koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

ゴキブリ爺さん

f:id:koushuya:20170306003513j:plain

 命名は家の娘だ。今週中には里帰り出産も終わりご帰還の予定が、どうやら、週央から妙な雰囲気だ。ママ(娘)が体調不良で、当方には黙っていたらしい。産褥期によくある産後の肥立ちの悪さかもしれない。女房が子供を産んだ時に相当苦労させられたものだから、徳兵衛夫婦も必死だ。

 

 出産したクリニックに朝一番で予約を入れ、午前9時から診察に間に合わそうとする爺。当然送迎は爺々の運転だ。

血液、尿検査では異常がなかったので、ひとまず安心した。でも、今週の埼玉へのご帰還は来週にずれ込んだ。生きていればこそ、生きてるうちにお世話になった人に恩返しするのは当然のことだろう。まして血を分けた肉親ならなおさらのことだ。ずっとこうした孫との生活も爺婆にとって精神衛生上は良いのかもしれない。

 

 「糞爺、糞婆」というよりは「ジージとバーバ」と言われた方が何となく穏やかで温もりがある。なぜ、徳兵衛が「ゴキブリ爺さん」と、言われるようになったのか?それは至極簡単。会社を辞めて今はこのブログとサークルや自治会の会計幹事としてご活躍の次第。深夜にブログアップや会計処理をするものだから、夜中に娘とリビングで遭遇することも多く、双方とも「無言」。のちに娘から夜中にゴソゴソするもなだから、タイトルごとく「ゴキブリ爺さん」と命名された。あらためて、昨日は子を産む女性の気力と体力と辛抱強さを感じさせられた。

 

 

(今日のおまけ)

 母が生前の頃、夜中に洗剤液をいれた紙コップを片手に台所に出没したことを思い出す。何あろう、じっと排水管から上がって来る「ゴキブリ」を素手で掴んで紙コップに入れている。そりゃ人知を越えた妙技だ。そのうえ、家の内外のありとあらゆる通気口を金網で塞いで、ネズミの侵入を防いでいた。

 

 今は、実家には住人が居らず、ゴキブリやネズミが好物の食べ物や残飯がないものだから、その姿は見かけないが、よもや自分が「ゴキブリ」になろうとは、夢にだにしなった。そんなせいか、最近やけに近所で背中の綺麗な茶羽根ゴキブリをよく目にする。ゴキちゃんだけに、「ごきげんよう!!」とご遠慮したい。