koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

裏話

隠語十番勝負

「おそれいります」「大変、助かります」といった物腰の柔らかい言葉遣いをする女性も男性も少なくなった。教育なのか躾なのかは分らないが、昔から言葉の乱れと服装の乱れは非行の兆候と教えられた。 さて、今日は言葉に関するテーマ「隠語」である。業界用…

関西弁

まいど、おおきに徳兵衛です。 どうも、大阪に行くと環境適応力があるというか、無理して関西弁を使おうとする当方。先日の大阪往訪でも運転手に「ほんま、おおきに」「わからへんわ」「かなわへんわ」「なにゆうてんねん!」と、関西弁を多用した。 でも今…

ギャン泣き

孫が来訪するのは爺婆にとっても楽しみの一つだ。例えば、ママが美容室に行っている間、婆が子守をすることもある。また、爺がおんぶをしたりベビーカーに乗せて散歩に連れ出すこともある。 先日の来訪時には、婆が子守をして、思いっきり泣かれた。普段は素…

リング(輪)

首輪、鼻輪、耳輪、腕輪、ピアスに指輪。それに映画の「リング」までリングと名のつく物は山ほどある。最近では珍しくなくなったピアス、それでも牛環みたいなピアスをみていると「あなたはモーだめ!」っていう感じになる。 さらに、もっと気になるのが指輪…

特定外来種

日本オオカミ、日本カワウソ、日本ザルなどは日本の固有種。でも、バスにはじまり、アメリカザリガニやブルーギルなどは特定外来種。飼料や観賞用として日本に持ち込まれたが、飼育や管理の不徹底により、結局、繁殖し何処でも見かけるようになってしまった…

三種の道楽(夏休み特大号5-3)

厚労省内部から「タバコそしてその次は飲酒規制だ」という声が聞こえてくる。飲食店や公共の場所での喫煙を全面禁煙にする「受動喫煙防止法案」「健康増進法改正案」は、ひとまず先の国会では法改正が見送られた。ただ、厚労省は「屋内全面禁煙は東京オリン…

前向きに

「阿吽の呼吸」とは、本当かどうかははっきりしないが、人は「あぎゃー」と産まれて「うん」と云って亡くなる。だからこれを「あ・うんの呼吸」というらしい。 このように呼吸が合うとか、タイミングが一致するとか、気が合うとか、妙に心が相通じる場面や人…

囲い込み

JR東海はドル箱の新幹線を持つ。敵対するJR東日本は知略企業だ。「エキナカ」と称して、商業施設を駅構内に誘致。改札内外には食事処、土産店、本屋、エステサロン、スーパー、美容室、靴屋や保育園までもが完備している。お母さんが出勤途中にお子様を…

捨石・捨駒

相手に無理やり意識させたり、囲碁や将棋の対局で石や駒を取らせて最終的に勝負を有利に運ぶ戦術。これに近い言葉に売上増を狙った「目玉商品」や「人寄せパンダ」がある。通常食品の粗利益率は50%〜90%もある。スーツもそうだが1着のお値段で2着を…

無縁社会

舌鋒鋭く社会批判や制度批判をするつもりはサラサラない。ただ、江戸時代から明治、大正、昭和にいたるまで、繁栄が続いたのと家族や親族という小さな組織体から中小事業者、狭隘な地域における人々の有縁が礎となっていた。それは例えば、夫婦、親せき、親…

習慣病

これに「生活」を冠に付けると、高血圧症、糖尿病、動脈硬化や高脂血症などの「生活習慣病」をさす。生活が取れると意味は、癖とかこだわりとかルーティーンといった意味になる。 退職後も守り抜いていることがある。別に努力をしているわけではないが、早朝…

勘違いな人々

これは男女に共通だが、よれたネクタイやスカーフ。くたびれたスーツやスカート、たるんでシワのよったストッキングや靴下、汚い爪先や華美なネールアート、マニキュアやペティキュア。すり減った靴底に曲がったヒールのかかと。どれをとってもこれをおしゃれ…

割れ窓理論

一枚のガラス窓が割られ、それを放置しておくと監視が利いていないことに確信を持ち、次から次へと窓ガラスが割られてしまう。一つの犯罪が次から次へと犯罪を産むことになる犯罪心理学の例え。 渋谷界隈でひところ、無人の人家やシャッターに落書きが横行。…

セクシュアル・マイノリティ

来夢に来人を繋げて「ライム・ライト」の屋号で、カウンター一つだけで盛っていたスナックがあった。今年は、井伊直虎、菅直人、中川秀直・俊直と(直)が大流行り、父親、秀直の地盤、看板とカバンを引き継いでの後継選挙で当選したはいいものの、父親譲の…

