koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

地元ネタ

鰻美味し

「うなぎおいし、かの山、小鮒釣りしかの川・・(^^♪」ではないが、ウナギは本当に美味しいと思う。今年は7月25日の土用の丑の日に続いて8月6日も二の丑の日だ。稚魚の豊漁もあって、価格は昨年から比べても1割ほど安く、商戦も活況だ。でも、ウナギや…

空家問題

旦那さんを亡くした未亡人や彼と別れた彼女を「空家」というが、今日はもっと深刻なお話し。甲府市内の空家は3181戸。山梨県の空家率は全国ワーストの22.0%で今後の増加が予想されている。 トタン屋根が剥がれ土壁が崩れた崩壊寸前の家屋も多い。こ…

帰甲

先週末、帰甲(甲府に帰ること)した。来月の旧盆準備のためと早々に一時帰省し、風呂、トイレ、屋内清掃、盆飾り付け、庭の草取りや布団干しなどを一人でこなした。その間、車検で預けぱっなしの軽四輪車を受取に自動車工場に向かい、最後はバルサンで燻蒸…

下手な想像休むに似たり

その店は、春先まで別の経営者がレストランを経営していた。雰囲気のある店だったが閉店となった。その2か月後、新たにステーキハウスとして再オープンした。尤もオーナーは別人である。そこで、今日はこの店ランチ「塩カルビ丼」を試みた。 どう見ても50…

ハンディキャッパー

競馬のハンデ戦の騎手体重を決定する人ではない。体、心、それに経済面や教育面などで障害を背負っている人々をいう。ディズニー・ランドなどに出掛け、パレードを観覧する時には、すぐに係員が駆け寄ってきて車いすごと最前列の優先席に運んでくれる。勿論…

囲い込み

JR東海はドル箱の新幹線を持つ。敵対するJR東日本は知略企業だ。「エキナカ」と称して、商業施設を駅構内に誘致。改札内外には食事処、土産店、本屋、エステサロン、スーパー、美容室、靴屋や保育園までもが完備している。お母さんが出勤途中にお子様を…

迷所

名所といえば人が集まる人気スポットのことをいう。山登りの経験のある徳兵衛のスタイルは、岩屋(クラインミング)、澤屋(沢登り)やピークハンターでもない。オーソドックスな山屋(山登り)である 危機とは常に背中合わせであるから、低山であっても装備…

チョイ呑み

家に食事用意がない時は、よく日高屋に出掛けた。血糖が高いためラーメンやチャーハンといった高でんぷん質の食事は避けて、もっぱらレバニラ(ニラレバが正しいのか)や野菜炒めしか注文しない。勿論、お茶割りセットをして、しばし独りの時間を楽しむ。 た…

週末は山梨にいます

これは、JR東日本がPRで使っているキャッチコピーだ。だが、徳兵衛にとっては「終末は山梨で迎えます」の方が適当だろう。六年前の3月11日の強烈な想い出は筆舌に尽くしがたく敢えて本日は、話題を地元に振ってみた。 さて、さて、移住希望者に情報を…

遠くの親戚より近くの他人

生まれて初めて命の危険を感じたのは2014年2月14日の大雪だ。甲府市でも記録的豪雪となり最終的には積雪114㎝。河口湖143cm、山中湖、富士吉田の郡内でも2m近い積雪を記録した。孤立家屋やビニールハウスの倒壊は多数。自衛隊が出動し救出に向…

ヤケに限界(連続特大号①)

次の句は「堪忍袋の緒が切れた」、「我慢の限界」や「ブチ切れ」だろう。幸か不幸か徳兵衛、今のところそこには至っていない。 地方勤務の頃、出勤前に5㎞を走り、帰宅後も5㎞を走った。休日には20〜30㎞のロング練習と、月600㎞〜700㎞を平気で…

ごっちょでごいす

方言の世界では破壊的な威力を持つ甲州弁。「ごっちょ」は、面倒くさいとか煩わしいと訳す。すなわち、標題は、「煩わしいじゃんね」とか「ああ、めんどっちい」と読む。これに「はんで」(早く)、「めためた」(しばしば)を頭につけると、「はんで、めた…

吉田のうどん

新たなカテゴリー「地元ネタ」のはじまり、始まり。御坂山塊、笹子峠を境に山梨県の東側を郡内地方、県都の甲府市がある西側を国中地方と呼ぶ。粉食文化は群馬県にもあって、どうやら織物に関連してるようだ。さて、県内の双方の地にも麺食文化があるが、国…