Koushuyaの徒然日記・オフィシャルブログ

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

江戸の仇は長崎で

勤務していた会社の元役員から、先日連絡があった。よくよく話を聞いてみると、会社の役員を辞任してから、地域のカルチャー教室や都心の大学の市民講座まで受講した。それでも始めた頃は良かったが、一度講義が終了するとそれ以降やることがないという。 現…

Have a nice weekend !

今週末の15日(土)は、1年ぶりにお札の切り替に山梨県山梨市三富村の大嶽山那賀都神社に参拝、御祈祷を願う。ここは、亡くなった母が生前信仰していた場所で、社殿まで延々1.5㎞の参道(山道)を歩く。お年寄りになるとこの山道が登りきれず、子供た…

男が背広を捨てるとき

組織の中に埋没しているうちは、内部の景色、歪み、人となりが客観的に冷静に見られない。それが、一旦、退職すると次第にその風景が変わって見える。例えば、冷静に過去を振り返ってみると。いつも向こう岸にいて、何としても動かない人もいたし余計な言動…

地震と原発の相性

惨憺たる日本の電力事情。今回の北海道地震、昨日11日の時点で41名の方が命を落とされた。安倍首相の現地視察を大々的に放映する犬HK、足早に現地を回り、コメントの中には気象庁の予報官のような天気予報まで飛び出す始末。ソコソコに総裁選討議に主…

こんなん事故やなくて殺人や!

死亡の原因によって遺族の悲しみや喪失感が違ったものになるとは申さない。でも、百歩譲って、災害や病死ならばまだしも殺人や事故や事件によって命を絶たれた者や残されたものの無念さは一層色濃いものとなる。 痛ましいのは、幼子や中高生がいともたやすく…

想定外は天罰か。

中四国の大雨、大阪の台風よる高波、暴風雨被害、挙句に地震計が振りきれるほどの北海道の大地震に山津波。ここにきて大規模な自然災害が多いのは何故だ!屁理屈をつけて地球温暖化の影響とか天神さまのお怒りとか何とか合理的に解釈しようとするが、所詮、…

どの道この道どんな道

トイレ、レストラン、農産品や水産加工品までもが取り扱われている「道の駅」。 日本国内にどれだけあるのかわからないが、千や二千はあるだろう。 ドライバーの休憩はもちろん、サイクリストや子供の遊びまでに利用されているが、 その利用マナーは最悪だ。…

おはようございません!

ここしばらく、義務感のように、誰かが読んでいてくれるとブログを綴ってみたが、読み返せばただの駄文。面白くも、楽しくも、ちいとも何にも感じねえ~!こんなんで喜んでいたと思うと情けない。 大坂ナオミを、大谷ショウヘイを見よ。あのパフォーマンスと…

障害者団体向け郵便割引制度悪用事件

先日、いつものように早朝散歩をしていたら、犬HKの「ラジオ深夜便」から村木厚子のインタビュー放送が流れてきた。彼女は元厚生労働省事務次官のキャリア女性だ。標記の「凜の会事件」で警察に逮捕されたとき海外に勤める夫に「たいほ」とひらがなでメー…

風立ちぬ

身辺整理をしていたら、会社勤めの頃の手帳の中からメモ書きが出て来た。今から数年前、不本意ながら、気持ちよく退職できなかった当時が偲ばれる。会社を辞めたのは秋も深まった冬のハシリの時。40年以上も勤めた会社には、もう未練もなく周囲も、当方の…

真の日本人は何処に。

気になりませんか?ファミリーマートの店員がレジ前で清算する時、両肘を張って深々と御礼するのを・・。ビジネス・スクールで先生が、おヘソの前で手を組んで深々頭を下げる様子、なんか違和感じるのは当方だけなのかなあ?「あざとさ」というか「わざとら…

お久しぶりね

気象予報で十何年かぶりの大雨とか、数年ぶりの猛暑とかがニュースで流れる。この表現はやたらと不安心理をあおるだけで、ピンと来ないのが実態だろう。非難勧告があっても非難するのは3%程度にとどまる。注意報や警報や何年かぶりの暴風雨といっても、す…

何処へ行くニッポン!

推定400万人以上、東京都民の約半分の数、何の数字かわかりますか?オリンピック参加国並みの100か国近い海外からの不法在留外国の人数だ。この人たちは好き勝手に日本国内でコミュニテイ(ムラ)を作り始めている。 一方、東京オリンピック1万人とも…

またぞろ

は(ま)やらわ!「ま」の抜けた話が相次ぐ、組織の頂点や幹部にある者は自らを正(質)し、公正、公平にあって事実に基づいて発言すべきである。それを「あれは全部ウソ!」とか「18歳の少女が嘘をつくとは思えない」などと、何の根拠も証もなく軽々に発…

喰い合わせ(合食禁)

ネギやニンニクには硫化アリルという成分が含まれていて、これがカルシウム吸収を阻害するという。つまり、カルシウム分の多い納豆やシラスにネギを添えてはいけないのである。 薬味という言葉もあってネギ(玉ねぎ、万能ねぎ)は重宝されるが、意外なところ…

