koushuyaの徒然日記

多くの方々からブログ再開のご要望をいただき、甲州屋徳兵衛ここに再び見参。さてさて、今後どのような展開になりますやら。。

公開日記

f:id:koushuya:20170416213245j:plain

 SNS、ツイッターそれにフェイスブックとこのブログ。当方は購読者を多く集めて、心情や現状を理解してもらうためにこのブログを書いているのでわありませんぜ。まあ一種の備忘録の位置づけで。後々、家族が読んで「あん時、オヤジはこんな思いだったたんだ」と、思い出話のネタにでもしてくれればいいなあ、と気軽に書いていている。勿論、家族は徳兵衛がブログをやっていることさえしらない。

 

 時には独りよがりの日記となってしまうが、公開している以上、読者を意識しないわけでもない。でも「いいね!」の数や閲覧者の数は特段意識しない。では、なぜ非公開としないのかねえ?と思う人もいるだろうが、他人に見られていると思うと、表現や言葉遣いにも気を付ける。それ以上に緊張感が多少なりとも持てるのがいい。

 

 ふだん、伸びたゴムの様な生活をしながらも、一向に快復しない病状に、どこかに救いや、怒りをぶちまけたいのだろう。しばし休むとご心配の向きもいらっしゃいますが、嬉しい限り。そんなこんなで、気が向いたときに書いてねん。それでは今夜はこの辺で、ほな、また!

 

(今日のおまけ)

 フォーマットしてしまった外付けのHDDが帰って来る。この間、手持ちの媒体を繋いで何とか復元整理したが、返ってくるDATAは拡張子単位で2000年から2017年までの分だ。ひとまず嬉しいことだが、これをカテゴリーごとに仕訳をしなければならない。男女と同じで復縁(元)には、相当の手間ひまとコストがかかる。

どうすんの?

f:id:koushuya:20170414085007j:plain

 最近、夢枕に父母がよく現れる。実家に戻ればいつもの日常があるように錯覚してしまう。思い出が走馬灯のように巡る。しばし体調不良で気弱になっているようだ。先行きも心配だが、不確実なことを思い悩むことこそ「無駄」というものだろう。

 桜の花が咲くころには、当方の花粉症が治る筈だが、いまだに鼻がむず痒い。薬を服用しても去年までのように快復しない。それもそのはず、先日は都内であられが降り、長野県では、一日の最低気温と最高気温差が20度以上もあった。

 諸氏も体調管理にだけは、充分に気を廻して欲しい。いつになく神妙な徳兵衛の心持である。ただ、内心は嬉しい。なぜ?「それはね、この間ポひとつで消えた外付けのHDのデータ。都内の専門業者DDRに持ち込んだところ、多少、高くつくが3日で復元できるとのこと」。物理的な破壊をしなければ96%以上の確率でデータ復元が可能だそうだ。これで、父母の葬儀写真や孫のお宮参りの画像が戻ってくる。パソコンや携帯とお酒は全く相性が悪いのでくれぐれもみなさんお気をつけあれ!!あれ、俺の携帯どこ行った?

(今日のおまけ)
  春になると痴漢や少しおかしい人が現れる。彼らは停車駅ごとに車両を替える性癖を持っている。昨日も大声で叫ぶ30代女性と隣り合わせた。さかんに「どうすんの!」「どうすんの!」「どうすんの!」を連呼する。「先生は聞いてくれない!警察にも行けない」といっている。挙句に「そのつぐないは?」と振ってきたから、思わず「テレサ・テン」と答えてしまった。反応するものには、最後まで喰らいついてくるのが特性だ。みなさん、くれぐれも応答しないように。そこで笑っているのはだあれ?

見ざる聞かざる

f:id:koushuya:20170412204703j:plain

 どうしても許せないフレーズがある。
 小学生が使うならともかく「チョウ可愛い!!」をテレビのいい年をしたアナウンサーが早朝から連発。これにはさすがに閉口してしまった。可愛いとは「愛らしい」であって「小さくて美しい物」をさす。何を見ても「カワイイ!!」、何を触っても「カワイイ!」。何が目的語かが判らない。デザインなのか形なのか色なのか何をさして発言しているのが判らないのである。まさに表現能力の圧倒的な未熟さを晒している。それを本人も意識していないのが致命的である。

 

   早朝の報道情報番組をバラエテイ仕掛けにしてどうすんの?ここにプロユースの勘違いと局の思い違いがある。ガングロにホワイトテイ〜スを起用して、朝からきゃぴきゃぴは本当にごめん、勘弁してほしい。徳兵衛いまから仕事に行くんだから・・・・

