koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

異論反論

ものの見方は人によって違うが、男女それも既婚、未婚はともかく経産婦ともなると全くものの捉え方が違う。これが女房だと思うと空恐ろしい。 具体例その1 豊田真由子という政治家が私設秘書に向かって「このハゲ〜っ!!」(全国の男性ハゲに失礼千万)と…

悪循環

昔、勤め先の同僚に「阿倍淳 君」という名のオトコがいた。今、思っても当時の彼の印象が忘れられず。彼の名前を思い出すたびに「アクジュン・カン」の響きを想い出す。 先週の日曜は、母の日に霞んで埋没した「父の日」だった。前日の昼過ぎ福岡在住の息子…

なぜ登るのか

安倍首相の国会答弁で多用された「印象操作」。「忖度」に並んで今年の流行語大賞に選ばれそうだ。その一方で心証とか心象も操作できる。先ごろの英国ロンドンでの24階建高層住宅火災は、日本のタワマン建設ラッシュに一石を投じた。 何がなくてもあの報道…

下町慕情

懇意にしていた下町の海鮮居酒屋が店を閉じた。板長とは長い付き合いでメードインジャパンの先妻も良く知っている。その彼女は仕事の合間に時折、店の手伝いもしていたが夫婦のすれ違いが多く、結局、キャリア・ウーマンの道を選び単身博多に赴任した。暫く…

追憶

バーブラ・ストライサンド主演(助演はロバート・レッドフォード)、主題歌。名画「追憶」(1973年作品)に掛けて語ろう。先日13日、野際陽子が肺腺癌のため81歳で逝去した。彼女は千葉真一と離婚してから本格女優としての芽が出た。かのトレンデイ…

傾向と対策

まいどおおきに、徳さんです。最近の徒然日記、話題が固すぎ良太郎とのご指摘がございました。当の本人はソフトバンクしているつもりですが、固い話題が多すぎ蓮。反省しきりでございます。 でもね、今の世の中おかしくねえ〜!内部告発すれば公益に叶うにも…

スクラップ&スクラップ

スクラップ&ビルドとはよく聞く。古い慣習、体制や組織を一旦取り壊して新たな価値基準で再構築することをいう。ただ、壊すだけ壊しておいてあとは野となれ山となれでは困る。そこにはビジョンも将来設計もない。当然のことながら人心は離反し全員解雇を通…

捨石・捨駒

相手に無理やり意識させたり、囲碁や将棋の対局で石や駒を取らせて最終的に勝負を有利に運ぶ戦術。これに近い言葉に売上増を狙った「目玉商品」や「人寄せパンダ」がある。通常食品の粗利益率は50%〜90%もある。スーツもそうだが1着のお値段で2着を…

欲、いうよ!

生物由来の食欲、性欲、睡眠欲。それに人間であるが故の名誉欲、金銭欲、物欲、承認欲などがある。前者は動物の本能としての欲であり、後者は他人に認められたい、愛されたいなど、その根底には不足感や不安が大きく作用している。そして、そのどちらの欲も…

男女差別

この言葉さえ、「女男差別」といえばいいのに.「男尊女卑」の言葉にコダワリ、この言葉こそが、性差別という自称人権派という人がいらっしゃる。ここまで来るとイチャモンやインネンに近い。今でこそ女性のタクシー運転手や重機オペレーターも現れてきたが、…

勘違いな人々

これは男女に共通だが、よれたネクタイやスカーフ。くたびれたスーツやスカート、たるんでシワのよったストッキングや靴下、汚い爪先や華美なネールアート、マニキュアやペティキュア。すり減った靴底に曲がったヒールのかかと。どれをとってもこれをおしゃれ…

割れ窓理論

一枚のガラス窓が割られ、それを放置しておくと監視が利いていないことに確信を持ち、次から次へと窓ガラスが割られてしまう。一つの犯罪が次から次へと犯罪を産むことになる犯罪心理学の例え。 渋谷界隈でひところ、無人の人家やシャッターに落書きが横行。…

言葉の乱れは心の乱れ

細菌(「細菌」は「最近」の誤りでした。お詫びして訂正します。訂正しお詫びしますは間違った使い方)の日本語は、文末まで聞かないとはっきりした意図が分からない。若者言葉はその時代、時代、時々の文化を若者が言葉が表しているという言語学者もいる。本…

サービス劣化

徳兵衛が持つ携帯電話はドコモのガラケーである。そのガラケーさえ使い切れていないので、スマホの勧誘には乗らない。携帯電話は、電話とメール機能があればそれでよい。カメラ機能や動画は付け足しだ。便利は便利だが電話機能つきカメラが世に出てこないの…

名は体を現す

自身も病気持ちせいか、最近、新聞の「おくやみ欄」や病気、とくに芸能人の癌に関連した記事がやけに多く報道され気にかかるのは、自分だけなのだろうか? つい最近も朝倉未稀(56歳)が乳がんで全摘出手術をするという。 また、中村獅童(44歳)もアニ…

