Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

想い出

人を見る目

無難に経営をしようとすると、その組織はいずれ衰退する。びっくりするようだが、経験上、同情的で話が分かる奴ほど裏切り者が多い。43年勤め上げたサラリーマン生活で身に染みた教訓だ。 組織の頂点に立つ人はいろいろな意味で、傑物が多かった。若かりし…

石の上にも三年

今から、数年前会社を退職した年に、新入社員が入社してきた。それなりのポジションについていた当方、歓迎会で締めの挨拶をと幹事から依頼された。 いつ振られてもいいように原稿だけは用意していた。結局、取り越し苦労で当方にその番は廻ってこなかったも…

「仰げば尊し」

「仰げば尊し」から半世紀以上も さる5/12(土)に甲府市内で中学校同窓会の発足式が執り行われた。このことは、昨日のブログでも取り上げた。 さて、当日はというと、発足式だというのに100人以上が集った。開式の時はさほどでもなかったが時間が経…

向日葵

本日のフォトは山梨県北杜市明野のひまわり畑。八ヶ岳を遠望す。 さて、半世紀ぶりに中学の同窓会の発足式に参加した。相手は、当時から個性的な当方のことをよく覚えているらしいが、こちらはトンと誰だかわからない。発足式だけで百名以上も集まるのだから…

睡眠不足

当方ゴルフは嗜まないが、TV中継に釘づけになる時期がある。それは、先週から続いた男子ゴルフのメジャー戦「マスターズ・トーナメント(米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC)」だ。このトーナメントの最終ラウンドが日本時間の日曜日(8日)深…

春の風物詩2-1

ついこの間まで、人事異動、卒業式や観桜会と忙しかった3月が終わったばかりだというのに、4月に入ってみれば、例年のことではあるが世間は一段と春めいて、駅の通期・通学定期券売り場は混むわ、列車や乗り物は混むわ、道路では交通渋滞はするわ、それに…

お山の大将

今から、十数年前に2泊3日で、猿倉~白馬山荘~白馬岳~白馬大池~乗鞍岳~栂池高原に至る山行をしたことがあった。なぜ、今更こんな話を採りあげたかという理由は後述することにする。 2泊のうち、一泊は当時の夜行特急「ムーライト信州」での車中泊。良…

女性上位

最近のテレビドラマは、ジャニタレ(ジャニーズ事務所所属のタレント)が多くて、テレビドラマは余り視る気もしないが、相変わらずウチの女房は「相棒」と「科捜研の女」に前のめり。このドラマ、どこが面白いのか分らない、当方は「右京さん」も苦手だし、…

TOKIO

日本の首都東京。そこに当方は住んでいるが、文化、政治、医療、スポーツ、交通アクセス等流石に世界都市として胸を張れる。医療面では一流の病院が揃い、文化面では、先月から東京国立博物館で「天平の秘仏展」が開催されている。14日からはついに、「千…

あの頃は・・

バレンタインデーも近いが、その昔はこの日が待ち遠しかった。当日の朝からチョコやクッキーが届き、出勤するとデスクの上から、メール便や手渡しで数多くのお品が届いた。社を出るころには、両手に大きな袋一杯にプレゼントが詰め込まれていた。 会社から出…

夜行性動物

どこかの御仁と同じで、夕方ベロベロバーで、夜中にネットサーフィンやブログをアップ。この誰にも邪魔されない深夜のこのひと時は、夜行性動物の当方としては孤独を味わえる至福の時間。でも、何気ない深夜番組に心を動かされることも少なくない。 今から2…

ばっかじゃなかろかルンバ♫♪

生きたロブスター「痛みに敏感」ゆでる調理を禁止だとよ。こんなこと考えていたら食い物とうい食い物、全部、喰えねえじゃねいか。な、な!!御同輩! 中学時代、理科の実験で面白かったのがアルコール・ランプに生きたカエルの解剖!畑で取ってきた殿様蛙の…

初 夢

元旦から2日にかけて見る夢を「初夢」というらしいが、諸説あって新年から始まって最初に見る夢を「初夢」というらしい。 昔から縁起物を担いで「一富士、二鷹、三茄」を夢見るのがいいらしい。一説には家康が富士山を崇め、鷹狩を好み、初物の茄子を楽しん…

噛ませ犬

戌年にちなんで、今日はこのタイトル。この言葉は、もともと闘犬用語から来たもの。闘う前にわざと弱い犬と戦わせて、強い犬に本番での戦いに自信をつけさせるための犬を「噛ませ犬」いう。転じて主役を際立てさせるため「引き立て役」とか「脇役」をいう。[…

ちがうだろーっが!失敗に学べよ。

今からかれこれ35年前、義父が大晦日の早朝に相澤病院(松本市)で亡くなった。享年59歳。土地柄、葬儀までの段取りがややこしく、葬儀社との打合せ、親戚や弔問客への挨拶や接客に忙殺されたことを思い出した。当時30歳そこそこ当方、体力には自身が…

