読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

下町散策

 

f:id:koushuya:20161123011023j:plain

 三多摩郡から久し振りに都心に出る。今日は半蔵門線の水天宮から錦糸町までを散策してみた。スタートは春先、安産祈願でお参りした改築後の水天宮。犬の日だったら神社の境内から水天宮駅まで長蛇の列だ。「重盛」の人形焼を口にしながら、ロイヤルパークホテル前から箱崎のシテイエアーターミナル方面へ。一時の華やかさはないが、その上の首都高箱崎ジャンクションだけは今日も大渋滞だ。

 

 スカイツリーを目の前に、清洲橋の手前を右折、清洲橋通りに沿って清澄白河駅方面に。

途中、清澄庭園に立ち寄る。庭園の池にカモメが多いこと、多いこと、東京湾や隅田川や小名木川などのクリークが多いせいだろう。庭園の中の「涼亭」で渋〜いお茶いただき、庭園を後にして暫く歩くと、「深川江戸資料館」がある。そこまでの小道は情緒満載で、江戸の下町風情を楽しませてくれる。俳優の要潤がやっていた「何とかタイムハンター?」を思い出す。資料館とセットにして散策すると、とても面白い。

 

 さて、ここからが佳境。清澄白河駅のマンション群を抜けて大横川を渡ると新扇橋のたもとの右側に、テレビでも放映された下町のぐるめ「肉の田島」に出会える。ここは、上カルビと松阪牛ロースが絶品の味。この店を後にして千田方面に向かう途中に、そばの「柳屋」がある。ここではモリそばか、ざるそばを注文しよう。国内厳選の北海道産のそば粉の風味が効く。暖かいソバは外国産のそば粉使用しているので要注意。

 

 千田に来たら、うなぎの「彦田」に立ち寄ろう。コスパは最高、リーズナブルな価格設定だが午後2時ごろまでには売り切れるので、早めのランチがお薦め。帰りは、四ツ目通り錦糸町駅方面に向かおう。途中の住吉交差点角に「深川(あさり)めし」がある。店構はみすぼらしいが味は絶品。

 

 住吉銀座の脇をすぎ、「あそか病院」を脇に江東橋方面に。この途中に「ラブホ」群が見えてくる。ここの一つに、今年、不倫事件の舞台となった「三遊亭圓楽」御用達の●ホがある。弁明会見のでその圓楽。「不倫がバレて」なんと説く?「東京湾を出ていく船」と説く。その心は「ただいま、後悔(航海)の真っ最中」とは有名な会見(上手い謎解きとは思わないが・・・・)

 

 そして、錦糸町駅を前にシメは、やはり「ハッスル・ラーメン」、こってり硬めの豚骨ラーメンにすりゴマ、高菜とニンニクを合わせる。当然、冷えたビールとセット。本日の歩行数12,800歩。久し振りのアドマチック風「とく散歩」でした。

 

(今日のおまけ)

 ランニングの時はそうでもないが、散歩やウォーキングの最中では、奇妙な風景や看板を目にすることが良くある。このお店、痔の美容整形外科と思ったが、屋号の看板だった。見方によっては、つまらない物でも面白く映る。

f:id:koushuya:20161123011201j:plain