読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

言葉の乱れは心の乱れ

細菌の日本語は、文末まで聞かないとはっきりした意図が分からない。若者言葉はその時代、時代、時々の文化を若者が言葉が表しているという言語学者もいる。本当だろうか。英語でも単語を覚える時、その意味が分かる。例えば「NEVER」の意味は、「決し…

サービス劣化

徳兵衛が持つ携帯電話はドコモのガラケーである。そのガラケーさえ使い切れていないので、スマホの勧誘には乗らない。携帯電話は、電話とメール機能があればそれでよい。カメラ機能や動画は付け足しだ。便利は便利だが電話機能つきカメラが世に出てこないの…

名は体を現す

自身も病気持ちせいか、最近、新聞の「おくやみ欄」や病気、とくに芸能人の癌に関連した記事がやけに多く報道され気にかかるのは、自分だけなのだろうか? つい最近も朝倉未稀(56歳)が乳がんで全摘出手術をするという。 また、中村獅童(44歳)もアニ…

休日診療

今や歯医者は、夜9時まで診療はあたりまえ、歯科に限らず眼科や耳鼻科なども土日診療を行っている。受診者は圧倒的にお年寄りか子連だ。ただ、子供に関わる産婦人科や小児科は医師の数もさることながら、医療機関が自体が少ない。診療に優劣はないにしても…

スメハラ

「トリビ」や「とりま」といった若者言葉ではない。「スメハラ」即ち「SMELLハラスメント」、臭いによる暴力である。体臭をはじめワキガ、老臭、加齢臭、口臭、足の臭いのほか強烈な香水もこのスメハラにあたる。日本人は特に臭に敏感で、極度の強い臭…

ながら族

夕暮れ族、たそがれ族、ホタル族に暴走族。なんと「族」がつく言葉が多いこと。列車の乗客を見ていると隔世の感がある。その昔は日経新聞を細長くたたんでそれをさらにたたんで、隣の乗客に邪魔にならないように、職人技ともいえるテクニックで出社までには…

おしゃれ王子

TBSの「朝ちゃん」ぐーたまが「おはようございません」というフレーズの意味が全く分からない。それに先ごろ発表された「眞子さま」と「海の王子」こと小室「K」とのご婚約はおめでたい話だが。何故このタイミングでと思うのは小生ばかりではアルマーニ…

公開の真意

お墓で走り回ってはいけない。葬式の写真は撮ってはいけない。御供物は食べてはいけない。どれも、これも道理があってもっともなことばかりだ。お墓では手を合わせ心静かに手を合わせる。そのため、走り回ったり大声を出して笑ったり話をしてはいけない。子…

クラッチ

高齢者の自動車運転事故が後を絶たない。その昔、80歳過ぎの亡くなった親父と喧嘩しながら「運転免許証」を取り上げた。「俺から趣味を奪うのか!」と口論になったが、最後は親父が折れた。可哀そうな気もしたが事故を起こしてからでは遅いと言い含めて免…

アニサキス

今年はアニサキスが猛威を振るっているらしい。サバやイカなど鮮魚類の内臓に寄生している。これを人間が生で、すなわち刺身等でいただくと。胃壁に食い込みその際のアレルギー反応で七転八倒の強烈な痛みに襲われるらしい。治療としては内視鏡で一匹ずつ摘…

場外バトル

川崎フロンターレのサポーターが試合中旭日旗を振ったという事で、AFCから差別を助長する、軍国主義を想起させるということで、同チームが処分を受けた。これにいち早く反応したのが我が国政府である。菅内閣官房長官は「自衛隊旗、大漁旗など日本国内で…

選択の不自由

本日は、後藤(510)さんの記念日。全国の後藤さんおめでとうございます。 さて、唯我独尊、自分の人生は自分で決めると思っていたが、トンだ勘違いに今更ながら気づかされた。自分で決めているとすれば心も浄化され、自身も納得する。でも、よく考えると、…

老人老い難く

これだけ仏事が続くと、普通ならネガテイブな心持になるのは当然だろう。今日は告白(59)の日だそうだが、18歳から30歳までの青年男子の70%が彼女を持った経験のない草食系男子だという。 逆に言えば、結婚願望の強い女性にしてみれば、そういう男…

