Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

なるほどね

喰い合わせ(合食禁)

ネギやニンニクには硫化アリルという成分が含まれていて、これがカルシウム吸収を阻害するという。つまり、カルシウム分の多い納豆やシラスにネギを添えてはいけないのである。 薬味という言葉もあってネギ(玉ねぎ、万能ねぎ)は重宝されるが、意外なところ…

いつもニコニコ現金払い

QRコード決済、電子マネー、仮想通貨決済が大流行の中、国内のキャッシュレス決済比率は20%にもみたない。諸外国に比べてキャッシュレス決済の後進国のようにいわれているが、日本人よ!胸を張れ! ことさら韓国、中国や米国では、偽造紙幣が多くそもそ…

病を癒す

病気を癒すとは、治すこと。つまり「病気平癒」のことである。病は気からとその昔から言われているが、体を干すと体に蓄積されているデドックスが排出されて自然と免疫力が挙がるとも言われている。下痢が続くときなど、何日も食べ物を口にせずお白湯だけで…

自戒

不規則な生活は、神経伝達物質セロトニンの分泌に支障を来たし、うつ病などになりやすいといわれている。また、ストレスや疲労感が残るのは、普段の生活リズムに原因があるとも言われている。 つまり、食事や睡眠などをとる時間の不規則性。オンとオフの切替…

三平の心

「おおきに」「すんまへん」「どないでっか」とは関西弁の三大コトバである。関東でも共通する言葉は「どうも」である。取り敢えず「どうも」と云っておけば会話は繋がる。でも本来はこの「どうも」に繋がることばを割愛して、相手にその意味や解釈を丸投げ…

嗚呼、めんどくせぇ!

当方の知り合いにも、二言目には「ああ~めんどうくさい」を連発する人がいる。口癖になっているようだが、何につけても「ああ~めんどい」というものだから、話の腰が折れそれ以上会話は弾まないし、気分も滅入る。 万事、面倒臭いと思うのは誰も同じだが、…

汗るのよね2-2

脂汗、手に汗握る、わきの下や股間に汗をかくこれって、精神性発汗なのよ。ドッキリしたりヒヤッとした時にかく汗。これって精神的な緊張や動揺、情動の変動などによって副交感神経が起こす防御的現象なのね! 皮膚にはいくつもの汗腺があって、体温調節のた…

スマホ中毒

コンビニのイートインコーナー、盛んに横でいい年をした男性がLINEの返信を待っている。それも食事中である。こんな時でさえスマホを手から離すことが出来ない。 返信が来ないと不機嫌そうな顔になり、返信がくると間髪を入れずに打ち返す。こうなるとこ…

差別と偏見

松本清張原作「砂の器」こりゃあ~泣けましたぜ!何人もの彼女とご一緒に映画鑑賞したが、中には涙をぐっと堪える彼女もいれば、隣の席で大泣きされて困ったことも思い出す。 この映画1974年の作品。時代背景は、戦前・戦中・戦後に設定されていて、ハン…

ノスタル爺の昆虫記

モスラの原型。天蚕(ヤママユ)、この季節至る所で見られるが、自販機の灯りを目がけて乱舞しているのを見たこともあるだろう。何せ、この昆虫、蝶々ではなく蛾の仲間、羽根を拡げると悠に15cmはあろう。 普通の蚕と違って、このヤママユは森の中に生息…

「お勉強させていただきます。」

松本清張原作「黒革の手帳」で主人公の原口元子が良く使ったセリフだ。その話とは全く関係ないがみなさん「講」というものをご存じだろうか。頼母子講(たのもしこう)、富士講、庚申講(こうしんこう)・・・など、江戸時代からつい最近までこの講が脈々と…

徳兵衛の経済原論C

金融機関とは、あこぎな商売で、その昔ある頭取がこういった。「安くあずかって、高く売る」。つまり「低金利で預貯金を集めて、それを原資に高い金利で貸し付ける。この預貸金の利ザヤでメシが食える。いともたやすい商売だ。こんな簡単な商売に行員はなぜ…

モグラたたき

早朝散歩を続けて、約二か月。普段は見落としていたような風景にも出会える。野良猫が目の前を横切ったと思ったら、よく観察するとリスやイタチであったりもする。今年は露地物(促成栽培があるのか疑問?)のモロコシの作柄もよく、これを狙いにくるカナブン…

徳兵衛の経済原論B

新発国債に値がつかない。売り手はバンバン売っているのに買い手が一向に手を挙げない。そりゃそうだよな!0%に近い国債より現金を持っている方が安全確実だ。 お国が0%で借金。普通は有利子負債だが、お国が無利子負債でじゃんじゃん国民の現金を吸い上…

徳兵衛の経済原論A

ちょっとお固い話で恐縮です。常盤橋近くの本石銀行が、準備貯金の一部をマイナス金利にスタものだから、市中のバンクがパンク寸前だ。それに対して本石銀行は、バンクが金貸しの商売をしないからだと反論する。そのうえ、マイナス金利を解除すれば、円高、…