 

    目覚めのさわやかさと、冷静沈着に視聴者に事実を伝えるのが、朝の報道情報番組の使命だと思うのだが。それをきかっけに、以来いつの間にか、このチャンネルを見ようとさえ思わなくなっていた。

 

 その上、いいオッチャンアナウンサーがスイーツを朝からつまみ食いするのもいただけない。人前で食べることは、「本能をむき出し」にすること。放送を使って恥ずかしげもなく、その際に、またまた「カワイイ」を連発。形が可愛いのか味がおいしいのかさっぱりわからん。

 まあ、いい大人は年相応の振る舞いや言動をしてもらいたいものだ。それにしても「んがあああ」や「・・・・が・・・!」も聞きづらい。身近にいる若手にも、不快感がある。アゲアゲで調子を食らって落とされる感じだ。自分でも意識なく気にもしていないのだろうけど。・・・そんな、若者を残念でとしか思わざるを得ない!これもまた年のせいか?

クラッシュ

f:id:koushuya:20170411124032j:plain

 まさし、アキ子、長治、和美、美◎子、六輔・・・・などなど。みんな今日(10日)がお誕生日!!おめでとうございます。(^_-)-☆

 

 でも、不運。徳兵衛。バックアップの外付ハードデスクのデータは、2時間もかけて駆けつけてくれた息子のテクの甲斐もなく見事消失。葬儀の写真もお宮参りも、一瞬にして10年もの思い出が消えました。

 

 一枚の写真は、どんな言葉をつないでもその画像に裏には、その人か知らない想いがある。言葉では言い表せないそんな大切な大事な思い出が。。。プチ!一つで消えました。

 

息子曰く、「物理的にバックアップを何重にしてもダメ」、「家や事務所が燃えたらおしまい!!」、「グーグルのクラウドサービスがあると???」、やはり、アナログの徳兵衛にはデジタルにはついていけない。

 

ショック、SHOCK、🙅!!

暇潰し

f:id:koushuya:20170408025049j:plain

 タブレットの調子が悪く、デスク容量少なくなってきたので、思い切ってリフレッシュ(初期化)することにした。各種のシリアル番号を控え、慎重に対処したつもりだった。

 回復用プログラムを外付け用のハードデスクに落としたまでは良かったが、このデスク容量が相当必要だろうと、大容量の大切なデータバックアップ用の外付ハードデスク流用してしまった。

 

 その結果、一大事どころか二大事に陥ってしまった。一つ目はデータバックアップ用のデータ10年分が何処かに飛んで行ってしまって、探しても探しても見つからない。大事な思い出の写真やアドレスが一瞬にして消えた。こりゃ困った。タブレットはサクサク動くようになったが代償は相当に大きい。ショックは冷めやらぬ。それにもう一つ、OS:WIN8・1のアップデート280件、1GBもダウンロードしなくてはならない。

 

 結局は、再び容量を喰う羽目に、これじゃ元の木阿弥。幸い、バックアップデータは3年4年前までの処までは、別の旧式の外付ハードデスクに残っているが、どうにもこうにも悔しさが消えない。バックアップのバックアップ必要。結局、目先の利益に目がくらみ大きく大切なものを無くしてしまった。

 

 リフレッシュには、相当な代償と負担を覚悟しなければリフレッシュするつもりが、却って大きなストレスを抱えることになる。週末はもう一度デスクの中身を探してみよう。いい暇つぶしができた。

 

(今日のおまけ)

 今村とかいう、どこそこかの復興大臣が暴言を吐いて、マスコミ、自主避難民や閣僚内からも非難を浴びている。ただ、新聞にはその当時の取材写真が何処の社も載っていない。大臣に質問したのもフリーランス、写真もフリーのカメラマンやユーチューブの画像を引用したモノ。

 

 あの発言があった時、社に属していた記者たちは、一面トップ記事と思いきや、頭を下げて一斉にパソコンを連打鍵し、本社や上司に、忠実に報(告)・連(絡)していたのに違いない。ことの良し悪しはともかく鬼教師に叱られてる生徒のようで滑稽な風景に映った。

 

 記事よりはるかに説得性のある劇的瞬間を逃した。相変わらず翌朝の新聞は、前後の脈絡を伝えないまま、その発言だけを切り抜きことさらその問題を浮かび上がらせていた。一枚の写真、一本のビデオの説得性と重み。やはりそうしたバクアップデータの消失は諦められない。