週末は山梨にいます。

これは、JR東日本の旅行キャンペーン。週末の旅行客を当て込んでの「キャッチコピー」と「パンフレット」だ。旅行や結婚式で遠出するのはあらかじめ日程が決まっているから、準備も切符も宿の手配もつくのだが、弔事はそういう訳にはいかない。病死なら薄…

シーズン・ストック

季節商品の意味である。夏であれば、ビール、半そで、水着、扇風機、蚊取り線香や風鈴などが対象である。夏が暑く売れ筋の季節商品を予め大量に仕入れておく。それが予想に反して冷夏ともなるとこれらが在庫商品(デッド・ストック)となって、旧盆あたりか…

紙一重

医療費の高騰により社会保険収支が急速に悪化。そこで、日本医師会が考え出したのが「がんの早期発見と早期治療」と「人間ドッグ」。両方とも社会保険が効かないものだから全額個人負担。2割、3割負担とはいかない。ペットなどは一回の検査は10万円以上…

ワードローブ

この家には、家具らしい家具はない。嫁さんが持参した民芸家具の花嫁道具も、娘のピアノも、ほとんど引っ越しの際に処分した。思い出は多かったがそうでもしないとものばかりが増えて暮らしにくい。 断捨離、こんなことでもなければ物は捨てられない。我が家…

方丈記(現代語訳)

ゆく河の流れは絶えることなく、しかも、もとの水ではない。そのよどみに浮かぶ泡沫(うたかた)]は、あるいは消え、あるいは結びつき、久しく留ったためしはない。世の中に生きる人と住みかも、またそのようなものだ。 玉を敷き詰めたような都(みやこ)の…

そして誰も居なくなった

父方の姉が旅立った。最後の一人で眠るように逝ったという。これで、母方も父方も誰も居なくなってしまった。この年になって都心での葬儀は辛い。とにかく、渋谷なる駅が昔と違って、全く、解らない。駅員や警察官に聞きながら「あっち、そっち!どっち?」…

ヤケのヤンパチ

たとえば、道を歩いていて、乱暴な運転手のせいで車とぶつかりそうになり、歩行者が「危ねーじゃねーか!」と 運転手にキレたとする。しかし、歩行者の本音は、実は「怖かったじゃねーか」なのだ。 まずは「怖かった」という一次感情が湧き、その後「次はし…

ドコモカシ子も

喜劇にもならず、笑えない。政治家、官僚、役員、上司にPTA。ドコモもかしこも何を信じたらいいのかわからない。別に学歴もいらず、勝手気ままに生きてもいつか「先生」と呼ばれりゃ黒塗りの車がお迎えに来る。 幼少の砌、母方の叔父にコンコンと言い聞かさ…

オヤジ認定度

いよいよ汗ばむ季節の到来だ。汗臭さ、体臭が蔓延する季節だ。8×4やバンがなかった時代は、デオドラント効果の大きい焼きミョウバンを脇にふりかけて出勤した思い出がある。 さて、今日はそれに近いお話で、下着のお話。読者の方にはまだ現役でお勤めをな…

将来不安

徳兵衛夫婦、雀の涙ほどの年金でやっとの思いで生活しているが、そこそこ、並みの年金老夫婦だとも思っている。ただ、もし、夫婦のどちらかが事故に遭って寝たきりやアルツハイマー病にでも罹ったら、年金生活どころではない。そうした事態になったら間違い…

セクシュアル・マイノリティ

来夢に来人を繋げて「ライム・ライト」の屋号で、カウンター一つだけで盛っていたスナックがあった。今年は、井伊直虎、菅直人、中川秀直・俊直と(直)が大流行り、父親、秀直の地盤、看板とカバンを引き継いでの後継選挙で当選したはいいものの、父親譲の…

眠れぬ夜

眠れぬ夜と雨の日には、忘れかけていた愛がよみがえる(^^♪(^^♪。これはかの小田和正率いるオフコースの往年の名曲である。昨日は、テグレトールとロキソプロフェンが効いて、それまで痛みで眠れぬ夜が、快眠とはいかないものの、ひとまず所要の睡眠時間は獲…