ナンパ野郎の眼

人の目を気にするのは自意識過剰反応だ。この歳になると他人からどう見られてもいいと思うのだが、時として人は他人にどう見られているかを過剰に意識する。これは、逆に言うと周囲からの評価を気にするあまり自分を見失いかねないことにもなる。 典型的なの…

バイプレーヤー ズ

「根治安」(こんちやす)。今日のお話はバイブレーターではございません。深夜をタクの徳兵衛がみた深夜ドラマのタイトル名がこのバイブレーヤーズ。 寺島進、遠藤賢一や故大杉蓮が絡むTVドラマ、このドラマの中には役所も登場する。いつでも主演が張れる…

いつもニコニコ現金払い

中国や欧米諸国と比べ日本国内でのキャッシュレス化が進んでいない。その理由?そりゃ簡単、日本の金融機関は国内ではどこに行ってもあって、とんでもない田舎に行っても農協や郵便局があって、いつでもそこのATMから現金が払い出せる。だから敢えてキャ…

ネコ、かぶり!

もう少し具体的に云うと「あざとさ」。つまり女性が持つ戦略的行動、これが行き過ぎると「うざく」なる。言葉の意味は、行動、手口があくどく抜け目がなく、小利口に振る舞うさまを指す。 今や社会的弱者でもなくなった女性が、女性特有の弱みを前面に出しな…

虫がつく

知見のない当方、専ら情報は新聞、テレビ、ラジオなどから収集している。この年になって勉学に勤しむ時間より、盃を煽っている時間の方が圧倒的に長い。だから、学問と言えば受け売りに近い耳学問程度。 ほう!視聴したところによると、四季折々の草花の美し…

噺家

短距離走者と長距離ランナーでは、筋肉の作りが全く違う。瞬発力が求められる筋力と持久力が求められる筋力とでは、その造りが全く違う。中でも一番きついのは、ハードルでもリレーでも400メートル・トラック選手の筋力だ。 この競技は、息を止めてトラッ…

言葉の重み

マムシ道三と信長との会見の一つに、初めて美濃の斎藤道三を紹介した時、織田信長は「であるか」の一言だけを発した。権力の頂点に登り詰めた男の言葉としては、非常に重みのある言葉だ。 これを凡人が軽々に発すると、重みどころか軽薄そのものに映る。歴史…

局所的迷惑防止条例違反

「電車が駅に到着してドアが開いたら、普通降りる人を待って電車に乗り込みますよね。たまにいる、我先にと“降りる人の流れに逆らい、突っ込んでいく”人。何が何でも逆流する人はなんなんでしょう。水の流れに逆らい、生まれた川に戻っていくシャケのようで…

間欠性爆発性障害

双極性障害の第一弾に続き本日は、精神疾患メルクマール第二弾をお届けします。 タイトルの病名。またの病名を「憤怒調節障害」ともいうらしい。この病名が世間で認知されるようになったのは、今から5年ほど前のこと。あの大韓航空の副社長であった「ナッツ…

まだ、まだワシの尻は半分青い!

四月に入り、NHK朝ドラ「半分、青い!」にハマっている。大河ドラマ「西郷(せご)ドン」は、わが郷土の誇り、一癖、二癖もある林真理子原作に脚本が中園ミホとくれば、そこそこの視聴は獲れよう。こちらも毎週楽しみにしているが、実はそれ以上に朝ドラ…

由来、来歴、元来

在日の方を差別するつもりはさらさらないが、誤解のなきように願いたい。 日本人の場合、その昔一族で勢力を張っていた土地の名前を苗字にするか、新たに新領土を得た場合にはそれまでの苗字を捨てて、自分の苗字をその新領土の地名にした。だいたい苗字を持…

ワタシの私の~♫彼は左利き♪

入学式や入社式を終えたと思いきや、街にはリクルート・スーツに身を固めた若者たちが溢れ出している。気に入らないのは、どの方も判で押したようなお決まりのいでたちだが、自然と目が行くのは足元。特に女性のパンプス、履き慣れていないのか片方の踵が歩…

処分、利用はお早めに

利便性のコストは意外と高いことに気がついていますか?先日、所用があって都心に向かうのに駅から路線バスを利用した。財布の中に「バス<共通>カード」(利用可能額5,850円、購入価格5,000円)。乗車に小銭は要らないうえ乗降もスムーズにできる…

水洗

水に流すとは、過去のわだかまりを水に流すように、たいていは無条件でなかったことにする、という意味だ。これは日本人にありがちで、デイベートが苦手な日本人が議論や折衝、あるいは恨みを持つ相手を倒す作戦などを粘り強く続けることが不得手ためだ。そ…

BUT ALSO

当方もよく家人から注意されるのが、いちいち相手の話の腰を折ること。「でもさ」「いやぁ」「じゃないのかな?」これが不評の元凶。「そ!だね!!」が流行り出したら余計に叩かれる機会が多い。タチが悪いのはこの否定形、本人は無意識に発しているが、相…