短篇創作

今日29日を含めて残り3日と今年も残り僅か。今年最後のブログになるかも知れません。本年は大変お世話になりました。みなさま方におかれましてはどうぞ佳い年をお迎えくださいますことを心よりお祈り申し上げております。 著作権上の問題があって、それぞ…

社会鍋(年末シリーズ4)

先日、実家で両親の遺品を整理していた時に学徒出陣でオヤジが使っていた軍服、軍帽、水筒に飯盒、それに指揮刀(サーベル)に刃が錆びすぎて鞘から抜けない日本刀(適法に処分済)が出て来た。 それを見ながら、当方幼少の砌に出会ったことを思い出した。社…

宝くじ(年末シリーズ3)

競輪・競馬・競艇に宝くじ、みんな合法のギャンブル。でも宝くじはギャンブルには当たらない。なぜなら投資金額の10分の1だが元手が返ってくる。他のギャンブルは当るか当らないかのどちらかだ。でも胴元は絶対に損をしないような仕組みとなっている。も…

育児(イク爺)

いよいよ娘夫婦がわが街に家族三人で転入してきた。それもスープが冷めない距離とまでとはいかないが、試に引っ越し作業中の娘夫婦に我が家で蒸かした肉まん(関西では豚まん)を差し入れた。これが見事に丁度食べごろの暖かさの至近距離だ。時間にして4分…

アキラ死ノウ

池上志乃と中尾彬、この夫婦実は再婚で、中尾の前妻は元映画女優の茅島成美(中尾学の実母)だったことをご存じの方は少ないだろう。でもこの二人、断捨離を決行、一万枚を超える二人の想い出の写真はおろか不動産や財産も手放す始末。流石に生活にゆとりが…

ヒッキー

新垣結衣のガッキーではなく、ヒッキーは引きこもりやニートを指す言葉だ。最近の若者諸君は休日外出もせず、一日じゅうベッドの中に居てゲームやテレビに興じているらしい。昔の若者はドライブ、デートやサーフィンなどアウトドアで体を動かしたもの だが、…

ひとりマス

ついつい独りになるとやってしまうこと。物思いに耽る、鼻毛を抜く、屁をこく、それに○○○とか知らぬ間に手が動いている。ところで、先ごろネットのショッピングモール大手「楽天市場」が、おひとり様向けクリスマスをテーマとする特集コンテンツ「ソロ充向け…

遺品整理

今週末は多忙だ。田舎に帰って遺品の整理とひな人形の整理に入る。遺品は中々身内では処分が叶わないが、嫁とか義理の妹などに立ち会ってもらうと手っ取り早い。思い入れがない分、簡単に捨てられる。 そうするにしても、墓参りをしてご先祖にお断りをせねば…

モノ言い

職業病なのか昔から当たり前のように使っていた「又貸し」を「転貸」や「担保」を「抵当」と言われるとどうも違和感がある。「又貸し」、「担保」が俗語なのかスラングなのかはどうでもいいが「物言い」によって響きも意味も随分と違ってくる。 この「物言い…

飯田河原の合戦

遡ること今から500年前の1521年(大永元年)10月16日。駿河の今川氏親の重臣福島正成と武田信虎が甲府市の西を流れる荒川の飯田河原で激突。この戦、福島軍15,000人の大軍に対し、手勢僅か2,000人の武田軍が勝利した。その後、その年の…

サチコ

「幸せを~数えたら片手にさえ余る~♪、不幸せかぞえ~たら両手でも足りない~♪」で始まるこの歌。唄:「ばんばひろふみ」、楽曲「サチコ」のイントロだ。何故か昨晩はこの歌が頭に浮かんだ。 当方が社会人になってから全幅の信頼が置け山仲間でもあり、今で…

暴走

先週、今月末1万人お参加規模で開催されるハーフ・マラソン大会に向けて所属しているクラブの試走会に参加してきた。参加といっても持病の悪化から走る仲間たちのサポートに回った。参加者はクラブ以外の一般参加者も含め35名。たかだか35名だが主催する…

最近の運動会事情

徒競走で順位をつけるのは、公平性の観点からしても運動能力格差を煽る行為だとして、全員が同時にゴールすることに改められた。それに組体操もあちらこちらで事故が発生したこともあってフォークダンスに変わった。 障害物競走も騎馬戦も同様に怪我のリスク…

ファミリー・ヒストリー

NHKで人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる番組があった。感動ドキュメントとして仕上げられているため、当人の驚き様は視聴者が視ても感動したが、一部には演出過多で事実と違っているとの批判も流れた…

涙君サヨナラ

当方の周囲で、最近、涙を見たのは孫が泣いた時ぐらいで、大人の涙は葬式ぐらいでか見たことがない。統計的には圧倒的に女性に泣く人が多いのだが、男女とも良く泣く人は、精神面が幼く、物事を割りきって考えられない人が多いのだそうだ。つまり強気な女性…