koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

何か変だ

毎日が厄日

今年は13日の金曜日が2回あることにふと気づいた。迷信かと思いきやこの名前のついた病気「13日金曜日恐怖症」も欧米にはあるようだ。 何事もなく4月13日(金)は過ぎたが、3か月後の今年の7月にもこの日がやってくる。何故、この組み合わせが悪いの…

処分、利用はお早めに

利便性のコストは意外と高いことに気がついていますか?先日、所用があって都心に向かうのに駅から路線バスを利用した。財布の中に「バス<共通>カード」(利用可能額5,850円、購入価格5,000円)。乗車に小銭は要らないうえ乗降もスムーズにできる…

新入社員(企業)気質2-2

最近シリーズモノが多くなってきて、多少食傷気味でしょうがお付き合いください。 新年度の仕事始めとなった4月初め、各企業で入社式が開かれたが、不祥事を起こした企業の代表は何を言っても何をかいわんやだ。 東芝の会長さんは、「困難な時期こそ人は成…

新入社員気質2-1

あちこちで入社式や新人研修が催され、売り手市場の新卒の社員が重宝がられている。 企業側の今年のテーマは「新入社員を大切に」だと、聞いて呆れる。そのまえに「先輩やお年寄りを大切に」だろ!まあ、ご機嫌取りもここまで来ると滑稽だ。 東京海上日動火…

ウソは泥棒の始まり

27日の佐川氏の証人喚問をミマスタ! 「官邸からなんらかの指示、示唆。そういうものはございませんでしたか?」との質問に、佐川氏は「局内でいろいろ聞く中ではそういうことはございませんでした」と答えた。 でもよく考えると、これこそ、自供に近い答…

垂乳根の乳母桜

お花見におでかけ 今年の桜の開花は実に早い。上野恩師公園も25日満開を迎え、30万人以上が来援したと聞く。確実に世界の温暖化は進んでいるが、独りの力ではどうすることもできない。自分自身や家庭できることと言えば、節水、節電、節約、節減に節制て…

この人(民)ありてこの国あり

内閣支持率が30%台に落ち込んだというのに、集中審議でも野党の切り込みが鈍く、逃げ切りの空気が漂い始めた。とはいえ、自民党も安閑とはしていられない。 3月2日の朝日新聞「森友学園」問題で財務省の決裁文書の改ざんがスクープされて以来、ここにき…

アンナチュラル

まあ、この国は近代国家の体をなしているのか甚だ疑問だ。よもや戦前の国体ではあるまいし、件の前川事務次官の中学校講演に対する教育現場への政治介入(不当な支配)にはじまり、年金データの中国への流出、志學館大学の学長までもが頭の中がパワハラ。国…

酒呑みの言い訳

12時間空腹血糖値130、HbA1c7.1キター!!前回まで医療機関は、今回とは違っていたが、その時のHbA1cは6.6どまり。今回はそれから0.5ポイントの大幅上昇。このヘモグロビンA1cなるもの過去2か月間のヘモグロビンと血糖結合値。だから検査…

ローリング・ストーンズ

昨日の時事通信の報道によると、 学校法人森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、国土交通省が今月5日、首相官邸に改ざん前の文書の存在を伝えていたことが14日、分かった とある。少なくとも朝日新聞の報道以前に国交省…

トカゲの尻尾切り

今や渦中の人、佐川前国税庁長官。この煽りを受けて「佐川急便」も困惑しているらしい。その上、佐川氏に係る風評被害もあるとか?でも、この「佐川急便」も、その昔、自由民主党・経世会の金丸信会長に5億円のヤミ献金を贈った汚職事件の当事者。そのほか…

定型句

不祥事が発生した際、信用を失いかけたその組織自身が調査をするよりも、中立公正な第三者が調査をするほうが事実関係、原因究明等の信頼性が高まり説明責任が尽くせリスク回避ができるということで、どこでも「第三者委員会」の設置が定型句のように大流行…

守屋 浩

姓は「金田」、名は「貯(た)まる」は、昔あったどこそこやの金融機関のマスコットの名前。愛称は「たまるくん」、これと吉永小百合主演映画「北の桜守」にヒントを得て、今日は「まもる君」でブログをつなげることに・・・・。 この「守」という漢字には、…

酷いこと酷な!

看護ランクの高い病院や病棟ほど、診療報酬上の「平均在院日数」の規定が厳しい。 その結果、入院まもない時期の患者に比べ、31日目以降の在院患者は、病院にとって、1日あたりの収入が大きく減ることになる。つまり、看護師1人当たりの受け持ち患者数に…

なんか変じゃねぇ~

新聞も、テレビも、雑誌もマスコミとかメディアと言われる類は、一向に信頼がおけない。 片や「報道の自由」とか叫ぶくせに偏向報道が多すぎて、見るモノ、聴くモノがとにかく胡散臭くて仕方がない。事実を客観的に冷静に報道するのがメディアの本来の使命で…

マルっと!「官民トリック」

「裁量労働制」どうやらこの制度導入の先行きが怪しくなってきた。何故、野党は厚労省が提出した「現行の労働時間より裁量労働制導入の方が、労働時間が短くなる」との政府答弁に怒り心頭だ。「データのねつ造、虚言だ!」と大騒ぎだ。でも、政府与党は何が…

アレ、ソレ、ココッ!