長嶋が危ない

長嶋茂雄82歳。脳梗塞で倒れてから14年、今度は最悪の病魔が長嶋を襲った。ニューヨークを本拠地にしている松井秀樹さえ夏の甲子園第一試合の始球式以来渡米していないのが事の重大さを物語る。それに毎度お馴染みの高校野球のレポーターの長女長嶋三奈…

流刑人

全身が刺青・タトウーなる男、今グアムで車いす生活を余儀なくされている山本KIDは神の子などと言われているが、全身に彫り込まれた刺青を見れば、子供どころかほとんどの大人も引いてしまう。 このほど消化器系癌を公表し、がん闘病を明らかにした。父親…

いつもニコニコ現金払い

QRコード決済、電子マネー、仮想通貨決済が大流行の中、国内のキャッシュレス決済比率は20%にもみたない。諸外国に比べてキャッシュレス決済の後進国のようにいわれているが、日本人よ!胸を張れ! ことさら韓国、中国や米国では、偽造紙幣が多くそもそ…

偏向がひどい

TV局の報道番組、バラエティ番組を含んだ番組構成、アジア大会、プロ野球や高校野球などのスポーツ番組などなど・・。 例えば、高校野球や大相撲などはトトカルチョの対象となっている場合が多く、対戦相手はもとより得失点差までもが掛けの対象(ハンデ)…

病を癒す

病気を癒すとは、治すこと。つまり「病気平癒」のことである。病は気からとその昔から言われているが、体を干すと体に蓄積されているデドックスが排出されて自然と免疫力が挙がるとも言われている。下痢が続くときなど、何日も食べ物を口にせずお白湯だけで…

今度は娘にエライことがおきまスて!

突然の休刊には、訳がありまして・・・・ 金曜の深夜、寝静まったころ、突然家内の携帯電話が なった。 娘の旦那からの電話だった。 娘がけいれんを起こし、脱力と意識障害が起きて 救急車を呼んだという。 様子がおかしくなる前に娘は旦那に「このままだと…

大島康徳

2016年10月末に発症した大腸がん(肝臓にも転移)を2017年2月7日にステージ4であると自ら公表した元野球選手大島氏。この方をご存じの方も多いだろう、中日、日ハムと渡り、日ハムの監督にまでなった男だ。彼は、ほぼこの徳兵衛と同い年だ。ス…

自戒

不規則な生活は、神経伝達物質セロトニンの分泌に支障を来たし、うつ病などになりやすいといわれている。また、ストレスや疲労感が残るのは、普段の生活リズムに原因があるとも言われている。 つまり、食事や睡眠などをとる時間の不規則性。オンとオフの切替…

三平の心

「おおきに」「すんまへん」「どないでっか」とは関西弁の三大コトバである。関東でも共通する言葉は「どうも」である。取り敢えず「どうも」と云っておけば会話は繋がる。でも本来はこの「どうも」に繋がることばを割愛して、相手にその意味や解釈を丸投げ…

参りますた

一週間前は久しぶりの帰省。誰もいない部屋にポツリ独り、ラジオはあるがテレビはかろうじて携帯電話のワンセグだけだ。ブレイカーを上げれば通電して、ほとんどの家電は動く、洗濯機、冷蔵庫、エアコンに扇風機といったところだ。もちろんどの部屋の照明器…

二杉良太郎

選抜第一群(理工系)東京工業大学東京工科大学国際工科大学大阪工業大学名古屋工業大学名古屋大学工学部日本工科大学日本工業大学 選抜第二群(医科歯科系)日本医科大学日本歯科大学東京医科大学東京歯科大学東京医科歯科大学東京女子医科大学東京男子医科…

栄冠は君に輝く

昨日の全国高校野球選手権 ベスト4をかけての第四試合 近江(滋賀)対金足農業(秋田) 胸が熱くなり自然と涙があふれた 近江有利で迎えた9回裏、2-1で迎えた ノーアウト満塁で金足のツーランスクイズが 見事に成功 あっけなく、試合は終わった 信じられない…

嗚呼、めんどくせぇ!

当方の知り合いにも、二言目には「ああ~めんどうくさい」を連発する人がいる。口癖になっているようだが、何につけても「ああ~めんどい」というものだから、話の腰が折れそれ以上会話は弾まないし、気分も滅入る。 万事、面倒臭いと思うのは誰も同じだが、…

代表A.H氏を偲んで

かつて大型プロジェクト(PT)案件の総責任者としてその任に当たっていた当方。ある日、経営トップのA.H氏の部屋に呼ばれPTの進捗とスタッフ働きについて訊かれたことがあった。「進捗は何とか期日にカットオーバーできる」旨を回答し、スタッフについ…

過ちて改むるに憚(はばか)ることなかれ

どういった背景、原因や理由があっても「おかしいものはおかしい」。これを覆せば「無理(筋の通らないこと)が通れば 道理(誰が考えても正しいと思うこと)がひっこむ」ということになる。 つまり、こうしたことがまかり通るようなことになると、正しいと…