ドコモカシ子も

喜劇にもならず、笑えない。政治家、官僚、役員、上司にPTA。ドコモもかしこも何を信じたらいいのかわからない。別に学歴もいらず、勝手気ままに生きてもいつか「先生」と呼ばれりゃ黒塗りの車がお迎えに来る。 幼少の砌、母方の叔父にコンコンと言い聞かさ…

セクシュアル・マイノリティ

来夢に来人を繋げて「ライム・ライト」の屋号で、カウンター一つだけで盛っていたスナックがあった。今年は、井伊直虎、菅直人、中川秀直・俊直と(直)が大流行り、父親、秀直の地盤、看板とカバンを引き継いでの後継選挙で当選したはいいものの、父親譲の…

カエルの楽園

現在売れ筋の百田尚樹の書籍の題名である。今や百花繚乱、桜の花が咲き、君子欄が見事に花をつけ、そして皐月に向かってツツジが咲きだした。世は春爛漫幸せ絶頂状態。かの国から無慈悲なミサイルが飛んでこようとは、本気で誰も思っていない。これが平和ボ…

現代(季節)病

4月も半ばになって来ると、心機一転「再スタート」とばかりに勢い込む諸君もいるが、大抵の新入社員や新入生は、このころから、首をうなだれ自信なさそうな態度に変わって来る。電車の中では相変わらずアニメやゲームお宅。学生時代の制服やカジュアルウェ…

見ざる聞かざる

どうしても許せないフレーズがある。 小学生が使うならともかく「チョウ可愛い!!」をテレビのいい年をしたアナウンサーが早朝から連発。これにはさすがに閉口してしまった。可愛いとは「愛らしい」であって「小さくて美しい物」をさす。何を見ても「カワイ…

耳障り

旧聞に属するが、あんな立派な元知事が、職業は「小説家」だといい放ち。いまは脳梗塞を患って、漢字も書けないしひらがなも読めないと、記憶のあいまいさを強調していた。饒舌で弁舌爽かだっだ氏がそれほどまでに守りたいものは何か。肝心な箇所にかかると…

バイプレイヤー

親方様を支える軍師や社長をサポートし黒子に徹する副社長や専務などを脇役という。出張らず、大将より前に出ず、周囲の理解や時に敵将とも直談判できる器量や力量を持つ者の代名詞でもある。政治の世界でいえば、誰あろう、安部首相を影で支える菅義偉内閣…

三悪

三権分立、三方一両損と三を使った用語は多いが、今日のテーマのように仏教では「三悪(さんまく)」とも使う。すなわち死者が悪行のために「地獄道」、「餓鬼道」、「畜生道」に落ちることを言う。また暴力団対策として「三ない運動」という標語もある。すな…

これほど多用される漢字もない。越中おわら節などの民謡と思えば、竹の節とか節足動物のようにも使うし、節約、節分、節制や節操のようにも使う。先ごろ石原元都知事の記者会見を見ていたが「果し合い」や「武士(もののふ)」など、会見前は威勢のよいこと…

ヒエラルキー

ドイツ語でいう階層制や階級制のことで、主にピラミッド型の段階的組織構造をいう。もう少し具体的にいうと、人的にも社会的に見た時の上下関係を指す。会長、社長、担当役員、部長・・・平社員のような階層構造いう。このほかにも医者、学者、政治家、高級…

泣き声

航空機内や新幹線のなかで、赤ちゃんが泣き止まないことがよくある。新幹線ではデッキに逃げれることもできるが、機内ではそうもいかない。ママを困らせるのは同乗している乗客の態度だ。赤ん坊は泣くのが仕事といっても、周囲の第三者も人の子だからあまり…

偏向

昨日のお取り調べの結果は後日掲載することにしまして、気を取り直して本日のテーマは、片寄のココロダ!! リサーチ、サーベイ、アンケート、世論調査と言葉はなんでもいいが、内閣支持率を例にとる。今の安倍内閣を支持しますか?の問いかけに「支持する3…

35年前は16だから

コンビニのアイスクリームケースに寝そべったり、店頭のおでん鍋の具をツンツン指で突いたり、ゲームセンター内をミニバイクで走る若者。スター気取りなのか、単に目立ちたいだけなのか。いい年をした若者が稚拙に見える。もっといえば哀れにも映る。 これほ…

働きかた

電通の新入女性社員の過労死に、このところ大企業を中心に休暇取得や残業時間に対して、まるで流行り病のように見直し機運が高まっている。 ある大手企業では、5日有給休暇を取得すると5万円の報奨金が貰えるという。また、ある企業では2日連続で休暇を取…

