Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

教訓

飛んでみましょねパンデミック

とうとう日本にまで新型コロナウィルスによる肺炎患者が川崎で発生した(濃厚接触とは一体何なんだ)。川崎という地域で、しかも中国籍の男性だ。以前にも指摘したとおり、日本の検疫、防疫体制はあってもないが如し。彼らはどこ彼処でも、机の脚以外は何ん…

地獄耳

「戯け者」よ、いい加減にせいっ!近藤マッチが唄うのは「愚か者」。オまいらは「愚か者以下のタワケもの」だ。イラン、イラク、イスラエル、シリアにレバノンと中東情勢は随分とキナ臭くなってきた。大英帝国ではEU離脱が本決まりになったかと思えば、ヘン…

■あんたの情報丸裸!!

各都道府県は迷惑行為防止条例とかいって、プライベートにおける盗撮行為を取り締まりを強化している。でも、公安なぞはその比でなく、徹底的に個人の特定や足取りをマークする。今やNシステムはもとより、バスや新幹線の中にまで監視カメラが設置され、買…

🍛にフェードアウト

正月明けの七日、自民党の仕事始めに総裁の安倍ちゃんがご挨拶に引用した諺、「桃栗三年柿八年・・」は、テンポがよく覚えやすい。でも、この挨拶を聴いて続きがあることを尻マスタ。諸説ございますが、柚子や梅等のさまざまな野菜や果物がこの続きに登場す…

スベル生活に滑らぬスキー

昨年末まで、全国各地で真冬だというのに降雪がなく、暖冬が続き地球温暖化が心配された。そういえば、コメも葡萄も葉物野菜も、最近北海道産が美味しいと評判になっている。魚沼、勝沼、茨城、千葉等の各特産地はどこも不人気となり、売り上げは不振続きだ…

余程に見かねたのかナ?

ヤフオクかアマポチかと迷う男のコダワリ、男の小道具をテーマにブログを載せようとした。そんな矢先、呑んだ暮れの世界に、とうとう家内が当方の体調を心配してか、堪忍袋の緒が切れたのか、妙な新聞広告記事の切り抜きを突然目の前に差し出して来た。 町田…

ハカリゴトハ一度にアラジン

人のこころは移り行き、一時の御籤に右往左往。ならばと河岸を代えて幸運の女神に詣でるも、未だこころ鎮まらず。またもや「凶」と出た日にゃあ!この先、一生浮かばれぬワイ。 心静かに詣でして、願重ねて存分に籤を引く。怖さ百倍、リベンジ、リベンジ!引…

アケオメ ^^) _旦~~(令和初春バージョン)

新年 明けましておめでとうございます。 いよいよ、元号が令和になって初めてのお正月、2020年の幕開けでゴザイマス。今年一年がみなさまにとって、幸多きことを心よりお祈り申しあげます。 当方、この歳まで、毎々、何十回となくお正月を迎えましたが、…

総括一年・落陽に沈む月

都県議に落選しようも市区長選に落ちようと、区議や市議に復活当選があるとは、どないなっってん痴呆政治の世界。選挙投票率が低ければ低い程、組織票が有利に働く。つまり公明党のような学会中心の組織票が一定確保できる団体は、票読みが可能となり当落が…

やさしい経済学(おカネの理論2-2)

今日のようにINTネットや通信が発達すると、相手の苦痛や悲しみなどを感ずることなくカネを略取することが簡単に出来てしまう。「オレオレ詐欺」もそうだが、年寄りのなけなしの金をだまし取るのは、極めて卑劣で巧妙な犯罪だ。だが、そんな奴らにも多少…

やさしい経済学(おカネの理論2-1)

犯罪の裏には金と女が絡むといわれている。オンナは別として「金」の裏には売春、麻薬、博打、強盗、詐欺や時とし殺人もある。それに妻子や仲間を裏切ったり 金のために国や魂までをも売りかねない。 国家財政も、政治も、医療や年金などの社会保障も、家計…

急がば廻れ

薬物中毒が絶ち切れないいことや、依存症から脱却できないことを「マーフィーの法則」になぞらえて「マーシーの法則」とかいって、ウケを狙う方も多いようだ。でも、本家、本元は、今頃になってやっと侮れないことが分かる。 この法則、理論的な根拠からみて…

当てごとと褌は前から外れる。

「当てごと」とは「賭け事」のこと、競馬、競輪、競艇にチンチロリンも含めてギャンブルといわれる類は皆そうだ。賭け事は予想するのが困難だ。結局は負け越すのが宿命で、確実に儲かるのは競馬会や胴元だけだ。持病もそうだが本人が知らない処で意外な病が…

二重制度と人格(在庫ネタ濃縮版)

二重国籍を隠しつつ、わが国生粋の国会議員を演じているBAKAタレぎゃいん、れんふぉOは論外だが、香港の一国二制度問題は根深い。いずれ台湾、金沢の「新ちゃん」ウィグル自治区、チベット、シリアや韓国にも飛び火するだろう。世界警察を誇る米国が国家戦略…

「純循環」なぞ虚つきカモメ!

