読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

眠れぬ夜

眠れぬ夜と雨の日には、忘れかけていた愛がよみがえる(^^♪(^^♪。これはかの小田和正率いるオフコースの往年の名曲である。昨日は、テグレトールとロキソプロフェンが効いて、それまで痛みで眠れぬ夜が、快眠とはいかないものの、ひとまず所要の睡眠時間は獲…

カエルの楽園

現在売れ筋の百田尚樹の書籍の題名である。今や百花繚乱、桜の花が咲き、君子欄が見事に花をつけ、そして皐月に向かってツツジが咲きだした。世は春爛漫幸せ絶頂状態。かの国から無慈悲なミサイルが飛んでこようとは、本気で誰も思っていない。これが平和ボ…

現代(季節)病

4月も半ばになって来ると、心機一転「再スタート」とばかりに勢い込む諸君もいるが、大抵の新入社員や新入生は、このころから、首をうなだれ自信なさそうな態度に変わって来る。電車の中では相変わらずアニメやゲームお宅。学生時代の制服やカジュアルウェ…

どうすんの?

最近、夢枕に父母がよく現れる。実家に戻ればいつもの日常があるように錯覚してしまう。思い出が走馬灯のように巡る。しばし体調不良で気弱になっているようだ。先行きも心配だが、不確実なことを思い悩むことこそ「無駄」というものだろう。 桜の花が咲くこ…

遭難

那須のスキー場で時速200kmの表層雪崩により8名もの生徒、教師が亡くなった。安全登山の講習会中に起きた悲劇だ。県立大田原高校といえば、進学校で名門中の名門。同校山岳部も全国的に有名校で、インターハイにも連続で出場するなど文武両道の校風を誇っ…

え〜、あ〜症候群

こうした耳障りの話し方や説明をする人がいる。こうした話し方をする人は老若に限らず地位にも学歴にも影響されにくく圧倒的に男性に多い。これは治療困難な「話し方の病」。話の切れ目やセンテンスの区切りに「え〜、あ〜」などの不要な間投詞を無意識に差…

イルカに乗った中年

「君に!君に!君に逢うため遠い国からやってきた~♪」おなじみの「城みちる」の楽曲「イルカに乗った少年」の歌詞の一節である。「手術だ!手術だ!手術はあしただと!ずっと前から言いてきた~♪」。が、何回、何度受診しても、主治医が変わってもケチがつ…

生と死の間/まさおロス

知り合いや友人にも「正男(マサオ)」が数多くいるものだから、当人はさぞ生きた心地はしなかっただろう。金正男(キム ジョンウン)が暗殺された。手口や犯行の素早さからして間違いなくプロか軍人の仕業だろ。スパイ映画さながらに殺害の瞬間が何度もテレ…

麻酔

この本は1時間ほどで終わる予定の、ごくありふれた子宮筋腫の手術を受けた既婚女性が麻酔医のミスで、覚醒しないまま植物人間になって最後は命を落とすことなってしまう筋書の小説「麻酔」。リアルに医療過誤、事故をテーマにした渡辺淳一の影の代表作であ…

お立ち日

昨日の未明、母は独りで旅立った。その後、姉妹でも仲良しだった母の姉も後を追うように三月十四日に逝った。早いもので、母が亡くなりちょうどもう一年になる。四十九日、初彼岸、新盆、一周忌と法事、法要が目白押しで、ゆっくりと想いを馳せる時間もなか…

ヤケに限界(連続特大号②)

物事に執着するな。執着すればするほど、料簡が狭くなり人心が離れて行くと、徳兵衛も、この方ずっといわれてきた。平たく云えば「コダワリ(拘り)を捨てよ」ということになる。拘りを持てば腹も立つし、喧嘩や口論にもなる。固執せず心穏やかにすれば気楽…

生き急ぎ

日常から逸脱して、非日常がやってくると、ストレスがかかるのは仕方ないにしても体調が極めて不良となる。数日、田舎に帰っただけでその反応はすぐ体に現れた。寒波の影響もあって、このところ顔面麻痺、味覚障害や嚥下障害がきつい。みるみる体重も減った…

