象操作なのでこの徳兵衛は敢えてこの言葉は使わない)が写真週刊誌に報道された。浮気をされる女房の人相にはいくつかの特徴があると聞いた。

 

 まず、富士額で左目が大きい。それに細面で下唇が厚いタイプだそうだ。彼女は最近、ロングヘアをバッサリ切ったり、激太りが一見して判る。一時は妊娠説も流れたが、どうやら丸っとストレスらしい。本気、浮気は紙一重。浮気の浮気はございませぬ!ねえ、そこのご同輩!そちらのお二人は御兄弟かもネ?知らぬが仏!!