koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

まだ、まだワシの尻は半分青い!

四月に入り、NHK朝ドラ「半分、青い!」にハマっている。大河ドラマ「西郷(せご)ドン」は、わが郷土の誇り、一癖、二癖もある林真理子原作に脚本が中園ミホとくれば、そこそこの視聴は獲れよう。こちらも毎週楽しみにしているが、実はそれ以上に朝ドラ…

由来、来歴、元来

在日の方を差別するつもりはさらさらないが、誤解のなきように願いたい。 日本人の場合、その昔一族で勢力を張っていた土地の名前を苗字にするか、新たに新領土を得た場合にはそれまでの苗字を捨てて、自分の苗字をその新領土の地名にした。だいたい苗字を持…

人生六十功無きを愧(は)ず

シロアリが巣を食う家のように、盤石に見えても中はボロボロなのが今の読売ジャイアンツ(巨人)とお宅の会社。カネをいくら積んでもブランド会社のOBや中途採用をしてもどうにもこうにも組織が一向に改善しない。そりゃそうだろう、場当たり的にここが必…

毎日が厄日

今年は13日の金曜日が2回あることにふと気づいた。迷信かと思いきやこの名前のついた病気「13日金曜日恐怖症」も欧米にはあるようだ。 何事もなく4月13日(金)は過ぎたが、3か月後の今年の7月にもこの日がやってくる。何故、この組み合わせが悪いの…

双極性障害

行きつけのチェーン店の焼き鳥屋の店長は、タバコは吸うが飲酒は一切やらない。バイク好きで保育士になることを夢見る変わり種の人物だ。髪の毛は茶髪で耳にはいくつものピアスがついている。 人当たりや客あしらいは上手で饒舌なのだが、突然、寡黙になって…

獅子身中の虫

「ベンチがアホやから野球がでけへん!!」阪神タイガースで元投手として活躍した江本孟紀の引退前の捨て台詞である。1981年8月、選手から信頼の厚かった前任のブレイザー監督が前シーズン途中で解任、その後監督となった中西太監督の采配(江本投手降…

ワタシの私の~♫彼は左利き♪

入学式や入社式を終えたと思いきや、街にはリクルート・スーツに身を固めた若者たちが溢れ出している。気に入らないのは、どの方も判で押したようなお決まりのいでたちだが、自然と目が行くのは足元。特に女性のパンプス、履き慣れていないのか片方の踵が歩…

追えば逃げる

典型的な恋愛パターンである。一方的な恋愛感情や横恋慕は始末に悪い。特にいい年をして、行きつけのスナックのママやホステスなどを口説いているうちはいいが、たまたま隣に座った素人筋に気が向くと、のちのち収拾のつかないことになる。 同席した彼女が発…

明けない夜はない

左手に未練、右手に欲とはよく聞く話だが、俗世に生きる人間はいつもこうした衝動に囚われながら生きている。最近、戴いたメールの中に未練と欲という二文字があった。きょうはそのことについてタラタラと・・・。 未練とは諦めきれないこと、心残りを云う。…

いつまで続くのやら

「貧乏暇なし」とは、貧乏していると、稼ぐのに忙しくてのんびりしている時間がないということ。当方は真逆で、のんびりし過ぎて、たまに時間を稼ごうとすると、おカネばかりが懐から出てしまい結局は元の木阿弥で貧乏状態はさらに酷くなる。 反面、娘の婿は…

睡眠不足

当方ゴルフは嗜まないが、TV中継に釘づけになる時期がある。それは、先週から続いた男子ゴルフのメジャー戦「マスターズ・トーナメント(米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC)」だ。このトーナメントの最終ラウンドが日本時間の日曜日(8日)深…

小器にして大器に非ず

素直に何故絶賛できないのか?偏屈者や性格に難ある者は、とかく人の幸せや成功がよほど羨ましく見えるのか、「凄い!」「立派!」「あっぱれ!」の言葉が出てこない。つまり常に他人を非難、批判することによってしか自分の優位性や存在感を訴えられないの…

暇つぶしネタ

ここしばらく、見ていなかった当ブログのアクセス解析を覗いてみた。相変わらず低調なアクセスで、ここ1~2か月は一日当たり平均的に30件前後で推移している。まあ、これで広告収入を得ようとは思っていないことは、過去にも申し上げたとおり。これは当…

処分、利用はお早めに

利便性のコストは意外と高いことに気がついていますか?先日、所用があって都心に向かうのに駅から路線バスを利用した。財布の中に「バス<共通>カード」(利用可能額5,850円、購入価格5,000円)。乗車に小銭は要らないうえ乗降もスムーズにできる…

新入社員(企業)気質2-2

最近シリーズモノが多くなってきて、多少食傷気味でしょうがお付き合いください。 新年度の仕事始めとなった4月初め、各企業で入社式が開かれたが、不祥事を起こした企業の代表は何を言っても何をかいわんやだ。 東芝の会長さんは、「困難な時期こそ人は成…

