koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

イベント

暴走

先週、今月末1万人お参加規模で開催されるハーフ・マラソン大会に向けて所属しているクラブの試走会に参加してきた。参加といっても持病の悪化から走る仲間たちのサポートに回った。参加者はクラブ以外の一般参加者も含め35名。たかだか35名だが主催する…

最近の運動会事情

徒競走で順位をつけるのは、公平性の観点からしても運動能力格差を煽る行為だとして、全員が同時にゴールすることに改められた。それに組体操もあちらこちらで事故が発生したこともあってフォークダンスに変わった。 障害物競走も騎馬戦も同様に怪我のリスク…

代理婚活会

息子や娘のために、お子さまに代わって結婚相手を探す場を提供する催しだ。このイベント、都市部周辺だけかと思っていたら、全国的な拡がりを見せていて、全国各地の市町村が福祉協議会などを通じて主催している。 自分の相手を自分で探さず、それさえ親に任…

ハジメまして(ご挨拶)

早いもので、復活ブログを初めて1年目を迎えた。内容が充実したかどうかは読者の判断に委ねることにしよう。この1年間の総アクセス回数は1万件を突破。公開してると言えども、どのカテゴリーにも属していないため、アクセスカウントはあまり気にならない。…

コンビニと夏祭り

いつもの時間の、いつもの時間に、近くのコンビニに行くと必ずと言っていいほど、老婆がレジ前に手押し車に腰かけて陣取っている。それも後ろに並んでいる客をよそに。店員と何かしら、世間話をしている。当方、その横からそっと商品を店員に渡し清算を済ま…

「文武両道・質実剛健などあり得ない」

新宿歌舞伎町や新小岩界隈のオねーが後ろも前でもオッケイヨというのとはわけが違う。 13日に登場した下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。 高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、教員免許取得のために東亜大に通いな…

民族大移動

早朝の新宿駅。結構、混んでます・帰省、外国人、いろんな人種、これでもまだましかな?今朝、世界陸上の男子リレーの三位に気を良くして、独り帰省。昨日は、お孫ちゃんあわせて、12人。四方八方に孫が散ったまま捕まらず、捕捉は無理。早く、もとの生活…

いよいよ

さて、第一陣の長男家族4名が九州から昨日ご到着。続いて次男家族3名がご到着。この時点で当夫婦も含めて我が家には総勢9名が滞在。居住空間も狭くなり、酸素濃度も低くなったようだ。人当たりというか少々目眩がしそうだ。今夕には、これに加えて長女家…

鰻美味し

「うなぎおいし、かの山、小鮒釣りしかの川・・(^^♪」ではないが、ウナギは本当に美味しいと思う。今年は7月25日の土用の丑の日に続いて8月6日も二の丑の日だ。稚魚の豊漁もあって、価格は昨年から比べても1割ほど安く、商戦も活況だ。でも、ウナギや…

ソン・ツァイライ

今週末、近くの団地で夏祭りが催されるとのことで、ママと孫が再来(ソン・ツァイライ)。このお祭りは、娘がブラスバンドで演奏した想い出深いイベントだ。何より手作り感があって、大人神輿、フリマ、夜店や盆踊りもある。高齢化や過疎化で地域イベントが…

帰甲

先週末、帰甲(甲府に帰ること)した。来月の旧盆準備のためと早々に一時帰省し、風呂、トイレ、屋内清掃、盆飾り付け、庭の草取りや布団干しなどを一人でこなした。その間、車検で預けぱっなしの軽四輪車を受取に自動車工場に向かい、最後はバルサンで燻蒸…

嗜癖(シヘキ)と依存 

本人は止めなくては頭では分かっているのに、物質や行動から得られた快感を求め続けて次第にエスカレートしていくうちに、心身に様々な支障が出てくる。これを「依存症」という。完全なるご病気。 その出発点は、快感や多幸感にあり、これを止めることができ…

前向きに

「阿吽の呼吸」とは、本当かどうかははっきりしないが、人は「あぎゃー」と産まれて「うん」と云って亡くなる。だからこれを「あ・うんの呼吸」というらしい。 このように呼吸が合うとか、タイミングが一致するとか、気が合うとか、妙に心が相通じる場面や人…

商魂

今月初めの7月1日(土曜)の13:00から日テレ系で、櫻井翔がMCの「ミュージック・デイ」との番組がテレビから流れていた。途中、渡辺美里のシーズンソング「夏が来た」を聴いたが、残念ながら彼女、全く声が出ていない。西武スタジアムでの、往年の…

クソ旦那に三下り半を

旦那にバカにされ続け自信喪失。嫁姑とのトラブルには介入せず。服はぬぎ散らかし、食事の手伝い一つしない。これらがおおよその離婚の端緒。これが20年以上続き離婚となるとどんなに若くても「熟年離婚」されている。したがって19歳で結婚して39歳で…

