koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

習慣病

f:id:koushuya:20170603044132j:plain

 これに「生活」を冠に付けると、高血圧症、糖尿病、動脈硬化高脂血症などの「生活習慣病」をさす。生活が取れると意味は、癖とかこだわりとかルーティーンといった意味になる。

 

 退職後も守り抜いていることがある。別に努力をしているわけではないが、早朝に仏壇や神棚に手を合わせ、ポストの朝刊回収、ゴミ捨て、クリーニング店へ洗濯物の持込みや仕上がり品の受取り等々、生活習慣として夫婦の分担役割が暗黙裡に決まっている。当ブロッグのアップも定例作業の一つだが、多忙な時やネタ切れのときにはアップしない。勿論、気が乗らない時もアップしない。逆に言えば、連日冗長にアップしているということは、何もやることがなく相当に暇というワケ。

 

 それに妙なこだわりもあって、孫が度々来るようになってから帰宅後の手足洗いやうがいは、完全な生活習慣となった。また、女房が専用している内風呂には滅多に入らず、専ら入浴はスポーツジムのサウナとジャグジーが定番となっている。

 

 その上、日頃使うボールペンは三菱鉛筆製の「ジェットストリーム(替芯1.0㎜)」以外は使わないなど、アイテムにも相当な拘りあるというか、執着がある。

 

 そうそう、それに、験を担ぐ癖があって、朝のTV番組の「今日の運勢」とか「星占い」は欠かさず観ている。今日の当方の運勢は最悪で、「身辺に揉め事とあり、周囲に暴言を吐く」だそうで、そんな人を性格が真逆な人が救ってくれるそうだ。でも、チャンネルを何度か変えているうちにどこかの番組では、「今日が一番のラッキーデー」なんてこともある。それほど占いとはいい加減なのだが、ついついこだわってしまう。

 

 さて、こだわりが強い人といっても一途な人やナルシストや癒し系な人もいて様々なパターンに仕訳ができるそうで、ちょっと付き合い難い人もいる。でも、実際に付き合ってみると意外と優しく、面白い人ということもよくある。付き合いにくい人とは、反面「自分は自分」との自己本位な傾向が強いと人と定義することもできる。これが行き過ぎると、「アスペルガー症候群」や「パーソナリティー障害」など、精神障害と診断されることもあるそうだ。

 

 さて、この徳兵衛は「ナルシスト」なのか、それとも既に「パーソナリティー障害」を発症しているのか?当方の気質、思想、信条や病歴等の情報開示はここまでとしておこう。これ以上ご披露すると出る杭が抜かれかねない。

 

(今日のおまけ)

 ある日、HISの窓口の女性社員と大喧嘩をしたことがある。東京・大阪の往復切符を買い求めようとすると「行先は伊丹でよろしいでしょうか」と聞いてきた。とぼけた事をいう女だと、人目もはばからず、大声で「新大阪だよっ!」、「何、聞いてんだ!」、「話にならん!!そもそもオタクは旅行会社でありながら新幹線の切符が買えないとは、おかしいんじゃないの!!!」と怒鳴り散らした。女性は唖然としながら、しばらく時間をおき、「手前どもは航空旅行や海外旅行が専門の会社でございまして・・・・」

 

 ヤッチマッタゼ!うっかり八(徳)兵衛、青基調の看板が似ている隣の「日本旅行」の店に入店したものだとすっかり思い込んでいた。「△・・・○・・×( *´艸`)」返す言葉が見つからず、途端に赤面が赤くなった。