ヒラマサ五輪の開会式ではキム・ヨナがシークレットの聖火最終ランナーとして登場して大盛り上がりした。荒川静香や織田信成もテレビ局のキャスターとして引っ張りだこのフィギュア界。でも、あれ?こんな一大イベントなのに浅田真央はどこにも表れてこない…

これってフェアなのか?

平昌五輪、女子スロープタイプスノボ。突風・強風のため決勝進出25人中完走5人、20人近くが滑走中に転倒。標高700メートルの山の上。周りには風力発電の羽根がぐるぐる回っているのが見える。予選抜きで全員が一発勝負の競技もあれば、わざわざ冷え…

とかくメダカは群れたがる

この季節、大雪や寒さにも拘わらず私立学校の受験が真っ盛り。駅の改札前には、学校単位や塾単位で先生や関係者が受験生を引率。「頑張って!」の掛け声よろしく受験生の不安そうな顔が一気に引き締まる。 メダカは群れながら川の岸を泳ぐ。メダカに限らず群…

60の手習い

いよいよご寿命か?パソコンの寿命は、5年から10年。タブレットは電源投入ボタンの接触不良やバッテリーの劣化。自宅パソコンはACアダプターの接触不良に、とうとうデスクドライブもうなり始めた。 いつダウンしてもおかしくない状態だ。この2台のパソコ…

フロイト的失言

「フロイト的失言」という言葉がある。隠したい本音を無意識のうちについ口にしてしまうことだ。知られると困ること、あるいは何かを強く求める思いを押し殺していると、いつしかこのような失敗を犯してしまう。 つまり、日頃から深層心理で思っている事が、…

功を成さんがための焦り

「功を成す」という大したことではないようだが、かくいう当方も結果を焦ることがよくある。「焦る」というときは、ウォーミングアップのようなもので、何かが大きく動くときの予感、前兆や予兆だと思っている。 でもその一方で、ああ、早くしたい、早くこれ…

胡散臭い

米国ハワイでの弾道ミサイル接近警報といい、わが国でも似たような事件が起きた。 どうもNHKの北朝鮮からのミサイル発射誤報、腑に落ちない。わざと誤報を流したかのようにしか思えないのだが、気のせいだろうか?企てがあるとすれば、考えられるのは、2…

国家的詐欺

[年金の支給開始年齢、70歳まで引き上げへ] 厚労省は、年金の支給開始年齢について、急速に進む少子高齢化に対応するには、将来的に68歳から70歳程度へ引き上げることを視野に検討を進める必要があるとして本格的な議論を始めた。 年金の支給開始年齢…

成人になっちまった。

お久しぶりです。 今日は旧成人の日。徳兵衛も人並みになりました。 金沢、飯山、富山といい最大寒波到来、大雪の被害も大変でしたね。 信越線三条駅付近で大雪の中15時間以上も列車の中に閉じ込められて・・・ 車内にトイレ・暖房・照明には困らなったも…

初 夢

元旦から2日にかけて見る夢を「初夢」というらしいが、諸説あって新年から始まって最初に見る夢を「初夢」というらしい。 昔から縁起物を担いで「一富士、二鷹、三茄」を夢見るのがいいらしい。一説には家康が富士山を崇め、鷹狩を好み、初物の茄子を楽しん…

毎年が厄年

いよいよ満を持し、期すべき年となった。年賀状で当方の体調を気遣っていただいた方もいらっしゃったのは有り難かった。その一方、電子メールで新幹線の車窓から見事な富士山の姿を撮って送ってくれた方もいらしゃいました。皆々様にはご心配いただき誠にあ…

取扱いに困る隣人(正月2日目)

昨年末の12月27日、コウノ外務大臣は、お隣さんが日韓合意の検証結果を発表したことを受けて「報告書に基づいて既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を発表した…

休刊

九官(鳥):人間の舌にとても良く似ているので、とにかく良く喋ります。IQが高い鳥や人間は状況をよく見て判断して喋る。とても知能が高く、対人コミニュケーションにも優れている。 その一方で、知能が低く周囲の空気が読めないアホウ鳥や莫迦は、相手の…

休刊

旧館:松本館の旧館は昭和の初めに建築された料亭で、地元の彫刻家太田南海の手による床柱や、折上格天井、建具など各所に壮麗な造りとなっております。場所は、国宝松本城の近くにございまあ〜す。 どこそこかの奥方様は、この松本市内のご出身でございま~…