koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

ドコモカシ子も

f:id:koushuya:20170424003145j:plain

 喜劇にもならず、笑えない。政治家、官僚、役員、上司にPTA。ドコモもかしこも何を信じたらいいのかわからない。別に学歴もいらず、勝手気ままに生きてもいつか「先生」と呼ばれりゃ黒塗りの車がお迎えに来る。

 

 幼少の砌、母方の叔父にコンコンと言い聞かされた。「トク!!橋の下で、モッコで土を運ぶ土方と、その橋の上を背広姿で通勤する会社員、お前ならどっちを選ぶ?」間髪入れずに「会社員」と答えた。「だったら、勉強して偉くなれ!」と勉学の大切さを教えられた。

 

 でも、この年になって、人は学歴ではなく品格というか人格に人が依ると思うようになった。「末は博士か大臣か?」と言い聞かされてきたが、いまや大臣は平民以下、自身で答弁できない法務大臣防衛大臣。目の色を伺う官僚や組織人。今や子供の手本にもなり切れないコドナ(大人になり切れない子供)たちばかり。

 

 どこを見渡しても「阿保」と「バカ」の集積場。でも 「阿保」と「バカ」も幾重にもカサなりゃ少しは利口にも見える。ただ、同じ「阿保」と「バカ」でも徳の小さいころのそれより随分質も品行も悪くなり、腹から笑えないのはなぜだろう。選挙は人気、知名度争いとなり、教師は平気で教え子に手を出し、金次第で暴力団組長を収監に耐えられないと診断書を平気で書く病院長、安藤美姫の引退時には見向きもしなかったマスコミ。浅田美央が引退となると一斉報道。そのうえ、国民栄誉賞のお話まで、4大会連続金メダルの伊調馨と浅田が同じなら国民栄誉賞も地に落ちたものだ・・・ドコモかしこも、どうなってんの?最近の世の中!!

 

 これでは、到底、子供の手本にはなれない。もう、戻れないところまで来ているのかもしれない。相変わらず徳の携帯電話はドコモのガラKだ。

 

(今日のおまけ)

 手前味噌だが、これまで、徳兵衛、人がいいとか、お人好しとか、よくいわれてきたが、先日、ある方から「徳さんは『いやし系』だね。」と言われた。聞きなれないフレーズに反応のしようがなかったが、産まれて初めての言葉に新鮮さを覚え、「スイート17モンスター」の主人公のような気分になったのはなぜか不思議な気分だ。