初詣

喪中のため控えていた、初鮨(ハツスシ)ではありません、初詣(ハツモウデ)です。天気が良かったので、パパが来ぬまに孫と一緒に初めての外出です。近くの神社に出かけました。写真パシャパシャ、お賽銭ドンドンと願掛け沢山、おなか一杯。猿年の破魔矢や…

ごっちょでごいす

方言の世界では破壊的な威力を持つ甲州弁。「ごっちょ」は、面倒くさいとか煩わしいと訳す。すなわち、標題は、「煩わしいじゃんね」とか「ああ、めんどっちい」と読む。これに「はんで」(早く)、「めためた」(しばしば)を頭につけると、「はんで、めた…

まな板の上のメダカ

所詮、メダカはめだか、鯉になろうなどと野望を持ってはいけない。本日受診、午後②時のお約束が、虹色にはならず一時間遅れ。さて、主治医が替わるというので、専門外来受付カウンター横の当番医の名前を見る。 上から順に、教授、診療科長(教授)、准教授…

ほうれい線

鼻の両脇から唇の両端に伸びるハの字のシワ。同じ絵にハの字を入れただけで老けて見えるあの線。美容技術や化粧でこれを消すと10歳くらい若く見えるそうだ。若く見せたいのは分るが、確実に加齢しているのに明らかに見た目、重視。 一方だけが深いほうれい…

記念日

本日11月11日は、グリコが販促用に命名したポッキーの日(商用型)、日本もやし生産農業協同組合が命名した、もやしの日(農産型)らしい。また、独身者の爆買の日(中国型)としてるようだが、どれも、無理に語呂合わせして売り上げ増のためにバレンタ…

北極物語

ヒートテック下着や婆々シャツが恋しい季節となった。日の出が遅くなったこの頃、朝、起きるのに布団を抜け出すのも一苦労だ。温暖化とはいえ寒いものは寒いも理由だが、TVが地デジ、BS、CSが映るフルスペックとなって。番組を視ながらついつい夜更か…

症状悪化

街は、ハローウィンでお祭り気分。全米各地では、このところピエロに仮装した怪しげな若者たちが、夜な夜な出没し、いたずら目的が次第にエスカレート。とうとう殺人事件まで起きる始末。マックのキャラクター、ドナルド・マクドナルドまでが治安維持の観点…

悪循環

術後の合併症や吸引の難しさもあって、主治医から「禁煙」を勧められ、この3か月間禁煙を実践。ランニングや登山をすると脈拍の上昇により顔面麻痺が酷くなるため、スポーツはご法度。勢い飲酒を嗜好する。サンデー毎日の朝一のアルコールは五臓六腑に染み…

不辿転帰

今日はオツイタチ。折角、孫の運動会が見れると思いきや天気が怪しいので、基本コンセプトの自虐ネタから今月も始めよう。 お受験も入社試験もそうだが合否結果が出るまでの間は、時間がやけにゆるりと流れるように見えるが、本人は焦燥感で苛まれ、自己採点…

総合診察医療

テレビで御馴染のドクターGである。病院では「総合診療科」などと呼ばれ、各専門医療科を超えて、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う部門である。総合診察医は、豊富な知見と経験が必要であり、専門医に比べその数は圧倒的に少ない。 呼吸が上が…

絶不調

今日は仲秋の名月、生憎、天気が悪く拝めそうもない。子供の頃は、毎日、毎日「ほうとう」と「冷やめし」続きで、十五夜の日は、夕方、竹竿の先端に釘を刺し、わざわざご近所からほど遠いお宅の縁側に飾り付けてある月見団子を、失敬したことを懐かしく想い…

八日目の蝉

公私に亘り八日目の蝉となった徳兵衛です。先週、某大学付属病院にて再検査と再受診。腫瘍の拡大見られず。悪性化することは全く無いとは云えないものの、現時点で外科的処置をした場合、術後に誤嚥性肺炎、声がれ、失声等の後遺症発症リスクもかなり大きく…