koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

潮目

f:id:koushuya:20170615052020j:plain

 寒流と暖流が交わるところ。そこを境に海水温度、海水の色めや塩分濃度の異なる不連続性が発生する。

 アメリカのトランプ政権に大統領選期間中のロシア関与疑惑が浮上。ロシアンゲートと呼ばれ弾劾、訴追になる恐れが出て来た。そのロシアも一般市民が反プーチンデモが国内各地で起こり、当局が制圧に乗り出した。

 

 英国ではメイ首相の保守党が総選挙で過半数議席を確保できず、EU離脱を決定したものの雲行きが怪しくなってきた。フランスでは39歳で史上最年少のマクロンが極右勢力ル・ペンを破り大統領に就任した。お隣韓国でも朴大統領が失脚し、北寄りの文大統領が誕生した。その北は大陸間弾道弾を保有していると米議会での証言があったり、中国も国内での締め付けが一段と強くなってきている。

 

 さて、我が国はどうか?ワル友学園に始まり、崖学園問題と、学園シリーズで混乱。財務省文科省等省庁間の情報開示や管理に大きな格差が露呈した。官邸は右往左往だが、それを追及すべき野党第一党民進党も党首の二重国籍問題にはじまり、都議選を前にまるで沈没する船からネズミが逃げるように離党者が続出している。

 

 何処も彼処も、世界中が大わらわ、明らかに「潮目」が変わった。大きな転機がすぐそこまでやって来ている。政権、首長、官僚、企業、家庭、事件、事故とどの類を見ても、もの凄いエネルギーが渦巻き、うねり、音を立ててこの世が大きく変貌しはじめた。

 

 現職警官が家族を殺害し、高速道路で対向車線の車が空から飛んできて事故る時代ですから。お宅のご家庭もお勤め先にもそんな大変化が起きるかもしれませんよ。

 

(今日のおまけ)

 年とともに、抜ける物が多くなった。「気合い」、「気力」が抜けて、「歯」や「腰」も抜けるようになった。そして、最後に「腰」が抜け、抜けていたものが抜けなくなった。

 

 本日のテーマに関連するが、「歯が抜ける夢」は、不幸の前兆を現す。特に「髪の毛の抜ける夢」はご自身に関することが多く、自らの健康が低下し、自信も含め何かを喪失することに恐怖を覚えている証拠。とくにお年の方は老化に強い恐怖心を感じている証左。

「デモ、ダイジョウブ!」毛が生えてくる夢は逆転のチャンス到来。

 

「やや」の「夜霧のハウスマヌカン」の一節にこんな歌詞がある「刈りあげても、剃りあげても夜霧のハウスマヌカン、また毛が生えてくる・・(^^♪(^^♪(^^♪」