カエルの楽園

現在売れ筋の百田尚樹の書籍の題名である。今や百花繚乱、桜の花が咲き、君子欄が見事に花をつけ、そして皐月に向かってツツジが咲きだした。世は春爛漫幸せ絶頂状態。かの国から無慈悲なミサイルが飛んでこようとは、本気で誰も思っていない。これが平和ボ…

キレる

我慢が限界に達して理性によるコントロールが効かなくなること。元来、女性は男性に比べてストレスを貯めやすい。ただ、女性が切れた状態でも、女性は周りに当たり散らしたり暴力を振るわない。ここに男性の思い違いがあって、この状態を殊勝な女性だとか我…

現代(季節)病

4月も半ばになって来ると、心機一転「再スタート」とばかりに勢い込む諸君もいるが、大抵の新入社員や新入生は、このころから、首をうなだれ自信なさそうな態度に変わって来る。電車の中では相変わらずアニメやゲームお宅。学生時代の制服やカジュアルウェ…

公開日記

SNS、ツイッターそれにフェイスブックとこのブログ。当方は購読者を多く集めて、心情や現状を理解してもらうためにこのブログを書いているのでわありませんぜ。まあ一種の備忘録の位置づけで。後々、家族が読んで「あん時、オヤジはこんな思いだったたん…

どうすんの?

最近、夢枕に父母がよく現れる。実家に戻ればいつもの日常があるように錯覚してしまう。思い出が走馬灯のように巡る。しばし体調不良で気弱になっているようだ。先行きも心配だが、不確実なことを思い悩むことこそ「無駄」というものだろう。 桜の花が咲くこ…

見ざる聞かざる

どうしても許せないフレーズがある。 小学生が使うならともかく「チョウ可愛い!!」をテレビのいい年をしたアナウンサーが早朝から連発。これにはさすがに閉口してしまった。可愛いとは「愛らしい」であって「小さくて美しい物」をさす。何を見ても「カワイ…

クラッシュ

まさし、アキ子、長治、和美、美◎子、六輔・・・・などなど。みんな今日(10日)がお誕生日!!おめでとうございます。(^_-)-☆ でも、不運。徳兵衛。バックアップの外付ハードデスクのデータは、2時間もかけて駆けつけてくれた息子のテクの甲斐もなく見事消失…

暇潰し

タブレットの調子が悪く、デスク容量少なくなってきたので、思い切ってリフレッシュ(初期化)することにした。各種のシリアル番号を控え、慎重に対処したつもりだった。 回復用プログラムを外付け用のハードデスクに落としたまでは良かったが、このデスク容…

産めよ増やせよ

おら、毎日、地元紙記事(山梨日日新聞社)のデータベース(DB)を有料で利用しているずら。地元の衆に不義理をしちゃあいかんと「おくやみ」を見てるじゃんね。いろんな年の男女が亡くなっていて少ない時でも20名くれえ載ってるだよ。てえ!!すごいじゃ…

散る桜、残る桜も散る桜

前年度末から、しばらくお休みしていたせいか、お問い合わせには死亡説、入院説や安否確認までさまざまな御照会をいただきました。ご心配おかけし申し訳ありません。徳兵衛はすこぶる元気で、今なお健在でございます。 お問い合わせの中には「本編より『今日…

宿酔盆に帰らずⅡ

前置きから、日本武道といえば、柔道、剣道、空手などを思い浮かべる。柔道は国際的なスポーツとなり競技人口も多くオリンピックの競技種目ともなった。ただ、レスリングと同じで日本のお家芸で常に日本が表彰台に立つことを海外勢は良しとしない。したがて…

kokoro.の定年

定年退職や役職定年とはよく聞くが、心の定年とは余り聞いたことがない。つまり、定年50歳の時代にあっては、学校卒業後30年余も勤め上げれば、なんとか無事にゴールにたどり着けた。それが今の時代は定年が60歳、65歳、今や70歳定年と際限なく退…