公開日記

SNS、ツイッターそれにフェイスブックとこのブログ。当方は購読者を多く集めて、心情や現状を理解してもらうためにこのブログを書いているのでわありませんぜ。まあ一種の備忘録の位置づけで。後々、家族が読んで「あん時、オヤジはこんな思いだったたん…

裏取り

捜査上の多方面からの証拠固めをいう。その一方で、新聞やテレビなどマスコミが報道するにあたって、報道内容が事実かどうかを確認したうえで一般に公開することをいう。それだけに、マスコミや一般大衆を味方につけ、自分自身は被害者でありお上や現体制の…

GPS

子供や認知症患者の見守りに、浮気追跡に、そして車泥や薬物の裏取引の証拠押えに使われて全地球測位システム(GPS)の犯罪捜査利用は、プライバシーや人権を犯す虞があるとの理由から、裁判所の令状なしにこれを使った捜査ができないと最高裁の判決が下…

ウェザー・コック

訳して「風見鶏」。ヨーロッパの家屋の屋根に立つ鶏型の風向計のことだが、魔除けという説もある。どうやら、政権は動乱期を迎えたようだ。籠池(当事者)、鴻池、稲田、安倍(自民党)、昭恵(私人)、松井(府知事・維新)、玉木(民進)、小池(共産)に菅…

やめてよ

今日は、ちょっと趣を変えてお届けする。これは東京ガスのCM(コマーシャル・メセージ)だ。因みに、新聞や雑誌に記事として採り上げられ、企業イメージアップを狙う広報をパブリシテイといいます。 ふと目にした一本のコマーシャル。とにかく、なんとなく…

偏向

昨日のお取り調べの結果は後日掲載することにしまして、気を取り直して本日のテーマは、片寄のココロダ!! リサーチ、サーベイ、アンケート、世論調査と言葉はなんでもいいが、内閣支持率を例にとる。今の安倍内閣を支持しますか?の問いかけに「支持する3…

帰って来いよ

今日は、バレンタインデー。それについては後日触れることにして。 松村和子が三味線抱えて唄う「帰って来いよ」、「き~いっと帰ってくるんだよ~(^^♪」。スタート前後からこの歌が流れることで有名なマラソン大会。今週日曜日は報知青梅マラソンだ。30㎞の…

匍匐前進(前進シリーズ2-2)

匍匐前進(ホフクゼンシン)とは伏せたままで敵陣に切り込む体勢をいう。自衛隊では第五匍匐前進までが規定されている。 第一匍匐とは、小銃を右手に持って右腰付近で保持し、左ひざを地面に付けて右足を後方に伸ばして、左腕で上体を支えながら前進する。 …

爆学・爆職

東芝のグループ内の従業員数は約18万人(同、日立製作所33万人)。従業員一人が四人家族と仮定すると、およそ18万世帯、70万人もの人が東芝の事業で生活していることとなる。その東芝に次から次へと悪材料が噴出。一部には債務超過状態との情報が流…

仲間割れ

SMAPの解散に代表されるようにグループ然り、チーム然り。特にスポーツチームは、オーナー、フロント、監督、コーチや選手が一体とならなければ好成績は残せない。日ハムに敗れたダイエーホークスにも、ペナントレース後半にチーム内の不協和音が噂され…

裏ら裏うらで

山本リンダでは、ございません。11月に雪が降れば半世紀ぶりだといい、集中豪雨や地震がくれば、数百年に一度の大災害と。どうしても、マスコミや報道のキャッチコピーに大衆心理が煽られているようだ。 教員や警察官、公務員や政治家、名門校の教授や医大…

器量良し

各鉄道会社で使い方はマチマチだが「車両故障」、「ドア故障」、「線路内への人の立ち入り」や「具合の悪くなったお客様」とアナウンスが入る。それぞれ意味があって、「乗客同士の喧嘩」、「スリなどの犯罪」、「乗務員とのトラブル」、「乗客の吐瀉」など…

源氏名

水商売で接客する主に女性の芸名やニックネームをいう。なぜ、源氏名を使うか①身元を隠す②客とのトラブル防止③客の前で別人格を演じ切るため等々、さまざまな理由がある。往年の名優で歌手の小林旭が「昔の名前出ています」を唄った詩には「京都にいるときゃ…

日々是新

今日は、徳兵衛の北の政所のお誕生日。まことにもってめでたきかなめでたきかな! 「日新」これ徳兵衛が卒業した母校の校訓よ。最近、列車の中、寝起き、散歩中、いろいろな場面でブログネタが沸いてくるので、ストックが多いこと多いこと。ただ、開設後1か…

義務と演技

本日のテーマは、TVドラマや映画にもなった夫婦間の営みを題材にした「義務と演技(原作:内館牧子)」、すなわち夫は義務で、妻は演技で夫婦が内からも外からも何となく上手くいっているように見える。反目する夫婦が実は仮面夫婦であって、隣近所からは…