新入社員気質2-1

あちこちで入社式や新人研修が催され、売り手市場の新卒の社員が重宝がられている。 企業側の今年のテーマは「新入社員を大切に」だと、聞いて呆れる。そのまえに「先輩やお年寄りを大切に」だろ!まあ、ご機嫌取りもここまで来ると滑稽だ。 東京海上日動火…

春の風物詩2-2

新入社員と年配社員にある「価値観のギャップ」と期待していた職場環境と「現実の労働条件(待遇)とのギャップ」。こうしたことを理由に第二新卒(社会人としての就業経験が3年以内)がここにきて急増している。意外と「結婚」や「家庭の事情」など私事を理…

春の風物詩2-1

ついこの間まで、人事異動、卒業式や観桜会と忙しかった3月が終わったばかりだというのに、4月に入ってみれば、例年のことではあるが世間は一段と春めいて、駅の通期・通学定期券売り場は混むわ、列車や乗り物は混むわ、道路では交通渋滞はするわ、それに…

イワシの頭も信心から

サプリメントの中で最もポピュラーな栄養補助食品の「グルコサミン」、「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」、今更ながら、専門家や医者の講演でもよく聞いたことがある。口径摂取や塗布だけでは、全く効果がなく、だからこそ、この手の商品は、「薬剤」で…

奇(ヤドリギ)

2018年3月28日(水) 22:50~23:15 にNHK総合TVで放映されたドキュメンタリー「“悪魔の医師”か“赤ひげ”か」を視聴された方も多いと思う。 わが妻も20年以上の人工透析患者。何とも云えず、考えさせられた番組だった。知り合いには10数年前、腎臓がんを患って片…

美しきは罪なり(エイプリル・フール)

「散る桜 残る桜も 散る桜」これは、戦時中の特攻隊員が出撃前に口にしたことは、あまたに聞かれる話だ。また「花は桜木、人は武士」という言葉もある。武士の潔さは死に際にあり、桜もまた散り際が見事であるから美しいとされるのが通説だ。でもよくよく調…

ウソは泥棒の始まり

27日の佐川氏の証人喚問をミマスタ! 「官邸からなんらかの指示、示唆。そういうものはございませんでしたか?」との質問に、佐川氏は「局内でいろいろ聞く中ではそういうことはございませんでした」と答えた。 でもよく考えると、これこそ、自供に近い答…

産めよ!殖やせ!!

経済はすでに慢性的な人手不足に陥っているが、さらに状況が悪化するサインがあちらこちらに出ていて、この先企業は人手不足によるコスト増を販売価格等に転嫁するだろう。こうなってくると、この先金融緩和政策をとらなくても物価は勝手に上がると見た。 多…

垂乳根の乳母桜

お花見におでかけ 今年の桜の開花は実に早い。上野恩師公園も25日満開を迎え、30万人以上が来援したと聞く。確実に世界の温暖化は進んでいるが、独りの力ではどうすることもできない。自分自身や家庭できることと言えば、節水、節電、節約、節減に節制て…

水洗

水に流すとは、過去のわだかまりを水に流すように、たいていは無条件でなかったことにする、という意味だ。これは日本人にありがちで、デイベートが苦手な日本人が議論や折衝、あるいは恨みを持つ相手を倒す作戦などを粘り強く続けることが不得手ためだ。そ…

バカにもほどがある。

ameblo.jp 立憲民主党の山尾志桜里というバカ女!「週刊文春」に追っかけられるのは別にして、F倫疑惑をひた隠し、先の選挙では無所属で立候補。次点候補者と僅差で競り勝ちお見事にもご当選。その上、禊は済んだとばかりに、立憲民主党御入党。挙句にF倫…

学歴とはナンだ!

学歴によって身分や考え方、常識が異なるのは認めるにしても、これほどの横暴がまかり通るとなると、学歴、職歴なぞ、取沙汰されること自体が怪しくなる。 自民党の和田政宗参院議員(宮城選挙区)は19日の参院予算委員会で太田充財務省理財局長に対し「安…

バカも休み休み言え!

他人のモノはおれのモノ、オレのモノはおれのモノ。こんなことが平気でまかり通る国がある。著作権、特許権、意匠登録、知的財産権等何かにつけて横暴を極める国、それが国家だよ!隣国、シナ(チャイナ)、世界に不信感を買って、この国一体はどこへ行こう…

わが郷土も見放されたもんだ

読売新聞によると 山梨大学地域未来創造センターが昨年、山梨県内の大学と短大に通う学生に卒業後の生活についてアンケート調査を行ったところ、県外出身の学生のおよそ6割が「山梨で暮らしたくない」と回答した。県は「就職できる県内企業の情報が十分届い…

この人(民)ありてこの国あり

内閣支持率が30%台に落ち込んだというのに、集中審議でも野党の切り込みが鈍く、逃げ切りの空気が漂い始めた。とはいえ、自民党も安閑とはしていられない。 3月2日の朝日新聞「森友学園」問題で財務省の決裁文書の改ざんがスクープされて以来、ここにき…