相性

相互に相手の気持ちや意を汲めないと、それは増幅してやがて、喧嘩、別離や仲たがいにまで発展してしまう。気をまわし過ぎて、逆効果になることもある。ほどほどの間合いと相手との距離は必要だ。また、言葉や喋りの多すぎるのも禁物だ。 遠距離で相手と会わ…

遭難

那須のスキー場で時速200kmの表層雪崩により8名もの生徒、教師が亡くなった。安全登山の講習会中に起きた悲劇だ。県立大田原高校といえば、進学校で名門中の名門。同校山岳部も全国的に有名校で、インターハイにも連続で出場するなど文武両道の校風を誇っ…

全力中年

舞台は学校の放課後。教室で一人物思いにふけっている制服姿の女の子が、本当に大切なものに気づいたところから物語は始まる。仲間との何気ない日常こそが、かけがえのない瞬間だという同じ想いを抱いた仲間たちが、それぞれの思い出に想いを馳せながら、「…

徳散歩

上野発の夜行列車で(^^♪。。。は、「津軽海峡冬景色」の演歌の一節。一歩手前の御徒町駅は、アメヤ横丁で有名だ。この地名の由来は、アメリカ進駐軍の放出物資を売る店も多かった「アメリカ屋」ことにあるが、「アメヤ」といって、昔から飴などの菓子類を売…

閑話休題

在庫テーマは枯れてはいませんが、じっくりとひねる時間が無くなってきましたので、つまらないお話4連発をお届します。 ① 当方持病がございまして、近所の某〇本内科院に定期的に通い、投薬や血液検査を受けておりますが、その開業医の先生が今日は診察時間…

耳障り

旧聞に属するが、あんな立派な元知事が、職業は「小説家」だといい放ち。いまは脳梗塞を患って、漢字も書けないしひらがなも読めないと、記憶のあいまいさを強調していた。饒舌で弁舌爽かだっだ氏がそれほどまでに守りたいものは何か。肝心な箇所にかかると…

ダブルブッキング

予定が重なること、予定や約束があるのに、うっかりそれを忘れてしまいスケジュールや面会が重なってしまうこと。典型的なのは、本日のWBCの決勝と籠池当人の証人喚問だ。 当初、WBC決勝戦に侍ジャパンが進むことをよていしていたが、見事にそれを裏切…

軽重開閉

徳兵衛独自の造語である。千葉の三越が33年の歴史に幕を閉じた。一時は550億円もの売り上げを記録した名店の重鎮の老舗である。こんなにネット通販が跋扈しては、人件費や所場代がかかる店はやって行けまい。こんなところが日本中あちらこちらに散見さ…

○○物語

ハカタチ、ハカアガリ、でんでら(蓮台野)、座敷ワラシ、河童淵等々の関連用語を聞けば○○に入る言葉は「愛情」や「探偵」や「源氏」でもない。正解は、「遠野」である。 このうちハカタチ、ハカアガリの言葉に興味を惹かれた。山口、飯豊、東禅寺及火渡や土…

裏取り

捜査上の多方面からの証拠固めをいう。その一方で、新聞やテレビなどマスコミが報道するにあたって、報道内容が事実かどうかを確認したうえで一般に公開することをいう。それだけに、マスコミや一般大衆を味方につけ、自分自身は被害者でありお上や現体制の…

GPS

子供や認知症患者の見守りに、浮気追跡に、そして車泥や薬物の裏取引の証拠押えに使われて全地球測位システム(GPS)の犯罪捜査利用は、プライバシーや人権を犯す虞があるとの理由から、裁判所の令状なしにこれを使った捜査ができないと最高裁の判決が下…

ウェザー・コック

訳して「風見鶏」。ヨーロッパの家屋の屋根に立つ鶏型の風向計のことだが、魔除けという説もある。どうやら、政権は動乱期を迎えたようだ。籠池(当事者)、鴻池、稲田、安倍(自民党)、昭恵(私人)、松井(府知事・維新)、玉木(民進)、小池(共産)に菅…

部活敬語

前にも書いたかも知れないが「了解っす!」とか「了解です。」は、メールの返信でよく使うものだから、ついつい口語でも「承知しました」とか「かしこまりました」と云えなくなってしまう。それに語尾伸ばし「お疲れ〜す」も注意しましょうね、そこの親父さ…