女性専用車両

日本固有の乗客輸送システムであり、欧米には存在しないし導入を控えている国内の鉄道会社もある。それにこの車両には女性だけしか乗れないと勘違いしている乗客も多い。障害者や子供それら社旗的弱者の男性や男児でも乗車して構わない。これを逆差別、格差…

薄切りベーコン

オスとメスについては、次回に載せることとして、今日は別テーマで0とどけします。 どこかで聴いた響き、そうきたか「厚切りジェーソン」の向こうを張ったつもりだな? また、白いものがチラチラ舞う。徳兵衛の頭は当に雪山からはげ山になっているというの…

おひとつどうでっしゃろ(*^^*)

あっという間に、正月3が日が過ぎた。人の集まるとこには、吉運が訪れるともいう。来年もこの場所に、自分の脚でしっかりと立っていられるか?不安は尽きないが、今年は内心あることを心に秘めて臨んでいる。 過払い金の請求は、成功報酬として殆どが弁護士…

物申す。

昨日は冬至。一番昼が短いので、陽の高いうちに用事は済ませておきましょう。夜を楽しむ方はご勝手にされたんでしょう。その昔、母が「おとうじんじゃんね。」と良く言っていたことを思い出した。とうじんは「唐人」を指した言葉で「唐(今の中国)」をいう…

次代へのバトン

米国では、産まれながらにして薬物依存の子供が10年前に比べて5倍にも増加しているという。つまり、母親が妊娠時からヘロインやコカインなどの薬物依存症であると、胎児はお腹の中にいるときは母体からの薬物の影響を受けて落ち着いているが、ひとたび産…

外来種

セアカゴケクモ、噛みつき亀、アリゲーターガー、草魚や蓮魚などこれらは皆在来種ではなく、国内に指定席を持つ外(よそ)者だ。こうした外来種は徳兵衛の幼少の頃にもいて、その筆頭は何といってもアメリカザリガニ(赤チン)だ。赤チンを取って遊びながら…

経験主義

何事も、触れて、知って、痛みを知らなければ耳学問の頭でっかちの人間が出来てしまう。これが座学の限界だ。学士・修士・博士などと呼ばれる人のの中にも理論派と呼ばれる人も多いのだが、話を聞いてもあまりピンんと来ない。 そんなことの歪みが、また、5…

制服の乱

鉄道社員、自衛官、警察、消防士、医者、看護師、学生、事務員、パイロット、キャビンアテンダント等が着る制服やユニフォーム姿を日頃からよく目にする。着衣の目的は職業人としての自覚を促し、統制や規律を遵守させ、その上、所属、部隊、在籍校と地位や…

黒子と白子

選挙には選挙屋が指南するように、戦には必ず軍師や参謀がことの全てを差配し、どう仕上げるかを決める。こうした人たちは時に「黒子」と呼ばれ、なかなかその素性も明かさない。でも、テレンス・リーのように目先の選挙応援演説に出向き、10万円貰ってあ…

大人しく

おとなしく、大人らしくは、元々「大人」という名詞に形容接尾語の「し」がついて「大人し」で大人を感じさせる意味、これに「ら」と「く」がついて現代語では形容詞「大人らしく」となる。すなわち分別があり理性的な言動がとれる人を指す言葉だ。 泥酔して…

劇場化現象

「人(国・都)民の、人(国・都)民による、人(国・都)民のための政治」、「お客さまの役に立つ、お客さまのご要望に間に合う、お客さまから信頼される会社」や「○○ファースト」のベクトルが最近歪んではいないか?言葉に酔ってないか?自己弁護や自己満…

必殺仕置人

腹立たしいこと、悔しいしこと、憎いことや辛いことなど、みなさんの周りにも沢山ありますよね。今日は「必殺仕置人の徳兵衛」、皆さんに代わってその怨(恨)みを晴らして差しあげましょう。 [ただいま上潮ムードで、お銚子こいてるそこの○○さんにご忠告申…

地域紛争

中国の公船が東シナ海で日本への領海侵犯を繰り返している。南シナ海は水深が浅く、岩礁埋立には適するが、潜水艦で太平洋に海洋進出するには、尖閣諸島周辺の水深がある航路確保(制海権)が必要となる。東シナ海の海底では、日、米、中の潜水艦が激しい情…

慇懃無礼

中学校時代のバスケット部でキンカンと団扇にお世話になった「インキン・タムシ」ではなく「インギン・ブレイ」(無礼者)が本日のココロだ。 不遜非礼な輩は、過去に何人も出会い、いまでも周囲に大勢いる。こうした輩は、極端に饒舌で話が冗長か、または、…

高畑淘汰

強姦致傷で逮捕された高畑淳子の息子の名は「裕太」。立件されて起訴されれば実刑は免れないだろう。それほど重い罪名で、このところ芸能人二世の不祥事が相次いでいる。 折しも母親が舞台稽古の際、稽古場を「ここが私の唯一の避難所」と云って物議を醸して…