この言葉、当方の造語。すでにわが国の少子高齢化は後戻りできない状況にある。産めよ、殖やせよの戦時中の再生産の社会構造はもはや過去の遺物。居酒屋に限らず、コンビニや医療介護の世界にまで外国人の移入が多い。働き改革もそうだが、とうとうメイドイ…

バカモノたち

ちょーく、チョーク!ここ憶えのあるこの言葉、プロレスの技でのちょうきゅっ!「チョーク!」を思い出される方々も多いだろう。ところがこれに似た必殺技の「スリーパー」がある。このスリーパーは、頸動静脈を抑えることによって、文字通り眠るように失神…

矢部え~じゃん、山梨もどうするでぇ~!

先日は甲府市内で老人が運転する自動車がバイパスを逆走した。これがローカルニュースでとどまっていれば良かった。でも、こ事件が全国ニュースで流れたものだから、昨日話題にした千葉、東京、神奈川や埼玉の知人・友人からも皮肉にも似たご心配を頂いた。 …

「バズる」とは。

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰博士(旭化成名誉フェロー:大阪府立北野高、京大工学部卒)がリチウムイオン電池の開発者としてオミゴトにゲット。時代の節目、潮目にこの「バズる」が流行るという。開発、発想のきかっけは、「ポータブル」、「コードレス…

アマポチとヤフオク

この歳になって、身体も思うように動かなくなり意欲も食欲も減退するなか、俄然これだけはと熱が入ることがある。その代表格が今日のタイトル「アマポチ(アマゾンサイトでのワンクリック注文)とヤフオク(ヤフーオークションへの出店・入札)」、これに生…

冬が来る前に♪

企業や金融機関等の不祥事、財務内容の悪化、公的資金の投入などの経営支援や合併、業務提携など公表することによって営業、業務や経営に大きな影響がでそうな事案について、公表を遅らす傾向がある。つまり、マスコミ、取引先への影響を最小限に抑えるため…

ムキにならずユル~リ♪ソロリとしては?

趣味が興じてスピード、速さ、持久力、距離や勝負にこだわるアマチュアの素人選手が余りに多い。いまさら国体やオリンピックに行くわけでもなく、マスター選手権で、全国ランキングで入賞したところで、それは旬をすぎた爺婆の身勝手な自己満足でしかない。…

酔ってもイイノ、アヤコ!

先の9月30日号のブログで、朝の4時前にも拘わらず駅前で泥酔していた酔っ払いの写真を掲載した。どうして酔っ払いは靴を履いていないのか。靴の履き違え、傘の取り違えなどと同じことをバカのように繰り返す。当方サイトでも、よくよく調べてみると、服…

みなさん「おしごと」ですよ。

本日のお話は急遽変更。本日までに、途中で「非常」が外れた台風19号で被害に遭われた方、ベテランや古参のキャスターに代わりニュース番組に駆り出された普段見たこともない若手、新人それに女性アナウンサーの皆さんに、まずはお見舞い申しあげます。 こ…

これクターッびれるわ!

祈願なぞそっちのけでご朱印帳への押印をねだる参拝客、これはもうコレクターの世界かも!これでは御本尊の御利益を受けられるはずもない。パワースポットだとか神霊所とか煽るのはますゴミ。踊る馬鹿が長蛇をなす。尤も日本人は運勢や占いに滅法弱い。だか…

右手にロマン、左手にソロバン、背中に我慢!

なぜ陸上競技よりサッカーやラグビーのようなチームスポーツがオモシロいのか?スポーツとは人生の縮図であり擬態でもある。速く、高く、遠くの競技ではそれだけのこと。一つ進めて柔道、レスリングやボクシングはガタイが大きく体重が重いほうが強いと運営…

現実逃避(逃亡者)

恋仲の男女に限らず、「逃げれば追う」、「追われれば逃げる」のは、いにしえからの格言。男女に限らず、コチラが疎遠にすれば追ってくるのは異性に限らず、同性や先輩、後輩、同僚とて同じことも。もっと言えば、地域でも組織でもそんなことは易々と起こり…

これって逃げ口上だろ!

「〇肉〇食」と書いて、少し齢を重ねた人や知見のある人ならば、「弱肉強食」と答えるのが普通だろう。が、多くの若者は「焼肉定食」と答えるという。それがウケ狙いなのか常識外れでも通用してしまうのが現実なのだ。とはいえ、こうした若者たちをバカにす…

花は折らず蜜を盗む

置き忘れのカサ、終電の網棚に置き忘れた手土産をチョット拝借といって、持ち帰る輩も多い。盗みは刑法上窃盗罪であり、完全な犯罪である。当然、刑処罰の対象になり犯人に前科が付くのは当たり前のお話だ。 食物や生ものを持ち帰る人も多いが、普通に考えれ…

来た列車に乗るベシ

昨日早朝の東の空にかかる雲は不吉な予感さえ感じる漆黒が覆っていた。これまで何回か山登りをしてきたが山頂ならともかく、平地でこんなに恐怖を覚えた空を見たことがない。 心の劣等や脆弱で凹んで、ヘタレルことなぞは誰にだってある。何処の家庭でも家族…

三バカ大将

知る人ぞ知る、その昔の洋物のコメディドラマ「三バカ大将」と云えば、石頭のカーリー、カラ威張りのモー、ポンコツのラリーだ。そのコメデイ如く、先日、野党三党の立憲、国民、社保(エダルも、それはNO~だ。それに加えて提灯担ぎの玉金野郎!)がご会…