ぶらりひとり旅

風雪ながれ旅ではない。自前の病院も持つ東芝が債務超過で上場廃止になろうとしているのにこの電機メーカーは健在だ。このメーカーが持っている総合研修所は一年に1~2日に限って庭園を公開する。ここまで来るには相当の距離と時間を要するがいった甲斐はあ…

週末は山梨にいます。

これは、JR東日本の旅行キャンペーン。週末の旅行客を当て込んでの「キャッチコピー」と「パンフレット」だ。旅行や結婚式で遠出するのはあらかじめ日程が決まっているから、準備も切符も宿の手配もつくのだが、弔事はそういう訳にはいかない。病死なら薄…

シーズン・ストック

季節商品の意味である。夏であれば、ビール、半そで、水着、扇風機、蚊取り線香や風鈴などが対象である。夏が暑く売れ筋の季節商品を予め大量に仕入れておく。それが予想に反して冷夏ともなるとこれらが在庫商品(デッド・ストック)となって、旧盆あたりか…

全力中年

舞台は学校の放課後。教室で一人物思いにふけっている制服姿の女の子が、本当に大切なものに気づいたところから物語は始まる。仲間との何気ない日常こそが、かけがえのない瞬間だという同じ想いを抱いた仲間たちが、それぞれの思い出に想いを馳せながら、「…

らら(Lara)

アイスランド語で「光」とか「明るい」と訳すらしい。アカデミー賞の作品賞を寸前で取りそこなった「ララランド」。この映画作品タイトルの意味は「現実から遊離した精神状態」を言うらしい。圧倒的な音楽性とダンスがこのミュージカル映画を盛り上げる。日…

看板娘

今日は、ひな祭りにつき女性をテーマに綴ってみよう。 ひとしきり燗酒を楽しんだことがある。手軽に温めて一寸一杯やれる富久娘酒造の「燗番娘」である。この娘さんには昔から大変ご恩があり、お世話にもなった。今日はその「娘」さんのお話。 太古の昔から…

虚勢

カタギの衆に迷惑を掛けないことが掟のあちら側の方々は、肩で風を切る格好で街中を闊歩するものだから、一般人がみても、すぐあちらの方と判る。組長も医院長も医院長も局長とかく長のつく人々には共通点が多いことに気づかされることがある。 あちらの方は…

ふるさと納税

寄付控除ができ節税対策にもなる「ふるさと納税」が依然人気を博している。ただ、本来の趣旨とは違い、納税者向けにご当地の食材や電気製品を返礼していただける自治体もある。その一方で換金できる商品券を返礼する市町村も現れ、制度の趣旨に反すると総務…

帰って来いよ

今日は、バレンタインデー。それについては後日触れることにして。 松村和子が三味線抱えて唄う「帰って来いよ」、「き~いっと帰ってくるんだよ~(^^♪」。スタート前後からこの歌が流れることで有名なマラソン大会。今週日曜日は報知青梅マラソンだ。30㎞の…

検査

昨日は、午後から三度のMRI検査。検査中共鳴音がうるさいだろうと、室内でメロデイーを流すことはあるが、珍しくこの日は、女性技師がヘッドホンを用意してくれた。曲はハワイアンが多いのだが、この日はジャッズだった。 時間は20分程度だが、音色の変…

WindowsXPの再就職

中高年の再就職が深刻化しているなか、突然、あまり近しくない知り合いから「会社勤めをしないか?」との誘いがあった。一瞬耳を疑った。一度、リタイアした消費期限切れの徳兵衛、気力もなく闘病中のため、やんわり「オ・コ・ト・ワ・リ♡」をした。それでも…

お雛祭り

お宮参りを前に、ひな人形が届いた。面倒なので、開梱から組立まで女房と娘に任せた。 しばらくすれば、子を抱えて娘はここを去る。「里帰り出産」とはそういうもので、今度は本気で夫婦だけが親元から離れて子育てをする。そこには、爺と婆は出る幕もないし…

初詣

喪中のため控えていた、初鮨(ハツスシ)ではありません、初詣(ハツモウデ)です。天気が良かったので、パパが来ぬまに孫と一緒に初めての外出です。近くの神社に出かけました。写真パシャパシャ、お賽銭ドンドンと願掛け沢山、おなか一杯。猿年の破魔矢や…

箱根駅伝

その昔、箱根駅伝なぞは誰も見向きもしなかった。ラジオ関東が途切れ途切れに放送した程度だ。視聴率が低迷する日本テレビがその間隙を狙った。駅伝をドラマ仕立てに仕上げた。それまでラジオ放送しかなかった駅伝が、一挙に人気スポーツドラマに躍り出た。 …

年の瀬

今日を入れて今年も残りあと三日。街も店も慌ただしい。ガラガラなのは列車と学校と昨日御用納めとなった役所くらなものだ。毎日ブログをアップすることは億劫ではないが、これを習慣化すること自体が、爺さん臭いととある読者からいわれた。 確かにそうかも…