読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

志穂佳穂

宿命

 

f:id:koushuya:20160921103138j:plain

   ジュンとネネ、ヒデとロザンナでもケイとブルンネンでもなく志穂と佳穂である。先週9月17日(土曜日)に産まれた第2子の名前が決まったと、福岡在住の長男から連絡が入った。産まれたときから眠りっぱなしで、まるで眠り姫のようだという。2,600グラムの小ぶりだが、この先、健やかに真っすぐ育って貰いたいものだ。徳兵衛これで、3人の孫持大名となった。ありがたや、ああ、ありがたや。

 

 第1子は、産まれた時の顔を見て、長男が「美咲」から路線変更して「志穂」と名付けた。第2子は、となると、「美穂」か「佳穂」か「麻穂」。予想通りに孫の名前は「佳穂」に決めたらしい。響きと言い字画と言い申し分ないと密かに思っている。きっと良い姉妹になることだろうと、この徳兵衛、「ヤッ穂」と小躍りしたくなるのであります。

 

 長男の嫁は、広島出身のため、里帰り出産。徳兵衛の妻は、ハンデを持っているため独りでは何処にも出掛けられないのに、なぜか先週末に限って、「出産祝い」を持参して、遠路、安芸まで泊がけで独り新幹線に乗った。その時、徳兵衛「甲州」、妻「安芸」なんとなく「卒婚」の下地が出来上がったようである。こうして単独行動することも自主自立。「濡れ落ち葉」にならないための予行練習かもしれない。でも、よくよく考えれば、長男が広島に来ることを承知で出掛けたのに違いないだろう。やはり子を持つ母。春先に転勤した後、会っていない長男にも会いたかったのだろう。出産も子育ても親子の紐帯は永遠に続く。息子夫婦よくやった~!

 

(今日のおまけ)

 葡萄「巨峰」4㌔、女川産新さんま30尾、信州りんご1ケース、柿一箱、もみじ饅頭等々、家の中は戦利品が山のように。見たら欲しがる「正やん」誕生日は、昨日20日。面白半分に誕生日祝いのメールを贈ったら次のようなメールが返ってきた。『いやぁ久しぶり!相変わらず…元気してますかホントに生きること…大変です最近は肩・腰・肩・首そして酒さ(しゅさ性皮膚炎)知ってますか糖尿病と薬を三食プラスアルファで飲んでますまぁ…この先長くナイネ。でも…いろいろやってます♪残り少ない日数を胸に…♪いつも、ありがとうまたの機会…よろしくm(_ _)m』

 まあ、こんなところでメール公開されてるとは御仁も知るまいに。「散る桜残る桜も散る桜」。