koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

場外バトル

f:id:koushuya:20170511065323j:plain

 川崎フロンターレのサポーターが試合中旭日旗を振ったという事で、AFCから差別を助長する、軍国主義を想起させるということで、同チームが処分を受けた。これにいち早く反応したのが我が国政府である。菅内閣官房長官は「自衛隊旗大漁旗など日本国内で現在も広く使用されており、法令上も使用実態も日章旗とは異なるもの」とした。

 

 どうして隣国を中心に、こうしたことに過敏に反応するのだろか。これがナショナリズムとしたら妙な話だ。スポーツを含め芸能や文化などあらゆる場面で歴史問題に対する反省を強く求めるスタンスは如何なものか。朝日新聞社の社旗が叩かれないのも不思議だ。  

 スポーツはスポーツであって、そこは選手同士が真剣に技術と体力をぶつけ合って勝敗を競う。その闘い振りやプレーに観客が興奮する。観客や選手の挙動を、ことさら政治問題化する必要はない。まして、これにいち早く政府が見解を述べる必要もない。テレビや場外観戦している純粋な視聴者や純朴なファンは一気に興ざめだ。

 

 その一方で、浦和レッズの森脇選手が、鹿島アントラーズの外国人選手か小笠原選手か分らないが、試合中に相手選手に向かって「臭いんだよ!」と差別発言をしたとの理由から2試合の出場停止処分となった。これが暴言であろうと不適切発言でなかろうとどちらでもよい話だが、前出の旭日旗問題と根は同じように見える。

 

 サッカーのプレイ以外のことが、ことさら事件であるかのように取り沙汰されるとプレイが霞んで見えてしまう。ならばいっそのこと「場外バトル」なるスポーツを創設したらどうか。多聞、誰もそんなスポーツは観に行かないだろうが・・・

 

(今日のおまけ)

 加齢とともに口腔ケアが大切になる。殺菌の繁殖を防止するためだ。特に高齢者の患者は食後のケアが大切で、必ずと言っていいほど食事が終わると看護師がゴム手袋をはめて消毒液を浸した脱脂綿で口のなかを除菌する。

 患者にとってはこれが結構つらく、トラウマとなって、摂食しなくなる事態もある。亡くなった義母はこれが原因だった。

 

 孫に頬ずりをするときは、髭をきれいに剃って、ニベアを塗って、マウスペットでお口と入れ歯を綺麗にしておかないと、孫から「おじいちゃんのオクチ、くっさーい!!」と言われかねない。